この時季お買い得なピーマンは、熱に強いビタミンがとっても豊富。ツナやお肉との相性も良く、炒めることで独特の苦味も軽減され栄養の吸収率もアップします。今回は、そんなピーマンをたっぷり食べられる、簡単なおかずレシピをご紹介します。

ピーマンとハムの超簡単な炒め物です。時間のないときにもおススメの副菜です!

■超簡単副菜!ピーマンとハムの塩炒め

「超簡単副菜!ピーマンとハムの塩炒め」の作り方~ペロリと食べちゃう!ピーマン大量消費レシピ~

超簡単副菜!ピーマンとハムの塩炒め

【調理時間】 10分

【カロリー】 101Kcal

【材料 2人分】

・ピーマン  2個

・ハム  3枚

・サラダ油  小さじ1.5

<調味料>

 ・酒  小さじ2

 ・塩  適量

 ・粗びき黒コショウ  少々

【下準備】

・ピーマンは縦半分に切ってヘタと種を取り、ひとくち大に切る。

「超簡単副菜!ピーマンとハムの塩炒め」の作り方~ペロリと食べちゃう!ピーマン大量消費レシピ~

超簡単副菜!ピーマンとハムの塩炒めの下準備1

・ハムはピーマンの大きさに合わせて切る。

【作り方】

1、フライパンにサラダ油を入れて火にかけ、ピーマン、ハムを加えて炒める。

「超簡単副菜!ピーマンとハムの塩炒め」の作り方~ペロリと食べちゃう!ピーマン大量消費レシピ~

超簡単副菜!ピーマンとハムの塩炒めの作り方1

2、焼き色がついたら、<調味料>の材料を加えてサッと炒め、器に盛る。

「超簡単副菜!ピーマンとハムの塩炒め」の作り方~ペロリと食べちゃう!ピーマン大量消費レシピ~

超簡単副菜!ピーマンとハムの塩炒めの作り方2

▼その他の「ペロリと食べちゃう!ピーマン大量消費レシピ」はこちら

元飼い主の急死で保健所に…縁あって引き取った飼い主の足元で寄り添う高齢犬にネット感涙「幸せな犬生をすごしてね」

メイウェザーが朝倉未来に怒り「びびっているのはお前だ」「ラウンド無制限でやってもいい」 宿敵パッキャオも登場/超RIZIN

【DeNA】ヤクルトに大敗で王手かけられ崖っぷち

「容疑者Xの献身」テレビ放送中から堤真一演じる「石神」がトレンド入り

手配中の容疑者、北海道へ逃亡か 東京の特養ホーム入所者殺害事件

1280円の最強新作【ワークマンプラス】ボアフリースカーディガンが秋冬に助かる~

eスポーツ大会の中継も実施へ…名古屋・栄に『NTP Esports PLAZA』オープン 高機能のゲーミングPC揃う

プジョー『3008』次世代型、シトロエンのコスプレでテスト走行? 2023年登場か

ヒカル、元乃木坂46・松村沙友理との破局を示唆「普通に別れた、ダメージ受けてるとかはゼロ」

紀平梨花 復帰戦のSPで6位/フィギュアスケート

【MLB】大谷翔平にも「まだチャンス」「現時点ではジャッジ」 コレアが語る逆転MVPの可能性

矢田亜希子、静岡のロケで大自然を満喫 梟やアヒルと戯れる様子に「優雅ですね」の声

お身ぬぐい女性初参加 高岡大仏 交通安全たすき掛け

【RIZIN】メイウェザー、エキシビションは遊び「日々の生活で朝食を注文するのと同じ」

ボクシング=ウシク、引退前にフューリーとカネロとの対戦希望

日本代表戦で課題が浮き彫りに…完敗後に米メディア「W杯へ準備できているのは相手の方」

NEWS RELATED

田丸美寿々70歳が美しい!若々しい!長野智子がツーショット「いつお会いしても凛」

長野智子(2007年撮影)  キャスターの長野智子(59)が24日、インスタグラムを更新。「ザ・スクープ」「朝まで生テレビ」「報道特集」で活躍したキャスターの田丸美寿々(70)とのツーショットを披露した。  「憧れの田丸美寿々様と。かつて田丸さんのキャスター姿に憧れ、報道キャスターを目指しました。その田丸さんが担当していた「ザ・スクープ」という番組のキャスターになることができ、今もこうしてお目にかかってはお話しできる幸せ」と記述した。  写真の田丸は、古希とは思えない若々しさと美しさをキープ。スカーフを首にかけ、メガネをカチューシャ代わりにして、女性報道キャスターの草分け的存在だが、まだまだ現役バリバリという印象だ。  長野は「田丸さんはいつお会いしても凛としてカッコいいお仕事からは離れられたけど、忙しくされています。素敵な先輩たちがいるから、走ることができる。私も後輩たちのそんな存在になりたいなと思った夜。」と尊敬する思いをつづった。  フォロワーからは「田丸さん懐かしいですね」「生き様が格好良いお二人」「レジェンド二人。凄い」「僕も好きなキャスターでした。」と懐かしむ声が上がった。

View more: 田丸美寿々70歳が美しい!若々しい!長野智子がツーショット「いつお会いしても凛」

安倍氏国葬、6000人参列から4300人へ下方修正…最後までミソつけた「グダグダ国葬」うまくいくのか

安倍氏国葬、6000人参列から4300人へ下方修正…最後までミソつけた「グダグダ国葬」うまくいくのか 安倍元首相の葬儀会場を出る昭恵さん 安倍晋三元首相の国葬が目前に控えているものの、ゴタゴタは収まる気配がない。 9月27日におこなわれる国葬の参列者について、政府は22日、4300人程度と発表した。国内は6000人に招待状を送り、参加の返事が来たのは3600人。海外は218の国や地域から約700人が参列する見込みで、あわせて4300となる。政府は8月に最大6000人の参列者が来るとしており、大幅な下方修正となった。 SNSには、 《国内の、きっと参加したいやろなと思う6000人に案内状送って3600人しか参加意向がないんやで。国葬に値するかな?》 《つまり、政府にとって来てもらいたいと考えていた人のうち、6割しか来てもらえないってことですよね》 と、辛辣な声が並んでいる。 批判が多い国葬の意思決定に関しては、議員立法をサポートする法律の専門家である「衆院法制局」からも、懐疑的な意見が出ている。 9月23日の東京新聞では、衆院法制局と衆院憲法審査会事務局が「意思決定過程に国会が『関与』することが求められていると言えるのではないか」というメモを作成していたと報じている。その根拠は憲法で、岸田政権が「国」を持ち出す以上、主権者である国民の代表の国会が関わるべきではーーとの考えだという。 批判は “身内” であるはずの自民党内からも。 自民党の石破茂元幹事長は9月9日、自身のブログを更新。 《決定に至るプロセスにおいて「主権者である国民の意思」が表明される、ということが重要です。そしてそれには、憲法上「国権の最高機関」と位置づけられ、全国民を代表する議員によって構成される国会の議決がまず必要》 と、国葬決定のプロセスに疑問を呈した。さらに、安倍元首相を「国賊扱い」する議員まで出てきた。 「自民党の村上誠一郎・元行政改革担当相です。9月20日に自民党本部で開かれた会合の後、村上氏が安倍氏の政権運営について『財政、金融、外交をぼろぼろにし、官僚機構まで壊した。国賊だ』と発言したと時事通信が報じています。 野党議員ならまだしも、与党の閣僚経験者からこんな発言が出たわけで、まさに混乱の極みとしか言いようがありません」(政治部記者) 国葬反対派の活動は過激さを増し、当日までいくつものデモが予定されている。国葬当日のデモを呼びかけるビラには、「安倍国葬粉砕!」「日本武道館へ向けてデモ出発」と、物騒な行動の宣言まで書かれている。 SNSには《グダグダな「国葬儀」。これかえって故人に失礼じゃないか?》と心配する声もあるが、もう引き返すことはできない。

View more: 安倍氏国葬、6000人参列から4300人へ下方修正…最後までミソつけた「グダグダ国葬」うまくいくのか

佳子さま、鳥取県を訪問 車いすバスケ観戦

車いすバスケットボールを観戦後、選手らと懇談される秋篠宮家の次女佳子さま=24日午後、鳥取市  秋篠宮家の次女佳子さまは24日、第9回全国高校生手話パフォーマンス甲子園出席などのため、羽田発の民間機で鳥取県を訪問された。1泊2日の日程で、この日は鳥取市の障害者スポーツ施設で車いすバスケットボールを観戦した。  試合を間近で見た佳子さまは、シュートが決まるたびに笑顔で拍手を送った。観戦後はコート上で選手らと懇談し、中腰になって目線を合わせながら「迫力がありました」「どんな練習をされていますか」などと声をかけていた。  25日には倉吉市で全国高校生手話パフォーマンス甲子園の開会式に臨み、高校生たちの演技を見学する。

View more: 佳子さま、鳥取県を訪問 車いすバスケ観戦

フロントウイング、新作PCゲーム「GINKA」を2023年に発売 過去作に「グリザイアの果実」

新作PCゲーム「GINKA」【写真:(C)Frontwing】 紺野アスタ×ゆさのコンビによる新作PCゲーム 株式会社ブシロードは24日、子会社である株式会社フロントウイングラボが新作PCゲーム「GINKA」を2023年に発売することを発表した。 同作はテレビアニメ化が発表された「ATRI -My Dear Moments-」のゲームで企画・シナリオを担当した「紺野アスタ」と原画・キャラクターデザインを担当した「ゆさの」のコンビによる新作PCゲーム。 同作を制作するフロントウイングは、過去にアニメ化も果たした人気作「グリザイアの果実」や「ISLAND」などで知られる。ENCOUNT編集部

View more: フロントウイング、新作PCゲーム「GINKA」を2023年に発売 過去作に「グリザイアの果実」

林遣都“鈴之介”&仲野太賀“悠日”バディを待ち受ける驚がくの結末 『初恋の悪魔』最終話あらすじ

 俳優の林遣都と仲野太賀がW主演する日本テレビ系連続ドラマ『初恋の悪魔』(毎週土曜 後10:00)最終話(24日放送)のあらすじと場面写真が公開された。  同作は、映画『花束みたいな恋をした』やドラマ『Mother』『Woman』などの人気脚本家・坂元裕二氏が送る小洒落(こじゃれ)てこじれたミステリアスコメディー。境川警察署に勤務し、現在は停職処分中の刑事・鹿浜鈴之介(林)、総務課・馬淵悠日(仲野)、生活安全課・摘木星砂(松岡茉優)、会計課・小鳥琉夏(柄本佑)、部署もバラバラで捜査権を持たない“ワケあり”4人が、それぞれこじれた事情を抱えながら刑事とは違った感性と推理で難事件を解決する。 ■最終話あらすじ 父親・雪松(伊藤英明)の犯罪を告発した弓弦(菅生新樹)を鈴之介宅に保護し、雪松のもとへ向かう鈴之介と悠日、そしてその留守を預かる星砂と琉夏。 途中、鈴之介と悠日は琉夏からの着信履歴に気付き折り返す。しかし一向につながらない。嫌な予感がした2人は、すぐさま鈴之介宅に引き返す。到着した2人は玄関先に散らばる血痕を見つけ固まる。そのとき、ドアが開き、中にはおにぎりを頬張る弓弦が一人待ち受けていた。

View more: 林遣都“鈴之介”&仲野太賀“悠日”バディを待ち受ける驚がくの結末 『初恋の悪魔』最終話あらすじ

「ちむどんどん」ついに最終週!黒島結菜「幸せな気持ちに」印象に残った披露宴シーン

「ちむどんどん」ついに最終週!黒島結菜「幸せな気持ちに」印象に残った披露宴シーン  現在放送中のNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」(月~土、総合・午前8時~ほか)は、来週ついに最終週(第25週)を迎える。ヒロインを務めた黒島結菜が撮影を振り返り、最後となるコメントを寄せた。  4月11日よりスタートした「ちむどんどん」は、今年で本土復帰50周年を迎える沖縄のやんばる地域で生まれ育ったヒロイン・暢子が、ふるさとの料理にかけた夢と、支えあう兄妹の歩みを描く物語。映画『パッチギ!』『フラガール』や連続テレビ小説「マッサン」などの脚本家・羽原大介によるオリジナル作品で、9月30日に本編の最終回を迎える。  黒島は、暢子の明るく前向きなキャラクターに自身がひっぱられたといい「暢子として過ごしてきた自分のことがとても好きだったので、撮影が終わった今は、さみしいです」と撮影を経た変化を明かす。印象に残っているシーンには暢子と和彦(宮沢氷魚)の披露宴を挙げ、「大好きな人たちが目の前にいるのがうれしかったです。みんなが客席で楽しそうに話している様子を高砂から見ていて、幸せな気持ちになりました」と語っている。以下は黒島のラストコメント全文。(清水一) Q:準備期間も含めると約1年間に渡る「ちむどんどん」の撮影が終わり、ついに第25週(最終週)の放送直前に。今の気持ちは? 振り返ってみると、大変だったこと、楽しかったこと、いろいろなことがあった1年間でしたが、あっという間でした。「ちむどんどん」は、食べることの大切さ、命のありがたみ、戦争の記憶など、今、世界中が大変な時期だからこそ忘れてはいけないことがたくさんつまっていた作品だと思います。私の地元・沖縄の家族の話で、みんなでおいしいものを食べると幸せになれる、日々の何気ないものの大切さを私も改めて気づかされました。また、暢子を演じてきて、「ちむどんどんすることが一番大切」と感じました。今の時代、先のことを考えて不安な時もあるけれど、自分が何に一番心がおどるか、何にわくわくするか、何にときめくかを大切にしていきたいです。視聴者の皆さまにもこの気持ちが伝わったらうれしいです。 Q:撮影を経て、ご自身に変化は? 撮影期間中は、暢子の前向きで明るくて、“ありがとう”と“ごめんなさい”を言えて、周りのみんなに愛されている役柄がひっぱってくれました。今までの私自身は人見知りだったのですが、暢子のキャラクターの力を借りて、共演者やスタッフの皆さんとも楽しく過ごすことができました。家族といるとき、友達のいるときなど、過ごすシチュエーションによって違う面が人それぞれあると思うのですが、自分にはこんな一面があるのか、ということをこの1年間で知りました。暢子として過ごしてきた自分のことがとても好きだったので、撮影が終わった今は、さみしいです。 Q:これまでの放送で印象に残っているシーンやその時の裏話は? 第90回の、暢子と和彦の披露宴のシーンです。家族、鶴見やフォンターナの皆さん、これまで暢子と和彦がお世話になってきた人たち全員が大集合しました。大好きな人たちが目の前にいるのがうれしかったです。みんなが客席で楽しそうに話している様子を高砂から見ていて、幸せな気持ちになりました。また、初めて琉装を着ました。衣装合わせで何着か試着したのですが、実際に放送で着ていたピンクと黄色の衣装がとてもきれいでした。撮影現場で皆さんに「きれいだね」「本日はおめでとうございます」と言われて、うれしくて恥ずかしい、不思議な気持ちになりました。 Q:比嘉家の4兄妹の思い出は? 兄妹のみんなとは、昨年12月の沖縄ロケで仲良くなりました。他の撮影現場では共演者の皆さんと自分のことをオープンに話す機会は多くないのですが、「ちむどんどん」では、撮影の合間に仕事のことからプライベートまでたくさん話しました。合間で一緒に過ごした時間のおかげで生まれた4人の仲の良さと温かい雰囲気が、第11回で、子役から成長した兄妹たちを描くシーンに活きたと思っています。比嘉家の兄妹たちとは、きっとこれからも定期的に集まったりできる関係性が築けたなと思います。 Q:地元・沖縄への今の思いは? 地元の方々が喜んで下さって、私以上に「ちむどんどん」への思いが強い方がたくさんいて、うれしかったです。やんばるを盛り上げるイベントが企画されていたり、地域が盛り上がったりしている様子を見て、ドラマの影響力に驚きました。これからも沖縄の方々が前向きに頑張れる、何か手助けになれればいいなと思っています。 Q:第25週(最終週)にむけてメッセージ 暢子や比嘉家のみんなの人生には、まだまだ山あり谷ありでいろいろなことが起こります。新たなトラブルだったり、改めて思い直さなくてはいけないことがあったり、毎日、これからどうなるんだろうという出来事がある1週間ですが、全て楽しんで頂けたらうれしいです。

View more: 「ちむどんどん」ついに最終週!黒島結菜「幸せな気持ちに」印象に残った披露宴シーン

【日本ハム】高卒ルーキートリオが1軍合流 25日先発のドラ1・達孝太「プロ野球人生のスタート」

試合前練習でキャッチボールをする達孝太(カメラ・関口 俊明)  日本ハムのドラフト1位・達孝太=天理=、同5位・畔柳亨丞(くろやなぎ・きょうすけ)=中京大中京、同7位・松浦慶斗=大阪桐蔭=の高卒ルーキー3投手が24日、1軍デビューする25日の楽天戦(札幌D)へ向け1軍に合流。新庄監督と言葉を交わす場面もあった。  先発する達は、ここまで2軍で12試合に登板し0勝3敗、防御率5・68。「これまでファームでも結構投げてきたので、力むことなく、今まで通り普通に投げたいなと思います」と落ち着いて話した。  来季から新球場へ本拠を移すため、札幌Dを本拠として戦うのは28日がラストゲーム。「(札幌ドームでは)最初で最後の登板になるかもしれないですけど、プロ野球人生のスタートとして、明日がいい日になると思っているので、しっかり投げたいなと思います」と意気込んでいた。

View more: 【日本ハム】高卒ルーキートリオが1軍合流 25日先発のドラ1・達孝太「プロ野球人生のスタート」

「物議を醸すゴール」 日本×アメリカの先制弾に海外指摘、鎌田のオフサイド判定“取り消し”に注目「VARが助けた」

日本代表MF鎌田大地【写真:Getty Images】 前半25分、ショートカウンターから鎌田が流し込み、VARチェックを経てゴール 日本代表MF鎌田大地(フランクフルト)は、9月23日にドイツ・デュッセルドルフで行われた国際親善試合アメリカ戦(FIFAランキング14位)でトップ下として躍動した。2-0の勝利に貢献する先制ゴールを決めたが、一度はオフサイドと判定され、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)を経て得点が認められたシーンを、海外メディアも「物議を醸す」と伝えている。 森保一監督はカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の途中からメインシステムとしていた4-3-3ではなく、4-2-3-1を採用。ダブルボランチにはMF遠藤航(シュツットガルト)とMF守田英正(スポルティング)、2列目にはMF伊東純也(スタッド・ランス)、鎌田、MF久保建英(レアル・ソシエダ)、1トップにはFW前田大然(セルティック)が入った。 序盤からスピードのある前田を中心とした連動したプレスで優勢に試合を進めた日本は、前半25分にトップ下に入った鎌田が先制ゴール。試合終盤には途中出場したMF三笘薫(ブライトン)がサイドを崩して個人技でダメ押しゴールを奪い、2-0でアメリカを下した。 この先制点のシーン、日本は敵陣でのボール奪取からショートカウンターを発動。伊東が持ち込み、こぼれ球を守田が左サイドへ展開して、完全にフリーになっていた鎌田が蹴り込んだが、際どいオフサイドの判定となった。しかし、VARも時間をかけて確認した結果、オンサイドの判定となってゴールが認められた。 サッカー専門「El Futbolero」アメリカ版は、「VARが日本を助ける! これは物議を醸すゴールだった」と見出しを打ち、鎌田のゴールについて振り返っている。 「日本のフレンドリーマッチで何が起こった? サムライブルーの先制ゴールは、まさにVARによるチェックが必要なプレーだった。レフェリーはすぐさまオフサイドと判断した。しかし、VAR介入の末に日本が先制点を挙げた。鎌田が本当にオフサイドかどうか不透明で物議を醸す決定だ。日本が先制するのにテクノロジーが役立った」 VARチェックを経ても、疑問の声が上がるほど、際どい判定だったのは間違いない。(FOOTBALL ZONE編集部)

View more: 「物議を醸すゴール」 日本×アメリカの先制弾に海外指摘、鎌田のオフサイド判定“取り消し”に注目「VARが助けた」

BMSG15歳トリオ・edhiii boi、SKY-HIらとフェス出演「フリースタイル楽しすぎた」

モスクワでも抗議デモ、拘束者167人に

DeNA、ついに追い詰められる ヤクルトに8失点完敗 25日も直接対決に敗れると24年連続V逸決定

525日ぶり実戦復帰の紀平梨花、中部選手権SPで56・69点、構成落として3回転半は回避

「そろそろ座る?」、子供の自主性養うノーチャイム制が広がる…試験導入で課題も

2敗玉鷲と3敗高安が千秋楽直接対決へ 高安が本割と優勝決定戦で2連勝すれば初の賜杯

大久保佳代子、はっきり言わないマネジャーにイラッ!「4つも5つも分けて言うんですよ」

新機動戦記ガンダムW:アルトロンガンダム METAL ROBOT魂で商品化

基礎学力なく「コンプレックスだった」男性、公立夜間中学で学び直し…中学時代は不登校

鉄道好きが 三重 伊勢パールピアホテル に泊まる理由がわかった! まずはお部屋からの眺めをチェック!

市川海老蔵 麗禾ちゃんの足のけが治療にお灸すえる「ちと熱いけど」甲と足首4カ所

525日ぶり復帰の紀平梨花「なんかガックシきた」SP56・69点に苦笑いも「次につながる演技」【フィギュア中部選手権】

OTHER NEWS

Breaking thailand news, thai news, thailand news Verified News Story Network