瑞起は、Nintendo Switch用コントローラー「電車でGO!!専用ワンハンドルコントローラー for Nintendo Switch」の発売1周年を記念して、スケルトンボディーの限定モデル「EXCLUSIVE EDITION」を発売する。

以下、発表情報をそのまま掲載しています

本商品は、ワンハンドルのマスターコントローラー(マスコン)による本格的な運転操作体験ができるといったオリジナルモデルの特徴はそのままに、本体外装を人気のスケルトンボディーを採用。ハンドル操作時の15段階ノッチの動きなど、メカ機構を楽しみながらプレイすることができます。価格は12485円(税込)。

「電車でGO!!専用ワンハンドルコントローラー for Nintendo Switch」1周年記念限定モデルが8月19日より予約開始!

「電車でGO!!専用ワンハンドルコントローラー for Nintendo Switch」1周年記念限定モデルが8月19日より予約開始!

8月19日より特設ページ( https://www.zuiki.co.jp/mascon-excl/ )からAmazonリンク先にて、予約受付を開始します。なお、商品の発送は9月23日より順次発送を予定しています。

本商品は、コントローラーの操作性や機能はオリジナルモデルを踏襲し、ZUIKIシリーズ初となる本体外装にシースルー素材を使用したスケルトンボディーを採用。スケルトンの外装は、メカ部分が透けて見えることから、近年、リバイバルブームでゲーム機だけでなく腕時計、カメラ、パソコン周辺機器など幅広い分野の商品で人気が高まっています。本商品もこのボディーを採用することで、瑞起がこだわった内部のメカ機構を可視化。ハンドル操作に伴う精緻な動きを楽しめるとともに、記念商品としての特別感を高めるモデルとなっています。

この特別試運転宿泊プランは、同ホテルの協力で、現在トレインシミュレーターが設置されていない部屋に「小田急かんたんシミュレーターLite(ライト)」を設置する特別プランです。部屋は、2021年3月に引退した8000形車両で使用していた車内シートや鉄道備品を窓際に設えた「シーニックキングルーム」で、新宿駅を発着する各線を眼下にお楽しみいただきながら、「ZUIKIマスコン」で存分に小田急の電車を運転していただくことができます。

今後も瑞起では、幅広い層に運転士体験を楽しんでいただきたいと考え、「ZUIKIマスコン」を活用した様々な鉄道企画を展開していきたいと考えています。

商品概要

・商品名 :「電車でGO!!専用ワンハンドルコントローラー for Nintendo Switch EXCLUSIVE EDITION」

・本体カラー:グレースケルトン

・価格 :12485円(税込み)

・サイズ :約W256mm×D147mm×H145mm

・重量 :約1000g

・対応ゲーム機種:Nintendo Switch

・対応ゲームソフト:電車でGO!! はしろう山手線

※本商品と対応ゲームソフトは別売りです

・予約受付開始日:2022年8月19日

・商品発送予定日:2022年9月23日

<プレゼントキャンペーン>

・プレゼント内容

小田急ホテルセンチュリーサザンタワー「シーニックキングルーム」1室無料宿泊券 ※2名利用限定で1泊2食付宿泊料が無料

・応募対象者

「電車でGO!!専用ワンハンドルコントローラー for Nintendo Switch EXCLUSIVE EDITION」を購入された方

・当選者数

5組10名様

■小田急ホテルセンチュリーサザンタワー概要

・客室数:375室

・所在地:東京都渋谷区代々木2-2-1

・アクセス:新宿駅南口・新宿駅甲州街道改札・新南改札から徒歩3分、都営地下鉄新宿駅A1出口から徒歩1分、首都高速4号線「新宿ランプ」から車で5分

NEWS RELATED

アントニオ猪木さん「最期の言葉」 公式YouTubeが公開

アントニオ猪木さん「最期の言葉」 公式YouTubeが公開  アントニオ猪木さんが1日、心不全のため亡くなったことが分かった。79歳だった。同日、猪木さんの公式YouTubeチャンネル「アントニオ猪木『最後の闘魂』」が更新され、猪木さんの「最期の言葉」が公開された。  9月21日に撮影されたというこの動画。この日、「本格的にYouTubeを再開したい」という連絡を受けた撮影スタッフが、病気療養中だった猪木さんの自宅を訪問するところから動画はスタート。ベッドで横になる猪木さんは自力では状態を起こせないほど衰弱していたが、スタッフからなぜYouTubeを再開しようと思ったのかと尋ねられると、「別にやりたくないよ」と返してニヤリ。変わらない猪木節でスタッフを笑わせた。    ところどころ猪木さんの発言が聞き取れない部分もあり、動画ではテロップのフォローが難しいと断りをいれつつ、「喋りをカットするのは勿体ない」という判断から、「ほぼ編集なし」での配信だと伝えている。  猪木さんはありのままの今の自分を見てほしいという意思を語り、今回、本来は自宅の別室で撮影する予定だったが、ベッドで横になる「弱っている自分」の姿を撮ることになったという。    また、猪木さんはしゃべりづらくなっていることから、「寝ていても口を動かす練習をしている」と語り、YouTube撮影に向けて準備を重ねていたことも語っていた。YouTube以外のやりたいことを尋ねられると、環境問題への関心を口にし、「これだけ汚してしまった地球を、自分たちの手でもう一回きれいに掃除すべきだ」と語り、「世界に向けて猪木しかできないこと、『どうだー!』と大きな声が出せる日がもうすぐそこに来ています」と、完全復活への強い意思を見せていた。    来年2月で80歳を迎えようとしていた猪木さん。「『もうそろそろ猪木さん楽をしてください』という人が誰もいない(笑)」とニコニコしながら語っていた。スタッフが「まだまだ猪木さんに先頭を走ってほしいです」と伝えると、「その声が一番俺の敵なの(笑)。でも敵がいる限りいいじゃない(笑)」とも快活に語っていた。  動画のコメント欄にはファンからの追悼のコメントが寄せられ「猪木さん、今まで勇気をありがとうございました」「涙が止まりません。本当にお疲れ様でした。ありがとうございました」「涙が出ました。 永遠のヒーロー。 天国でも皆に元気を与えてください」といった声があふれ、英語など外国語での書き込みも寄せられており、猪木さんの死を世界中のファンが悼んでいる。  なお、この日の動画には続編があるようで、最後は「次回 猪木がまさかの行動に出る」というテロップで終わっている。

View more: アントニオ猪木さん「最期の言葉」 公式YouTubeが公開

今秋来日予定のスミヨン騎手が肘打ちして落馬させ2カ月の騎乗停止、天皇賞・秋のジオグリフ騎乗できず

騎乗停止処分を下されたスミヨン騎手  今秋に来日予定だったクリストフ・スミヨン騎手(41)が30日、仏サンクルー競馬場で行われた1Rの騎乗中にロッサ・ライアン騎手を肘打ちして落馬させたとして、約2カ月間(10月14日~12月12日)の騎乗停止処分を受けた。凱旋門賞(G1・10月2日・仏パリロンシャン・芝2400メートル)のヴァデニには騎乗できるが、来日後に天皇賞・秋でコンビを組む予定だったジオグリフは騎乗できなくなった。

View more: 今秋来日予定のスミヨン騎手が肘打ちして落馬させ2カ月の騎乗停止、天皇賞・秋のジオグリフ騎乗できず

列島エイリアンズ 南米系不良グループ編(1) 大阪ミナミ発、暴力団幹部を襲った怖いもの知らずの奴ら 関西で勢力を増す不穏な影

大阪・ミナミのビルとビルの間で男性死亡。現場を調べる捜査員ら=5月13日 大阪市中央区の歓楽街・ミナミに軒を連ねる雑居ビル。今年5月、そのビルとビルの70センチほどの隙間で、暴力団幹部の男性の遺体が発見された。男性はその5日前、付近の飲食店で店内にいた別の客とトラブルとなり、暴行を加えられたのちに連れ出されたまま消息を絶っていた。 ヤクザ同士の抗争の類いかとも思われた。しかし9月20日、大阪府警が事件に関わった人物として加害目的略取容疑で逮捕したのは、ペルー国籍の溶接工の男ら3人だった。警察は、男性が死亡したこととの関連も調べているという。 日本のヤクザ幹部に衆人環視のなかで危害を加えた容疑者らの素性や動機については、今後の警察による取り調べの結果を待たなければならないが、関西では最近、南米出身者による不良グループが粗暴化していたという話がある。 大阪ミナミの飲食店関係者が話す。 「夜の街ではコロナの影響で外国人観光客がほぼゼロになる一方で、目立ち始めたのが南米出身者のグループ。ラテンのノリなのか、飲むと体を動かしたくなる人が多いようで、酔って暴れたという話もしばしば聞きます。グループ間の結束が強く、他の客などとトラブルになると、すぐに大勢の仲間が集まる。男性の遺体が発見される数週間前にも、南米系のグループが、ミナミの路上で黒塗りの車を取り囲んでいたと聞いています」 彼らの正体について、「未確認情報」と前置きしてこんな話をしてくれたのは地元紙記者だ。 「もともと南米系の不良グループと言えば、名古屋を中心とした東海地方に多かった。その一部が、大阪に流入してきているという動きがあるようだ」 しかし、大阪で台頭しているという南米系グループについてはほとんどと言っていいほど情報がない。 次回以降、そんな彼らの正体について迫ってみる。 =つづく ■奥窪優木(おくくぼ・ゆうき) 1980年、愛媛県出身。上智大学経済学部卒。ニューヨーク市立大学中退後、中国で現地取材。2008年に帰国後、「国家の政策や国際的事象が、末端の生活者やアングラ社会に与える影響」をテーマに取材活動。16年「週刊SPA!」で問題提起した「外国人による公的医療保険の悪用問題」は国会でも議論され、健康保険法等の改正につながった。著書に「ルポ 新型コロナ詐欺」(扶桑社)など。

View more: 列島エイリアンズ 南米系不良グループ編(1) 大阪ミナミ発、暴力団幹部を襲った怖いもの知らずの奴ら 関西で勢力を増す不穏な影

カタールW杯、スタジアムに隠された驚きの秘密。暑さ対策で“ある設備”を初導入

11月20日(日)に開幕する『FIFA ワールドカップ カタール 2022』。 その舞台となるカタールとは、いったいどんな国なのか? 10月2日(日)放送のサッカー番組『FIFA ワールドカップ64』では、開催国カタールの魅力を徹底紹介。『報道ステーション』の“熱盛”でおなじみ、寺川俊平アナウンサーが熱いレポートをお届けする。 カタールW杯、スタジアムに隠された驚きの秘密。暑さ対策で“ある設備”を初導入 9月初旬、首都ドーハの空港に到着した寺川アナウンサーは、まず現地の暑さに驚き。「ポロシャツの汗染みがとんでもないことになってきました。42.1度。ハンパじゃない暑さです!」とレポートしながら早くも汗だくだ。 年間平均気温27度、年間降水量80mmのカタールは、1年中暑く雨もほとんど降らないという。 そんな灼熱の国の大半をしめるのは“砂漠”ということで、さっそく砂漠ツアーを体験。 アトラクションのようなラクダ乗りや急砂丘のオフロード走行を楽しみ、砂漠の美しさを体感する。 カタールW杯、スタジアムに隠された驚きの秘密。暑さ対策で“ある設備”を初導入 つづいて寺川アナウンサーが向かった先は、砂漠とは一転、綺麗な街並みが広がる人工島「ザ・パール」。 さらに、映画『アラビアンナイト』のような幻想的な空間が広がる市場も訪問する。 カタールW杯、スタジアムに隠された驚きの秘密。暑さ対策で“ある設備”を初導入 市場では、日本では考えられない“驚きの動物”が多く販売されていた。カタールでは大人気で、約7割のカタール人が飼っていると言われているその動物とは? ◆スタジアムに隠された驚きの秘密 番組では、カタール在住の日本人による座談会も開催。 「カタール人の給料は高い?」「物価は高い?」などのテーマでトークを繰り広げ、驚きの現地事情が明らかになる。 その中で話題に上がるのが、カタールのサッカー事情。 カタールではサッカーが国技として愛され、とくにサッカー好きな首長がサッカー界でカタールの認知度を高める活動に力を入れてきたという。 その集大成でもあるのが今回のワールドカップ。 小さい国だからこそ、使用されるすべてのスタジアムが中心地ドーハから30分程度で行ける距離にあり、“史上最もコンパクトなワールドカップ”と呼ばれている。 さらに、こだわりはスタジアムの中にも。 ワールドカップで使用されるスタジアムを取材してみると、外は40度超えなのに、中はなぜか25度と快適な気温。 カタールW杯、スタジアムに隠された驚きの秘密。暑さ対策で“ある設備”を初導入 実はこのスタジアムでは、暑い気候でも快適にサッカーをプレーできるよう、ワールドカップでは初めて“ある設備”が導入されていた。 陽射しを浴びる場所でも涼しい気温を保てるその仕組みとは?

View more: カタールW杯、スタジアムに隠された驚きの秘密。暑さ対策で“ある設備”を初導入

【MLB】大谷翔平を「全員見習うべき」 MVP争いジャッジへの“発言”が「S級の人間性」

15勝目を挙げたエンゼルス・大谷翔平【写真:ロイター】 まず相手への敬意を忘れず…ファン「翔平さんは本当に素晴らしい」 エンゼルス・大谷翔平投手の懐の深さを象徴するような“発言”に、称賛が相次いでいる。15勝目を挙げた9月29日(日本時間30日)のアスレチックス戦後、MVPを争うヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手について「1ファンとして楽しみにしています」とコメント。相手へのリスペクトを忘れない姿勢に、ファンは「全員オオタニを見習うべきだ」「S級の人間性」との声を寄せた。 8回2死まで無安打に抑えていた快投を受け、MLB公式サイトでエンゼルス番を務めるレット・ボリンジャー記者は、大谷の発言に注目。MVP争いについて「去年MVPを取りましたけど、それよりいいシーズンを送れているのは自信にしていいんじゃないかなと思います」と言い切ったことをツイートで紹介した。 さらにライバルについても「ジャッジ選手に関しても楽しみに見ているので。61本目も見ましたし、1ファンとして楽しみにしています」と敬意を示した点を特筆。まずは己のことより、相手に気持ちを寄せる真摯な姿勢に、ファンも「どんなに活躍しても、エゴイストにはならない。なんというアスリートなんだ」「敬意を忘れない翔平さんは本当に素晴らしい」と虜になっていた。(Full-Count編集部)

View more: 【MLB】大谷翔平を「全員見習うべき」 MVP争いジャッジへの“発言”が「S級の人間性」

ミリオン連発ヒットメーカーがやっていた、宝を探し出す「メモ習慣」とは?

Photo: Adobe Stock 今回は、「メモ術」において、最も大切なものは何か!?についてお伝えします。 レコード会社の社員時代はプロデューサーとして、ミリオンヒットを10回記録するなどトレンドを牽引し、絶調期にニュージーランドに移住。その後、12年かけてリモートワーク術を構築してきた四角大輔氏。彼のベストセラー『自由であり続けるために 20代で捨てるべき50のこと』は、次世代のミニマリストのバイブルにもなった。 この連載では、四角氏の新刊『超ミニマル主義』の中から、「仕事術」「ワークスペース」「働き方」「スケジュールとタスク」「デバイスと情報」「思考と習慣」……etc を「手放し、効率化し、超集中する」ための【全技法】を紹介していきます。 初ミリオンヒットのきっかけは、 メモ習慣「メモ→分類→活用」だった  メモ術において実は最も大切なのは、「宝」が眠っていないか、時折メモを見返す習慣を身につけること。  すぐわかる言葉でタグ付けしたり、明解なカテゴリーに分けることで、「メモ→分類→活用」のフローを確立できる。  30代で出会った、新人アーティストのプランニングをする際、新入社員の頃からずっと付けていた多岐にわたる膨大なメモを、数日かけてすべて見返した。  それらを、そのアーティストのために作ったカテゴリーに振り分けていく。「販促アイデア」「メディア戦略」「ビジュアル案」「ブランディング」etc……といった具合に。 メモとは、「人生のアウトプットを高める最良の習慣」  その作業が終わった時、何年間も書き留めてきたメモの大半を、そのアーティストに活用できることが判明。運命だ――そう震えたことを今でも思いだす。後にそのアーティストは、ぼく初のミリオンヒットを記録することになる。  もしも今、「ヒットメーカーになる上で、一番役に立ったスキルは何か」と問われたら、それは「メモを取り、整理し、活用すること」と答えるだろう。  さらにメモとは、仕事に限らず「人生のアウトプットを高める最良の習慣」だと信じている。  大ヒット作『メモの魔術』(幻冬舎)著者で、「メモの狂気」と呼ばれるほど大量のメモを取る前田裕二氏は、「メモとは生き方そのもの」とまで言っている。 「メモアプリ歴20年」の私がたどりついた「メモアプリ」とは!? 「Remember The Milk」「Evernote」「asana」「Todoist」「Bear」「Notion」等、多くのメモアプリを試してきた。  ぼくがアプリマニアだった頃はつい多機能を求めたが、結局は一番シンプルなApple純正「メモアプリ」に落ち着いた。  アプリは、次の5ポイントさえクリアしていればOKだ。 「①クラウド対応(PC→←スマホ間で高速同期)」「②オフライン使用可」「③フォルダ分け(タグ付け)可能」「④写真・動画を添付できる」「⑤インターフェースがシンプルで動作が速い」。  Appleの中枢部門で働く友人が、こう言ってた。  Apple社員は基本「純正アプリ」しか使わず、「メモ」でメモ管理を、「リマインダー」でタスク管理を、「カレンダー」でスケジュール管理をしていると。超グローバル企業でそれが可能なら、どんな仕事も純正アプリでまかなえるはず。  ぜひ、あなたのApple製品、Microsoft製品、Android製品の純正アプリを見直してみてほしい。「まずは標準装備を使い倒す」というのも『超ミニマル主義』の理念なのである。 『超ミニマル主義』では、「手放し、効率化し、超集中」するための全技法を紹介しています。ぜひチェックしてみてください。 (本原稿は、四角大輔著『超ミニマル主義』から一部抜粋したものです)

View more: ミリオン連発ヒットメーカーがやっていた、宝を探し出す「メモ習慣」とは?

浦和、失点直結のバックパスミスにファン落胆隠せず 「こりゃいかん」「残念」

広島に敗れた浦和【写真:Getty Images】 広島に1-4の大敗、公式戦5試合勝ち星なし 浦和レッズは10月1日、J1リーグ第31節でサンフレッチェ広島と対戦し、1-4の大敗を喫した。広島の1点目は、前線の好プレスから生まれた得点だったが、ファンからは「抜け目ない」と賛辞のほか、浦和の軽率なミスを指摘する厳しい声も上がっている。 試合が動いたのは前半22分、浦和がGK西川周作からビルドアップをする場面。広島は前線からプレスを徐々にかけていくなかで、西川が近場のMF岩尾憲に預ける。しかし、少しボールがずれたのか、寄せてきた広島MF森島司を感じ体勢を崩しながら西川にリターン。このパスが弱くなり、連続でプレスをかけた森島が先にボールに触り、西川に当たってこぼれたところを倒れ込みながらも押し込んでゴールを奪った。 この先制点で広島は優位に立つと、後半に入って17分にDF荒木隼人、同26分にFW満田誠が決めて3点のリードを奪う。その5分後に浦和MF柴戸海に1点返されるも、広島は同38分に再び満田がフリーキックからこの日2点目を決め、合計スコア4-1で勝利を飾っている。 自陣で招いたミスが発端となった浦和の1失点目に、ファンからは厳しい声が届いており、「酷い」「なにしてんの」「これはちょっと…」「プロとして恥ずかしい」「こりゃいかん」「残念というか正直がっかり」と酷評。浦和はリーグ戦で直近2試合0得点、9月末のルヴァンカップ準決勝でもセレッソ大阪相手に第1戦で1-1、第2戦で0-4のスコアで敗退するなど、勝ち切れない試合が続いていた。 そんななか立て直しを目論んだ広島戦だったが、前半の失点で試合を難しくしてしまった浦和。リーグ戦は残り4試合となったが、早急な課題の解決が必要となっていきそうだ。(FOOTBALL ZONE編集部)

View more: 浦和、失点直結のバックパスミスにファン落胆隠せず 「こりゃいかん」「残念」

アントニオ猪木さん実弟・啓介さんが最期を明かす「苦しまずに逝ったと思います」

アントニオ猪木さん実弟・啓介さんが最期を明かす「苦しまずに逝ったと思います」 アントニオ猪木さんの実弟・啓介さんが取材に応じた 1日に79歳で死去したプロレス界のスーパースター、アントニオ猪木さん(本名猪木寛至)の実弟・啓介さん(74)が最期の様子を明かした。 猪木さんの亡くなった自宅前で報道陣の取材に応じた啓介さんによれば、前夜に眠って朝に息を引き取ったという。「苦しまずに逝ったと思います」と語った。 啓介さんは「昨日の夜呼ばれて、部屋に来いと。ドアを閉めろと。話をするのかと思ったんですが、口は動いていたんですが、何を言っているのか分からなかったですね。40分くらい一緒に部屋にいて」と、前夜の様子を明かした。 9月30日の時点では元気な様子だったといい「そのまま寝て、また今日元気になるかなと思ってたんですが…」と沈痛な表情を浮かべた。 「素晴らしい兄貴でしたよ。いろいろなことを勉強させてもらいました。ブラジルの事業や発電機の事業も携わらせてもらって、兄貴には本当に感謝しています」。〝燃える闘魂〟として日本国民に元気を与え続けた兄への敬意を口にしていた。

View more: アントニオ猪木さん実弟・啓介さんが最期を明かす「苦しまずに逝ったと思います」

瀬戸内国際芸術祭「秋会期」初の週末 粟島などの島々にも多くの人訪れる 来場者の回復に期待【香川】

東京で新たに3834人の感染確認 全国で3万5418人 新型コロナ

「飛ばし屋が有利、じゃない」木村彩子がロースコア合戦で首位浮上

コーヒーに入れる砂糖の量は徳島が全国最多 民間調査

【猪木さん死去】スタン・ハンセン氏「人生の大恩人。日本のみなさん、猪木さんを忘れないで」と追悼

田中希実、5000Mで14分59秒95の日本勢トップ「最低限15分は切れた」…デンカチャレンジ杯

彦根城玄宮園で「観月の夕べ」

【新型コロナ】東京で4558人、全国で3万6646人感染

iPad片手に森で授業、伊那市がICT教育で成功した理由

流出額2億5000万円に 宮城・栗原JA子会社不正経理 今月にも第三者委設置

「逮捕されてなければ国葬の日も同じようなことを・・・」池袋事故の遺族を中傷し、SNSで繰り返し罪を犯す若者の“孤独”

【巨人】吉川尚輝のファウルが中島宏之を直撃 ベンチ内で胸を押さえて倒れる姿

OTHER NEWS

Breaking thailand news, thai news, thailand news Verified News Story Network