五輪要望内部文書を提示 AOKI側、高橋容疑者と面会時

引渡式が行われた海上自衛隊の潜水艦「たいげい」=9日午前、神戸市兵庫区の三菱重工神戸造船所(彦野公太朗撮影)

海上自衛隊の新型潜水艦「たいげい」が9日、就役した。中国の海洋進出を念頭にした防衛力強化のため、政府が目標として掲げてきた潜水艦を16隻から22隻に増強する計画が完了。たいげいは神奈川県の横須賀基地に配備され、日本周辺の警戒監視に当たる。

建造した神戸市の三菱重工業神戸造船所で9日、同社から海自への引き渡し式と自衛隊の編成に入ったことを示す自衛艦旗授与式を開催。

海自によると、たいげいは基準排水量3千トンで全長84メートル、全幅9・1メートル。乗員は約70人。建造費は約800億円。海自が運用する潜水艦としては「おやしお」型(2750トン)、「そうりゅう」型(2950トン)に続く「たいげい」型の1番艦。「大きな鯨」が名称の由来となっている。

たいげいはリチウムイオン電池で長時間航行が可能になり、静かに移動する能力などが上がった。

陸上自衛隊のトップ セクハラ問題を謝罪

見沼田んぼ沿いは秋本番! ヒガンバナ&コスモスが見頃

活動休止中のタレント・紗倉まな、活動再開を発表 〝予告通り〟に2カ月で復帰

伊藤美誠、世界卓球51年ぶりVへ最終調整 髪の一部を染め「赤だと燃える」と闘志満々

「県民のため職務にまい進」 県警察学校で卒業式 44人が警察官として新たな一歩【愛媛】

ゆたぼん 虚偽「旅行中止 現金ばらまき」偽メール出回り怒り「偽物や」 不審リンクに誘導

韓国政権に「手ぶら外交」批判、日米との首脳会談空振りで外相解任求める建議案可決

“香り”の能力で母の封じられた記憶にタイムリープ 仏発スリラー『ファイブ・デビルズ』公開決定

日本野鳥の会「国葬反対運動参加者をカウント」情報を否定 一部SNSで拡散も「いっさい関与ない」

上海図書館東館が一般公開

転職市場でも重要視、いまソフトスキルが職場で求められる理由

中1自殺を在校生に初めて説明 大阪・泉南市

令和を変える!関西の発想力 TVドラマで高める名建築守る機運 100年前、大阪が日本最大の都市だった「大大阪時代」の面影を未来に

大連税関、輸出貨物から商標権侵害の疑いあるペンを押収

【メルセデスベンツ EQS】最高峰EVサルーン発売…航続700km、価格は1578万円より

新型コロナ 鹿児島県内 新たに465人

NEWS RELATED

「お花畑正義感の人」城内実氏のLGBTQ差別発言。当事者からの公開質問状に、撤回や謝罪なし

「お花畑正義感の人」城内実氏のLGBTQ差別発言。当事者からの公開質問状に、撤回や謝罪なし 城内実衆院議員 性的マイノリティの差別解消に取り組む人たちについて「お花畑正義感の人たち」などと発言したとされる問題で、自民党の城内実衆院議員(静岡7区)は9月27日、浜松市を拠点に活動している性的マイノリティの当事者や支援者らでつくる3団体が出した質問状に書面で回答した。質問状は、8月に開かれた性的マイノリティに関する会合であった、城内氏の発言の真意を問うもの。 城内氏は「非公開会議での発言の一部が切り取られて報道され、本来の趣旨と異なった形で伝わっていることを大変残念に思います」とした上で、「性的マイノリティをめぐる議論においては、様々な立場の当事者の方々からお話を聞くこともなく、一つの主張を絶対正義として振りかざすことがあってはならない、という趣旨で発言しました」と説明。一連の発言について、謝罪や撤回はしなかった。 ◆公開質問状を提出したのはなぜ? 城内氏は8月下旬、党の会合で性的少数者の差別解消に取り組む人たちについて「お花畑正義感の人たち」などと発言したとされる。 9月21日に「浜松TG研究会」、「にじいろ安場 in 浜松」、「浜松パートナーシップ連絡会」が公開質問状を提出。同日行われた会見で「浜松TG研究会」の鈴木げん代表は「これまでも、国会議員から差別発言が多くあり、またかとため息が出ました。苦しむ性的マイノリティの姿が見えていないと感じています」と語った。 また、城内氏が事務局長を務める「神道政治連盟国会議員懇談会」の6月の会合で、「同性愛は精神障害、または依存症」といった、性的マイノリティに対する差別的で誤りのある内容の冊子が配布。全国各地でLGBTQ当事者やアライが、自民党に冊子の明確な否定を求める抗議デモを実施。5万1503人分の署名が集まり、自民党総裁の岸田文雄首相と、同懇談会の事務局長である城内議員宛に送られたが、明確な対応はしていない。 ◆発言の撤回や謝罪、冊子の撤回にはふれず 城内氏の回答によると、発言があったのは「性的マイノリティに関する特命委員会」。当日は元参院議員の松浦大悟氏の講演があり、「当事者の方々にも様々な方がいらっしゃるにも関わらず、声の大きな活動団体の主張がまるで当事者を代表しているかのように扱われ、当事者の方々の分断、ひいては社会の分断をも招いている現状についてお話を伺いました」と説明した。「性的マイノリティをめぐる議論においては、様々な立場の当事者の方々からお話を聞くことも無く、一つの主張を絶対正義として振りかざすことがあってはならない。という趣旨で発言しました」と記した。 「同性愛は精神障害、または依存症」などと書かれた冊子の配布については、世界保健機関(WHO)がこれまでに同性愛を精神疾患から除外しており、間違いのある内容だが、「性的マイノリティの方々が暮らしやすい社会を実現するために、一方的な意見や価値観だけでなく、様々な立場からのご意見、客観的事実や科学的根拠をふまえて議論を進めていくことが重要だと考えます」と回答。「ご指摘の冊子に掲載の内容は、識者による講演内容が掲載されていると承知しております。講演内容については、当該識者にご確認頂ければと思います」とし、冊子の回収については明言しなかった。 鈴木さんは「そもそも質問の全ての項目に返事をいただけていないことが非常に残念です」とした上で、「ご回答の前提に、誤解と偏見があるように感じます。3団体からの正式なコメントは後ほど出したいと思っています」と語った。 城内氏は回答の前に「ぜひ一度意見交換をする機会を設けることができましたら幸いです」とも記しており、鈴木さんは「意見や要望を聞くだけではなく、みんなが平等に暮らせる法制度を作っていくのが議員の仕事だと思っています」とし、今後城内氏とやり取りをしていく方針だという。その内容や3団体の正式コメントは今後、浜松TG研究会のフェイスブックに公開していく予定だ。 質問状と、城内氏の回答全文はこちらから(質問は太字)。 【質問1】8月25日、城内さんが事務局長をつとめられている、自民党性的指向・性自認に関する特命委員会の会合で「美しいポリコレ(政治的な正しさ)みたいなものでストーリーをつくって、それを疑問視する人をひたすらたたくお花畑正義感の人たち」との発言が共同通信を通じて報道されました。また、そうした人たちは「多様な価値観、多様な市民を、ステレオタイプでやっているんじゃないか」という発言をされたと朝日新聞で報道されています。 【1-1】 こうした発言をされたことは事実でしょうか。 【1-2】 発言の内容に「問題はない」とお考えでしょうか。理由も併せてお答えください。 【1-3】 もし「問題がある」とお考えの場合、どのように問題があると認識されているでしょうか。 【1-4】 発言について謝罪や撤回をするおつもりはあるでしょうか。 ご指摘の私の発言について、非公開会議での発言の一部が切り取られて報道され、本来の趣旨と異なった形で伝わっていることを大変残念に思います。 報道されている発言があった「性的マイノリティに関する特命委員会」ではこれまで様々な立場の当事者の方々から、直面する困難や課題等についてお話しを聞いてきました。この日は、当事者であり、「LGBTの不都合な真実: 活動家の言葉を 100%妄信するマスコミ報道は公共的か」の著者である松浦大悟氏を招いた講演が行われ、当事者の方々にも様々な方がいらっしゃるにも関わらず、声の大きな活動団体の主張がまるで当事者を代表しているかのように扱われ、当事者の方々の分断、ひいては社会の分断をも招いている現状についてお話を伺いました。 ご指摘の発言は、講演を受け、性的マイノリティの方々にもいろんな方がいるのであって、問題を単純化することは決して当事者の方々の幸福につながらない。私自身も含め、国会議員、そしてマスコミも、性的マイノリティをめぐる議論においては、様々な立場の当事者の方々からお話を聞くことも無く、一つの主張を絶対正義として振りかざすことがあってはならない。という趣旨で発言しました。 【質問2】城内さんが事務局長をつとめられている、神道政治連盟国会議員懇談会、6 月 13 日の総会で配布された冊子に「同性愛は精神障害で依存症」「同性愛からの回復治療の効果が期待できる」「LGBT の自殺率が高いのは、差別が原因ではなく本人が悩みを抱えているせい」「性的少数者のライフスタイルが正当化されるべきでないのは、家庭と社会を崩壊させる社会問題だから」といった性的マイノリティに関する差別的な言説が掲載されていたことが報じられています。 【2-1】 こうした言説に「問題はない」とお考えでしょうか。理由も併せてお答えください。 【2-2】 「問題がある」とお考えの場合、どのように問題があると認識されているのでしょうか。 【2-3】 冊子の内容を否定、謝罪や回収等の対応をするおつもりはあるのでしょうか。 性的マイノリティの方々が暮らしやすい社会を実現するために、一方的な意見や価値観だけでなく、様々な立場からのご意見、客観的事実や科学的根拠をふまえて議論を進めていくことが重要だと考えます。ご指摘の冊子に掲載の内容は、識者による講演内容が掲載されていると承知しております。講演内容については、当該識者にご確認頂ければと思います。 【質問3】城内さんの地元である浜松市、そして静岡 7 区にもたくさんの性的マイノリティ当事者が生活をしています。今回質問させて頂いている団体のひとつ「浜松 TG 研究会」の代表住所は浜松市天竜区春野町にあり、選挙区が静岡 7 区になります。ここにも当然、たくさんの仲間が生活をしています。 ...

View more: 「お花畑正義感の人」城内実氏のLGBTQ差別発言。当事者からの公開質問状に、撤回や謝罪なし

進む学校のICT化、適応問われる教員はベテランも若手も教え合い

液体のpHを表すタブレットの画面に見入る生徒ら=奈良県御所市  児童生徒に1人1台の端末を配る国の「GIGAスクール構想」を背景に、教員もICT(情報通信技術)を駆使した教育への適応を迫られている。コロナ下の2020年春から奈良県内の学校現場ではオンライン授業が始まった。教員は試行錯誤を重ねながら教壇に立つ。  「グラフはどんな形になった?」。県立青翔中高(御所市)の一室。小川香教諭は班で実験中の生徒に呼びかけた。グラフは紙ではなく、タブレット端末の画面上に描かれている。  青翔は県内の公立で唯一の併設型中高一貫校で、文部科学省のスーパーサイエンスハイスクール(SSH)の指定を受け、探究的な教育にICTを取り入れている。  この日は濃度が分かっていない酸性の液体にアルカリ性の液体を徐々に混ぜ、pHが中性になる中和点を探す実験をしていた。pHの計測データはタブレット端末に無線で送られ、自動で折れ線グラフになる。  これまでの授業では液体の色の変化を目で見て中和点を確認していた。授業内に実験を終えるのがやっとで、考察やグラフの作成は宿題にすることも多かった。ICTによって実験とグラフ作成を同時にできるため、生徒が考察する時間を確保できるようになったという。  小川教諭は50代のベテランで、ICT機器の導入などは同じ化学担当の井上達也教諭(35)を頼ることも多い。「新しい教材の導入に後ろ向きな部分もあったが、若い先生のおかげで一歩前に踏み出せている」と話す。一方、井上教諭は「授業の進め方や生徒が興味を持つようなアイデアを教えてもらえる」という。  別の授業では、30代の教員がオンラインで活用できるホワイトボード「ジャムボード」を導入。教員が授業中に書き込んだ内容を、生徒が自宅での振り返り学習に活用することもできる。授業が始まると、使い方を参考にしようとベテランの教諭数人が教室の後方に入ってきた。  見学した教諭の一人は「新しいものを使うハードルは高いが、若い先生が見本になるので踏み出しやすい」と話す。  青翔では毎年6月と11月に授業公開週間を設け、教諭同士がお互いの授業を見学できる機会を作っている。新しい教材や試みに挑戦する授業について、期間外も担当教員が他の教員に見学を呼びかける。放課後や空き時間にベテラン若手関係なく教え合う光景も増えたという。  特に、課題に対して生徒に考察させる探究活動は、考えるきっかけを与える授業の創意工夫が必要になる。生徒の興味を引くデジタル機器などを新たに導入する場合は専門知識がある教員や若手の教員らが使い方を教えるなど、教員同士で支え合う土壌ができているという。  河合知子校長は「デジタルネイティブの子どもたちは新しいものを吸収してどんどん変化していく。新しい技術も次々出てくるが、先生たちも変化を恐れずに対応してくれている」と話す。       ◇  県教育委員会は今年度から、国の構想で先行している小中学校に加え、高校でも電子黒板や授業用パソコンの活用を始めた。オンライン講習などで教員のデジタル力の底上げを図る。  電子黒板は全県立学校の1年生の教室に設置。来年度以降は、2年生と3年生の教室にも電子黒板を置く予定だ。電子黒板は生徒が手元のパソコンに書いた意見を集約して共有できるほか、映像やアニメーションで数学の図形や展開図などの理解を視覚的に助けることもできる。板書をノートに書き写すことが減り、生徒の視線が手元にいかないため教員の話に集中しやすいメリットもある。  教員と生徒の双方がパソコンを使うことで効果を発揮するため、生徒のみならず教員のパソコンも必要だ。県教委は9月、約1億円をかけて授業用のパソコン2429台を県立学校の全教員に配布した。生徒に配布されたパソコンとオンラインでつながるため、個人情報が含まれる既存のパソコンは授業に使わない。  県教委が授業技術の向上のため年1回開く学習指導研究会も今年度からオンライン開催。これまでの形式では各校の教科担当1人のみが出席していたが、全教員が参加できるようにした。県立教育研究所も授業で使えるアプリの活用についてオンラインで研修する先生応援プログラムを始めている。  吉田育弘教育長は「電子黒板の設置やパソコン配布などで設備は整ってきた。学校、教員ごとの努力に加え、全ての生徒がICT教育のメリットを受けられるようサポートしていきたい」と話している。(渡辺元史)

View more: 進む学校のICT化、適応問われる教員はベテランも若手も教え合い

里見香奈女流五冠「初の女性棋士」条件は“残り3戦で3勝”… なぜ将棋界は「四段昇段=プロ認定」なのか〈田丸昇九段が解説〉

「プロ編入試験」第2е±ЂгЃ«ж•—г‚ЊгЃџй‡Њи¦‹й¦™еҐ€еҐіжµЃдє”е† 里見香奈女流五冠(清麗・女流王座・女流王位・女流王将・倉敷藤花=30)は「プロ編入試験」に挑んでいるが、第1局に続いて9月22日の第2局も敗れ、後がない状況に追い込まれた。この2局と将棋界の棋士認定の経緯について田丸昇九段に記してもらった。  里見女流五冠は、昨年7月から今年5月までのプロ公式戦で、若手精鋭の棋士らを破って10勝4敗の好成績を収めた。そして《10勝以上・6割5分以上の勝率》の条件を満たし、「プロ編入試験」の受験資格を得た。6月に受験を表明し、7月に開かれた記者会見では「自分の実力からすると難しい戦いになると思いますが、力を出し切れるように対策を練っていきたい」と、控えめに意気込みを語った。  里見女流五冠は8月18日のプロ編入試験(持ち時間は各3時間)第1局で、今春に棋士になった徳田拳士四段(24)と対戦した。徳田は棋士デビュー戦から同日の時点で、公式戦で12勝1敗という抜群の成績を挙げて勝率トップだった。 研究パートナーの菅井八段も解説で見守ったが  この一局で里見は武器にしている「中飛車」戦法を用いた。中盤で軽くさばいて有望な戦いとなったが、好機を逃して次第に苦しくなった。徳田は自陣に守り駒を投入し、里見の懸命な攻めを振り切った。勝率1位の棋士らしい安定した勝ち方だった。  私こと田丸昇九段の感想は、里見の指し方は全体に硬かったように思えた。通常の対局とは違う緊張感がやはりあったようだ。  里見女流五冠は9月22日の第2局で、今春に棋士になった岡部怜央四段(23)と対戦した。里見は第1局に続いて中飛車を用いた。長い駒組み手順を経て戦いがようやく始まった。岡部は中盤で強引な攻めにいったが、結果的に駒損となった。里見は自陣をがっちり固め、AI(人工知能)の形勢数値は《72ー28》で優勢を示した。その直後、岡部の攻めに対して、里見の▲2七金の受けが悪手だった。  ABEMAの中継番組で解説者の菅井竜也八段は「里見さんがようやく良くなったところで、▲2七金が甘い手。▲5八歩と守っておけば……」と、嘆息するように語った。菅井は里見の研究パートナーでもあった。  里見が▲5八歩と指せば、難しい形勢ながらも最終的に勝てたのでは、と推測する。▲2七金以降は、岡部に猛攻されて不利に陥った。持ち時間を使い切って1分将棋の秒読みまで頑張ったが、挽回できずに敗れた。 「出雲のイナズマ」らしい思い切った指し方を  筆者の感想としては、里見は絶対に負けてはいけないという緊張感から、積極性が欠けていると思った。  里見はプロ編入試験で2連敗し、後がない状況に追い込まれている。残りの3局を全勝するしか合格への道はない。第3局は狩山幹生四段(20)と10月13日に対戦する。「出雲のイナズマ」という異名のような思い切った指し方を見せてほしい。  その一方で、囲碁団体の日本棋院は9月13日、女子小学生の柳原咲輝さん(11)のプロ入り(初段に認定)を発表した。ある囲碁世界戦の年少の部(12歳以下)で準優勝した実績を評価し、通常のプロ試験を経ないで推薦採用したという。  同じような例では、2019年に女子小学生の中邑菫さん(現二段=13)が「英才特別採用推薦棋士」としてプロ入りした。  私は、将来的に見込みがある年少者に、プロ資格を与える囲碁界の柔軟な制度に賛同したいと思う。 将棋界と囲碁界の制度上の違いとは何か  一方で将棋界は、女流棋士として20年近いキャリアがある第一人者で、プロ公式戦で一定期間に好成績を収めた里見女流五冠が、プロ棋士になっていないのが現実だ。囲碁界とは大きなギャップがある。私見では、前記の好成績を収めた時点で、プロ編入試験を経ないでプロ棋士に認定してもいいのでは、と思っている。  囲碁界と将棋界の制度上の決定的な違いとは何か。前者は初段から、後者は四段からプロ棋士に認定することにある。  そこで、将棋界の棋士認定の経緯を振り返ってみる。  大正から昭和初期の時代は、初段に昇段すると一人前の棋士として扱われ、公式戦に出場して対局料を得ることができた。  鬼才と呼ばれた升田幸三実力制第四代名人についてのある評伝には、次のような内容の記述がある。 《昭和9年(1934)2月、升田は師匠の木見金治郎八段に呼ばれて1枚の紙を渡された。それは対局通知で、「中国民報勝継戦・飯塚勘一郎六段(角落)−升田幸三初段」と記されている。升田は師匠に「お前は今日から初段だ」と言われ、こんなにうれしかったことはない、と述懐している。念願の専門棋士になれたのだ》 昭和初頭に開かれた「手合会」が「奨励会」の始まり  昔は、師匠や派閥の重鎮が段級の査定をしていた。  しかし、関東は昭和3年から、関西は昭和10年から、棋士の弟子(6級から三段まで)を集めた「手合会」が開かれ、現行の棋士養成機関である「奨励会」の始まりとなった。  その制度にともない、奨励会で四段に昇段すると、棋士と認定することになったようだ。それが現代に引き継がれている。  なお、升田は強すぎて関西の奨励会に入れなかった。公式戦で好成績を収めて、初段から四段まで2年で昇段した。  里見女流五冠は、囲碁棋士の藤沢里奈女流二冠・五段(24)とは、同じ勝負の世界に生きる者として共感を覚えて交流している。互いの就位式で花束を贈ったり、メディアの企画で対談した。 里見女流五冠は囲碁の藤沢女流二冠に刺激を受けている  里見は、藤沢が男女に関係ない公式戦で活躍していることが、自身への刺激になっているという。また、「自分が勝つことによって道は切り開かれ、後から続く人が出てくる」という藤沢の言葉は、女流棋界の現状に通じるものがあった。  囲碁界では、「大三冠」と呼ばれる名人戦(9人)、棋聖戦(6人)、本因坊戦(8人)の各リーグ戦に入ることを、「黄金の椅子」に座ると形容する。それが超一流棋士の証しとなっている。  藤沢女流二冠をはじめトップの女性棋士たちは、その難関に挑んできたが、リーグ入りを目前に敗れたりして、まだ実現していない。藤沢が前記のリーグ戦に入りたい本意は、「トップ棋士と各5時間の持ち時間で対局できるのは夢のような空間」という思いからだという。  里見がプロ編入試験に挑んでいるのも、「プロ棋士となって、もっと強い方たちと対局したい」という思いからだという。  藤沢や里見にとって、女性として「ガラス」を突き破るのは容易ではないが、先駆者になれるように頑張ってほしい。

View more: 里見香奈女流五冠「初の女性棋士」条件は“残り3戦で3勝”… なぜ将棋界は「四段昇段=プロ認定」なのか〈田丸昇九段が解説〉

三浦瑠麗氏 玉川徹氏の国葬発言謝罪に「安易な決めつけ」スピーチライター知っていればと

三浦瑠麗氏  国際政治学者の三浦瑠麗氏が29日、ツイッターに投稿。テレビ朝日「モーニングショー」でコメンテーターの玉川徹氏が28日の放送で、安倍晋三元首相の国葬での菅義偉元首相の弔辞などを報じた際に、大手広告代理店が「入ってます」と実名を挙げて指摘し、29日の放送で「事実ではありませんでした」と謝罪した件を取り上げ、見解を記した。  三浦氏は「安倍チームに安倍さんの思いを言葉にする極めて有能なスピーチライターたちがいたことを知っていれば、安易にこうした決めつけをしなかっただろうと思います」とツイッターに投稿した。  「国葬の場で発される言葉とは政治そのものであり、誰にでも応用できるマーケティングや感動演出の域を超えています」と記している。  玉川氏の発言について「政治に関する知識がないために根拠のない決めつけをしてしまったということなら、単に訂正謝罪をすればよいだけです」としたうえで、「ただ、発言のトーンによって、全ては消費者向けに仕組まれているのだというシニカルさを電波を通じて社会に植え付けてしまうことのほうが問題ではないかとわたしは思います」との考えを示した。

View more: 三浦瑠麗氏 玉川徹氏の国葬発言謝罪に「安易な決めつけ」スピーチライター知っていればと

中学校グラウンドを車で走り回った女性、不起訴処分に

大津地検  今月8日朝、滋賀県長浜市高田町の市立西中のグラウンドを車で走り回ったとして、建造物侵入の疑いで現行犯逮捕された女性(48)について、大津地検は29日、不起訴処分にしたと発表した。処分は28日付。  地検は理由を明らかにしていない。

View more: 中学校グラウンドを車で走り回った女性、不起訴処分に

韓国「衛星破壊実験しない」 来月の国連で宣言へ

【ソウル聯合ニュース】韓国政府が来月、国連総会第1委員会(軍縮)で、破壊的な直接上昇型ミサイルによる衛星破壊実験を実施しないことを宣言する。外交部が29日発表した。 握手を交わす尹大統領(右)とハリス副大統領(大統領室通信写真記者団)=29日、ソウル(聯合ニュース) 黄浚局(ファン・ジュングク)国連大使が来月3日に開会する国連総会第1委員会の基調演説で、衛星破壊実験を今後実施しないことを宣言し、他国にも同調するよう呼びかける予定という。 同実験は地上や空中からミサイルを発射し、衛星などを破壊するもの。通常、機能不全となった自国の衛星を破壊するために実施する。この実験で発生した宇宙ごみが、別の人工衛星などに影響を及ぼす恐れがあり、国際社会で問題となっている。 同宣言は米国が今年4月に他国に先駆けて発表した。 一方、ホワイトハウスによると、米国のこの宣言を発表したハリス米副大統領は、この日、尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領を表敬訪問した席で、韓国が同実験を巡り、米国に同調することに歓迎の意を表明した。 他国による同じ趣旨の宣言は、カナダ(5月9日)、ニュージーランド(7月1日)、日本(9月12日)、ドイツ(9月13日)が行っている。 yugiri@yna.co.kr

View more: 韓国「衛星破壊実験しない」 来月の国連で宣言へ

「習政権で中国の印象悪化」 中国政府は反発

「習政権で中国の印象悪化」 中国政府は反発  アメリカのシンクタンクは中国に対する先進国の印象が習近平政権の発足後に悪化したとする調査結果を発表しました。中国政府は「歪曲の結果だ」と反論しています。  ピュー・リサーチセンターが28日に公表した報告書では、中国に否定的な印象を持つ人の割合がアメリカで82%、ドイツで74%などと先進国を中心に2014年の調査結果から悪化しました。  国際的な問題を巡り、習主席が適切に行動すると信頼できるかとの問いでは「信頼しない」との回答がオーストラリアで89%、韓国で87%に達しました。  これに対し、中国外務省は29日の会見で「一部の西側メディアが人々の認識を歪曲させた結果が示された」と反論しました。  さらに、この調査には発展途上国の意見が反映されていないと指摘し、「習主席は14億の中国人民に支持され、国際社会でも高い威信を有する指導者だ」と主張しました。

View more: 「習政権で中国の印象悪化」 中国政府は反発

鳥居彩る「千本灯籠」試験点灯 京都・伏見稲荷大社

灯篭で照らされた伏見稲荷大社の千本鳥居=29日午後、京都市伏見区(渡辺恭晃撮影) 「千本鳥居」で知られる伏見稲荷大社(京都市伏見区)で、鳥居をライトアップする「千本灯籠」(10月1~10日)の試験点灯が29日夜に行われ、約千基の鳥居が漆黒の境内に色鮮やかに浮かび上がった。 千本灯籠は、全国の信者が集まって営まれる講員大祭にあわせて初めて実施。この日の日没後、朱の鳥居が灯籠の優しい光に次々と照らしだされる中、参拝者らが幻想的な雰囲気を楽しんだ。 千葉県市川市から観光で訪れた女性会社員(24)は「灯籠の光が鳥居に反射してとても美しい光景ですね」と話していた。 点灯は午後6~10時までで通行自由。

View more: 鳥居彩る「千本灯籠」試験点灯 京都・伏見稲荷大社

【フィギュア】島田麻央が自己ベスト迫るSP68・81点 ジャンプ全て着氷 ジュニアGP

食品価格の高騰が収まらない米国で、プライベートブランドが躍進

エリザベス女王の国葬でロイヤルファミリーが久々に集結 それぞれの思いを抱いて

中国の中小銀行、預金金利引き下げ 利ざや縮小に対応

不明女児の家族「どうか人が多い安全な場所にそっと離していただきたい」新たにコメントを発表

京都大大学院生の男、女性酔わせて性的暴行疑い逮捕 パソコン内に動画も

巨人・丸佳浩がCS進出をかけた大一番へ 「カラ元気でも開き直っていければ」

元汚部屋だった平野ノラさん。ブレイクも出産も、幸せの前には「捨てる」があった

新潟県の警察学校で卒業式 52人の新人警察官が新たな一歩 「信頼される警察官に」

五輪汚職 「大広」社内審査経ずに資金提供か

世界卓球開会式、ロックダウン明けの中国ファンが集結 照明&爆音BGMでド派手な演出

台湾、来月13日から隔離撤廃=団体旅行も解禁

OTHER NEWS

Breaking thailand news, thai news, thailand news Verified News Story Network