プレシードジャパンは、AVIOTブランド初のヘッドホンとして、ピエール中野氏が監修した「WA-Z1PNK」の先行予約販売を8月18日に開始した。声優・ 緒方恵美氏の録り下ろしボイスガイダンスを搭載しているのも特徴。価格はオープンプライスで、直販サイトでは88,000円で販売している。

ピエール中野監修、緒方恵美ボイス搭載のAVIOT初ヘッドホン予約開始

ピエール中野監修、緒方恵美ボイス搭載のAVIOT初ヘッドホン予約開始

WA-Z1PNK

完全ワイヤレスイヤホンなどで知られるAVIOTの初となるヘッドホン。6月の開発発表当初、2022年夏〜秋の発売を目標としており、今回発売に先がけて、AVIOTの直販サイト会員限定で予約販売を開始。執筆時点では、10月1日以降に順次配送予定となっている。

半開放型のオーバーイヤータイプで、低歪で超⾼域まで伸びるレスポンスを特徴とする、平⾯磁気駆動型ドライバーを採⽤した“⾳質特化型モデル”と位置づけている。Bluetooth/有線接続の2ウェイ仕様。

同ブランドでおなじみの“ピヤホン”シリーズに携わっている、ロックバンド「凛として時⾬」ドラムスのピエール中野氏が、音質からデザインまで全面監修。愛称は「ピヤホンのヘッドホン、ピッドホンでお願いします」(ピエール中野氏)とのこと。さらに、デバイスとの接続や電源オン/オフを知らせる全8種のボイスガイダンスには、声優・緒方恵美氏の録り下ろしボイスを採用している。

“ピッドホン”の主な特徴

ピエール中野監修、緒方恵美ボイス搭載のAVIOT初ヘッドホン予約開始

WA-Z1PNK

ピエール中野氏が手がけたピヤホンは、ベースモデルを元に音質を調整してピヤホン“らしさ”を出していたが、WA-Z1PNKはAVIOTのフラッグシップ「Zシリーズ」のヘッドホンとして、「耳の肥えたユーザーにも感動してもらえるようなものに仕上げた」とする。

一般的な多くのヘッドホンで採用されているダイナミック型ドライバーは、振動板に取り付けられたボイスコイルをドーナツ型のマグネットで挟み込むように設計することで、振動板に部分的な駆動力を与える仕組みだ。一方、WA-Z1PNKで採用した平面駆動型ドライバーは大きな違いとして、振動板全面にコイルパターンを形成し、振動板前後のマグネットによる磁界の中で振動させることでフラットで均一な駆動力を与えられるようにしており、低歪かつ超高域まで伸びるレスポンスを追求している。

さらに、従来の平面駆動型ヘッドホンが苦手としていた低音域の再生能力についても、内部音響チャンバーと半開放スリット型ハウジングによってエアフローを最適化し、一般的なダイナミック型ヘッドホンと遜色のない音圧レベルに仕上げた。これにより「ポップス、ロックをはじめ、あらゆる音楽ジャンルに対してクリアで再現度の高いサウンドを楽しめる」としている。

Bluetooth 5.2準拠のワイヤレス接続対応で、コーデックはSBC、AACに加えて高音質なLDACもサポート。Bluetooth再生用として、ESS Technology製の専用DAC・ドライバーアンプICを搭載しており、無線利用時にも回路残留ノイズの影響を低減してSNやダイナミックレンジを向上させている。

有線接続も可能で、付属のヘッドホンケーブル(3.5mmステレオミニ)でポータブルプレーヤーやヘッドホンアンプなどにつないで音楽を楽しめる。6.3mmステレオプラグアダプタも同梱する。なお、ヘッドホンの入力ジャックは3.5mm4極(L+/R+/R-/L-)仕様で、対応するケーブルを使うことで高音質なバランス接続も可能とする。

装着感も追求。ピエール中野氏が最も装着感がよいと感じたヘッドホンをリファレンスに設計しており、耳当たりの良いソフトな素材のイヤーパッドを採用して、オーバーヘッド型ながら耳や耳周りへの圧迫感が少なく、快適な装着感を実現したとする。

デザイン面では、ハウジングの素材に高剛性アルミハウジングを採用し、サラサラとした質感のマットブラックのカラーリングを採用。ピエール中野氏ならではの「PNK」ロゴや、アクセントのゴールドパーツをあしらった。

ハンズフリー通話用のMEMSマイクを2基内蔵。PCやスマートフォンなど2台のデバイスと同時接続できるマルチポイント機能も備える。Bluetooth接続時の連続再生時間は最大20時間。USB Type-C充電に対応し、約5.5時間で充電できる。

オーストラリアで大規模な日本酒フェスティバル 日本酒国際品評会で山梨県北杜市の山梨名醸の銘柄が金賞

「舞いあがれ!」永作博美の「疲れた母」演技がスゴい 「リアルすぎ」「自分も泣きそうに」

松本俊彦さん「山口達也さんに一刻も早い適切な治療を。薬物よりも厄介な〈アルコール依存症〉」が「依存症の正しい報道を求めるネットワーク」主催のグッド・プレス賞2020(雑誌部門)を受賞

定年後は「庭師」の仕事をしたいです。年収はいくらを見込めますか?

岩田剛典、NHK「あさイチ」放送休止でスタジオ生調理が流れる「きっとまたいつか 仕方ない!」

遺体着衣はTシャツとズボンに裸足 千葉県警が不明の松戸女児との関連性を調べる

ロシアの部分動員、半数が誤招集 極東ハバロフスク

剣道成年女子で初優勝 ボートは飯塚が準V とちぎ国体第4日

アベンジャーズ第6弾『シークレット・ウォーズ』は「ロキ」脚本家が執筆!

最速142キロ右腕の完全救援で海星が滑り込み出場権【高校野球】

永瀬王座が4連覇=将棋・王座戦

60代から、どのぐらい貯金すればいいの?持ち家・賃貸で違う?

【特集・未来アスリート】トライアスロン世界学生大会の日本代表、立命大・白石怜佳、小柄でも不屈の精神で世界のトップを目指す

整形総額800万円アイドル・ゆりあんぬ「DOLL感」アップの新ヘアを公開…母は元おニャン子クラブ

アルピーヌ、”過激”な性能追求した新グレード『A110』を世界初公開。F1日本GP直前のエステバン・オコンがPR

日本女子、圧巻のGL全4戦3-0勝利 無敗で決勝Tへ、早田ひな「繋いでチャンス狙えた」【世界卓球】

NEWS RELATED

前線通過後、夏から秋の空気へ

5日午前9時の予想天気図。 5日(水)は、オホーツク海の低気圧が北東進し、低気圧からのびる前線が西~東日本付近を南下し、四国の南~日本の東海上に進みます。一方、華北付近の高気圧が日本付近に張り出す見込みです。 このため、九州~東北南部では雨の降る所が多く、雷を伴い激しく降る所もある見込みです。ただ、九州~中国・四国では午前中には雨は止み、午後には晴れ間の広がる所もありそうです。東北北部~北海道では晴れる所もありますが、雲が広がりやすいでしょう。南西諸島は概ね晴れるものの、所によりにわか雨がある見込みです。 最高気温は4日(火)よりも低くなる所がほとんどで、各地、10月中旬~下旬並みの気温となる所が多く、夏から秋の空気となって、季節がひとつ進みそうです。 (気象予報士・吉田 信雄)

View more: 前線通過後、夏から秋の空気へ

ホンダ「CB750 ホーネット」正式発表|軽量でスリムな車体へ新型ユニカム・ツインエンジンを搭載してホーネットが帰ってきた!

今年、ティザー動画や搭載されるエンジンなどを積極的に公開し、「ホーネット」の復活が近いことを明らかにしてきたホンダ。そして2022年10月4日、ついにヨーロッパでミドルクラスの新型ネイキッドスポーツである「CB750 ホーネット」を公式に発表した。 ホンダ「CB750 ホーネット」の特徴 Honda CB750 HORNET 2023年モデル・欧州仕様車総排気量:755cc エンジン形式:水冷4ストユニカムOHC4バルブ並列2気筒 シート高:795mm 車両重量:190kg すでに「CB750 ホーネット」の姿やメカニズムはかなりの部分が明らかになっていたが、公式発表で明らかになった情報により、その詳細を再確認してみよう。 「CB750 ホーネット」のスタイリングは、過去のホーネットたちのイメージを受け継ぐモダンだがワイルドさも感じさせるストリートファイター的ネイキッドデザイン。軽快でシャープな走りにぴったりのスリムなフォルムも印象的。 画像1: ホンダ「CB750 ホーネット」の特徴 専用に一からデザインされたスチール製のダイヤモンドフレームは、部位ごとにパイプの厚さを最適化して剛性バランスを取ることで、剛性の高さを実現しながら非常に軽量な仕上がり。 画像2: ホンダ「CB750 ホーネット」の特徴 軽量化へのこだわりはフレームだけでなく、エンジンなど全身に及んでいる。その結果「CB750 ホーネット」は装備重量でも190kgしかなく、軽快なだけでなく極めて扱いやすい。シート高は795mm、ライディングポジションは適度にアップライトで、ワイドなハンドルと合わせストリートで活発なライディングを楽しむのには最適な設定。 画像3: ホンダ「CB750 ホーネット」の特徴 敏捷でしかも扱いやすいハンドリングを得るために、サスペンションはショーワ製のφ41mm SFF-BPTM倒立フォークと、プロリンクを用いたリアショックを装着。ブレーキはペタルローターとデュアル4ピストンのラジアルマウントキャリパーを組み合わせ、高い制動力と優れたコントロール性を実現した。 画像4: ホンダ「CB750 ホーネット」の特徴 エンジンは新開発された755cc水冷並列2気筒。モトクロッサーなどで磨かれてきたユニカムOHC4バルブ機構のシリンダーヘッドによって、コンパクト化、軽量化も追求。スロットルバイワイヤも採用、ダウンドラフト配置のエアインテークとボルテックスフローダクトなどで優れた燃焼効率を実現。最高出力は67.5KW≒91.7PS/9500rpm、最大トルクも75Nm/7250rpmという力強いスペック。 画像5: ホンダ「CB750 ホーネット」の特徴 クランクは並列2気筒でも90度Vツインと同じ不等間隔爆発となる270度クランクで、振動を抑えるためのバランスシャフトも装備。これらのメカニズムの組み合わせで、快適さを保ちながらピークパワーを誰もが最大限に活用でき、2気筒らしいパンチの効いたフィーリングも堪能できる。 ハードブレーキングや急激なシフトダウンでの後輪のホッピング抑制するアシスト/スリッパークラッチも標準装備だ。WMTCモード燃費は23km/lで、満タンからの航続距離は約340kmということになる。 画像6: ホンダ「CB750 ホーネット」の特徴 最新スポーツモデルらしく、電子制御デバイスも充実。レイン、スタンダード、スポーツの3モードを選択できるライディングモードで、状況やライダーの好みに合わせ、エンジン出力とフィーリングを調整が可能。左ハンドルに設けられたモードスイッチと5インチサイズのカラーTFT液晶メーターで、設定変更も容易。さらに出力、エンジンブレーキ、ウイリーコントロールを統合したホンダセレクタブルトルクコントロール (HSTC) によって、悪条件でも安定した走りをサポート。 画像7: ホンダ「CB750 ホーネット」の特徴 ライディングを支援する機能だけではなく、標準装備されるホンダスマートフォンボイスコントロールシステムで、スマートフォンとの接続を容易にし、電話、メッセージ、音楽、ナビゲーションといった多彩な機能を利用が可能。 また、急ブレーキをかけた場合に自動的にハザードランプで後続車に知らせ、追突の可能性を低減するエマージェンシーストップシグナル機能も搭載されている。 ホンダ「CB750 ...

View more: ホンダ「CB750 ホーネット」正式発表|軽量でスリムな車体へ新型ユニカム・ツインエンジンを搭載してホーネットが帰ってきた!

一休、「人気のシティホテルタイムセール」を開催中 10月13日まで

一休、「人気のシティホテルタイムセール」を開催中 10月13日まで 一休は、宿泊予約サイト「一休.com」で、タイムセール「人気のシティホテルタイムセール」を、10月3日正午から13日正午まで開催している。 設定ホテルと宿泊代金の一例は、ポイントを即時利用した場合、フォーシーズンズホテル東京大手町(2名朝食付)が74,205円から、パレスホテル東京(2名朝食付)が123,786円から、クロスホテル札幌(2名素泊まり)が10,290円から、ONSEN RYOKAN 由縁 札幌(2名素泊まり)が14,440円から、インターコンチネンタルホテル大阪(2名素泊まり)が41,775円から、ザ ロイヤルパークホテル アイコニック 大阪御堂筋(2名素泊まり)が9,775円から、名古屋マリオットアソシアホテル(2名素泊まり)が28,740円から、名古屋観光ホテル(2名朝食付)が19,950円からなど。 すべて税込価格。対象施設は全国に設定されている。いずれも一休ポイントが付与され、即時利用もできる。

View more: 一休、「人気のシティホテルタイムセール」を開催中 10月13日まで

横手やきそば「四天王」選出…3年ぶり「決定戦」、来場9400人が投票

予選を勝ち抜いた8店が参加して行われた「横手やきそば四天王決定戦」(1日、横手市の秋田ふるさと村で)  ご当地グルメ「横手やきそば」の最高峰4店を決めるイベント「四天王決定戦」が1、2日、秋田県横手市の秋田ふるさと村で3年ぶりに開かれ、来場者の投票で「藤春食堂」「皆喜多亭」「食い道楽 本店」「旨味処 出端屋」の各店が選ばれた。  イベントには2日間で約9400人が来場し、予選を勝ち抜いた市内の8店が1万食以上を販売。家族で分け合って複数の店の味を食べ比べる来場者も多かった。  横手やきそばは、市内で製造されたゆで麺を使い、半熟の目玉焼きと福神漬をトッピングするのが各店共通の特徴だが、豚の角煮を使ったり、ソースにこだわったりと、店ごとの個性の違いもある。  同市内では約30店が扱っているが、四天王になると1年間、のぼりを立ててアピールできる。四天王決定戦は今年で14回目。  「旨味処 出端屋」の伊勢裕樹社長は鉄板に向かいながら、「イベントが再開し、以前のにぎわいを取り戻しつつあるようで感慨深い」と話していた。

View more: 横手やきそば「四天王」選出…3年ぶり「決定戦」、来場9400人が投票

菊地選手ドラフト「隠し玉」発掘 利根商・内田 上位指名ある最速149キロ&36発の“二刀流”

利根商・内田(撮影・高橋 雄二)  今年のドラフトは、この選手にも注目――。「10・20」運命の日を待つのは、上位指名候補選手ばかりではない。中央球界では無名ながら、その素質と将来性でNPB入りを狙うことができる「金の卵」が全国には多く存在する。フリーライターの菊地選手(40)が全国を駆け回り“発掘”した「隠し玉」を紹介する。  こんな大器が隠れているのだから、ドラフト候補発掘はやめられない。群馬の奥地に怪童が潜んでいると噂に聞いていたが、実際に見に行くと評判以上だった。  投げては最速149キロ、打っては高校通算36本塁打。ただ馬力があるだけでなく、全般的に運動能力が高い。公式戦で投手をしない時は一塁手で出場していたが、ノック時の身のこなしやグラブさばきを見る限り、プロで三塁や外野をこなせる素養は十分にある。本人はプロでの二刀流を希望しているものの、プロ側は内野手として高く評価しているようだ。  右打ちの内野手はプロ側の需要が高い。同じ高校生では内藤鵬(日本航空石川)が注目されているが、総合的な潜在能力がある内田湘を買うスカウトもいるはずだ。現段階で全国的な知名度はないが、ドラフト上位指名の可能性すら感じる。西毛ボーイズに所属した中学時代は控えクラス。「この筋肉を鍛えると野球にどんな効果があるか?」と考えながらトレーニングに励み、地道に能力アップしてきた。高校生にありがちなポテンシャルに任せてプレーするタイプではなく、高い思考力も隠れた財産だ。  双子の兄・耀晴はチームメートで、高校では背番号17の控え選手だった。中学時代に県選抜メンバーだった兄を超えるために積んだ猛烈な努力が、湘大が高校で開花するきっかけになった。なお、5歳下の弟妹(凰貴くん、茉鈴さん)まで双子という、世にも珍しい「ツイン・ツーペア」。そんな家族構成もいずれ話題を呼ぶに違いない。  取材時、北毛の地に半袖で降り立った無知な私に「よかったら着てください」と自身のウインドブレーカーを差し出した気配りに衝撃を覚えた。初対面の中年男に向かってできることではないだろう。一生応援しようと心に決めた。  ◇内田 湘大(うちだ・しょうだい)2004年(平16)9月22日生まれ、長野県出身の18歳。小海中時代は「西毛ボーイズ」に所属。利根商では1年夏からベンチ入りし、一塁手兼投手としてプレー。今夏は群馬大会4強入りし、甲子園出場はなし。投手では最速149キロ。1メートル83、84キロ。右投げ右打ち。  ◇菊地選手(きくちせんしゅ)1982年(昭57)生まれ。本名・菊地高弘。雑誌「野球小僧」「野球太郎」の編集部員を経て、15年4月からフリーライターに。ドラフト候補の取材をメインに活動し、ツイッター上で「大谷翔平」とツイートした最初の人物(10年10月8日)。野球部員の生態を分析する「野球部研究家」としても活動しつつ、さまざまな媒体で選手視点からの記事を寄稿している。著書にあるある本の元祖「野球部あるある」(集英社)などがある。ツイッターアカウント:@kikuchiplayer

View more: 菊地選手ドラフト「隠し玉」発掘 利根商・内田 上位指名ある最速149キロ&36発の“二刀流”

アントニオ猪木が生前に語った、アリ戦での挫折を救ったタクシー運転手の言葉と「引き分けでよかった」理由

アントニオ猪木が生前に語った、アリ戦での挫折を救ったタクシー運転手の言葉と「引き分けでよかった」理由  元プロレスラーで参院議員も務めた”燃える闘魂”アントニオ猪木さんが、10月1日午前7時40分、心不全のため79歳で亡くなった。  猪木さんは、17歳だった1965年4月に移住先のブラジル・サンパウロで力道山にスカウトされ、日本プロレスに入門した。同年9月30日の台東区体育館での大木金太郎とのデビュー戦から、日本プロレス時代はジャイアント馬場さんとのタッグ「BI砲」で活躍。1971年12月に「会社乗っ取り」を理由に日プロを追放されると、新団体「新日本プロレス」を設立し、1972年3月6日に大田区体育館で旗揚げした。以後、引退した1998年4月4日の東京ドームでのドン・フライ戦まで、数々の歴史的な名勝負を刻み込んだ。 「猪木の常識、世間の非常識」と自身が語っていたように、新日本プロレスでは誰もが考えつかない、プロレスファンだけではなく世間一般をも驚かせるマッチメイクが真骨頂。背景には、ジャイアント馬場さんの全日本プロレスとの激しい興行戦争があったが、画期的な試合で大衆を振り向かせ、試合では想像を超えるパフォーマンスを見せてカリスマへの階段を駆け上った。  猪木さんの記憶に残る試合、というとファンそれぞれに思い浮かぶ試合があるはずだ。1974年3月19日に蔵前国技館で行なわれたストロング小林との「禁断」の日本人対決、新宿伊勢丹前で襲撃され”社会事件”となったタイガー・ジェット・シンとの死闘、1983年6月2日の蔵前国技館でのIWGP優勝戦でハルク・ホーガン相手に舌出し失神KO負けで救急搬送……。  幾多の画期的な試合や事件もあったが、引退試合でのセレモニーで「人間は挑戦をやめた時、年老いていくものだと思います」と説いたように、挑戦を繰り返した猪木さんのプロレス人生を象徴し、その人生観を表現した一戦。それは1976年6月26日、日本武道館で行なわれたボクシング世界ヘビー級王者モハメド・アリとの格闘技世界一決定戦だろう。  この一戦は1975年3月7日、サンケイスポーツにアリが「東洋人で俺に挑戦する者はいないか。ボクサーでもレスラーでも空手家でも誰でもいい」と発言した記事を、猪木さんが本気で捉えたことが発端だった。プロレスラーがボクサーと試合、しかも当時、あらゆる世界のスポーツ界でカリスマ的な存在だったアリに挑戦することなど常人では考えつかない発想だった。猪木さんは生前、アリ戦に挑む動機をこう明かしていた。 「あの発言はアリのパフォーマンスだったと思う。恐らく誰も真剣に捉えるヤツはいないと思っていたんだろう。でも、俺は当時、『アリが世界で一番強い』という評価を聞いて火がついた。強いのは俺たちだと思ってましたから。『だったらやってやろうじゃん』と、後先も考えずに突っ走ったんですよ」  もうひとつの理由として、力道山時代からのプロレスに対する「八百長」「ショー」「インチキ」といった揶揄、誹謗中傷などへの反抗もあった。 「野球の『黒い霧事件』とか、騒ぎがあるごとにプロレスが引き合いに出されてね。俺は命がけで闘っているわけで、自分の仕事をバカにされたら黙っていられなかった。同時に俺の中で、そういう声を受けての劣等感みたいなものもあった。ただ、劣等感って大事でね。それがバネになることもある。プロレスの地位を確立したい思いもあった。アリ戦へ動いたのは、そんな部分もありました」  誰もが実現を信じていなかったアリとの一戦は、当時のマネージャーだった新間寿氏、通訳を務めたケン田島氏、副社長の坂口征二氏らの理解とバックアップを得て実現に至る。  しかし、来日したアリ陣営から過酷なルールを突きつけられた。上半身へのキック、チョップ、投げ技などほとんどの技が禁止。要望を飲めないのならば、試合をキャンセルして帰国することを通告された。ただ、がんじがらめの制約を猪木さんはすべて受け入れた。その時の思いをこう明かす。 「俺は『全部、飲む』と受け入れた。俺にとっての一番のダメージは、アリがアメリカへ帰ってしまうことでね。あの時、悪口を書きたいヤツは山ほどいて、アリが帰れば『ほら、みろ、ざまぁみろ』と言われるのが目に見えていたから。とにかくアリをリングへ上げることが第一だった」  ほぼ何もできないルールだったが、猪木さんには勝算もあった。入門から道場での練習で培ったレスリングと関節技の技術だった。道場で群を抜く強さを身につけていた猪木さんは、アリをリングに上げてしまえば仕留める自信があったのだ。  しかし試合は、寝転んだ状態でアリの下半身を蹴ることしかできなかった。後に「アリキック」と呼ばれ猪木さんの得意技のひとつになったが、試合中は会場からヤジも飛んだ。 それでも6ラウンドには驚異的な技術でアリを倒し、顔面にヒジを入れる展開に。仰向けで無防備なアリの顔面にヒジをもうひと突き入れればKOできたはずだった。しかし猪木さんはそうすることなく、レフェリーが割って入って最大の勝機を逃した。  試合は15ラウンドの判定で引き分け。翌日の新聞には「茶番劇」という見出しが躍った。右足の甲は腫れ上がり、剥離骨折するなど命がけで闘った猪木さんだったが、世間からの批判が集中した。一夜明けた失意を、猪木さんはこう振り返った。 「翌朝の新聞を読んだ時に批判ばかりでね。命がけで挑んだ勝負を誰もわかってくれないのかと、すごい挫折感がありましたよ」  当時の妻で、女優の倍賞美津子と住んでいた代官山のマンションを出た時、一台のタクシーが猪木さんの横で止まった。そして運転手にこう声をかけられたという。 「ご苦労さん」  このひと言が猪木さんは忘れられなかった。 「新聞を読んで、俺の周りは全員が敵だと落ち込んでいましたから、あの運転手さんのひと言に救われたんです。『あぁ、わかってくれている人がいるんだ』ってね。人生において、誰でもいろんな挫折があると思うんですが、瞬間的なひと言で立ち直れることがあることを教えられました」  無謀な挑戦と笑われながら試合を実現させた行動力。困難なルールも受け入れた勇気。すさまじい批判に遭っても前を向く豊かな感受性。アリ戦には、プロレスラー「アントニオ猪木」のすべてが凝縮していた。  だが、アリとの試合は続編があった。  常識外れの試合を実現させたことで、縁もゆかりもないパキスタンから試合のオファーが届いたのだ。猪木さんはそれを受けて現地に飛び、地元のプロレスラーであるアクラム・ペールワンと闘って勝利した。 「アリと闘ったことを世界は評価してくれたんです。それまでパキスタンはまったく知らない国だったんだけど、そんな国からオファーがあった。それが俺は嬉しかった。アリとやったことで俺の名前が世界に広がったということ。それは金に変えられない出来事だった」  猪木さんは20億円とも言われる莫大な借金を抱え、新日本プロレスを経営危機に陥れた。経営者としては失格だろう。しかし、世界に「アントニオ猪木」の名前を広める”リターン”を獲得した。副社長の坂口氏はこう言った。 「確かに会社は大変だったよ。でもアリとやったことで、ファンは『猪木なら何かやってくれる』と期待して、ひいては『新日本プロレスは何かをやる』っていう興味を引くことになった。それは会社としての力にもなったよね」  猪木さんにとっての最大の収穫は、アリと友情で結ばれたことだった。パーキンソン病に冒されながらも、アリは猪木さんがプロデュースした1995年4月の北朝鮮・平壌でのプロレスイベントに来場。さらに東京ドームの引退試合にもゲストとして参加した。闘いを通じた交流。これも猪木さんの世界観だった。 「もしアリ戦で俺がヒジを顔面に入れていたら、その後のアリとの友情はなかった。そういう意味で、引き分けでよかったのかなと思う」  成功か失敗か。そんなことはわからない。それでもリスクをかけて勝負する大切さを猪木さんは教えてくれた。その頂点がモハメド・アリとの一戦だった。当時は批判を集めたが、今では世界中で「総合格闘技の原点」と評価される試合となった。  歓喜と失意を繰り返した猪木さんのプロレス人生。それを支えたのは「元気があれば何でもできる」の精神だった。難病指定の「心アミロイドーシス」を公表した晩年の取材では、こう明かしていた。 「これは本当にいい言葉だと思う。今、俺自身、体がボロボロになって『元気』の大切さを身に染みて感じていますよ。この元気こそが俺の源で、それは誰にとっても大切なことなんじゃないかな」  猪木さんの肉体は天へ。しかし、「燃える闘魂」は永遠に不滅だ。

View more: アントニオ猪木が生前に語った、アリ戦での挫折を救ったタクシー運転手の言葉と「引き分けでよかった」理由

自らも足を失った母が証言台へ《8歳男児死亡・猪苗代湖ボード事故裁判》「振り返ると大きなボートが…」

自らも足を失った母が証言台へ《8歳男児死亡・猪苗代湖ボード事故裁判》「振り返ると大きなボートが…」 2020年9月に福島県の猪苗代湖で起きたボート事故。 航行するボートに巻き込まれ当時8歳だった豊田瑛大くんが死亡し、瑛大君の母親も両足を失う大ケガをした。 この事故でボートを操縦していた福島県いわき市の佐藤剛被告が、必要な安全確認を怠り3人を死傷させたとして業務上過失致死傷の罪に問われている。 10月4日に福島地方裁判所で開かれた3回目の公判。 瑛大くんの母親が、事故当時の状況について証言した。 「エンジン音が後ろから聞こえてきて、振り返ると大きなボートが見え、あっという間に向かってきて衝突しました」 裁判の争点は、佐藤被告が湖面に人がいると予測し安全確認をしていれば、事故を防げたかどうか。 これまでの裁判では、佐藤被告と並走していた船の操縦者が調書の中で「人らしきものが見えた」としている。 一方、10月4日の裁判では佐藤被告側の証人として、並走していた船の同乗者が出廷し「湾内を注意してみていたが浮遊物などは見えなかった」と証言した。 次回の裁判は、10月31日に開かれ被告人質問が行われる。

View more: 自らも足を失った母が証言台へ《8歳男児死亡・猪苗代湖ボード事故裁判》「振り返ると大きなボートが…」

クレディ・スイス、香港でプライベートバンカー5人退社

A Credit Suisse company logo at the entrance to a Credit Suisse Group AG bank branch in Bern, Switzerland, on Monday, Feb. 15, 2021. Credit Suisse is expecting to post a fourth-quarter loss when it reports earnings on Feb. 18, after setting aside $850 million for U.S. legal cases ...

View more: クレディ・スイス、香港でプライベートバンカー5人退社

自宅を全焼させた疑い 49歳の無職の女を逮捕

【卓球】日本女子は木原美悠、早田ひな、長崎美柚で〝完封リレー〟 打倒中国へ首位で決勝T進出

日本政策投資銀行がマツオカコーポレーション<3611>株式の大量保有報告書を提出

巨人・原監督が来季も続投

ロシア発の片道航空券、部分動員発令後27%増加=調査会社

「総額1億8000万円」「路上リュックから約1000万円も」驚きの落とし物事情 鹿児島県

ウォーキング中の女性の首を絞め空き地に引きずり込む 男が逃走中 北海道・函館市

来日したF1レーサー、早速走った“東京の名所”にファン驚き「すれ違えた人幸せすぎ」

通学時間帯の警報に専門家「要するに『お手上げ状態』を皆で共有した状況」 ミサイルから身を守るためには

【ヤクルト】原樹理、梅野雄吾、スアレス、松本友ら7選手登録抹消 再登録はCS最終S第3戦から可能

デッドニング不要のエンクロージュア一体型スピーカー、上級モデルを追加…ソニックデザイン

台風15号で行方不明の男性か 陥没した道路から遺体

OTHER NEWS

Breaking thailand news, thai news, thailand news Verified News Story Network