【橋本英郎】失点シーンの伏線となっていた吉田のミス。怒鳴ってでも「危険だ」と周りが伝えるべきだった/W杯

【橋本英郎】失点シーンの伏線となっていた吉田のミス。怒鳴ってでも「危険だ」と周りが伝えるべきだった/W杯

ワールドカップ(W杯)の第2戦。コスタリカ戦は終盤の失点で0-1の敗戦と、残念な試合になってしまいました。今回の敗戦の原因について考えていきたいと思います。

試合のポイントは、4つあったと見ています。

①試合のペースを握れない

②チャレンジ精神

③個の優位性

④得点の匂い

【ポイント①:試合のペースを握れない】

コスタリカ戦の試合開始前まで、相手のやり方が分かっていなかったかもしれません。引いて守ってくるのかボールを奪いに出てくるのか――。

結果として、引いてきましたが、日本はそのコスタリカの戦い方に付き合ってしまいました。それに対してのプランが明確になかったように感じました。

この問題は前節のドイツ戦でも感じていました。前からプレスを掛けようとしていましたが、なかなかうまくハマらず、ずるずる引いてしまいやられてしまいました。前半を自分たちのゲームリズムではなく、相手チームのリズムで進めてしまうというゲーム展開を、このコスタリカ戦でも繰り返していたのです。

コスタリカ戦では失点しそうな危険な場面をほとんど作られませんでしたが、チャンスが生まれない、両ゴール前の攻防の少ない緩い時間が過ぎる流れになっていました。観ている側も、W杯の他の試合の展開・リズムとは違うことは感じられたと思います。日本としては得点したい気持ちもあるが、リスク管理を意識している選手も多くいたように感じました。

【ポイント②:チャレンジ精神】

①の延長線になりますが、リスクを冒したプレーは、前半は特にありませんでした。後半立ち上がりは監督の交代策で活性化しましたが、長い時間続きませんでした。

その後も交代選手をどんどん出していき、攻撃的に変化させる意図が見えましたが、縦パスの本数や裏へのボールは少なかった。簡単に奪われるリスクもありますが、怖さのある攻撃はなかなか繰り出せませんでした。

【ポイント③:個の優位性】

分かりやすいシーンが、試合開始早々の相馬勇紀選手のドリブル突破。後半の三笘薫選手のドリブル突破です。確実に1対1で勝てていました。

3トップの一角で出た伊東純也選手も自ら突破してチャンスを作り出しました。優位性があるポジション、形を見抜いて、その形を作るように中盤の選手、最終ラインの選手にはもっとチャレンジして欲しかった。

3バックの一角に入った伊藤洋輝選手は色々工夫して作ろうとしていました。一度、伊東選手へのロングパスで突破できそうなシーンがありました。ただ残りは三笘選手のところをなんとかしようと苦闘しているように見えました。

三笘選手の1か所だけでなく、他の優位性のあるポイントへ案内するようにボランチや吉田麻也選手からもミドルパス、ロングパスも出していくべきでした。敵DFが後ろ向きに守備をしないといけないシーンを作れなかったことが得点に繋がらなかった一番の原因だと思いました。

【PHOTO】カタールW杯のスタンドを華麗に彩る“美しきサポーターたち”を厳選!

【W杯PHOTO】堂安だ! 浅野だ! 日本代表が大金星を挙げた大国ドイツとの歴史的一戦を厳選フォトでお届け!

注目の日本第2戦!11/27 19:00-日本VSコスタリカ戦 キックオフ!FIFA ワールドカップ 2022 日本戦もABEMAで無料見放題

【橋本英郎】失点シーンの伏線となっていた吉田のミス。怒鳴ってでも「危険だ」と周りが伝えるべきだった/W杯

【ポイント④:得点の匂い】

失点シーンは、吉田選手のクリアからでしたが、そのシーンの前にも吉田選手からダイレクトのパスをパスカットされて危険なシーンになりかけた瞬間がありました。

その際にリスク管理として周りの選手がミスに対して怒鳴ってでもそのようなプレーは危険だと伝えるべきでした。この試合を通じてコスタリカは自陣深くからチャンスの形は作れる状況ではありませんでした。

だからこそ、コスタリカ側からすると攻撃→守備→攻撃の連続で日本がバランスを崩した際にしか、チャンスを見出せませんでした。そのチャンスを一度だけでなく、二度も与えてしまい、二度目で仕留められてしまいました。

多くのみなさんが一度のピンチで失点したと思われたのではないでしょうか。しかし、ゴールになる前に伏線となるシーンが、すでに起きていました。しかもそのミスシーンは、時間的にも得点シーンから遡って、短いスパンで起きていました。

チャンスの匂いをコスタリカは嗅ぎつけていたように感じました。失点シーンの前には日本にも何度かチャンスがあったので、「行ける」という油断が出てしまっていたからかもしれませんが、「ピンチの後にチャンスあり」をコスタリカは理解していました。

この敗戦によってスペインに勝たなければグループステージ突破は難しくなったと思いますが、はたしてどのようにして勝つのか。これから森保一監督はメンバー選考・攻撃パターンを考えていくと思います。

攻撃的なアクション(交代)はW杯に入ってから積極的になりました。あとはピッチ上で試合中に変化を出せるようになってほしいです。

勝つことを願って応援します。

<了>

橋本英郎

PROFILE

はしもと・ひでお/1979年5月21日生まれ、大阪府大阪市出身。ガンバ大阪の下部組織で才能を育まれ、1998年にトップ昇格。練習生からプロ契約を勝ち取り、やがて不動のボランチとして君臨、J1初制覇やアジア制覇など西野朗体制下の黄金期を支えた。府内屈指の進学校・天王寺高校から大阪市立大学に一般入試で合格し、卒業した秀才。G大阪を2011年に退団したのちは、ヴィッセル神戸、セレッソ大阪、AC長野パルセイロ、東京ヴェルディでプレー。2019年からJFLのFC今治に籍を置き、入団1年目で見事チームをJ3昇格に導く立役者のひとりとなった。2021年5月2日の第7節のテゲバジャーロ宮崎戦で、J3最年長得点(41歳と11か月11日)を記録。2022年は関西1部リーグ「おこしやす京都AC」に籍を置いた。日本代表はイビチャ・オシム政権下で重宝され、国際Aマッチ・15試合に出場。現役フットボーラーとして奮闘する傍ら、サッカースクールの主宰やヨガチャリティー開催など幅広く活動中だ。173センチ・68キロ。血液型O型。

【PHOTO】カタールW杯のスタンドを華麗に彩る“美しきサポーターたち”を厳選!

【W杯PHOTO】堂安だ! 浅野だ! 日本代表が大金星を挙げた大国ドイツとの歴史的一戦を厳選フォトでお届け!

注目の日本第3戦!12/01 28:00-日本VSスペイン戦!本田圭佑&イニエスタ解説!本田圭佑とイニエスタのダブル解説!

中国人観光客は日韓にとってどれほど重要か―中国メディア

きょうの天気 東北や北陸は大雪や吹雪に注意 関東は日差し 東海以西は所々で雪や雨

谷まりあ「感想教えてね?」ノースリーブのドレス姿で写真集のリアクション呼びかけた

米新車販売「トヨタ首位陥落」で露呈した、米国市場の特殊性 EV復権の波も中長期の覇者は誰だ

中野美奈子アナ、わが子と訪れた寺は「香川とは思えない雪雪雪」 天空のブランコや雪遊びを満喫

三笘薫、衝撃の後半AT決勝ゴール! またリバプール粉砕でSNS大興奮「まさに異次元」

森下卓九段 藤井王将に「高校行ってる時間ある?」と進言の過去 手厳しい言葉の裏にあった期待とは

フジ永島優美アナが“妊娠”!?“巨大化”!?「着るビーズクッション」来て笑顔「楽ちんです」

本田望結「お嫁さんになれますように」 ウド鈴木&出川哲朗との伊勢志摩旅で願い

TBS美女アナ3人 高貴に黒ドレス&パールで披露宴「3人最強」「美女ばかり」と反響

英語「look up」の意味って?

ベトナムの味:バインチャンヌン(bánh tráng nướng)

財界が騒然…トヨタ・章男社長「電撃交代」からの「日銀総裁」就任はあり得るか

除雪サンデー、奮闘 金沢で晴れ間のぞく 能登は雪続く、珠洲で積雪50センチ

青空ゲレンデにぎわう 富山県内スキー場に恵みの雪 寒波でパウダースノー、最高のコンディション

「教育レベルは高いのに、驚くほど金儲けのセンスがない」ロシア人と話して見えてきた実像

NEWS RELATED

「加給年金」が加算されると、年間約40万円もプラス!

(画像=guy2men/stock.adobe.com) 本記事は、頼藤太希氏の著書『会社も役所も銀行もまともに教えてくれない 定年後ずっと困らないお金の話』(大和書房)の中から一部を抜粋・編集しています 「加給年金」が加算されると、年間約40万円もプラス! 加給年金とは、厚生年金に20年以上加入している人が65歳以上になって老齢厚生年金を受け取る場合に、65歳未満の配偶者や18歳の年度末を迎えるまでの子を扶養しているときに支給される年金です。 加給年金の金額は配偶者を扶養している場合、年38万8,900円(特別加算含む)になります。また、子は2人目まで年22万3,800円、3人目以降は年7万4,600円となっています(以上、金額は2022年度)。 たとえば、65歳の夫に5歳年下の妻がいる場合、夫の厚生年金が5年間で約200万円増えます。年間40万円近くも増えるとなれば、家計の大きな助けになるでしょう。 しかし、加給年金は受け取れなくなる場合もあります。配偶者の年収が850万円以上の場合は加給年金を受け取ることはできません。配偶者が厚生年金に20年以上加入していて、老齢厚生年金・特別支給の老齢厚生年金・障害年金を受給する場合も、加給年金は支給停止になります。 また、老齢厚生年金を繰り上げ受給しても、加給年金が受け取れるのは夫が65歳になってから。反対に繰り下げ受給をしている間も、加給年金を受け取れません。5歳年下の妻がいる65歳の夫が5年間老齢厚生年金を繰り下げ受給すると、約200万円の加給年金が受け取れなくなってしまいます。そのうえ、繰り下げ受給をしても加給年金自体の金額は増えません。 「年金を繰り下げ受給で増やしたいものの、加給年金も受け取りたい」という場合には、老齢基礎年金だけを繰り下げる方法があります。加給年金は老齢厚生年金を受け取っていれば受け取れます。老齢基礎年金だけを繰り下げることで、加給年金を受け取りながら、老齢基礎年金を増やすことができます。 加給年金の手続きは、「老齢厚生年金・退職共済年金 加給年金額加算開始事由該当届」を提出して行います。また、加給年金の対象者がいる場合、毎年誕生日ごろに「生計維持確認届」がハガキで届きますので、必要事項を記載して返送しましょう。 なお、加給年金の対象となっていた配偶者が65歳になり、自分の年金を受けられるようになると、加給年金は打ち切られます。夫65歳・妻60歳で加給年金を受け取ってきた夫は、70歳(妻65歳)になると加給年金が受け取れなくなります。しかし、その代わりに妻の老齢基礎年金に「振替加算」がつきます。 しかし、1966年(昭和41年)4月2日生まれ以降の方は受給できません。振替加算は、国民年金が任意加入のころに加入していない人の年金が少なくなることに配慮した加算だからです。 振替加算は、対象になった際に自動的に加給年金から切り替わりますので、とくに手続きは不要です。対象にもかかわらず振替加算が行われていない場合は、年金事務所に相談してみましょう。 頼藤太希(よりふじ・たいき) 株式会社Money&You代表取締役。マネーコンサルタント。中央大学客員講師。 慶應義塾大学経済学部卒業後、外資系生命保険会社にて資産運用リスク管理業務に従事。2015年に株式会社Money&Youを創業し、現職へ。マネーコンサルタントとして、資産運用・税金・Fintech・キャッシュレスなどに関する執筆・監修、講演などを通して日本人のマネーリテラシー向上に注力すると同時に、月400万PV超の女性向けWebメディア『Mocha』やYouTube「Money&You TV」を運営している。 主な著書に『そのままやるだけ!お金超入門』(ダイヤモンド社)、『はじめてのNISA&iDeCo』(成美堂出版)など多数。 日本証券アナリスト協会検定会員。ファイナンシャルプランナー(AFP)。

View more: 「加給年金」が加算されると、年間約40万円もプラス!

「おかしいぞ」太ももの大動脈を狙われ出血多量で…体重200キロ超の“モンスターイノシシ”を追うハンターが感じた異変

 寡黙な、陽気な、職人のような、侍のような……ハンターにはいろいろなタイプがいる。だが、“べらんめえ調”のハンターに会ったのは初めてだ。 「おめ、バカげのこと、言うんじゃねえよ!」  若いハンター仲間に向けてポンポン飛び出す“悪態”には、文字だけでは伝わらない妙な品もある。新井秀忠、74歳。埼玉県にある熊谷猟友会に所属するハンターで、その評判は遠く北海道にも鳴り響いている。(全3回の1回目/ #2 に続く) 写真はイメージ ©iStock.com ◆ ◆ ◆ 「現役最強」ヒグマハンターのライバル  北海道でオーダーメイドの鉄砲を製作している“羆ハンター御用達”の鉄砲師、 山崎和仁 (仮名)は、私にこう語ったものだ。 「標津の赤石にライバルがいるとすれば、埼玉のアライさんだろうね。赤石が動物的な勘で勝負するのに対して、アライさんは抜群の運動神経と反射神経で勝負するアスリートタイプ。だって射撃の五輪代表候補と勝負して勝っちゃうんだから」 「標津の赤石」とは、私も取材を続けてきた「現役最強」と噂される羆ハンター、 赤石正男 のことである。残されたヒグマの痕跡からその後の動きを正確に予測して追跡、常人離れした射撃技術で、これまでに少なくとも120頭以上のヒグマを単独で仕留めている。  その赤石が一目を置くのが、私の目の前にいる“べらんめえ”調のハンター、新井秀忠というわけである。赤石と新井とのつきあいは古い。2人を繋げた人物がいるのだが、話が込み入るので、ここではあえて触れない。とにかく今から約30年前、その人物の紹介で北海道をハンティングに訪れた新井を迎え入れたのが、赤石や藤本靖(現・南知床・ヒグマ情報センター理事長)らのグループだった。新井が当時を振り返る。 「内地から来たお客さんでは初めて」 「最初は赤石じゃなくて、藤本が車で猟場をガイドしてくれたんだ。それでオレが鹿を撃つたびに握手さ。『これくらいで握手されてもな』と内心思ったけど、口には出さないよ(笑)。そうしたら猟が終わった後、藤本に『内地から来たお客さんで全部頭を撃って斃(たお)した人は初めて見た』って言われた。(藤本の)握手もそういう意味か、と。(赤石もそれを見ていたから)以来、北海道に行ったときは、ずっと赤石の車に乗ることになったんだ」  要は赤石が新井の実力を認めたということだろう。自らの技術の向上に貪欲な赤石のことだから、新井の射撃を間近で見たいということもあったに違いない。一方の新井は赤石をこう評する。 「ロングレンジじゃ、赤石にかなわない。ヤツは一番遠いのだとオレの目の前で810メートル先のシカを撃ってるからね。オレの場合は、600メートル先のクマを撃ったっていうのが最長距離だな」 「ぴょんぴょんってクマが出てきた」  本州でのクマ撃ちは、グループでの「巻き狩り」が基本となる。これは獲物が通りそうな場所に撃ち手を配しておき、そこへ向かって「勢子(せこ)」役が声をあげて獲物を追い立てていく猟だ。このとき新井たち3人は群馬県の藤原ダム付近の山でクマの痕跡を見つけ、新井は“撃ち手”として山の頂上で構えた。やがて、勢子に追い立てられて谷を隔てた向こうの山の稜線に“黒い点”が現れた。 「ぴょんぴょんってクマが出てきた。今でこそスコープは25倍とか30倍とかあるけど、当時はやっと10倍だからね。それで狙っても見えねえわけじゃ」  だがグズグズしていると、クマは山を越えていってしまう。ここから狙うしかない。 「撃つときは心臓止めろ」の意味  頼りになるのは長年の経験に基づく勘しかない。ロングレンジの射撃の難しさは、銃弾が獲物に達するまでの時間が長くなればなるほど、引力や空気抵抗などに晒される時間も長くなり、弾道の変化の幅が大きくなる点にある。平地であれば、弾道は引力の影響で基本的に下がるので、その「落下分」を見越して狙えばいいのだがーー。 「山の上では空気も薄くなるわね。気圧が下がるから空気抵抗が少なくなって、銃弾は平地よりも、『落ちない』。そのあたりの難しさは、カンピューターで調整するわけさ」  それだけではない。心臓の鼓動までも「調整」する必要があるという。 「距離が300メートルも離れれば、もし30倍のスコープがあったとしても、心臓がドンドンと鼓動するだけでスコープがブレて、獲物が外れちゃう。だから『撃つときは心臓止めろ』と言われるんだ。まあ、これは慣れるまでちょっと時間かかるけどね」  このときも新井が「心臓を止めて」放った銃弾は、見事に命中した。後で2万5000分の1の地図で測ると約600メートル。体長約1メートル50センチ、体重約150キロのオスのツキノワグマだった。 「本州のクマ撃ち」のプライド 「でもね、やっぱりロングレンジのライフルやるなら、こっち(本州)で10年やるよりも、北海道で1年やるほうがずっと勉強になる。あっちなら仮に1匹逃がしても次(の獲物)がいるがね。こっちは1匹逃がしたら、次なんていねえから。みんな山越えて、(鳥獣)保護区に逃げ込んじゃう。なんたって保護区が多いからさ」  だからこそ新井には、「一発必中」というこだわりがある。やはり以前、新井が赤石らと北海道で猟をしていたときのこと。地元の若手ハンターが3発撃ちながらシカを逃がした。 「で、牧場を全速力で横切って逃げていくのをオレが1発でひっくりけえしたんだ。300メートル以上のランニング(走っている状態)を1発で斃したもんだから、生意気なアンちゃんがすっかり大人しくなったよ。悪いけど、こっち(本州)じゃ、獲物は全部ランニングだから。北海道みたいに(獲物が)止まるまで待ったりしねえよ」  ニヤリと笑った新井の表情に「本州の熊撃ち」のプライドがちらりと垣間見えた。 イノシシの牙で大動脈を狙われて…  一方で本州の山には北海道には生息しない危険な獣がいる。イノシシである。 「シシっていうのは、ヴヴヴヴヴって唸りながら、このへん(太もも)の大動脈を牙で狙ってくるんだ。このあたりのハンターでもやられて出血多量で亡くなる人もいるからね。この牙でもってガスーンって。犬なんてすぐ死んじゃうよ」 「おお、これこれ」。新井が取り出したアルバムのページを繰る手を止めた。そこには銃を持った新井の横に丸々と太った巨大なイノシシが横たわっている写真があった。 「でけぇよな。ここまで大きくなるとはっきり言って、クマよりおっかないからね。これはリンゴ農家の親父から『軽トラの荷台くらいのイノシシがいる。何とかしてくれ』と頼まれたんだ」  目撃現場は岩場になっていて、松の木が茂っていた。声を出しながら、イノシシが出てくるのを待つ。もしそこにいるなら、この声で普通なら飛び出してくるが出てこない。ここにはいないのか……。だが、長年の経験がその場の“異変”を感じ取った。 「姿は見えないけど、なんか雰囲気あるから『おかしいな』と思って、こう鉄砲肩から下ろして構えたんだ。そうしたら松の木の陰から、ヤツがひょっと顔出して、こっちじっと睨んでやがるのさ」  だが見えるのは顔だけで、身体は木に隠れてしまっている。もし、この距離で撃ち損じれば、突進してきたイノシシの牙にひっかけられて命を落とすこともありえる。 「で、耳を狙ったのさ」  放たれた銃弾は、ピクピクと動く耳の穴に吸い込まれるように命中した。その体重は実に200キロ。ヒグマにも匹敵する「モンスターイノシシ」との勝負は、まさに一発必中だったのである。 「ウソー!舌ベロンと出して走ってくる」首に2発命中しても反撃するツキノワグマ…老ハンターが“撃てなかった日” へ続く (伊藤 ...

View more: 「おかしいぞ」太ももの大動脈を狙われ出血多量で…体重200キロ超の“モンスターイノシシ”を追うハンターが感じた異変

日本海の低気圧が東進 日本海側は雪や雨強まり吹雪くところも

30日の天気予報。 きょう(月)は日本海の寒気を伴う低気圧の影響で、特に西・東日本の日本海側で雪や雨が強く降るところがあるでしょう。東北の太平洋側は夕方から雪が降りそうです。西・東日本の太平洋側は晴れる見込みです。 最高気温は全国的にきのう(日)と同じかやや高くなりますが、日本海側では平年より低くなるところが多いでしょう。 きょうから七十二侯は「鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)」と呼ばれる季節になり、二十四節気の「立春」が近づいています。1月30日の最高気温の平年値は全国のアメダス885地点のうち58%にあたる510地点で1年間の中で最も低く、寒さの底を迎えました。 (気象予報士・徳植 啓康)

View more: 日本海の低気圧が東進 日本海側は雪や雨強まり吹雪くところも

三木谷浩史「世界的経営者がいきなり“姿を消す”中国の怖さ。日本も油断してはならない」

「遅れた理由を聞いて、僕はすっかり呆れてしまった」三木谷浩史との約束に3時間遅刻…世界を騒がす“超大物経営者”の正体 から続く  政府の価値観から外れたものは、たとえ超一流の経営者だったとしても「表舞台」から消えてしまう……そんな中国の特殊環境を楽天・三木谷浩史氏が解説。 「週刊文春」で連載中の三木谷氏による人気コラムを単行本化した『 未来力 「10年後の世界」を読み解く51の思考法 』より一部抜粋してお届けする。(全2回の1回目/ 後編 を読む) 楽天・三木谷浩史氏が語った「中国政府の怖さ」とはいったい? ©getty ◆◆◆  中国でビジネスをしている知人が以前であれば、少し冗談めかして口にしていた言葉がある。 「あの国では『金』『地位』『名誉』の3つのうち、どれか2つを選ばなければならない」  でも、最近、この言葉をめったに聞かなくなった。  中国はこれまで、反資本主義的な思想の中に科学技術を上手く取り入れ、AIやICT、暗号資産、さらには宇宙開発といった分野への投資を後押ししてきた。宇宙開発などはそう簡単にリターンは望めないような事業だけれど、目の前の損得にはあまりこだわらず、「未来」に向けてのビジョンやテクノロジーに投資する。そうした積極的で長期的な姿勢には、意外に思われるかもしれないけれど、時にシリコンバレー的な要素が感じられたのも事実だ。  加えて、中国の場合、14億人という人口が持つ圧倒的なエネルギーがある。その意味で、「日中の差ってこういうことなんだよな」と感じたのは、ハーバード・ビジネススクールである講座に携わった時のことだった。  2014年に開講したオンライン教育のプラットフォーム「ハーバードX」。日本人の受講生が100人ほどだったのに対し、中国人の受講生は約30万人にも及んだ。彼らの多くが「AIをベースに社会が変わっていく」といったビジョンを共有しているのだから、中国のエリート層の分厚さというものが分かるだろう。  そうした国家の強力な後押しもあって、この10年、20年で次々と生まれたのが、アリババ(阿里巴巴)やバイドゥ(百度)といった中国の巨大ベンチャー企業だった。 「金持ちは許さない」  ところが、ここ数年、中国のビジネスを巡る環境に大きな異変が起きている。  分岐点となったのは、香港問題だ。2014年に起きた民主化デモ「雨傘運動」以降、中国政府は香港への介入を深めていく。そして2020年6月に「香港国家安全維持法」が施行されると、いよいよ反政府的な動きに対する取り締まりが格段に強化されていった。  時を同じくして、ビジネスによって莫大な「金」を得たアントレプレナーたちへの締め付けも、明らかに厳しくなっている。  ある中国の知人も、「最近では『金と名誉と地位を一度に求めてはいけない』といった軽口を叩けるような雰囲気は消えてしまった」と声を潜めていた。特に中国のアプリ等を利用したネット上のやり取りは、どこで盗聴されているか分からないという怖さがあるのだろう。 消えたアリババ創業者  中国で成功したアントレプレナーたちは今、誰しもが「自分は大丈夫か」「できれば逃げ出したい」などと身の危険をひしひしと感じているに違いない。実際に、中国で最も成功した経営者の1人、アリババの創業者、ジャック・マー(馬雲)はあまり表に出なくなってきているようだ。  ジャック・マーは1964年9月生まれ。1965年3月生まれの僕とは、日本で言えば、同級生だ。2007年に香港で上場して以降、凄まじい成長を遂げ、時価総額は一時、約8500億ドル(約95兆円)。日本で最も時価総額が大きいトヨタ自動車でも約40兆円だから、その倍以上になる。  しかし、2020年11月、アリババ傘下の金融会社アント・グループが上海と香港で上場する直前、報道によれば、彼は「忽然と」と言っていいような形で表舞台から姿を消したという。  史上最大規模になるはずだったアント・グループの上場が中止に追い込まれた事実は、現地でビジネスをする人々にとって衝撃的だっただろう。彼らはこれを、中国政府の「金持ちは断固として許さない」というメッセージとして、受け止めたはずだ。  そもそも、あらゆる情報をフラット化するインターネットというテクノロジーはオープンで自由な性質が強い。中国のIT起業家たちも根はやはりオープンで自由な人物が多く、だからこそ、共産党の価値観とはぶつかってしまう。中国政府としても、そうした思想を持つ経営者がこれ以上、国内で影響力を保持することを是が非でも避けたかったのだろう。  この件を受けて、海外のアントレプレナーたちから「ミッキーは日本で良かったね」と口々に言われたことをよく覚えている。  ただ――、「日本で良かった」と安穏としてばかりはいられない。  改めて思うのは、今のままでは日本は中国の猛烈な勢いに押され続けてしまうということだ。 日本も70億人を相手に  確かに、新しい「インベンション(発明)」を生み出す力や、「スマホ」や「自動車」などのR&D(研究開発)については、日本もまだまだ世界的な競争力を維持していると思う。「品質」に対するこだわりも素晴らしいものがあるだろう。  ただ、その「技術や品質へのこだわり」は、新しいチャレンジを躊躇させる原因にもなる。その弊害にも目を向けなければならない。様々なチャレンジがしやすくなる文化、つまり、失敗が許容される文化を社会全体で醸成していくことが求められる。  そしてこの国に決定的に欠けているのは、「インベンション」と「R&D」――その2つの間に生まれる「新しい技術を使った世界に通用するサービス」を生み出す力だ。  海外で成功したビジネスモデルの「日本版」をいくら作っても、そこに生み出される市場は、14億人の人口を誇る中国とは違って、たかだか1億2000万人という規模に過ぎない。そうではなく、これからの日本は、70億人という世界のマーケットを相手に先進的なサービスの発信地になるべきだ。  確かに、今の中国のような国の在り方は、僕には受け入れ難い。もっともっと自由にモノが言える国に変わって欲しいと切に願う。  けれど、日本もまた、もっともっと変わっていかなくてはならないのだ。 (三木谷 浩史/週刊文春)

View more: 三木谷浩史「世界的経営者がいきなり“姿を消す”中国の怖さ。日本も油断してはならない」

世界が注目の三笘薫、公式戦7試合連続で先発!難敵リバプールを相手に再び圧倒的な存在感を示せるか【FAカップ】

世界が注目の三笘薫、公式戦7試合連続で先発!難敵リバプールを相手に再び圧倒的な存在感を示せるか【FAカップ】 1月29日に開催されるFAカップの4回戦で、リバプールをホームに迎えるブライトンが先発メンバー11人を発表。絶好調の三笘薫が公式戦7試合連続で名を連ねた。一方で移籍を嘆願し、クラブから練習不参加を言い渡されているモイセス・カイセドはベンチ外となった。 25歳の日本代表MFは、シーズン当初はベンチスタートが続いたが、今やブライトンの攻撃を牽引。直近のレスター戦(2-2)でもペナルティエリア外から圧巻のゴラッソを叩き込み、世界中のサッカーファンの度肝を抜いた。 【動画】「ミトマで疑いなし」「やばかった」1月のプレミア月間最優秀ゴールにノミネートされた三笘の衝撃ゴラッソ 今月27日には英国の老舗サッカー専門誌『FourFourTwo』が選ぶ、ここまでのプレミアリーグベスト選手ランキングで17位にランクインするなど、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの三笘。 トレント・アレクサンダー=アーノルドを翻弄し、絶妙なラストパスで先制点をお膳立てした前回対戦(3-0)同様、難敵リバプール相手に圧倒的な存在感を示せるか。 構成●サッカーダイジェストWeb編集部

View more: 世界が注目の三笘薫、公式戦7試合連続で先発!難敵リバプールを相手に再び圧倒的な存在感を示せるか【FAカップ】

さんま「みんなこの番組怖がる」お笑い向上委員会“NG芸人”が勇気出して登場、スタジオ光景がトラウマに

明石家さんま  お笑い芸人の明石家さんま(67)が28日放送のフジテレビ「さんまのお笑い向上委員会」(土曜後11・10)に出演。「みんな、この番組を怖がるねん」と話した。  今回はひな壇に、お笑いコンビ・ロングコートダディが登場。兎によれば、堂前透は「積極的に断ってて」と同番組の出演を拒否していたとのこと。堂前が「きょうは勇気を出して来させてもらいました」と説明すると、さんまは「そういうことばっかり有名になって、みんなこの番組怖がるねん」と嘆いた。  堂前は「4、5年くらいテレビ見てないんですけど、その原因が向上委員会」と告白。アドリブが飛び交うスタジオの光景に「こんなこと考えなあかんねんや」と衝撃を受け「ニュース番組でも、この人爪跡を残そうとしてるんやと思ったら見れなくなった」とトラウマに。さんまは「ニュースもひな壇に見えるの?」と、びっくり。  堂前以外の芸人も同番組の出演を恐れており、出演者の陣内智則は「若手全員断っているっていうもんな」、モグライダー・芝大輔も「不思議には思ってた。僕ら、たいした仕事できたって自覚ないけど、呼ばれる頻度多いんで、なんでかなと思ってふたを開けてみたらみんな断ってた」と明かしていた。

View more: さんま「みんなこの番組怖がる」お笑い向上委員会“NG芸人”が勇気出して登場、スタジオ光景がトラウマに

もはや懐かしい! ウインドウウォッシャーが手動? 給油口に鍵穴? ほぼ“消滅”した今では考えられないクルマの装備3選

もはや懐かしい! 今は見なくなったクルマの装備3選  1986年から続いたバブル景気の頃は、高級車やスポーツカーはもちろん、ファミリーカーや、コンパクトカーも前の時代のクルマと比較してより一層贅沢になりました。  その贅沢がいつのまにか普通になり、現代のクルマには基本的な装備になり便利になった反面、その代わりに消滅していった装備もあります。 【画像】激渋!昭和に活躍した旧い名車たちを画像で見る(99枚)  今回はそんな現代のクルマには少なくなった装備品を紹介します。 フューエルリッドのキーシリンダー もはや殆ど見なくなったフューエルリッドのキーシリンダー もはや殆ど見なくなったフューエルリッドのキーシリンダー  フューエルリッドとは、燃料給油口のボディ側の蓋のことです。  以前はフューエルリッドにキーシリンダーが装着されており、エンジンキーでしか開けられないようになっていました。  現在は、運転席にあるレバーとフューエルリッドがワイヤーで接続されたもの、電動式のもの、ドアキーが開錠されているときには手でリッドを押すとポップアップするものなどがあり、キーシリンダー式は、本格的なクロスカントリー車など、ごく少数の車種にとどまっています。  キーシリンダー式フューエルリッドの開閉にはエンジンキーが必要ですから、みずからエンジンを止めて給油作業をしなければなりません。  そもそも給油時にはエンジン停止が義務付けられていますので、理にかなった装備ともいえるでしょう。セルフ給油が主流になった現代こそ、復活してもよい装備かもしれません。  しかしこの方式は、キーシリンダーをフューエルリッドに装着する必要があること、スマートキーの普及でそもそもキーシリンダー自体が絶滅しそうなことなどから、すっかり姿を消してしまいました。 車載工具  近年販売されているクルマでは、スペアタイヤがオプション装備だったり、搭載すらできなくなったモデルも出てきました。それに合わせて、「車載工具」も搭載されなくなりました。  バブル期より前は、ユーザーが日常点検や運行前点検が出来るように、必要な工具をクルマに標準装備していました。  内訳は、輪留めやタイヤレンチ、スパナ、ドライバー、スパークプラグ、レンチ、エアゲージ、電球などです。  バブル期に近づくにつれてクルマの耐久性が高くなり、ユーザーがクルマの点検をする必要がなくなっていき、車載工具も不要になっていったのです。  そんな車載工具は、簡素なものも多く、整備といっても大したことはできなかったのも事実です。 手動ボタン式ウインドウウォッシャー 今のクルマは電動式が多いウインドウウォッシャースイッチ 今のクルマは電動式が多いウインドウウォッシャースイッチ  現在のクルマの多くは、ワイパースイッチを手前に引くとウォッシャー液が噴射されます。また、ワイパースイッチの先端にあるウォッシャースイッチを押すと噴射されるものもあります。  ここで紹介するのは、ウォッシャー液を手動ボタンで噴出されるものです。  このボタンは、そのまま機械的なポンプになっていて、力を込めてボタンを押すと、ウォッシャーが1回だけピュッと飛び出るようになっていました。  何しろ手動なので、操作感は固く、ボタンを勢いよく押さないと液が十分に出なかったのです。  もちろん、液の噴射量が足りないと感じたらボタンを何度も押さなければなりません。  この方式は主に軽自動車に採用されていたのですが、電動ポンプなどの電気式の部品が現代よりも高額だった証かもしれません。  今では、すっかり過去の装備になってしまいました。 ※ ※ ※  旧いクルマをよく観察してみると、前述のような現代には無い装備をたくさん見ることができます。  時代の移り変わりによって、なくなってしまった装備がなぜなくなってしまったのか考察してみるのも一興かもしれません。

View more: もはや懐かしい! ウインドウウォッシャーが手動? 給油口に鍵穴? ほぼ“消滅”した今では考えられないクルマの装備3選

張り詰める冷気、滝も静まる 仙台は9日連続冬日

連日の冷え込みで凍った三居沢不動尊の滝=29日午後1時10分ごろ  寒気の影響が残る宮城県内は29日も冷え込み、19の観測地点で最低気温が0度を下回る冬日となった。  最低気温は大崎市鹿島台が氷点下9・6度、亘理が同7・5度、石巻同6・4度、仙台同6・0度など、各地で平年の最も寒い時期を下回った。仙台は25日の真冬日を含めて9日連続で冬日が続く。  仙台市青葉区荒巻の三居沢不動尊では滝が凍り、氷柱が中ほどまで伸びた。住民や観光客らは白く凍った滝を眺めたり、スマートフォンで撮影したりしていた。  観光で訪れた埼玉県坂戸市の会社員新行内(しんぎょうぢ)美紅さん(26)は散策中に滝の存在を知り、足を運んだという。「凍った滝は初めて見た。美しさに感激した」と話した。 連日の冷え込みで凍った三居沢不動尊の滝=29日午後1時15分ごろ 寒波による連日の冷え込みで凍り付いた三居沢不動尊の滝=29日午後1時ごろ、仙台市青葉区

View more: 張り詰める冷気、滝も静まる 仙台は9日連続冬日

ディズニーが日本を「世界一のモノレール大国」にした?意外な接点とは

北九州成人式「振袖に墨汁男」33歳容疑者が公開していた女装コスプレ写真…合唱団仲間は驚き「真面目で練習熱心なのに」

ヤフオク7万円・走行約16万kmのシトロエン、ボロボロのインテリアはちゃんと元に戻るのか?(後篇)【エンジン編集部員のシトロエン・エグザンティア(1996年型)長期リポート#15】

【ルフィ強盗事件】「ジジイやババアだけがお金を持っていてズルい」…若者たちの身勝手すぎる「ヤバい思考」

モデル岡崎紗絵「ちょっとギャル」な衣装とメーク披露 出演「新しいカギ」セットをバックに

「空中シュートフェイントは現実でできたのか」三笘薫の衝撃ゴラッソにファン驚愕!「やべぇー」「マジえぐすぎるって」

【漫画】夫の死後、身の周りで起きる謎の怪奇現象の正体とは 森園みるく 怖くて不思議な話(6)

アメリカで株価が一時上昇…でも、じつはそのウラで「IT業界に危機的な状況」が訪れていた…!

自宅でいつでも筋トレ! 100種類以上のエクササイズができるトレーニングマシン「HooKee」

「どうする家康」次週、山田孝之の服部半蔵!ネット歓喜&トレンド入り

「あぁぁぁあ」パパの“チュー”を断固拒否する愛犬、一方ママの顔はペロペロ…態度が違いすぎる理由を聞いた

栃木県、群馬県、埼玉県などで震度3の地震 津波の心配なし

OTHER NEWS