ナジャ、不満爆発のネット写真問題ついに決着!? スポニチと再び直接対決で“ワガママ提案”通した

本人公認のはずが、まだお気に召さないというナジャ・グランディーバの新写真

 タレントのナジャ・グランディーバ(48)が因縁のスポニチと再び直接対決だ。ネット写真に「悪意がある」と不満を爆発させ、謝罪に駆けつけたスポニチが公認写真撮影に至った一連の“騒動”。一件落着したかと思いきや、ナジャは新写真にも愚痴を漏らし始めた。この理不尽に耐え、取材班は再びナジャのもとを訪れた。

 この日、ナジャはスポニチとのバトルの発端となった番組、MBSラジオ「ナジャ・グランディーバのレツゴーサタデー」の有観客配信イベントに出演し、共演の「チキチキジョニー」とトーク。終了後、取材班を楽屋に迎え入れ「どうでした?楽しんでもらえたならうれしいです」と、充実感をにじませた。

 イベントの観客にはスポニチのナジャ写真を使用したうちわが配られた。表は公認の新写真。裏にはナジャが激怒した例の旧写真…封印が解かれたのか。「いやいや、違うのよ!またネットで使ったらだめよ!うちわは番組スタッフのいたずら」と釘を刺した。“旧写真にもはや愛着が湧いている説”には「長い人生の1ページで、これでひと悶着あったなっていう思い出としてね」と否定はせずとも、「他の人にさらす必要はない」と主張した。

 そして案の定、新写真を眺め「こっちもそない気に入ってないねん」ときた。ご自身で選んだ写真ですけど?というツッコミを飲み込み、理由を聞くと「青虫付いてるって言われるねん!イヤリング…言われたらそう見える。目の下のシワとか肌の質感とか気になる所いっぱい!100点ではない。撮り直したい」とごねた。

 この流れをあらかじめ想定していた取材班。ナジャは前回の撮影を同番組で振り返り、「ライトもなかった」と不満を訴えていたことも踏まえ、照明持参で臨んだ。それでもナジャからは「撮った写真を一旦渡してもらって、アプリ加工したのをお返したい」というワガママが飛び出した。

 もう全要望に応える覚悟だ。これも面倒なクレーマーから早く逃れたい…いや、取材対象者との良好な関係性を築きたい一心でのこと。次回の同ラジオ放送日は8月20日。番組の内容を速報する際に、ナジャ自らが補正を施した写真を公開する。これぞ正真正銘、「100点」の公認写真にご期待ください。

 ※2度目のナジャ直撃&写真撮影動画はこちらから→ https://youtu.be/6hKXJRDhBso

大相撲 二子山親方が休場 コロナ濃厚接触者で 所属力士は出場可能

漫画家・石井いさみさん死去 80歳 代表作に『750ライダー』など

【浜中俊コラム】強い勝ちっぷりだったシンシアウィッシュ 重賞でもやれる馬、ステップアップしそう

RCEPシンクタンク連盟発足 海南省海口市で設立総会

田丸美寿々70歳が美しい!若々しい!長野智子がツーショット「いつお会いしても凛」

安倍氏国葬、6000人参列から4300人へ下方修正…最後までミソつけた「グダグダ国葬」うまくいくのか

佳子さま、鳥取県を訪問 車いすバスケ観戦

フロントウイング、新作PCゲーム「GINKA」を2023年に発売 過去作に「グリザイアの果実」

林遣都“鈴之介”&仲野太賀“悠日”バディを待ち受ける驚がくの結末 『初恋の悪魔』最終話あらすじ

「ちむどんどん」ついに最終週!黒島結菜「幸せな気持ちに」印象に残った披露宴シーン

【日本ハム】高卒ルーキートリオが1軍合流 25日先発のドラ1・達孝太「プロ野球人生のスタート」

「物議を醸すゴール」 日本×アメリカの先制弾に海外指摘、鎌田のオフサイド判定“取り消し”に注目「VARが助けた」

BMSG15歳トリオ・edhiii boi、SKY-HIらとフェス出演「フリースタイル楽しすぎた」

モスクワでも抗議デモ、拘束者167人に

DeNA、ついに追い詰められる ヤクルトに8失点完敗 25日も直接対決に敗れると24年連続V逸決定

525日ぶり実戦復帰の紀平梨花、中部選手権SPで56・69点、構成落として3回転半は回避

NEWS RELATED

パッキャオがメイウェザーの会見に登場 「エキシビションマッチはおもしろい」と〝世紀の再戦〟に乗り気/超RIZIN

フロイド・メイウェザー(左)の会見にサプライズで登場したマニー・パッキャオ プロボクシング元世界6階級制覇王者のマニー・パッキャオ(43)=フィリピン=が24日、東京・目黒区のホテル雅叙園東京で行われた格闘技興行「超(スーパー)RIZIN」(25日、さいたまスーパーアリーナ)に向けた、元世界5階級制覇王者のフロイド・メイウェザー(45)=米国=の会見にサプライズで登場。メイウェザーとの再戦に前向きな姿勢を示した。 メイウェザーの会見が一段落したところで、RIZINの榊原信行CEO(58)がサプライズでパッキャオを呼び込み、姿を現すと報道陣らは「おー」と驚きの声を上げた。メイウェザーとボクシングルールのエキシビションマッチで対戦する総合格闘家の朝倉未来(みくる、30)=トライフォース赤坂=の応援で来日したといい「思いっきりプレッシャーをかけろ」などとアドバイスを送った。 メイウェザーには2015年に〝世紀の一戦〟で0-3の12回判定負け。昨年9月に2度目の現役引退を表明したが、〝世紀の再戦〟の可能性について「まだエキシビションなのか、公式戦をするのかは話をしていない」とし、「エキシビションマッチはおもしろいんじゃないか。もう1回ハードな練習を始めようと考えている」と乗り気だった。

View more: パッキャオがメイウェザーの会見に登場 「エキシビションマッチはおもしろい」と〝世紀の再戦〟に乗り気/超RIZIN

セブン-イレブン チケット発券不具合解消

23日から全国のセブン-イレブンでシステム障害のため、チケットが発券できない状態になっていましたが、24日午前、不具合は解消し、順次、発券を再開しているということです。 セブン-イレブン・ジャパンによりますと、24日午前、チケットサービスのシステムの不具合は解消したということです。サービスを更新する際、データの切り替えが正常に作動しなかったために不具合が起きたということで、現在、店舗でのチケットサービスの発券は順次、再開しているということです。 セブン-イレブンでは、23日の午前1時過ぎから全国約2万1000店舗でチケットサービスのシステムに障害が発生し、コンサートやスポーツ、イベントなどのチケットが発券できない状態になっていました。 セブン-イレブン・ジャパンは「お客様には多大なご迷惑とご心配をおかけし、誠に申し訳ありませんでした。復旧が遅れましたことを深くお詫び申し上げます」とコメントしています。

View more: セブン-イレブン チケット発券不具合解消

SDGs知って楽しむ 東京・有明で「GOOD LIFE フェア」

キッチンカーで出店する「博多一風堂」の植物由来100%の「プラントベース赤丸」。豆乳でまるで豚骨スープのような味わいを表現=博多一風堂提供  SDGs(持続可能な開発目標)を知って、体験して、楽しむ「GOOD LIFEフェア2022」(朝日新聞社主催、ウーマンズ企画協力)が25日まで東京都江東区有明の東京ビッグサイトで開催されている。  食品や工芸、健康などをテーマに約300のブースが並び、こだわりの商品の紹介や販売、様々な体験コーナーもある。防災体験では、倒壊した家屋からの救出や日常から使えるロープワークに親子連れが挑戦。娘と訪れた島村愛さんは「やったことがないと本番で急にできない。こうした機会はありがたい」と話していた。  キッチンカーエリアに有名ラーメン店「博多一風堂」も出店。人気の豚骨ラーメンを100%植物由来の素材で再現したラーメンを販売し、にぎわっていた。グルメや各地のクラフトビールが味わえるエリア、トークイベントもある。  25日が最終日で午前10時~午後5時。当日券1300円、高校生以下無料。詳細や参加登録は公式HP(https://goodlife-fair.jp/)で。

View more: SDGs知って楽しむ 東京・有明で「GOOD LIFE フェア」

【スケート】高木美帆「2人でいる時間が圧倒的に長くなった」ヨハンコーチと二人三脚で再出発

北京オリンピック(五輪)スピードスケート女子1000メートル金メダリスト高木美帆(28=日体大職)が24日、長野・上田市菅平高原で練習を公開した。 ナショナルチーム(NT)を離れ、前NTヘッドコーチのヨハン・デビット氏との活動を6月に表明。練習後、取材に応じた高木は「体制が変わって1人でやることが多くなり、新しいチャレンジをしながらやっている状況。特に大きいケガとかトラブルはなく練習に取り組めている状況」と充実した表情を浮かべた。 二人三脚で取り組む。NT時代はお互いじっくり話し合う時間はそう多くなかったが、「2人でいる時間が圧倒的に長くなった」。恵まれた環境を飛び出しての新たな挑戦。試行錯誤しながらも根底は「純粋に速く滑りたいって部分は変わらない」と向上心で突き進む。「NTと競合し合えるチームがあった方が日本のスケート界を考えた時に盛り上がるのでは。その1歩目はそれなりのエネルギーを使う。そういう世界になったらうれしい」と見据える。 10月の全日本距離別(長野)が新体制での初戦となる。500メートルから3000メートルまで短中長距離種目での出場を予定している。北京五輪で金含む4個のメダルを獲得し、現在掲げるのは「いろいろやってみたいことが出てきた。特別に1つに絞ったりしない」と、自身がワクワクする目標に向かって練習を重ねるという。ヘアドネーション(髪の毛の寄付)で、ロングヘアをばっさり切ってショートヘアにイメージチェンジした女王は、気持ち新たに再出発した。 高木美帆(2022年2月撮影)

View more: 【スケート】高木美帆「2人でいる時間が圧倒的に長くなった」ヨハンコーチと二人三脚で再出発

スピードワゴン井戸田「日本に1台」超希少な愛車BMWを紹介 価格は通常の4倍!

スピードワゴン・井戸田潤  俳優の中尾明慶が23日、自身のYouTubeチャンネルで、お笑いコンビ・スピードワゴンの井戸田潤が購入した愛車を公開した。井戸田は7月に「BMW330ciカブリオレ」を購入したことを「グーネット」のYouTube番組「井戸田潤のグーっとくる車探し!」で報告していた。  中尾の動画は井戸田とのコラボ。井戸田は自身のチャンネルで中尾の新車「ランドローバー・ディフェンダー・アーバンナイト’22」を紹介している。  井戸田は新たに購入したBMWが日本にほとんどないモデルであると説明した。330ciカブリオレは日本にも一定数輸入されているが、井戸田が購入したのは日本未発売の右ハンドルのマニュアル車。並行輸入などで入って来ている可能性はあるが、井戸田は「日本にはオープンは(自身の愛車を除いて)1台もない」と力説した。  右のマニュアルは元々は英国仕様の車。英国にある330のオーナーズクラブの会長が乗っていた1台が日本に渡ってきたものだという。  井戸田は元々330ciカブリオレには思い入れがあり、12年ほど前に購入する計画があった。しかし、当時・相方の小沢一敬が乗っていたのがBMW Z4で「コンビでBMのオープンってどうなのよ」と思い、クライスラー300Cに乗り続けることを決意した。  今回、番組ロケで偶然、整備中の330ciカブリオレに出会い思いが再燃。当初、オーナーは譲ることを渋ったが、井戸田の熱意に折れたという。中古車市場では通常の330ciカブリオレは100万円ほどで取引されているが、井戸田は「400万円」と明言した。

View more: スピードワゴン井戸田「日本に1台」超希少な愛車BMWを紹介 価格は通常の4倍!

【MLB】大谷翔平は「3番・投手」 14勝目&日本投手4人目の200奪三振なるか、スタメン発表

エンゼルス・大谷翔平【写真:ロイター】 メジャー初の規定投球回まで14イニング ■ツインズ ー エンゼルス(日本時間24日・ミネソタ) エンゼルスの大谷翔平投手は23日(日本時間24日、試合開始9時10分)、敵地・ツインズ戦に「3番・投手兼DH」で投打同時出場する。14勝目と35号本塁打に期待がかかる。 前回登板17日(同18日)の本拠地・マリナーズ戦では7回8奪三振3安打無失点。右手中指マメの影響を感じさせない投球で、13勝目を挙げた。中5日を空けての登板となる。 試合前まで投球回数は148回。メジャー初のシーズン規定投球回(162)まで、あと14回となっている。また、シーズン200奪三振へは、あと4個に迫っている。200K到達となれば、日本投手では野茂英雄(4度)、松坂大輔(1度)、ダルビッシュ有(4度)に次いで4人目となる。 【エンゼルス】 1(二)レンヒーフォ 2(中)トラウト 3(指)大谷翔平 4(右)ウォード 5(一)フォード 6(三)ダフィー 7(左)モニアック 8(捕)スタッシー 9(遊)ソト 投手 大谷翔平(Full-Count編集部)

View more: 【MLB】大谷翔平は「3番・投手」 14勝目&日本投手4人目の200奪三振なるか、スタメン発表

【MLB】大谷翔平を襲った危機「大惨事になっていたかも」 尖ったバットが「怖かった」

ツインズ戦に先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】 SNSざわついた“あわや大惨事”…ファン「これは怖かった」 ■ツインズ ー エンゼルス(日本時間24日・ミネソタ) エンゼルスの大谷翔平投手は23日(日本時間24日)、あわや大惨事の危機に襲われた。敵地でのツインズ戦に「3番・投手兼DH」で投打同時出場。折れて尖ったバットが直撃しそうになり、ファンは一瞬絶句。「これは大惨事になっていたかもしれない」「これは怖かった」とSNSがざわついた。 2回2死二塁の場面で、パラシオスの折れたバットがマウンド方向を襲った。大谷は体をねじりながら、ピョコンと跳ねてなんとか回避。苦笑いを浮かべた。危機を乗り越え、4回にはシーズン200奪三振に到達。5回まで1安打1失点で14勝目の権利を手にした。 もし直撃していたら……。ファンは気が気じゃなかった様子。「ピッチング。ニンジャ」の愛称で知られる投球分析家ロブ・フリードマン氏が映像を投稿すると、「ほんとにこれ危なかった」「MLBはちょっと心配したはず、彼があれで怪我をしたことを想像してみて!!」などとコメントが寄せられた。(Full-Count編集部)

View more: 【MLB】大谷翔平を襲った危機「大惨事になっていたかも」 尖ったバットが「怖かった」

ドーピング問題いまだ揺れるワリエワが今季初演技で圧巻パフォーマンス 謎のモールス信号も

カミラ・ワリエワ  「フィギュアスケート・ロシア代表テストスケート」(24日、モスクワ)  ロシアのナショナルチームによる演技会が行われた。2月の北京五輪でドーピング騒動に揺れた女子最高得点保持者のカミラ・ワリエワ(16)も、今季初演技を披露し、伸びやかな滑りで健在をアピールした。  映画「インターステラー」の音楽にのり、冒頭のダブルアクセルを着氷。続く3回転フリップも決めた。3回転ルッツからの連続ジャンプも両手を上げながら成功させた。演技の冒頭には、パントマイムでモールス信号を示す場面があり、ロシアメディアによるとワリエワは「ファンに向けた暗号化したメッセージがあります。それを推測してもらえれば」と語った。  国際スケート連盟(ISU)は、ロシアのウクライナ侵攻を受けたロシア、ベラルーシ選手の国際大会からの除外措置を今季も継続している。ロシアは国内各地で行われるシリーズ大会を主戦場として戦うことになる。  また、ワリエワのドーピングを巡っては、ロシア・反ドーピング機関(RUSADA)が今月に入り調査を完了。9月下旬か10月上旬に公聴会を開き、審理するとしている。

View more: ドーピング問題いまだ揺れるワリエワが今季初演技で圧巻パフォーマンス 謎のモールス信号も

松生理乃が64・70点で首位、525日ぶり復帰の紀平梨花は56・69点で6位発進 中部選手権女子SP

この手があった!【ニトリ】ポリ袋エコスタンドで水切りの置き場所問題をすっきり解決

ヒカル、元乃木坂・松村沙友理との破局示唆「実はフリーやねん。普通に別れた」

共生社会願い、めがね橋点灯 世界アルツハイマーデー

核被害者に焦点 古民家で写真展 北杜

ドジャース、35歳ベテラン右腕ハドソンと年俸9億円超で契約延長 米メディア報道

スティング、グレート・ムタのラストマッチに参戦決定…来年1・22横浜アリーナ

「不倫相手を妊娠させ示談金が必要」と長男かたる電話 78歳女性が100万円被害 電話de詐欺 成田署

ビートルズの「幻の来日動画」がついに公開 最終日の演奏シーンも

『nobodyknows+』が語る『ココロオドル』からの18年

皇治 ジジ突き飛ばし乱闘寸前! 制止したボディーガードが「一番強い」体重は約19キロ差

中国とラオスの警察、合同で麻薬事件を摘発

OTHER NEWS

Breaking thailand news, thai news, thailand news Verified News Story Network