ヤクルト内川聖一内野手(40)が28日、神宮球場で会見を行い、今季限りで現役を引退することを報告した。

3球団で通算2185安打をマークした内川は、安打から本塁打を求める現代野球への対応に苦慮したことを明かすとともに、NPB以外でのプレー続行に含みを持たせた。

   ◇   ◇   ◇

-引退決断の理由

ここ何年間かずっと、そろそろかな…という気持ちで、NPBという第一線では厳しいなと感じました。ヒットを打つために一生懸命バッティングを作ってきましたけど、ここ最近の野球界は基本的にホームランを打つためのバッティングをしながら、ヒットを打つことに変化してきているんじゃないかと。その変化に対応しきれなくなってきたのも正直なところです。

-ソフトバンク時代は4度のリーグ優勝と6度の日本一

本当にたくさんの経験をさせてもらったなと思います。メンバーにも恵まれましたし、本当に監督、コーチ、関係者の方に恵まれての優勝だと思いますので、本当にいいプロ野球人生を送らせてもらったなと。

-09年WBCで世界一

無我夢中でしたね。1回目は野手最年少で、2回目はレギュラーとして。3回目は代打という形でも使っていただきました。一番忘れられないのは、日本を離れて「君が代」を聴いた時に、自分は日本人なんだと改めて感じましたし、日の丸を背負うというのはこういうことなんだと。

-その経験をした先輩として伝えたいこと

野球をやることを、試合をやることを怖いと思った。日本代表として。それを教えてもらったことで、さらに野球と正面から向き合うきっかけをもらった。ぜひそういう舞台を経験してもらいたい。

-ヤクルトで過ごした2年間は

自分の持っているものを発揮できず終わってしまったなという申し訳なさが残っている。思い切りやらせてもらえる環境を作っていただいた球団には本当に感謝しかありません。

-第2の人生は

生まれたときから父が高校野球の監督をやっていました。僕自身を作ってくれた野球に感謝しないといけないと思いますし。どのように野球に恩返しできるのかというのを考えながら、自分自身、今後の人生を作っていければいいなと思います。

-「NPBから引退」と含みを持たせているが

答えとしては微妙になりますね(笑顔)。40歳で野球をやっているのはすごく面白い。この気持ちを持ったまま選手として終わりたくないというのは正直あります。違うカテゴリーになってもプレーしたい気力を持っているのかは、正直なところ分からないです。やれるならやりたいという希望を持っているのと同時に、やりたいことと、やれることが変わってくる可能性もあるので。そういう話がもしあれば前向きに考えたいと思いますけど、絶対ユニホームを着てやりたいとは言えないし、絶対ユニホーム着てプレーしないとも言えない。すみません、あいまいで。でも野球が好きなんですよね。

◆内川聖一(うちかわ・せいいち)1982年(昭57)8月4日、大分県生まれ。大分工では甲子園出場なし。00年ドラフト1位で横浜入団。08年に右打者最高打率で首位打者、最多安打、最高出塁率。10年オフにFAでソフトバンク入り。11年に史上2人目の両リーグ首位打者でパ・リーグMVP。20年限りでソフトバンク退団、21年からヤクルトでプレー。ベストナイン5度。ゴールデングラブ賞1度。09、13、17年WBC日本代表。184センチ、92キロ。右投げ右打ち。今季推定年俸4000万円。

【ヤクルト】内川聖一が引退会見「すみません、あいまいで」NPB以外でプレーも

内川の年度別成績

「日本は疲れ知らず」「決勝で再戦を」…スペイン紙「荷物まとめることが脳裏をよぎった」

俳優の渡辺徹さんが死去 61歳、「太陽にほえろ!」など

スペイン代表ロドリ、日本代表について語る「個人のクオリティはあまり高くないかもしれないが…」

藤井聡太竜王「黒豚」VS広瀬八段「黒牛」 竜王戦第6局1日目の勝負めし

「マン・オブ・ザ・マッチは俺やろ」堂安律の“イジり”に田中碧はどう反応した?【W杯】

【渡辺徹さんを追悼】

元乃木坂46・伊藤万理華 1年ぶり単独ラジオパーソナリティー番組「再びたっぷりしゃべりたいです」

主将の吉田麻也 涙こらえ「言葉になりません。最高」 「無茶苦茶長かった」耐え抜いて勝利呼ぶ

韓国 けさのニュース(12月2日)

【2023年バレンタイン】昨年人気を集めた“ポケモンチョコ”にミュウやイーブイが仲間入り

任天堂提供のゲーム番組「スーパーマリオクラブ」司会を務めたタレントの渡辺徹さんが死去―2010年には同番組復活放送にも出演

ドル・円は200日移動平均線との攻防-割れると円高トレンドに転換か

【阪神】梅野隆太郎は現状維持の1億6000万円「いつになったら正捕手と言われるんだろうと」

北海道 週末は湿った雪の後、路面はつるつるに 交通関係注意

こいつはどこまでスパルタン?「GRカローラ」の抽選申し込みがついにスタート。1.6Lで304psを誇るバケモノエンジン搭載&2シーターモデルも設定

この寝姿、ずっと見ていられる…毛布を上手に使いこなす猫ちゃんが可愛すぎる「ぬくぬく」「好きなひとの寝姿みたい」

NEWS RELATED

ヤバイTシャツ屋さん・ありぼぼ、学校のロッカーに漫画入れていた

 『comipo 歌漫画大賞』授賞式イベントが2日、都内で開催され、ヤバイTシャツ屋さん、四千頭身が登場した。  『comipo』は、comic(漫画)とpop(音)を掛け合わせた聴いて楽しむ漫画アプリ。2022年5月よりアーティストの楽曲を題材にした漫画を募集する、賞金総額1000万の『comipo 歌漫画大賞』を開催しており、第1弾としてヤバイTシャツ屋さんとコラボした。  人気楽曲「ハッピーウェディング前ソング」などを題材にした約200作の中から優秀作9作を選出・発表。受賞先品は現在『comipo』にて期間限定で無料公開されており、大賞作品は漫画賞の目玉として“漫画のキャラクターのセリフをアーティスト自らが声を当てる”「ボイスコミック」としてもリリースされている。  漫画の思い出についてヤバイTシャツ屋さん・しばたありぼぼは「高校時代、教科書とかを入れるロッカーに漫画を入れていました!」と打ち明けると、メンバーから「それはダメだろ!」とツッコミが入り会場を笑わせた。

View more: ヤバイTシャツ屋さん・ありぼぼ、学校のロッカーに漫画入れていた

浴槽で長女死亡、父親に無罪判決

 自宅で入浴中に生後7カ月の長女の首を手で圧迫して死亡させたとして、傷害致死罪に問われた父親(27)の裁判員裁判の判決で、大阪地裁は2日、無罪を言い渡した。求刑は懲役5年だった。

View more: 浴槽で長女死亡、父親に無罪判決

「ちょっと嫌なのが」と本田圭佑がスペイン戦で日本の懸念点を語る「プレスに行く時が全然定まっていない。単発は無駄」【W杯】

「ちょっと嫌なのが」と本田圭佑がスペイン戦で日本の懸念点を語る「プレスに行く時が全然定まっていない。単発は無駄」【W杯】 元日本代表MFの本田圭佑が12月1日(日本時間2日)、「ABEMA」の生中継でカタール・ワールドカップの日本対スペインを解説している。 立ち上がりからスペインがボールが保持し、日本が守勢に回る展開。すると本田は「ちょっと嫌なのが」と話し、日本のプレッシングについて次のようにコメントした。 「プレスに行く時が全然定まっていない。単発なんですよね。そのままサイドチェンジされるだけなので、無駄なんですよ。ハメに行けていないんです。やっている選手はこれ、つらいですよ」 もっとも、直後の8分には敵陣で日本がボールを奪う。これには本田も「いいよ!」と白熱。しかし12分には失点。ポジティブな要素もネガティブな点もある展開で、日本はどう反撃するか。 構成●サッカーダイジェスト編集部 【W杯PHOTO】現地カタールで日本代表を応援する麗しき「美女サポーター」たちを一挙紹介!

View more: 「ちょっと嫌なのが」と本田圭佑がスペイン戦で日本の懸念点を語る「プレスに行く時が全然定まっていない。単発は無駄」【W杯】

「日本終わりました?日本終わりました?」 ABEMA裏解説で動揺する中澤佑二が話題に

スペインに勝利し、喜ぶ堂安律【写真:ロイター】 カタールW杯、ドイツ―コスタリカ戦の解説・中澤氏が話題 サッカーのカタール・ワールドカップは1日(日本時間2日)、グループリーグE組で日本がスペインに2-1で勝利。大金星で同組1位となり、決勝トーナメント進出を決めた。同時刻のキックオフとなったドイツ―コスタリカ戦をABEMAで解説していた元日本代表DF中澤佑二氏は、日本が逆転したという情報を受けて「お!? おほほ!? いつの間に?」と動揺。試合終盤には「日本終わりました?日本終わりました?」と仕切りに気にしていた。 第2戦までを終えて全4チームに決勝トーナメント進出の可能性がある大混戦。日本―スペイン、ドイツ―コスタリカが同時キックオフとなったが、日本戦の裏中継の解説をしたのが中澤氏だった。前半、日本が1点を奪われた事を伝え聞くと「どういった形で点を取られたのか、見たいな」と反応していた。 後半8分すぎ、今度は日本が逆転したという情報が放送席に伝わってきた。すると中澤氏は「お!? おほほ!? いつの間に?」と動揺。解説中ではあったが「えーと、どういうことなんでしょうか(笑)」「ぼく今、興奮して……ハハハハハハハハ(笑)」と心ここにあらずの状態になっていた。 ハーフタイム時点では0-1で負けているという情報だっただけに、「どんなゴールだったんだろう。ちょっと待って下さい」「気持ちが高揚していて、試合になかなか入れてないですね(笑)」と日本戦の行方が気になって仕方ない様子ものぞかせながら、きっちりドイツ―コスタリカ戦を解説していた。 試合終盤「日本の方は(アディショナルタイム)何分なんですか?」「日本終わったんじゃないですか?」「日本終わりました?日本終わりました?」とまたソワソワしはじめ、日本の勝利が確定すると「終わりましたか。すごーい。1位突破?すげえ!」と喜んでいた。ドイツが4-2で勝った試合後、「W杯の舞台で言い訳することができない状態で、強豪2チームに勝ったのは日本の力。これは誇っていいこと」と称えた。 ABEMAでドイツ戦を見ていたツイッター上のファンからは「中澤佑二さん大変だっただろうな」「中澤佑二さんも日本の逆転に困惑してたよw」「中澤佑二の解説がもう上の空になっとるの笑うわ」「日本が逆転したっていう知らせを聞いてめっちゃ動揺しながらも実況してておもろいw」「日本で一番同情されるべきは中澤佑二」などとコメントが書き込まれていた。 THE ANSWER編集部

View more: 「日本終わりました?日本終わりました?」 ABEMA裏解説で動揺する中澤佑二が話題に

【巨人】海外FA権保有の中田翔が新たに3年契約 年俸も「ちょっとアップ」

巨人・中田翔内野手  海外FA権を保有する巨人・中田翔内野手が2日、都内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、今季年俸1億5000万円から「ちょっとアップです」と増額提示にサインし、球団と新たに3年契約を結んだことを明かした。(金額は推定)  「もっともっと気を引き締めて頑張らないといけないなと改めて思いました。来シーズンは全試合出場できるように頑張りたいと思います。自己最高の結果を残せるようにやっていきたいと思います」と誓った。  昨季途中に日本ハムから無償トレードで移籍。今季は岡本和に代わって4番に座るなど、特にシーズン後半に存在感を示した。109試合に出場して打率2割6分9厘、24本塁打、68打点という成績だった。  来年1月は今年と同様に秋広らを引き連れて沖縄・石垣島で自主トレを行う。

View more: 【巨人】海外FA権保有の中田翔が新たに3年契約 年俸も「ちょっとアップ」

99%は戻らず…「育った川に戻ってこないサケ」はどこに行った?

今のサケにはワイルドさが足りない!? サケが育った川に戻ってくる回帰率が激減しているという。これも、地球の温暖化の影響なのか? 「最近言われているのは、ふ化放流事業が長く続いているため、今のサケにはワイルドさが足りないのではということです。ふ化放流事業では、メスのサケから採卵して、そこにオスの精液をかけて受精させます。 自分で産卵した経験がないことが何代も続くと、どうなるのか。稚魚も自分でエサを探して食べるというより、時間になったらエサが与えられる環境で育てられます。1gぐらいになったら放流するわけですが、自然に出たとき自分でエサを捕っていく強さはどれほどなのか。サケの自然に対する適合性が低下していないか、興味があるところです」 こう言うのは、道立総合研究機構さけます・内水面水産試験場の畑山誠さん。 ではいったいどのくらいのサケが生まれた川に戻ってきているのかという回帰率をみると、2020年も2021年も全国平均で1.2%! 北海道はそれより少しよくて2020年1.8%、2021年2.0%だったが、福島県などは2020年0.04%、2021年0.01%なのだ。国立研究開発法人水産研究・教育機構の統計によると、昨年度国内の川に戻ったサケは1926万匹で、ピークだった1996年度の22%だったという。 「そうなんです。本当にほんの少ししか帰ってこないんです。北海道のサケの漁獲量は2004(平成16)年がピークでしたが、このときの回帰率は5.9%。北海道では毎年10億尾ほどを放流していますが、6000万尾戻ってきたということです。今はその3分の1くらい」 生まれた川に戻ってくるサケは1.2%!(写真:アフロ) 放流した稚魚の99%は戻ってこないという現実。サンマやブリは生息しやすい海水温のところに移動するという。サケだって、生まれた川に帰らず、カナダやアラスカのもっと住みやすい川に行っているのかもしれない。 「それはありません。最近、サケが戻ってくる秋の海水温が高めのときがあるんです。そういうときは海の深いところから川に入ってくる。沿岸の水温が高いと、なかなか寄って来れないときもあると思いますが、最後は来るしかないので、来ます。 自分が生まれた川を探す過程で、ほかの川に入ることもありますが、日本生まれのサケが外国に行くことは考えられません。彼らには、独特のこだわりがあるみたいです」 福島県楢葉町の木戸川では、かつて3万尾のサケが獲れ、この地での「卵かけごはん」とは、たっぷりといくらを乗せたごはんのことだったという。けれど、近年は木戸川で捕れるサケは数千~数百になっているとか 北海道では豊漁!?でも、身体が小さい今年のサケ ところが、今年豊漁に沸いているのが、北海道。留萌地方では秋サケ漁の水揚げが32年ぶりに3000トンを超えたというのだ。 「毎年、漁獲量の予測値を出しているんですが、ここまで多いとは予想していませんでした。この3分の2ぐらいではないかと思っていました」 今年は、放流したサケの稚魚がベーリング海などで順調に育ち、海流にのって留萌沖に戻ってきたのではないかと考えているとか。 しかし、喜んでばかりもいられない。今年のサケは小さいというのだ。 「サケの稚魚は春4~5月ごろに放流します。そこからオホーツク海に移って秋ぐらいまで過ごす。そのあと太平洋北部に移り、そこで3~5年過ごしてから戻ってきます。 なので、戻ってきたサケには3年魚、4年魚、5年魚がいるわけですが、今年は4年魚が多くて、5年魚が少ない。これまでサケ1尾は平均3㎏以上あったのですが、今年は3㎏以下のものが多いんです。最近は5年魚が少なくなっている傾向が続いているんです。 理由はいろいろ考えられます。ゆっくり成熟する5年魚が生きづらくなっているのか、早く成熟するようになったのか、あるいは早く帰ったほうが彼らに得があるのか。成長履歴を調査すると、少しはわかってくると思います」 カナダでは伝統的なサケ漁が脅かされるとして、養殖に対して反対運動が起きている サケに何が起こっているのか 今年は豊漁。来年も? 「わかりません。サケ漁は12月くらいに終わるので、来年早々に検討を始めて、夏ぐらいに予測値を出す予定ですが」 そもそも、なぜ不漁が続いていたのか? これも温暖化の影響なのだろうか? 「大きな流れとしての気候変動の影響は否定できないところです。ほかの魚の分布が変わってサケの稚魚が捕食されやすくなったのかもしれません。エサの分布も変わっているのかもしれませんし、エサを競合する生物も変化しているのかもしれません。 いずれにせよ、我々が関われるのは放流するまで。エサを栄養強化したり、放流時期を考えたり、研究しています」 放流するときの海水温も影響するとか。 「稚魚がいちばん死んでしまうのが、川から海に入ったときと考えられています。海水温が5度以上になったところで放流するのですが、予想より海水温が上がらなかったり、逆にすぐ上がってしまっても死んでしまうんです。 ある時期までにオホーツク海に入っていなければならず、全体のスケジュールをみて放流するのですが、最近は稚魚の生息に適した水温5~13度の期間が短くなったり、早くなったりしているので、放流するタイミングがむずかしくなっています」 たとえ海水温が上がっても、ひたすら生まれた川を目指すサケ。 「もしかしたら、環境の変化に適応したサケも生まれてくるかもしれない。今年の豊漁についても解析しなければならない。やることは山積みです。 不漁が続いて、悩むことも多かったけれど、サケが大きく変化する時期に、この仕事ができるのは幸運かもしれない。そう思うようにしてがんばります」 畑山誠 北海道立総合研究機構 さけます・内水面水産試験場 さけます資源部所属。専門は魚病学。集団遺伝学。サケ資源安定化に向けた研究を行っている。 取材・文:中川いづみ

View more: 99%は戻らず…「育った川に戻ってこないサケ」はどこに行った?

ロンブー淳、日本代表ユニをネットで購入も…「だいぶ違う」 ファンも「デザイン…」

田村淳【写真:ENCOUNT編集部】 「これを着て今日は眠りたいと思います」 お笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳が2日、自身のツイッターを更新。応援のため、日本代表ユニフォームを購入したというが、「だいぶ違うユニフォームが届きました」と記している。 淳は「この時間まで頑張ったのですが…やはり明日、朝早めの仕事なのでリアルタイム視聴は諦めました ユニフォームをネットで購入したのですが…日本代表のユニフォームとはだいぶ違うユニフォームが届きました」と汗の絵文字つきで投稿。実際にユニフォームをまとった姿を自撮りしている。 確かに最新の代表ユニフォームと比べると、デザインが違っている。淳は「これを着て今日は眠りたいと思います。ガンバレ日本! 応援は起きてる人に託します!」と続けた。 この投稿にフォロワーからは「勝ちましたよ!」の声以外に、「デザイン、、、」「ユニフォーム…」といったコメントも書き込まれていた。 日本はスペインに歴史的な勝利を収め、グループE、1位で決勝トーナメントへ。続くツイートでは「目覚めたら日本代表勝利してる!!! おめでとう日本代表」と祝福している。ENCOUNT編集部

View more: ロンブー淳、日本代表ユニをネットで購入も…「だいぶ違う」 ファンも「デザイン…」

本田圭佑 次戦5日深夜のクロアチア戦に向け「これあるんちゃう?」

本田圭佑 サッカー・ワールドカップ(W杯)1次リーグE組(1日、日本-スペイン、ドーハ)7大会連続7度目の出場となる国際連盟(FIFA)ランキング24位の日本は、同7位のスペインとハリファ国際競技場で対戦した。 日本は0-1の1点ビハインドで前半を折り返したが、後半3分にFW堂安が、同6分に田中が立て続けにゴールを奪い、逆転に成功。2-1で23日のドイツ戦に続き、優勝経験国から2つ目の金星を挙げた。 E組1位通過の日本は、F組2位でFIFAランキング12位で前回準Vのクロアチアと5日(日本時間同日深夜0時)の決勝トーナメント初戦で対戦する。 過去の国際Aマッチの対戦成績は1勝1分け1敗。前回準Vの強豪国だが、2018年ロシア大会のメンバーがそのまま4歳重ねたメンバー構成。ABEMAで解説を担当した元日本代表FW本田圭佑(36)は「これあるんちゃう?」と史上初の8強入りを期待した。 スペイン戦の戦いについて本田は「プラン通りで、どの辺がよかったかというと、三笘さんをスタメンで使うのも良かったけど、後半から我慢して使ったのが的中ですよ」と森保監督の采配をたたえた。

View more: 本田圭佑 次戦5日深夜のクロアチア戦に向け「これあるんちゃう?」

続投を否定=前田NHK会長

つるの剛士が渡辺徹さん悼む「将棋親善大使委嘱式でご一緒、一局指して頂きたかった」

Teslaの大型電気トラック「SEMI」をようやく納車開始

ゆうこす 「WIfiも肌へ悪影響」を謝罪も… 商品は「安全性検証や効能試験を基に開発」と主張

Androidの動作が遅い? たった数秒で最速に変える方法

オードリー春日、テレビ番組出演本数ランキング速報1位に!リトルトゥース中心に話題!

「悪夢のような後半」日本代表に衝撃の敗戦…スペインメディアは日本を評価「信じられないパフォーマンス」

スペイン撃破の日本代表、また「掃除&折り鶴」で感謝を示す

サッカー=スペイン代表監督、日本に「解体されてしまった」

「親との関係」悩み続ける人に知ってほしい解決法 期待を持たせず、あきらめさせ、従わないと伝える

特大炭火焼きチキンを1本まるごとのせたすき家の「炭火焼きほろほろチキンカレー」を食べてみた

「森保さんごめんなさい」 日本、奇跡のGL突破に再び手のひら返しの大絶賛「手首おかしくなりそう」

OTHER NEWS

Breaking thailand news, thai news, thailand news Verified News Story Network