今季Bクラスに低迷の巨人・原辰徳監督が来季も続投「外部補強の限界」の指摘

巨人の原辰徳監督

 巨人・原辰徳監督が来季も続投することが決まった。球団史上最長の監督16年目を迎えた今季は5年ぶりのBクラスとなる4位に低迷。原政権下で初めてCS進出も逃した。来季は3年ぶりのV奪回を目指すが、その道のりは険しい。

 巨人を取材するスポーツ紙記者は、チームの現状についてこう振り返る。

「今年も戦前から苦戦が予想されていました。エースの菅野智之に絶対的な力がなくなり、先発ローテーションの頭数がそろっていない。打線も長打を打てる選手はそろっているが、接戦で1点を取る野球に課題が残った。巨人が低迷した時は外部からの大型補強でチームを変革してきましたが、もうそういう時代ではない。ソフトバンクを退団し、獲得を検討している松田宣浩もバリバリのレギュラーで働くのは厳しい。FA補強ももろ刃の剣です。活躍しなければ、若手の出場機会を奪うことになり長期的に見ると大きなマイナスになる。チーム再建は時間がかかると思います。来季は正念場の年になるでしょう」

 懸念される大きな問題は主力選手の高齢化だ。坂本勇人(33)、丸佳浩(33)、菅野(32)、中田翔(33)…坂本は度重なる故障で83試合出場にとどまり、規定打席到達が14年連続で途絶えた。中田翔は復活し、丸、菅野も数字だけ見れば及第点の成績を残しているが全盛期の姿を見るとピークを越えた感がある。以前の巨人なら、FAで獲得した選手に衰えが見えた時に、新たに外部補強でカバーすることが多かった。日本ハムからFA移籍した小笠原道大は2007年から4年連続打率3割、30本塁打をマークしたが、11年に83試合出場で打率.242、5本塁打と成績を落とすと、同年オフに新たな主砲として村田修一を横浜(現DeNA)からFAで補強した。

 巨人は03年から4年連続優勝から遠ざかった時期がある。06年は原監督の2次政権1年目で65勝79敗2分と大きく負け越し、4位に低迷した。同年オフに大胆なチーム改革を断行する。

 桑田真澄が退団してメジャー挑戦を表明。仁志敏久が横浜にトレード移籍し、小久保裕紀もFA移籍で古巣・ソフトバンクに復帰した。新たな補強を敢行し、谷佳友がトレードでオリックスから加入。日本ハムの小笠原、横浜の門倉健をFAで獲得した。なお、門倉の人的補償で横浜に移籍したのが工藤公康だった。翌07年に4年ぶりのリーグ制覇を飾ると、同年オフもヤクルトのエースだったセス・グライシンガー、4番打者のアレックス・ラミレス、横浜で守護神を務めていたマーク・クルーンを補強して戦力アップ。09年までリーグ3連覇を飾った。

 他球団の主力選手を補強するのは即効性があると共に、戦力が流出した球団の戦力ダウンにもつながる。ただ、この手法が現在も通用するかと言うと疑問符が付く。

 パリーグ球団の編成担当は、こう指摘する。

「エースや4番で活躍する外国人選手が減りました。FAで獲得する選手も旬なのは3、4年。そう考えると、生え抜きをきっちり主力に育てているチームの方が強い。FAなどの外部補強に頼っていないヤクルト、オリックスがリーグ連覇を果たしたのは好例です。育成能力が低い球団は勝てない時代になっている」

 巨人は、再び常勝軍団を築けるか。(梅宮昌宗)

永守重信氏が「ドケチ戦争」を稲盛和夫氏に挑み、見事敗れた強烈エピソード

浜田の堤防から大型青物「ヒラマサ」を狙う! 豪快な引きで竿をブチ曲げた魚の正体は…

アップサイクルとは?【今日のSDGsワード10秒解説】

「コロナ禍収束」が招く更なる生活苦……最悪のシナリオ

みんなの家にあるテレビ、4K対応? 【+Digital調べ】

6000軒を片づけた家政婦が伝授、生活が「障害物競走」状態な家の収納解決策

JOY コスタリカ戦2-1で日本が勝つ キーマンは遠藤!“権田防衛大臣”にも期待

「ポジティブすぎる人」にどうツッコむ? 芸人の模範解答

坂本勇人、女性トラブルでついに処罰?『ジャイアンツ・ファンフェスタ』でキャプテン剥奪、ファンとも“交流なし”の腫れ物扱い

やしろ優 夫が不妊治療に前向きになったきっかけ「スマホで気軽に」

「教養は知っておけばいい」と考える、浅い人に欠けている決定的な視点【渡辺祐真さんインタビュー】

錦鯉が初登場! 『THE MANZAI 2022 マスターズ』、珠玉のネタにたけし&ナイナイ大爆笑

自衛隊の「次期戦闘機」開発、異例の「米国切り」を決めて難航しそうな事情 英国を新パートナーにしたものの…

藤井聡太竜王 広瀬章人八段に逆転負けで七番勝負タイトル戦で初の2敗目…初防衛持ち越し

ダイエット中の人の勘違い、あなたの食事制限は思うほど健康的じゃない?

あっと驚くコピーが思いつく人と思いつかない人の決定的な違い

NEWS RELATED

メッシ、アルゼンチンの窮地救う2試合連続ゴール…メキシコ下し今大会初勝利

後半、先制ゴールを決めて喜ぶアルゼンチンのメッシ(中央)。右はアルバレス∥里見研撮影  サッカーのFIFAワールドカップ(W杯)カタール大会は26日、グループリーグが行われ、C組はアルゼンチン代表が2―0でメキシコ代表を破り、今大会初勝利を挙げた。  初戦でサウジアラビアに敗れていたアルゼンチンは、序盤からボールを支配しながらメキシコの守備を崩しきれず、無得点で前半を折り返した。  後半に入っても好機を生かせない展開が続いたが、64分、エースFWメッシの左足シュートが決まって先制。87分にはフェルナンデスが追加点を挙げて突き放した。

View more: メッシ、アルゼンチンの窮地救う2試合連続ゴール…メキシコ下し今大会初勝利

【ヤクルト】アイドルとの結婚うらやましい村上宗隆の「視線すごく感じているんです」と井森美幸

ヤクルト村上宗隆内野手(22)が、大谷流を吸収し、来季のプロ野球記録60本塁打超えに挑む。 26日、フジテレビ「中居正広のプロ野球珍プレー好プレー大賞2022 おかげ様で40周年! 珍プレーよ永遠に…SP」(12月11日午後7時放送予定)の収録に参加。ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で共演が期待されるエンゼルス大谷に学び、さらなるレベルアップを図る。西武山川、ソフトバンク千賀、日本ハム新庄監督らも出演した。 ○…村上がタレント井森美幸に熱視線!? 収録では結婚の話題になり、徳光和夫が「独身の大物がいるんですよ」と村上らに話を振ると、井森の「視線をすごく感じているんです。村上選手の。井森の取り合いは厳禁」の言葉に苦笑い。野球選手と現役アイドルの結婚には「うらやましいっすね」とニンマリした村上だが、推しの女性芸能人を問われると「いないですね…」と返答に困っていた。共演した同僚の塩見とは「恋バナもします」と明かし、塩見からは「意外と良いアドバイスくれます」との一面も披露された。 ヤクルト村上宗隆(左)と井森美幸

View more: 【ヤクルト】アイドルとの結婚うらやましい村上宗隆の「視線すごく感じているんです」と井森美幸

森保監督 選手起用は「疲労を考慮」若干名の入れ替え示唆「発表を楽しみにしていただきたい」

前日会見に臨む森保監督(左)と遠藤航(撮影・金田祐二)  サッカーのW杯カタール大会で1次リーグE組の日本代表は27日午後1時(日本時間同7時)からコスタリカ代表との第2戦に挑む。森保一監督(54)は26日、ドーハ近郊で前日会見に臨み、注目を集める選手起用については「明日のベストということで起用を考えている。1試合目の疲労等々を考慮しながら考えていきたい」と若干名の入れ替えを示唆。「試合前の発表を楽しみにしていただきたい」とドイツ戦(23日)前日と同じ言葉で結んだ。  日本は右サイドバック(SB)の主戦、酒井宏樹(浦和)が左太もも裏の違和感で欠場が濃厚。代役に山根視来(川崎)の先発起用が濃厚となっている。  コスタリカについては「身体能力の高い選手が多くおり、組織としても戦えるチーム」と印象を語った。初戦のスペイン戦で0-7と大敗しているが、「だからこそ我々との試合に懸けてくるはず。リバウンドメンタリティーを持って臨んでくるはずなので、やるべきことをしっかりやりたい」と警戒した。  初戦でドイツを下し、「ドーハの奇跡」を演じた日本は勝ち点3、コスタリカは同0。日本がコスタリカに勝利し、27日午後10時(日本時間28日午前4時)からの試合でスペインがドイツに勝つか引き分けると、日本の2大会連続4度目の決勝トーナメント進出が決まる。  国際サッカー連盟(FIFA)ランキングで日本は24位、コスタリカは31位。通算対戦成績は日本の3勝1分け。

View more: 森保監督 選手起用は「疲労を考慮」若干名の入れ替え示唆「発表を楽しみにしていただきたい」

巨人・重信が500万円増でサインも「悔しいシーズン」

巨人・重信  巨人・重信が東京・大手町の球団事務所で契約更改交渉に臨み、500万円アップの年俸3200万円でサイン。今季は死球の影響で出遅れ「自分の思い描いていたスタートを切れなかった。個人としてもチームの成績としても悔しいシーズンになった」と振り返った。8年目となる来季に向けては「やっぱりキャリアハイ。どの面においても」と目標を掲げた。

View more: 巨人・重信が500万円増でサインも「悔しいシーズン」

岸田首相は旧統一教会の被害者救済ヤル気なし…法案はザル、全国弁連との協議にも後ろ向き

全国弁連との「協議」を提案したが…(長妻議員)/(C)日刊ゲンダイ 旧統一教会(現・世界平和統一家庭連合)をめぐる政府の被害者救済法案。全国霊感商法対策弁護士連絡会(全国弁連)が「被害救済のためにはほとんど役に立たない」と“酷評”するように抜け穴だらけだ。岸田首相は「改善」に後ろ向き。このままでは被害救済は1ミリも進まない。 ◇ ◇ ◇ 25日の衆院予算委員会で立憲民主党の長妻昭政調会長は「与野党関係なく、使える法律を作りたい」として政府案の問題点を追及。寄付の取り消し対象が狭いことを指摘した。寄付する側が「困惑」した状態であることや当該寄付が「必要不可欠」である旨を告知されることなど要件が厳格過ぎる。また、家族が取り消せる場合も信者本人の無資力が要件だったり、取り返せる寄付も月数万円が相場の養育費にとどまる。救済を阻む「壁」がいくつも存在するのだ。 岸田首相は「最大限、被害者救済のためにどこまで踏み込むことができるか、しっかり追求して法律を仕上げたい」と口では言うが、本当にヤル気があるのか。 ■全国弁連の参考人出席を与党が拒絶 長妻氏は長年、旧統一教会問題に取り組んできた全国弁連の意見を聞くべきと主張。だが、25日の予算委に参考人として全国弁連の木村壮弁護士を呼ぼうとしたが、与党に拒絶されたと明かした。 岸田首相には条文づくりにあたり、全国弁連との「協議」を提案したが、岸田首相は「弁護団をはじめ関係者とはこれまでも政府として意見交換を行ってきた。これからも意見を聞きながら努力を続けたい」と一般論で逃げた。 全国弁連の川井康雄弁護士は言う。 「24日に政府から事業資産の寄付要求禁止など修正案が示されましたが、救済の範囲が狭すぎて、同種の被害の防止ないし抑止にはつながりません。内容を大幅に見直す必要があります。今後、政府が条文作りに向けた協議の場をセッティングしていただけるのであれば、全国弁連として全面的に協力します」 教団の元2世信者の小川さゆりさん(仮名)は救済法案について「やはり今国会内で成立してほしい」としつつ、「中身がないものを急いで作ってほしいわけではない。法に穴があると教団側が対策できてしまう」(11月2日の自民党の会合)と懸念を示している。 岸田首相は全国弁連や被害者に耳を傾けるべきだ。

View more: 岸田首相は旧統一教会の被害者救済ヤル気なし…法案はザル、全国弁連との協議にも後ろ向き

きょうとあすは貴重な日差しと暖かさ

27日午後9時の予想天気図。  きょうは移動性の高気圧に覆われて、太平洋側を中心に青空が広がるでしょう。予想最高気温は西日本を中心にこの時季としてはかなり高く、次第に強い北風もおさまって、暖かな1日となりそうです。  あすも全国的に日差しがあり気温も高く、きょうとあすの晴天と暖かさは貴重なものとなりそうです。  火曜日は低気圧や前線の影響で全国的に雨や風が強まり、荒れた天気となるおそれがあります。この雨のあとは強い寒気が流れ込み、水曜日以降は急に冬の寒さがやってくるでしょう。西日本の山沿いなどでも雪の降る所があり、北日本では雪の量が多くなるおそれがあります。早めの冬支度がオススメです。 (気象予報士・益山 美保)

View more: きょうとあすは貴重な日差しと暖かさ

森保一監督、自らは目立たずチーム結束を重視する指導 絶対的エースを下げる厳しさも

森保監督の結束を重視する指導とは?(時事通信フォト)  サッカーW杯カタール大会グループリーグ初戦で強豪・ドイツを破り、決勝トーナメント進出の期待が膨らんでいるサッカー日本代表。大金星をあげたサムライブルーを率いる森保一監督(54)を巡ってはその指導力に大会開催前は賛否が渦巻いたが、彼の素顔をよく知るプロたちは激動のドイツ戦を迎える前から「森保流サッカー」を高く評価していた。森保氏の原点はどこにあるのか。【前後編の後編。前編から読む】 【写真8枚】25歳、襟付きの代表ユニフォームをインし口を窄める森保一氏。ドーハにて。他、サンフレッチェのユニを着た森保監督、上半身むきむきの浅野も  森保氏は1987年に当時在籍していた長崎日大高校の下田規貴監督と日本サッカーリーグ・マツダSC(現サンフレッチェ広島)の今西和男総監督が知り合いだった縁で、マツダの入団テストを受けた。当初はマツダの子会社での勤務を余儀なくされるなど「底」を経験した森保氏だが、その後1992年に日本代表に選出されるなど、頭角を表していく。  2004年、現役引退した森保氏はサンフレッチェ広島強化部のコーチに就任する。だが、指導者としての道のりも険しいものだった。今西氏が語る。 「当時は高卒で指導者になるケースはほとんどなかった。でも、森保くんはそのハンデを乗り越えようと様々な戦術を学び経験を積んで視野を広げる努力を重ねていました」  そうして培った指導者の目はグラウンド外でも活かされた。元広島県サッカー協会会長で後に日本サッカー協会副会長になった野村尊敬氏が語る。 「広島でのコーチ時代、森保は『自分が選手時代にいた仙台は市内にスタジアムがあり観客が多く収益が出る。広島も街のなかにスタジアムを作ろう』と提唱し、それでホームスタジアムの移転話が動き始めました。彼はピッチ上だけでなく、広い視野でサッカー全体を展望できる指導者だと思います」  コーチとしてのキャリアを積んだ森保氏は2012年にサンフレッチェ広島の監督となり、その年にJ1年間優勝。2013年、2015年も優勝し、監督就任から4年間で3度のリーグ優勝を果たした。  当時、主力選手として監督を支えた森崎和幸氏は、「チームの一体感が強かった」と振り返る。 「森保さんの凄さは一言で言えば、全員に同じ方向を向かせるリーダーシップでしょうか。勝っても負けても一喜一憂せず、“神は細部に宿る”という言葉をよく口にし、『コツコツと目の前の試合に対し、最善の準備を重ねるように』と森保さんが指導していたから、チームがまとまったし結果的に3度の優勝ができました。現日本代表がW杯最終予選で苦戦してもチームがバラバラにならなかったのは、森保さんの手腕によるところが大きいと思います」  自らは目立たず選手を信じ、チームの結束を重視する指導で頂点に立ったが、必要とあれば厳しい態度を隠さなかった。  2015年のシーズン中、森保氏は絶対的エースの佐藤寿人を後半途中からベンチに下げ、当時若手だった浅野拓磨(28)を投入した。野村氏が振り返る。 「佐藤が試合中に投げやりなプレーをしたことに激怒して即交代させ、次の試合にも出さなかった。森保が選手に何より求めるのは、気を抜かず一生懸命プレーすること。前後半の90分だけでなく、延長を含めた120分の最後まで走り回って相手を圧倒するのが、森保サッカーの原点なのです」 (了。前編から読む) ※週刊ポスト2022年12月9日号

View more: 森保一監督、自らは目立たずチーム結束を重視する指導 絶対的エースを下げる厳しさも

安倍元首相写真展に加藤、高市両氏「思い蘇った」

安倍晋三写真展を鑑賞する高市早苗経済安全保障担当相=26日午後、東京都港区芝公園の東京タワー(酒巻俊介撮影) 加藤勝信厚生労働相と高市早苗経済安全保障担当相は26日、凶弾に倒れた安倍晋三元首相の軌跡をたどる写真展「不屈の政治家 安倍晋三写真展~産経新聞カメラマンがとらえた勇姿~」(月刊「正論」主催)の会場をそれぞれ訪れた。 加藤氏は、自民党幹事長代理時代の平成16年の安倍氏の写真の前で「まだ若いねえ」と懐かしそうにつぶやいた。鑑賞した後、「特に外交で日本を引っ張ってこられたと感じた。私が官房副長官として同行した写真があり、その時の思いが蘇った」と語った。 高市氏は、安倍氏が東日本大震災の被災地の子供たちと触れ合う写真の前で「いい表情」と感慨を口にして立ち止まり、「子供たちの未来のために一生懸命働いていたのですね」と述べた。「どんな公務にも全力で心を込めて向き合っていたことが写真からよく読み取れた」とも強調した。 写真展は東京タワー(東京都港区)で12月1日まで開かれている。午前10時~午後7時(最終日は午後4時まで)。入場料1千円(税込み)。大学生以下無料。

View more: 安倍元首相写真展に加藤、高市両氏「思い蘇った」

舞台「キングダム」オールスターキャストによる本ビジュアル公開 信役の三浦宏規ら意気込み

「油っぽいものが本当に食べれなくなる」30歳を過ぎて実感する変化

新日本酒紀行「おがわの自然酒」

母親の顔色ばかり見て育ったケースは危険…? 「不安型愛着スタイル」を助長してしまう“毒親”の代表的な特徴とは

「舞いあがれ!」岩倉家に波乱の予感!? 鬼教官も登場で新展開

「THE MANZAI 2022 マスターズ」錦鯉、ミキら出演者22組発表

ワクチン接種3日後に死亡 宮城・男性の妻「実態究明を」国に訴え 遺族会結成、訴訟も検討

「家がとんでもなく臭い」「使用後のおむつも落ちて…」“天使のように美しい”女性哲学者の破天荒な日常生活

【静岡県伊豆の国市】いちご尽くしのクリスマスケーキが予約開始!

顔色や相手の反応に敏感、承認欲求や見捨てられ不安が強い…「不安型愛着スタイル」に悩む女性が陥った“恐るべき事態”とは

滝沢秀明氏、富士山バックに最新ショット 郷ひろみの曲でヒロミとのキャンプ“匂わせ”も話題

頭よさげなのに実は考えが浅い人が知らない【優先順位のダブルマトリックス】の法則

OTHER NEWS

Breaking thailand news, thai news, thailand news Verified News Story Network