エリザベス女王はオーストラリア先住民に「何もしなかった」のか?

エリザベス女王はオーストラリア先住民に「何もしなかった」のか?

ティファニー・ターンブル、BBCニュース(シドニー)

オーストラリア先住民のナレルダ・ジェイコブスさんの生家にはかつて、父親のセドリックさんがエリザベス女王と面会している写真が誇らしげに飾られていた。

テレビ司会者のジェイコブスさんは、「子供の頃は、女王を尊敬していた。『女王だ! 女王からお父さんが勲章をもらっている!』と思っていた」と話した。

「女王は私にとって、いつも見上げる存在だった」

しかし大人になるにつれ、この写真の意味合いが変わってきた。今では、自分たちの主権を認めてもらうために生涯をささげた人物の前に、君主が立っている写真に見えるという。

「そして父は、その決定を待ちながら亡くなった」と、ワジュク出身のヌーンガー(豪南西部の先住民を指す言葉)であるジェイコブスさんはBBCに語った。

エリザベス女王の死に際し、オーストラリアやトレス海峡諸島の先住民の多くが、その複雑な心境を語った。

この地域の先住民は、地球上で最も長く続く文化をもつが、植民地主義に大きく傷つけられた。1770年にジェイムズ・クック船長がこの地にたどり着いて以降、オーストラリア先住民から土地を奪う出来事が次々と起こった。大量殺人、大規模な文化の妨害、そして世代を超えたトラウマが続いた。

1954年にエリザベス女王が初めてオーストラリアを訪問した際、先住民の人々は人口に数えられていなかった。その子供たちは白人家庭に同化するため、強制的に家族から引き離されていた。女王の訪問中、先住民のオーストラリア人は積極的に隠されていた。

それからというもの、たくさんのことが変わった。しかし、オーストラリアでは依然として、先住民が非先住民に比べて健康や教育をはじめとする指標で、不均衡に不利な状況にある。

ウィラジュリ出身のサンディー・オサリヴァン教授は、「私たちの暮らしはいまだに、(非先住民よりも)厳しい(中略)そしてそれは、植民地支配のせいだ」と話した。

入り混じる感情

その結果オーストラリアは、エリザベス女王の死去に際して、どうやってその人生を称えながら、自国の最も暗い部分を認めたらいいのか、苦慮してきた。

女王のために、他の公式旗と同様に先住民旗を半旗にしたり、議会を2週間閉会するという決定は一部から批判を浴びた。メルボルンにある先住民の言語を使った「マルーンダ」病院を「エリザベス2世」病院に改名するという約束も、「全くの的外れ」だと非難された。

一方で、女子オーストラリアン・フットボール・リーグは、先住民選手による大会が開催されていた先月、試合での女王への1分間の黙祷(もくとう)を義務化しなかった。これに対して、ナショナル・ラグビー・リーグは、SNSに女王について攻撃的な投稿をした先住民選手に罰金を科し、出場停止にした。この投稿については、表現の自由だと擁護する声もあった。

クンガラカンとイワイジャ出身のキャンベラ大学総長、トム・カルマ氏は、エリザベス女王は「威厳と人間味にあふれた」奉仕の生涯を送ったと話す。

「女王は非常に若くして、世界的な課題を山ほど引き継いだ。私たちは多くの変化を目にしたし、そのかじ取りをしたのは女王だ」

カルマ氏は、女王は先住民の要求に同情的に見えたと言う。たとえば2000年には、多くの先住民が「取り残されている」と感じていると指摘し、「繁栄がすべてのオーストラリア人に行き渡る」よう政府に求めた。

しかし、オーストラリアにおける女王のレガシーを、侵略と植民地化から切り離すことはできないと言う人もいる。

その1人、オーストラリア緑の党のリディア・ソープ上院議員は、今年8月に議員就任の宣誓をした際、女王を侵略者と呼んだ。

ジャブウロング・グナイ・グンディッジマラ出身のソープ氏は、女王の死去後に地元紙ガーディアン・オーストラリアに寄稿し、先住民は主権を決して明け渡してなどいないと述べた。

「イギリスの植民地化がもたらした制度は、我々を抹殺する教育から我々を殺す刑務所に至るまで、世界最古の生きた文化を破壊するために設計されている」

「それがオーストラリアで英王室がしてきたことだ」

女王がしなかったことへの批判

また、女王自身がしなかったことへの批判もある。多くのオーストラリア先住民は女王の在位中、支援拡大を訴えていた。

その1人が、ジェイコブスさんの父セドリックさんだった。セドリックさんはイギリス国教会の牧師で、一時は全国先住民会議の会長を務めた。

セドリックさんは女王のことが「とても好き」だったものの、条約を望む先住民の声を女王に話したことがあった。

ジェイコブスさんは、「女王にできたことはなかったのだろうか?」と疑問に思っている。

オサリヴァン教授は、「誰かが亡くなったことを祝いたい人たちのことなど、あまり相手にしたくない」と話す。

しかし、女王は非常に多きな影響力と「莫大な富」を持っていたのだから、単なる「優しいおばあちゃん」として描くのは公平ではないと語った。

女王はその力を使い、いくつかの社会的課題の改善のために「信じられないほど雄弁な」守護者になったものの、「私たちの生活改善のためには、特に何もしなかった。それは確かだ」と指摘した。

一方でカルマ教授は、女王は自分が作り出したわけではない植民地時代の緊張関係を、受け継ぐ羽目になったと主張する。

「もっと多くのことができたはずだという議論は常にあるが、それは君主の手に負えるものとは限らない」

「オーストラリアには1901年以来、独自の憲法があるのだから、いつまでも王室を非難し続けるわけにはいかない。この問題に取り組むべきなのは、オーストラリア政府だ」

「機会はある」

植民地化が先住民に与えた被害をオーストラリア政府が認めるならば、オーストラリアは今後もイギリス君主を元首としていただくわけにはいかないはずだ――そう主張する人もいる。

しかし、共和制への移行を問う国民投票は、少なくとも3年先になる見込みだ。アンソニー・アルバニージー首相はその前にまずは、憲法で先住民を認め、議会に意見を反映する顧問組織「ボイス・トゥ・パーラメント(議会に声を)」を作るかどうかについて、国民投票を行うと約束している。

カルマ教授は、オーストラリアが共和国になっても、英連邦から抜けることはないかもしれないと指摘した。

一方で、イギリス王室は新しい時代を受け入れるべきだという声もある。

オサリヴァン教授は、「今のこれは、白紙に戻すチャンスだ。とても期待している」と語った。

オーストラリア先住民の中には、チャールズ3世に、植民地主義がもたらした被害に対する謝罪をしてほしいと考えている人もいる。エリザベス女王は1995年にニュージーランドのマオリ族に対して、土地の強奪などを「深く謝罪」している。

このほかにも、金銭的な補償、土地や工芸品の返還、イギリス各地の博物館にある先祖の遺骨の返還など、賠償を求める声もある。さらに、国王は「ボイス・トゥ・パーラメント」推進活動を支援することもできるとも言われている。

BBCが今回取材した人々はみな、チャールズ国王には先住民に会い、話を聞いてもらいたいと話した。

ジェイコブスさんは、「本当にいらいらする。このような会話は、私たちの指導者が国王の母親とすべきことだった」と話した。

「しかし、先住民としての主権が認められるのを待つ間に、ほかに誰かが死んでしまうなど、もうたくさんだ」

FRB、一段の利上げ必要 失業率は上昇へ=NY連銀総裁

日本食の魅力に世界が釘付け? YouTube急上昇に登場した“日本食動画”に見た新たな可能性

日産「販売における電動化比率50%超え」 新型「セレナ」発表会にて

まとめて脳トレ|「迷路」「漢字遊び」「どっちが多い」それぞれ30秒以内に解いていきましょう

月収250万円、48歳のTwitter元従業員が激怒「イーロン・マスクのせいでクリスマスプレゼントも買えません」

”百獣の王”武井壮 「日本にだってチャンスあるやろ」

千原せいじ、タイヤがパンクしあわや大事故「撒菱撒いたん誰?」尖った異物を手にした写真アップ

朝晴れエッセー ピカピカの65歳・11月29日

桐谷健太デビュー20年で初の連続ドラマ単独主演「民放でやっていいのってくらい攻めてます」

有村架純「両親が離婚して、つなぎ留めるのに必死でした」中学時代は病んでいたと告白

NHK「鎌倉殿の13人」 盟友・義時に死んでほしかった? 三浦義村の襟を触るタイミングに視聴者「おまえ…マジで…」「そこくらい我慢しなよ」

「PS6」と次世代Xbox、どちらも2028年以降に。ソニーとMSが英規制当局への文書で明らかに

【なくなり次第終了】クリスピー・クリーム・ドーナツ×有名スーパーのコラボが実現!

領収書不備、市民団体が岸田首相を告発

味、コスパ、品質すべてが100点!【業務スーパー】マニアがリピしまくる最強おかずとは?

【ワークマン】売切で買えないことも!人気「スーツ」ランキング!秋冬ウールライクも紹介

NEWS RELATED

老後資金は2000万円以上ないと「路頭に迷う」のは本当か 「お盆玉」に対する違和感

前編記事『「夫婦仲なんて悪くていい」…人生の達人たちが語る「ズボラのすすめ」』から続く。老後資金も70歳過ぎたら悩んでも仕方ない……。 カネなんてどうにでもなる 老後資金は2000万円以上ないと路頭に迷うことになる―。 そんな言葉を耳にして不安に駆られ、悩みすぎるとロクなことにならない。埼玉県在住の岡田伸介さん(仮名・71歳)も後悔しているという。 「私は70歳になったとき、『自分は長生きするだろうから、貯金を増やしておこう』と考えたんです。そこで、ゴルフ場でキャディバッグの積み下ろしや清掃をするアルバイトを始めました。張り切って週4日も働いていたのですが……3ヵ月で腰を痛めてしまいました。今は仕事もできず、腰痛に悩まされて通院費がかかってしまい、むしろ出費が増えました」 まさに本末転倒である。 phoyo by gettyimages 「高齢期のお金を考える会」を主宰するファイナンシャルプランナー・畠中雅子氏が語る。 「おカネについて過剰に不安を感じてしまうと、極端なことをしてしまいがちです。投資に手を出し、貯蓄を激減させてしまう人もたくさんいます。そうではなく、貯蓄と収入がどれくらいか、現実を受け止めたうえで、その範囲内で生活していくことが大切です」 そもそも70歳を過ぎれば、都心に住んで贅沢三昧でもしないかぎり、食費をはじめ生活費はさほどかからないだろう。前出の弘兼憲史氏もこう語る。 「これからどれだけ頑張ったところで、そんなにおカネを稼げることはまずありません。また、おカネがいくらあっても、将来の不安は決してなくなりません。ですから、おカネに振り回されず、身の丈に合わせて生活する。そう気楽に考えれば、なんとかなるはずです。 まず老後資金が足りないなら、子どもや孫に使いすぎるのをやめましょう。少額の話で言えば、お年玉をあげすぎです。最近では『お盆玉』なんてものも登場しました。高齢者におカネを使わせたいイベントにいちいち付き合っていたら、それこそ破産してしまいます」 健康でありさえすれば、悩んでも仕方ない 子どもの住宅購入費や孫の教育費を援助するより、自分たちの生活の質のほうが大事であることを忘れてはいけない。 あとは健康でありさえすれば、出費を抑えることも難しくない。 「スマホは古い機種で十分です。クルマを軽自動車に乗り換える、安売りのスーパーで計画的に買い物をする、昼間は図書館でゆっくりと読書をする、冠婚葬祭費を見直すなど、いくらでも工夫ができます。貯金が少ないからと悲観的にならずに、生活をコンパクトにすれば、なんとかなると思います」(畠中氏) 事故や病気によって、金銭的に困難な状況になったら、見栄や体面は取っ払って、国や自治体を頼ればいい。病院代なら、高額療養費制度や医療費控除など公的な制度をフル活用する。自分で調べきれない場合はすぐに専門家の知恵を借りよう。 「各自治体に設置されている社会福祉協議会の相談窓口を訪ねてください。ここは『よろず相談所』のようなところで、家計相談に乗ってくれますし、借金を返済するプランも考えてくれます。さらに条件にあった制度を適用するために動いてくれることも。例えば、住民税非課税世帯なら返済不要の貸付金が支給されたこともあります」(畠中氏) 最終手段として、生活保護制度についても知っておきたい。 「持ち家があると生活保護は申請できないと思いがちです。実際は、地域ごとに決められた基準額を下回る家であれば、保有したまま、生活保護を受けられます。対象になると、固定資産税は免除になる可能性があり、医療扶助の制度で医療費は全額自治体が負担してくれます。詳細は社会福祉協議会や役所で相談してみてください」(畠中氏) どうせ人生は計画通りにはいかない。日々、おカネのことに悩み続けることは時間の浪費である。 「週刊現代」2022年12月3日号より

View more: 老後資金は2000万円以上ないと「路頭に迷う」のは本当か 「お盆玉」に対する違和感

Kоki, 総額1400万円超ジュエリー身につけ登場 「ワクワクします」と笑顔

超ミニスカートで登場したKоki,(撮影・園田高夫)  モデルで女優のKоki,(19)が28日、東京・ブルガリ銀座タワーで行われた「ブルガリ セルペンティ スパークル2022」点灯式に、総額1400万円超(予価)の豪華ジュエリーを身につけ登場した。  胸元にネックレス、右手にブレスレットを輝かせ、同タワー壁面の特別な照明をライトアップさせて「華やかでホリデイシーズンを感じるのでワクワクします」と笑顔。今年は海外の映画に参加したことを明かし、情報解禁前なので「早くシェアしたい」と話していた。

View more: Kоki, 総額1400万円超ジュエリー身につけ登場 「ワクワクします」と笑顔

田中マルクス闘莉王氏、コスタリカに敗れた日本代表に失望「森保監督の采配がよくなかった」

田中マルクス闘莉王氏 サッカー元日本代表・田中マルクス闘莉王氏(41)が28日、自身のYouTubeチャンネル「闘莉王TV」に新たな動画を投稿。27日のサッカーワールドカップ第2戦でコスタリカに0ー1で敗戦した日本代表について怒りをにじませた。 冒頭から「元気でしょうか? 元気あるわけないですよね」と肩を落とした闘莉王氏。「どうしたんですか!? 聞きたいですよ。最大のチャンス…」と日本代表に失望した。 まず、大金星を挙げた初戦のドイツ戦から先発メンバーを5人入れ替えた森保ジャパンに、「総力という言葉をよく監督は使うんだけど、それにちょっと賛成できない。ちょっと…なんでなのかなというところがある」と首を傾げた。 コスタリカは「Jリーグのチームが戦っても絶対にJリーグのチームが勝てる」ほど弱かったとし、「日本はチャンスらしいチャンスあった? よく振り返ってみてください。何にもなかったんですよ」とあきれ顔。「申し訳ないけど、森保監督の采配がよくなかった」と言い切った。 話はターンオーバーに戻り、「なんで上田選手を出してきたか。この前、浅野選手が点をとってくれただけに、その勢いのまま出していけばいい」「後半から勝負という考え方は僕には通用しない」「最初から一番状態がいいメンバー、能力がいいメンバーを出していかないといけないんですよ」などと批判。 また、ドイツ戦では後半3バックにしたことで逆転への活路を見出したが、「ドイツでうまくいったからといって、コスタリカにうまくいくとは限らない。よく考えるとドイツ戦の3バックがはまったのが、たまたまのことだったのかなと。それぐらいにしか思えないですね」と突き放した。後半3バックにせず、4バックのままで三笘をもっと高い位置でプレーさせるべきだったと指摘。「今回は森保監督の采配的なところが裏目に出た」と私見を語った。 最後にスタッフから次のスペイン戦へのエールを求められると、「送れるほどのものじゃない」と下を向き、「ドイツ戦の勝利をコスタリカ戦の敗戦で台無しにしたと思う。今までの盛り上がりはなんだったんでしょうか。正直、厳しい状況になりました」と怒りをにじませた。

View more: 田中マルクス闘莉王氏、コスタリカに敗れた日本代表に失望「森保監督の采配がよくなかった」

豊田章男氏が来年の東京モーターショーの改革に「執念」を燃やす真意

豊田章男自工会会長のリーダーシップの下、東京モーターショーが全産業を巻き込む新たなイベントへと生まれ変わる。写真は2019年の東京モーターショーでの豊田章男氏 Photo: JIJI 東京モーターショーが名称変更 「オールジャパン」のビッグイベントに  日本自動車工業会(自工会)の豊田章男会長(トヨタ自動車社長)は、来年秋に4年ぶりに開催する東京モーターショーを新たに「JAPAN MOBILITY SHOW2023」(ジャパンモビリティショー)として開催することを理事会で正式決定したと、11月17日の会長会見で発表した。  すでに今年5月には、次の東京モーターショーは「JAPANオールインダストリーショー」という仮タイトルを付け、日本の全産業が連携する形へと大きく進化させることを豊田章男会長が表明していた。豊田章男会長の強力なリーダーシップの下、東京モーターショーは改めて「ジャパンモビリティショー」としてリニューアルする。  これを受けて自工会は、翌18日に長田准モーターショー委員会委員長(トヨタ渉外広報本部長)と高橋信行理事・事務局長によるジャパンモビリティショー開催概要発表会を開いた。  それによると来年のショーは、2023年10月26日~11月5日に東京ビッグサイトを中心に開催する。モビリティ産業が旗振り役となって全産業を巻き込み、さらにスタートアップも参画してオールジャパンの力を示していく「国民的イベント」へと大きく変革するという。  実に68年の歴史を持つ東京モーターショーが「ジャパンモビリティショー」へ生まれ変わることになる。そこにはモーターショーの衰退という懸念と、100年に一度の大変革期を迎える自動車産業が新しく「モビリティ産業」へ脱却するという、豊田章男会長の強い思いが反映されている。  日本の自動車産業の“総本山”である自工会会長に豊田章男トヨタ自動車社長が再登板(12~14年に続く)したのが、18年5月のことだ。  19年秋に開催した前回の東京モーターショーは豊田章男会長の音頭で“新生モーターショー”として企画され、異業種の参画やキッザニアと初コラボを実施するなど、「オープンフューチャー」をコンセプトに改革の第一歩を踏み出した。その結果130万人を集客し、衰退傾向にあった東京モーターショーを“復活”させた。  21年に予定されていた第47回開催は、新型コロナウイルス感染拡大により中止となってしまったが、豊田章男自工会体制が異例の3期目(24年5月まで)に突入したことで、豊田章男体制の下で23年秋の「ジャパンモビリティショー」が実施されることが決まった。それゆえ、今回の発表のようなさらなるモーターショーの変革につながったのである。  先述したように、今年5月の豊田章男会長3期目続投の会長会見で、「東京モーターショーは次回から日本の全産業を巻き込んだジャパンインダストリーショーとする」ことを、章男会長が自ら宣言した。  その後、政府や経済界を巻き込んだ豊田章男流の「仲間づくり」を進めてきた。6月には岸田文雄首相が自動車産業の現場視察としてトヨタ本町工場を訪問したほか、6月には経団連に「モビリティ委員会」を新設し約200社が参画している。さらに11月には、政府とモビリティに関する懇談会を実施して、岸田総理から「自動車産業は経済・雇用の大黒柱であり、モビリティは新しい資本主義の中軸だ」と言わしめた。  豊田章男自工会が「ジャパンモビリティショー」への変革を断行したのは、こうした一連の動きが背景にある。  さて、それでは東京モーターショーがジャパンンモビリティショーに名称変更したからといって中身まで本当に“生まれ変わるのか”、という疑問も当然浮かぶ。 隆盛を極めたモーターショーだが 集客は「右肩下がり」に  ここで少し、歴史を振り返ろう。  実は東京モーターショーには、筆者にとっても大きな因縁がある。東京モーターショーの前身は「全日本自動車ショウ」として1954年に第1回が開催されているのだが、それは筆者の古巣である日刊自動車新聞社が1932年に日本初の自動車展を東京・日比谷公園で開催し以降毎年開催していたものを、1954年に自動車メーカー団体に開催権を譲って実施されたものなのだ。  東京・日比谷公園で開催されていた「全日本自動車ショウ」は、その後会場を後楽園から晴海・東京国際見本市会場に移し、名称も第11回(1964年)から「東京モーターショー」に変更された。会場はさらに千葉・幕張メッセ、東京ビッグサイトへと移り替わっていった。  この間、日本のモータリゼーションの急速な進展とともに、東京モーターショーは「クルマの祭典」として大盛況となった。晴海会場時代は肝心のクルマが見られず、人混みに埋もれるほどだった。また、「カメラ小僧」と呼ばれた、クルマだけでなくコンパニオン目当ての素人カメラマンであふれていたのもその頃である。  日本のクルマ市場の拡大と日本の自動車産業の世界戦略推進により、必然的に「東京モーターショー」は世界5大モーターショーの一つに数えられるほど世界から注目された。  しかし、日本国内ではバブル景気の崩壊とともにクルマ市場も低迷の時期を迎えて、東京モーターショーの集客も“停滞”から“右肩下がり”へと流れが変わる。来場者数は1991年の202万人をピークに2017年には77万人にまで落ち込んだ。この間、乗用車ショーと商用車ショーを交互開催する時期もあったが、結局2年に1回の開催で定着し、主催者も自動車工業振興会を2002年に自工会が吸収したことで、現在の形に落ち着いている。  東京モーターショーが紆余(うよ)曲折を経る中で、国際モーターショーとしての位置付けは「終わった」とさえ言われるようになった。世界の自動車メーカーが日本のクルマ市場に関心を持たなくなり、出展しなくなってきたのだ。  ただし、これは東京モーターショーだけでなく、かつて国際モーターショーとして位置付けられてきた「パリサロン」「フランクルト」「デトロイト」なども同様で、いずれも“ローカルショー”になってきている。盛況なのは、いまや自動車大国となった中国の北京・広州・上海のショーだが、直近ではコロナ禍で開催中止にしているところもあり、世界的にクルマイベントが転機を迎えていることは確かだ。  一方で、国内における「若者のクルマ離れ」と言われる状況に危機感を強めていたのが、豊田章男氏である。トヨタのトップとしてすでに13年君臨し、「モリゾウ」の異名を持つクルマ好きの社長として知られる。  自工会会長として東京モーターショーへの危機感を示したのが、毎年の年明けに幕張メッセで開催される「東京オートサロン」の盛況ぶりとの対比であった。 オートサロンの盛況で モーターショーに危機意識  実はここでも筆者とはつながりがある。筆者は日刊自動車新聞社を退社後に佃モビリティ総研を立ち上げたが、2014年に東京オートサロンの主催実行委員会に要請されて実行委員を務めたのだ。  元々、東京オートサロンは、前身が「エキサイティングカーショー」といういわゆる改造車のショーだったので、違法改造などの懸念から自動車メーカーはノータッチの時代が長く続いていた。しかし、「クルマ好き」が集まるイベントとして耳目を集め、10年前ごろから完成車メーカーも出展するようになった。そのきっかけは「モリゾウ」こと豊田章男氏が東京オートサロンに出かけて注目したことだったそうだ。  その東京オートサロンは、2021年はコロナ禍でオンラインショーとして開催したが、今年はリアル開催で復活し、3日間で30万人以上の来場者を集めた。「若者のクルマ離れ」など、どこ吹く風といった盛況だ。  18日のジャパンモビリティショー開催概要発表会でも長田委員長が「モーターショーの在り方としては、東京オートサロンの集客が上がっていることからも、来場者の思いやエンタメの面で、メーカーサイドの一方的な展開などを反省しなければ(いけない)」とあえて東京オートサロンとの比較を語っている。  いずれにしても、来年のモビリティショーは、トヨタのトップを長く続けて強い発信力を持つ豊田章男氏の意向が強く反映される。豊田章男氏が「日本のモビリティ産業確立」に執念を燃やす中で、変革を遂げるのが「ジャパンモビリティショー」なのだ。  豊田章男氏に対するさまざまな声があるのも確かだが、自工会会長としての異例の3期6年の続投は「もって余人に代え難し」であり、日本の自動車産業を一身に背負う現状では誰も会長を務めたがらないだろう。  自工会会長として豊田章男氏は、来年5月の広島G7サミットを「日本らしいカーボンニュートラルの道筋を世界のリーダーに理解してもらう貴重な場とすべきだ」と語るとともに「日本はモビリティ委員会を通じて社会実装の場をつくり、選択肢を広げる活動を加速していく」と会見で発言している。この意欲的な発言は、いずれ経団連会長への布石とも受け止められた。 (佃モビリティ総研代表・NEXT MOBILITY主筆 佃 義夫)

View more: 豊田章男氏が来年の東京モーターショーの改革に「執念」を燃やす真意

【難読漢字】「凋落」って読めますか? 誤読が多い!

正しく読めますか? 突然ですが「凋落」という漢字、読めますか? 多くの人が間違えて読んでいるかもしれません。 気になる正解は… 気になる正解は… 正解は「ちょうらく」でした! わかりましたか? 次回の漢字クイズもお楽しみに!

View more: 【難読漢字】「凋落」って読めますか? 誤読が多い!

2023年5月スタート!?マイナカードのスマホ搭載で生活がどう変わる?メリットデメリットを解説

(画像=yu_photo /stock.adobe.com) マイナンバーカード機能のスマホ搭載で生活がどう変わる?メリットとデメリットは? 国の方針で、マイナンバーカードの機能をスマホに搭載する計画が進んでいます。 ただ「プラスチックのカードではなく、なぜスマホ?」「メリットは?デメリットはないの?」など、多くの疑問を持つ人も多いのではないでしょうか。 そこでこの記事では、マイナンバーカード機能のスマホ搭載によって、私たちの生活にどんな影響があるのか解説します。 ■スマホにマイナンバーカードの機能を搭載できるように 2023年5月11日から、マイナンバーカードの機能をスマホに搭載できるようになる予定です。 正確には、既存のマイナンバーカードに搭載されている、「公的個人認証サービスの電子証明書」の機能をスマホで利用できるようになります。ざっくり言うと、カードが手元になくても、スマホだけで行政のオンライン手続きなどに必要な本人確認が済ませられるということです。 これまでは、たとえば確定申告などのオンライン手続きをする際には、スマホにマイナンバーカードをかざして読み取るという作業が必要でした。今後は、マイナンバーカード搭載済みのスマホならその作業が必要なくなります。 とはいえ、「それだけ?」「本当に私の役に立つ?」と思う人もいるでしょう。マイナンバーカードのスマホ搭載のメリットについて、もう少し詳しく見ていきましょう。 ■マイナンバーカードのスマホ搭載のメリット 国は、マイナンバーカードの利便性向上を掲げています。 総務省が公表した資料(「マイナンバーカードの機能のスマートフォン搭載等に関する検討会」第2次とりまとめ)によると、マイナンバーカードの機能をスマホに搭載することで、「スマホひとつでいつでもどこでも、さまざまなサービスを利用できる状態」を目指しているとのことです。 具体的には、スマホ搭載によって以下のようなことが実現できると発表されています。 ●マイナポータル マイナポータル(自分の税金・年金や利用可能な行政サービスなどを確認できるサイト)に、マイナンバーカードをかざさなくても、スマホの顔認証や指紋認証などを使ってログインできるようになる。 ●オンライン手続き 給付金の申請や確定申告など、オンラインでの行政手続きがいつでもどこでもできるようになる。民間企業と連携して、住宅ローン契約や携帯電話の申込み、証券口座の口座開設などにも利用できるように。 ●コンビニ交付 マイナンバーカードの機能を搭載したスマホさえあれば、コンビニで手軽に住民票の写しや印鑑登録証明書が取得できるようになる。 ●健康保険証 病院に行くとき、健康保険証やマイナンバーカードを持っていなくても、スマホだけで診察が受けられるようになる。 上述したメリットを見ても、スマホにマイナンバーカードの機能が搭載されることで生活がとても便利になりそうです。 ■マイナンバーカードのスマホ搭載のデメリット デメリットとしては、今のところiPhoneが対象外という点が挙げられます(2022年11月時点)。2023年5月11日からスマホ搭載ができるのは、現時点ではAndroidだけです。Appleとの協議が必要なため、今後導入されるとしても、その時期はAndroidよりも遅くなるのではないでしょうか。 情報漏洩や不正利用などのリスクが気になるという人も多いでしょう。スマホという普段持ち歩いているものに、何でも手続きできるような重要な情報を入れてしまって大丈夫なのかという声もあります。 国もこの点を考慮して、セキュリティ対策に力を入れています。「マイナンバーカードの機能が使われたらメールで知らせる」、「スマホ紛失時などは遠隔でマイナンバーカード機能を削除できるようにする」といった悪用防止機能が実装される予定です。 ■まとめ マイナンバーカードの機能がスマホに搭載できるようになれば、面倒だった手続きが今までより手軽にできるようになったり、何枚もカードを持ち歩く必要がなくなって身軽になったりするでしょう。 2023年5月からスタートなのでまだ詳細がわからない部分もありますが、デジタル技術によって社会がどんどん便利な方向に向かっていることは間違いなさそうです。 文・馬場愛梨(ばばえりFP事務所 代表) 関西学院大学商学部卒業後、銀行・保険・不動産などお金にまつわる業界での勤務を経て、独立。自身が過去に「貧困女子」状態でつらい思いをしたことから、むずかしいと思われて避けられがち、でも大切なお金の話を、ゆるくほぐしてお伝えする仕事をしています。AFP資格保有。

View more: 2023年5月スタート!?マイナカードのスマホ搭載で生活がどう変わる?メリットデメリットを解説

山田祥平のニュース羅針盤 第360回 Ankerとオウルテックの急速充電モバイルバッテリーをチェック

充電速度が速いモバイルバッテリーがいろいろと出てきているようだ。今回は、オウルテックのOWL-LPB20015とAnkerの535 Power Bankを試してみた。どちらも仕様上は20,000mAの容量を持つUSB Power Delivery(USB PD)対応の製品だ。重量も340g、350g程度と、大きく違わない。 Ankerの535 Power Bank(左)と、オウルテックのOWL-LPB20015(右)。カラバリも鮮やか モバイルバッテリーの容量をmAで表すのはやめてほしい 容量をmAの単位で表すのはいいかげんにやめてほしいところだ。実際の定格が製品に刻印されているが、オウルテックの製品は72Wh(14.4V 5,000mA)、Ankerの製品は74Wh(7.4V 10,000mA)となっている。 それぞれで電圧が異なるのでわかりにくいかもしれないが、電流と電圧を乗算すると電力となって、その製品の汎用能力がわかる。20,000mAという値は、モバイルバッテリー内部に使われているリチウムイオン電池の定格である3.7VでWhを除算したものだ。 今回試したオウルテックとAnkerの製品は、双方ともに30Wでの充電(入力)ができる。多くのモバイルバッテリーの充電仕様は18Wだが、その約1.6倍の速度で充電ができるというわけだ。モバイルバッテリーを短時間で充電できれば、カフェなどのコンセントを借りて補充する場合も、短時間でたくさんの電力を蓄えられるので安心だ。 バッテリーからバッテリーへの充電、実は非効率 また、Ankerの製品は出力が30Wまでだが、オウルテックの製品は60Wまでと力強い。充電される側のスマホやタブレット、パソコンは18W程度から65W超まで、受け入れることができる電圧がまちまちで、パソコンなどでは小さな電力では充電ができないようになっているものもある。オウルテックの製品のように60Wの出力ができれば、まるでACアダプターを接続したかのようにパソコンに電力を供給できる。 もっとも一度に供給できる電力が大きくても、モバイルバッテリーの容量は74Whと限られている。目安としてスマホが15Wh程度、パソコンが50Wh程度のバッテリーを内蔵していることを考慮すると、74Whはそれらを何回充電できるかは割り算すればわかる。 ただ、バッテリーでバッテリーを充電するのは効率が悪く、74Whのモバイルバッテリーをスマホにつないでも、15Whの内蔵バッテリーを5回程度フル充電できることはないし、パソコンに内蔵された50Whのバッテリーを空っぽの状態からフル充電までに復活させるのは難しいだろう。このあたりは話半分と考えておこう。 iPhone SEは極端にバッテリ容量が少ないし、iPhone 14は20W超の充電に対応していたりするようだ。こうした仕様を知った上で、賢いモバイルバッテリー選びをしたいものだ。だからこそ、メーカーは、きちんとバッテリーの容量や充電時に受け入れられる電力等の情報をしっかりと明示してほしいものだ。 スマホがフル充電でもモバイルバッテリー利用がおすすめ なお、バッテリーからバッテリーへの充電をできるだけ避けるためには、バッテリーがフルに近い状態でモバイルバッテリーをつなぐようにする。バッテリーがフルなら、モバイルバッテリーから供給される電力が機器の駆動のためだけに使われる。だが、バッテリーが半分になってからモバイルバッテリーを接続すると、モバイルバッテリーの持てる電力が、機器のバッテリーの充電に使われて効率が悪くなる。 74Whもの大容量バッテリーを持ち歩いていれば、丸一日の電力調達に不自由することはないだろうけれど、できるだけバッテリーからバッテリーへの充電という状況が短時間ですむように工夫すれば、結果として使える電力が多くなることを頭の片隅に置いておこう。 停電などで電力が得られず、復旧がいつになるのかわからない場合は、スマホのバッテリーがフルでも最初からモバイルバッテリーをつなぎ、スマホ側のバッテリーが減るのを抑止することで、トータルの利用時間が増える。 旅行などでコンセントのない電車で長時間移動するようなときにも、電車の中ではモバイルバッテリーでスマホを使う。ここが勘所だ。スマホのバッテリーが空になってから接続するのは効率の点でソンをするということを覚えておこう。

View more: 山田祥平のニュース羅針盤 第360回 Ankerとオウルテックの急速充電モバイルバッテリーをチェック

「体の血がサーっと…」、真珠湾攻撃の「唯一の生き残り」が語った「攻撃直前、死への覚悟」

太平洋戦争の戦端を開くことになった真珠湾攻撃。 攻撃に参加した隊員たちは、どのような思いで攻撃に臨んだのか。 【前編】「真珠湾攻撃のために「とんでもなく高度な訓練」が行われていたのをご存知ですか?」では、攻撃に参加した北原收三さんの日記を振り返ったが、ここでは、真珠湾攻撃に参加した隊員の「唯一の生き残り」である吉岡政光さんの証言をご紹介する(大島隆之『真珠湾攻撃隊 隊員と家族の八〇年』の刊行の時点)。 *本記事は、大島隆之『真珠湾攻撃隊 隊員と家族の八〇年』(講談社現代新書)を抜粋、編集したものです。 「死に場所」 この書籍が世に出る時点で唯一生き残っている隊員で、「蒼龍」の雷撃隊の一員だった吉岡政光さんも、103歳だった2021年に行ったインタビューのなかで、北原さんと同じような思いを語っていた。 【吉岡さん】 「最初一二月八日にハワイに行くよと言われて、ハッと思っているところに、『十年兵を養うはただ一日これを用いんがためなり』って、そういうことを言われたんです。それを聞いた時はですね、体の血がサーッと全部デッキに吸い取られたような感じですね。俺はもう死ぬんだなということでね。死に場所だなと。ということを思いましたね」 1918年1月に石川県能登半島の漁村に生まれた吉岡さんは、18歳で海軍に志願して水兵となり、その後偵察練習生に応募して採用された。一九三九年に蒼龍に配属された吉岡さんは、日中戦争での出撃経験もある中堅搭乗員だったが、その吉岡さんでも、死を意識した時には動揺を抑えることができなかった。 だが気をつけなければいけないのは、当時の搭乗員たちにとって、「死が目前に迫った時の思い」は、僕らが今感じるであろうものとはだいぶ違うものだったということだ。 彼らにとって「死」とは、搭乗員である以上常についてまわるものであり、その現実を前にひるむというよりは、乗り越えていくべきものとして教育されていた。真珠湾攻撃を前に死を意識した時の心情についてしつこく質問する僕に対し、吉岡さんは、次のように答えている。 【吉岡さん】 「死ぬことについてよく聞かれますけどね、偵察練習生というのは、各部隊から『私は偵察練習生になりたいです』って志願して、家からも『飛行機乗せていい』ってハンコを取るんですよね。海軍が。なぜそんなことしたかって言ったら、他の人に比べて非常に死ぬ率が多いからですよ。一般の水兵とかは、戦争が始まらないとめったに死なないのにね、訓練で死ぬような飛行機に乗せてもいいかっていうことで。 だから志願する時から、俺は他の人よりも余計に死ぬんだなって、覚悟を決めていた。そのために、一般の兵より給料を多くもらっているんですね。そういうことが体にしみ込んでいますんで、やむを得んと思って。死ぬから怖いとか、そんなこと思わなかった」 吉岡政光さん(真珠湾攻撃の頃の写真) 死の危険は、織り込み済み。武人としてその現実を潔く受け入れ、名を惜しみ、決して卑怯な振る舞いはしない。真珠湾攻撃を前にした搭乗員たちにそうした精神講話が連日行われていたことが北原收三さんの日記からも読み取れるが、それを受け入れる素地として、アメリカに対する敵愾心というのも多分にあったことも同時にうかがえる。 彼らは真珠湾攻撃の歴史的意義、つまり、日本はアジア進出をもくろむアメリカの横暴を前に我慢を重ねてきたが、ついにやむなく立ち上がるのだ、これは正義の戦争なのだ、という作られた「物語」もくりかえし聞かされていた。

View more: 「体の血がサーっと…」、真珠湾攻撃の「唯一の生き残り」が語った「攻撃直前、死への覚悟」

メタとアマゾンも“大量解雇”で崩壊寸前!「メタバース事業」「アレクサ」で巨額赤字を垂れ流し…

“ギャグ”じゃない! ランボ新型「スーパーカーSUV」世界初公開に称賛の声多数! ゴツい“オフロード仕様”今後のトレンドになるか

シーイン模倣騒動と大差ないアパレル業界のパクリ体質 シーインがそれでも勝つ理由

カナダ戦略文書、中国警戒「秩序乱す大国」

尾崎豊の妻・繁美さんが振り返る「5月12日@2時55分」入籍をした日の話 30年後に語ること8 後編

ゴゴスマ・石井亮次アナ「朝の番組の出がらしみたいなコメント」橋下徹氏、山口真由氏に嘆き節

NY株急落、一時500ドル超安

三宅健 キレイ好きが度を超えて…友人宅でもやってしまうこと&自宅は業者が使う器具で「完璧」仕上げ

自転車と接触装う示談金詐欺 神戸で5件15万円被害裏付け 容疑で男女5人を逮捕、送検

円安で"買い取り高額"…お酒にバッグ「思わぬ不用品物が高値」現場を取材してみた

【スカッと】初任時代いじめ加害者に厳しく指導しすぎて、保護者から電話が すると、教頭先生が出てくれて…

季節を冬に進める雨

OTHER NEWS

Breaking thailand news, thai news, thailand news Verified News Story Network