今秋来日予定のスミヨン騎手が肘打ちして落馬させ2カ月の騎乗停止、天皇賞・秋のジオグリフ騎乗できず

騎乗停止処分を下されたスミヨン騎手

 今秋に来日予定だったクリストフ・スミヨン騎手(41)が30日、仏サンクルー競馬場で行われた1Rの騎乗中にロッサ・ライアン騎手を肘打ちして落馬させたとして、約2カ月間(10月14日~12月12日)の騎乗停止処分を受けた。凱旋門賞(G1・10月2日・仏パリロンシャン・芝2400メートル)のヴァデニには騎乗できるが、来日後に天皇賞・秋でコンビを組む予定だったジオグリフは騎乗できなくなった。

千原せいじ、あわや大事故「このまま高速走ってたら…」にフォロワー「事件レベル」「怖っ!!」

関根勤、新型コロナ感染 喉に違和感 26日のイベントに登壇

マツコ 意外と人から相談されないタイプで…「世の中の人ってちゃんと賢い」「大事な話は誰もしてこない」

Kōki,が美脚全開のドレス姿で銀座に登場「ワクワクする気持ちでいっぱいになります」

クロちゃん45歳 親からお年玉3万円もらいネット総ツッコミ「まだ親のスネかじってる?」

女子ゴルフ表彰式で撮られた無邪気なシーンに称賛の声「こういう一面がファン増やす」

休暇中のバイデン大統領 少女の自撮り写真に映り込んで〝大騒ぎ〟

モスのチーズバーガー専門店「mosh Grab'nGo」が29日にオープン

Juice=Juiceが武道館公演を前日に中止 メンバー5人がコロナ感染

アバック梅田店、ソニーの4Kレーザープロジェクター「VPL-XW7000/XW5000」導入検討会を12/4に開催

東京円、48銭高の1ドル=138円30~32銭

【神田】生姜ラーメンで身体も心もポカポカ「MANNISH」

今年のSNS流行語大賞は「〇〇ってコト!?」3位「#ちむどんどん」テレビ・映画部門「鎌倉殿の13人」

阿炎「喜んでもらえた」=初優勝から一夜明け―大相撲

食用コオロギの粉末、高校給食に 徳島、かぼちゃコロッケ提供

「日本に勝ってくれ」ドイツがスペインに"お願い"?リュディガーはレアル同僚のカルバハルに直接懇願か

NEWS RELATED

Hmaee、iPhone SE(第2・第3世代)/8/7に対応した「salistyキャッシュレスケース slim」を発売

 スマートフォングッズの商品開発、及び通販サイトを運営するHameeは、女性向けモバイルアクセサリーブランド「salisty(サリスティ)」より、iPhone SE(第2・第3世代)/8/7に対応した「salistyキャッシュレスケース slim」を11月29日より先行予約を開始、12月下旬より順次販売開始する。価格は3630円。  キャッシュレス決済の普及や、withコロナの生活様式が浸透した大人女性のライフスタイルに着目して開発した本製品は、カードポケットにはカードを3枚まで収納でき、ワイドポケット部分には、紙幣やレシートなども収納することができる。  より多くの人が使えるように対応機種を拡大し、新型iPhone 14シリーズ対応から加わった、秋冬にぴったりな新色「スモーキーブルー/ピンクベージュ/ナイトオリーブ」に加え、人気定番カラーの「グレージュ」の全4色展開となる。 ■関連サイト

View more: Hmaee、iPhone SE(第2・第3世代)/8/7に対応した「salistyキャッシュレスケース slim」を発売

秋葉復興相のうぐいす嬢が証言「秘書は選挙カーに乗っていない」

予算委員会で答弁する秋葉氏。「丁寧に説明する」と言っているが、本誌の取材にはまったく答えようとしない(撮影:共同通信社) 岸田文雄首相も、マスクの下で苦笑いするしかなかったのだろう。11月25日の衆院予算委員会。秋葉賢也復興相(60)が昨年の衆院選で、自身の秘書を車上運動員(いわゆる「うぐいす」)として活動させていたことへの見解を問われ、次のように答弁した。 「少なくとも、私の記憶するかぎり、自分の秘書を車上運動員として使ったことは、いままで一度もなかったと思います」 当選9回、国会議員として29年目の岸田氏からみても、選挙期間中に、秘書を車上運動員に従事させることは異例だというのだ。 「昨年の衆院選で、秋葉氏が秘書2人に金銭を支払っていたことを『運動員買収』だと指摘した『FRIDAYデジタル』の報道に対して、秋葉氏は11月25日の記者会見で反論しています。その際に明かしたのが、秘書2人への金銭は選挙運動の対価ではなく、公職選挙法で認められた車上運動員としての対価だったというものでした。秘書が車上運動員として活動したという説明は、選挙運動の実務を知っている人間からすれば不自然ではあったが、法令上は確かに認められる内容でもありました」(全国紙政治部記者) 秋葉氏は同じ会見で、本誌の当該記事に関して「事実誤認に基づき記載されている部分もかなりございます」とも指摘している。運動員買収疑惑を全面的に否定したかたちだが、本誌は、秋葉氏の説明と矛盾する新たな証言を得ることができた。その正否を問う前に、これまでの秋葉発言にちりばめられた〝嘘〟を指摘する。 ”秋葉4号”までいた 「11月25日の予算委員会では、運動員買収疑惑のほかにも、秋葉氏が代表の政党支部が旧統一教会の友好団体に会費を支払っていたことや、秋葉氏の〝影武者〟が選挙運動を行っていたという疑惑も取りあげられました」(同前) 影武者疑惑は、昨年の衆院選で秋葉氏の次男が、秋葉氏の名前入りのたすきをかけて街頭活動を行っていたことが、公選法に抵触するのではないかというもの。野党議員が示した写真の男性について、秋葉氏は次男であることを認めたうえで「(影武者は)ほかには1人もいないと、断言していいと思います」と語った。ところが、秋葉氏の元支援者はこう語るのだ。 「秋葉さんが選挙で影武者を使うのは、彼が県議だった頃からよく知られた話です。県議時代の影武者は実の弟だった。その後、弟さんとは不仲になったのか、衆院議員に初当選した2005年前後から、弟さんが秋葉さんの選挙を手伝う姿を見ることはなくなりました」 実弟の協力が得られなくなった秋葉氏は、新たな手法を考えだしたという。 「後援会関係者のなかから、秋葉氏と同じように眼鏡をかけている人に〝秋葉2号〟に扮するよう求めたのです。秋葉2号に、選挙カーの助手席から手を振らせて有権者にアピールしていた。秋葉さんは身長180センチ近くありますが、選挙カーに乗りこんでしまえば外から背の高さはわからない。そのため極端に太っていなければ2号になる資格があるということだった。秋葉2号が選挙カーに乗るのは、秋葉さん本人が屋内で個人演説会を行っていたり、自宅で休憩していたりするときです。私の記憶では、少なくとも秋葉4号まで存在していた」(同前) 秋葉氏が国会でついた”嘘” 続く秋葉氏の〝嘘〟は、前述した11月25日の会見中の発言にある。秋葉氏は会見で、運動員買収疑惑に関する本誌の取材過程で、秘書に対する取材手法に問題があったと指摘した。秋葉氏の発言をそのまま引用する。 〈私の秘書の活動内容については、先週、夜間に急な電話で取材を受けたことから、選挙期間前に行っていた政治活動や、選挙期間中の車上運動員報酬を受けていない日に行っていた選挙活動と、報酬を受けて車上運動員として活動をしていたことを混同してしまい、不正確な回答を秘書の方で行ってしまったようです〉 果たしてそうか。秋葉氏の公設第1秘書であるN氏と、公設第2秘書のI氏に取材したのは筆者である。その過程を「丁寧に説明」すれば、以下のようになる。 まず筆者は、仙台市内にある秋葉事務所前の路上で、秘書たちが外出先から戻るのを待っていた。乗用車で最初に戻ってきたのはI秘書で、筆者が名刺を差しだして自己紹介すると、I秘書は自身の名刺をとりに車内に戻り、あらためてあいさつを交わした。その際、筆者が「『FRIDAY』で秋葉さんの取材を何度かさせてもらっている」と伝えると、I秘書は「ええ、あなたさまでしたか、いろいろ」と言って笑い、和やかな雰囲気でやりとりが始まった。 また、I秘書は当初、筆者に対して「人によって言うことが違うとあれなので、一応、マスコミ対応というかですね、Nが(広報)対応しているんです。なので、私の方から申しあげることは、ちょっとなにもない」と言った。それを受けて筆者が「昨年の衆院選に関する事実関係だけ確認できれば」と求めると、I秘書が応じて「衆院選の12日間にわたって選挙運動をしていた」という趣旨の発言が語られたのである。 本当に”動転”していたのか? こうしたやりとりのあと、広報を担当しているというN秘書への取材も求めると、I秘書がN秘書に連絡して、その日の予定を確認した。すると、I秘書は「きょうは(事務所に)戻らないということでしたので、(N秘書から)『なにかありましたら連絡ください』ということでした」といって、N秘書の携帯電話の番号が書かれた付箋を渡されたのだ。 こうして筆者は、I秘書とのやりとりを終えてから10分以内にN秘書に電話している。つまりN秘書は、筆者からの電話がかかってくることを予想できた。また、I秘書から、電話の趣旨についてもある程度は聞きおよんでいたはずである。したがって秋葉氏の言う「夜間に急な電話で取材を受けた」から、〝動転〟して実態と異なる内容を伝えてしまったという説明こそ、「事実誤認」だと考えられるのである。 こうまでしてごまかそうとした運動員買収疑惑について、秋葉氏は前述の予算委員会で注目すべき発言をしている。そのまま引用する。 〈(車上運動員の報酬額について)N秘書には12万円、そしてI秘書に8万円ということが示されております。(中略)まあ、具体的に言えば、N秘書は車上運動員として8日間、そしてI秘書は車上運動員として6日間、活動させていただいておりまして、まあ、適法、法に則って、しっかりとした活動をさせていただいているというふうに認識しております〉 12日間の選挙期間のうち、秘書2人が車上運動員として活動した日数をそれぞれ明言したのだ。この発言を踏まえて、本誌は、昨年の衆院選で秋葉事務所の車上運動員を務めたAさんから話を聞いた。一連のやりとりは、Aさんの自宅のインターホン越しに行われた。 国会で窮地に立たされている秋葉氏 秘書たちが選挙カーに乗っていたことは「ない」 ――昨年の衆院選で、Aさんは車上運動員、つまり”うぐいす嬢”として活動しましたか。 「ええ、おそらく、●日間程度だったと思います」 ――Aさんが選挙カーに乗っているとき、秋葉事務所のNさんやIさんは一緒でしたか。 「いえ、秘書さんは車で、演説会だったり、会場の準備だったりに行っていたので、いなかったです」 ここで、Aさんが車上運動員として活動した日数を伏せたのは、取材源の特定を避けるためである。活動日数に関する検証は後段で行う。 またN、I両氏の名前を挙げた本誌の質問に対して、Aさんは彼らのことを「秘書さん」と自ら語っていたことを指摘しておく。この質問をする前の段階でも、本誌はN、I両氏のことを秘書だとは説明していない。つまり、AさんはN、I両氏のことをよく認識しており、名前を聞いただけで、それが誰のことかわかったのだ。したがって本誌の以下の質問に対しても、別人と勘違いして受け答えをしている可能性はない。Aさんとの一問一答を続ける。 ――Nさんたちは、あるときは一緒に選挙カーに乗っていたり、別のときは乗っていなかったりということだったんですか。 「基本、秘書さんは(選挙カーとは)別でした。自分の車で動いていたので」 ――たとえばNさんたちが選挙カーを先導して、一緒に行動することは? 「それは記憶にないですね。基本は、選挙カーには運転手さんがいたので(秘書が帯同する必要はない)。そういうことはありませんでした」 ――そうすると、Nさんたちが(選挙カーに)同乗したことも一度もなかった? 「私がいた日はありませんでした」 ――Nさんたちが投票を呼びかけるアナウンスをする姿も見たことはないですか。 「そうですね」 ――NさんやIさんは、Aさんたち車上運動員とは別に、個人演説会や街頭演説会の会場設営やその運営をしていた? 「はい、そうです」 ――Aさんが車上運動員として活動した●日間は、それぞれ何時から何時まで従事していたのですか。 「朝8時から夜8時までです」 ――●日間、いずれもそうしたスケジュールだった? 「はい、そうです」 ――Aさんが車上運動員として活動した●日間、NさんとIさんは、1日も選挙カーに同乗したことはなかったということですか。 「ないです。自分たちの車でずっと動いていました」 もはや更迭以外ない ...

View more: 秋葉復興相のうぐいす嬢が証言「秘書は選挙カーに乗っていない」

【抽選結果】スタバ福袋2023の当選確率がヤバすぎる! 編集部全員(18人)で応募したらこうなった

【抽選結果】スタバ福袋2023の当選確率がヤバすぎる! 編集部全員(18人)で応募したらこうなった 今朝11時06分に1通のメールが届いた。送信主はスターバックスで、タイトルは「福袋2023 当選のご案内」である。そう、本日2022年11月28日はスターバックス福袋2023の当選発表日なのだ。まだメールが届いていない方も、公式サイトで抽選結果を確認できるぞ〜〜! スタバ福袋を購入できるのは、2023年もオンライン抽選を突破した強運の持ち主のみ。というわけで今年も、ロケットニュース24編集部総出で抽選に応募したのだが、果たして何人が抽選の壁を突破したのだろうか。さっそく以下で結果をご覧いただこう! ・スタバ福袋2023の当選確率 人気福袋の抽選結果に一喜一憂するのも「年末の風物詩」と言っていいかもしれない。今年もネット上では「はじめて当選した〜!」「今年も外れた」「4年連続落選」などといった感じで、明暗がハッキリと分かれていた。ちなみに当編集部はこれまで…… 2019年に9人中1人、2020年に10人中1人、2021年に11人中3人、2022年に16人中2人が当選した。やはり高い壁である。2023年福袋もおそらく厳しい戦いになるだろう……と思いきや、2年連続で私(砂子間)が当選。あれ、もしかしたらみんな当選しているのかも。 そこで当選通知メール終了時間の17時過ぎに、社内チャットで確認してみたところ…… ………… ………… 当選者は18人中2人だった。 なかなか厳しいィィイイイイイイ! それでも2人当選したのは大健闘だと言えるだろう。なお当選メールは「11時〜17時頃を予定していて、多少前後する可能性もある」とのこと。 また先に述べたとおり、公式サイト(マイページ)からも確認できるので気になる方はチェックしてみてほしい。 ・繰り上げ抽選もあり さて、スターバックス2023年福袋は7800円(税込・送料込)で、当選者は2022年12月5日23時59分までに購入手続きを完了する必要がある。決済期限までに購入されなかった無効分は「繰り上げ抽選」を行うそうなので、残念ながら外れてしまった方は奇跡を待っていてほしい。 ・2023年福袋の中身 そして気になる「スターバックス福袋2023」の中身はというと、柔らかい風合いのキルティングトートバッグに、福袋限定のステンレスボトルやグッズ、コーヒー等が詰まっているそうだ。詳しくは2023年1月1日に報告するので興味がある方はチェックしてくれよな! 参考リンク:スターバックス「福袋2023」 執筆:砂子間正貫 Photo:RocketNews24.

View more: 【抽選結果】スタバ福袋2023の当選確率がヤバすぎる! 編集部全員(18人)で応募したらこうなった

『ジャパニーズスタイル』菅田将暉らゲストの活躍を振り返り 新局面では仲野太賀に変化が

『ジャパニーズスタイル』菅田将暉らゲストの活躍を振り返り 新局面では仲野太賀に変化が  俳優の仲野太賀が主演するドラマ『ジャパニーズスタイル』(テレビ朝日系/毎週土曜23時30分)が第5話の放送を終え、物語は折り返しへ。哲朗(仲野)に大きな変化が訪れる第6話を前に、これまでのゲストの活躍を振り返りたい。  テレビ朝日初となる本格シットコムの本作。さびれた温泉旅館「虹の屋」の玄関とロビー、従業員室、大浴場の入口とエレベーターのみを舞台に放つ、限られた空間での30分間ノンストップの群像劇に、主演・仲野×金子茂樹(脚本)×深川栄洋(監督)が挑む。  物語は、人里離れた場所にある旅館「虹の屋」の跡継ぎを拒んで、家を飛び出し上京した柿丘哲郎(仲野)が、10年ぶりに帰ってくるところからスタート。しかし、そこには流しのフラメンコダンサーの寺門・ルーシー・数子(市川実日子)、《2時間刑事ドラマ》マニアの支配人・影島駿作(要潤)、息子を溺愛するシングルマザーの仲居頭・浅月桃代(檀れい)、その息子・凛吾郎(石崎ひゅーい)、ナゾ多き料理長・浮野奏太(KAZMA)、水質管理責任者として旅館にしがみつく古株・梅越一二四(柄本明)といった、一筋縄ではいかないクセ者たちが居座っていて…。入院中の哲郎の父親である社長と、付きっきりで看病をする母親の女将から「敷居を跨がせるな」という伝言を預かった従業員たちと、哲郎との攻防戦が巻き起こる。  その後、なんとか 「虹の屋」に滞在を続ける哲郎だったが、その間も、所属していたバレー部のOB兼コーチであり警察官の笹原(松尾諭)や、同級生の中でも一番の出世頭で、現在は地元のテレビ局に勤務の小野(菅田将暉)、梅越がイチ推しするローカルアイドル・花岡花枝(佐々木春香)、元カノの《ルーシー》こと久能イチ子(モトーラ世理奈)らが続々と現われ、「虹の屋」の従業員を巻き込んでドタバタの物語は加速していく。  『ジャパニーズスタイル』の魅力のひとつになっているのが、あっと驚くゲストの登場。第2話には、名バイプレイヤーとして多数の映画、ドラマで個性を発揮する松尾諭が出演。彼の実話をもとにした話題のエッセイ『拾われた男』がドラマ化された際に主人公を仲野が演じた縁もあり、冒頭すぐから2分半ほどの仲野とのやり取りは息もぴったり。  そして第3話には、仲野とは公私ともに親交のある盟友・菅田将暉が参戦。台本10ページ強、約5分間にも及ぶ仲野と菅田との《2人芝居》は見応え十分。また、仲野×石崎×菅田の3ショット対談も配信中。仲良し3人組だからこそのホンネ満載で、ほぼ《本番一発勝負》を終えた直後の、彼らの《素の表情》を見ることができる。  さらに第4話では、梅越の勤続40周年を祝うべく、「虹の屋」で梅越イチ推しのご当地アイドル・花岡花枝のライブを開催。花枝に扮する佐々木春香は、柄本が主宰する「劇団東京乾電池」に所属の女優だけに、高飛車な態度の花枝と、彼女を孫と思い込みデレデレの梅越とのコミカルなやり取りは絶妙で、柄本のキレキレの演技が笑いを誘う。  また、第5話でナレーションを担当するキムラ緑子がまさかの母親役で登場。舞台で培ったさすがの演技力で大インパクトを残した。そして、パリコレをはじめ多くのファッションショーでモデルとして躍動しているモトーラ世理奈は、《第2のルーシー》ことイチ子を演じて強烈な存在感を披露した。  12月3日放送の第6話で、物語も後半戦に突入。哲郎が置かれる環境にも大きな変化が起こる。また、飄々とした捉えどころのないキャラクターで、多くの作品で確かなポジションを確立する森下能幸がゲスト出演。ミステリアスな《記念すべき1万人目の客》に扮して、「虹の屋」の面々を翻弄する。  なお公式SNSでは、名シーンの振り返りや、ここでしか見れない舞台裏映像も公開中。  土曜ナイトドラマ『ジャパニーズスタイル』は、テレビ朝日系にて毎週土曜23時30分放送。 ■『ジャパニーズスタイル』第6話あらすじ  1年後、旅館の専務となった柿丘哲郎(仲野太賀)。無事に退院した哲郎の父親である社長は、闇金業の澤田弥勒(松川尚瑠輝)とゴルフ三昧の日々を送っていた。そんな時、「虹の屋」の記念すべき1万人目の客を迎え入れるべく、浅月凛吾郎(石崎ひゅーい)、梅越一二四(柄本明)らはリハーサルを行うが、寺門・ルーシー・数子(市川実日子)と浮野奏太(KAZMA)は、あいかわらずオセロに興じるのだった。そして、「虹の屋」の乗っ取りを計画していた浅月桃代(檀れい)と影島駿作(要潤)は険悪の仲に…。2人の間にいったい何があったのだろうか―。  やがて、1万人目の客・別所(森下能幸)がやってくるが、なぜか無料宿泊券や凛吾郎との松茸狩りツアー、ルーシーが教えるセクシーピラティスなどの特典を迷惑だと拒否。またもや《2時間ドラマの刑事》のモードに入った影島は、別所を自殺志願者だと推理するが、桃代は逆に自殺者を保護する立場の刑事だと推測。ここでも対立する2人をよそに、別所は自殺の名所であり、逃亡者の潜伏先としても知られる場所《地獄谷》の行き方を哲郎に尋ねるのだった。ルーシーらに背中を押され、部屋に様子を見に行った哲郎は、衝撃の事実を知ることに…。はたして、別所の正体は!? そして、桃代と影島の関係の行方は―?

View more: 『ジャパニーズスタイル』菅田将暉らゲストの活躍を振り返り 新局面では仲野太賀に変化が

【静岡・新型コロナ】新規感染1426人 死者2人 病床使用率44.7% 東部は48%

【静岡・新型コロナ】新規感染1426人 死者2人 病床使用率44.7% 東部は48% 28日、静岡県内では新型コロナウイルスの新規感染者が1426人確認されました。前週月曜日の1000人に比べ426人増加しています。過去最多は8月24日の7969人です。 内訳は県発表分が737人、静岡市発表分が269人、浜松市発表分が420人です。 この1週間の県内の新規感染者は1万5989人で前週比1.22倍となっています。 【死者】 新たな死者が2人報告されています。いずれも居住地が非公表で、自宅で死亡した基礎疾患のない80代女性と、施設で死亡した基礎疾患がある年代・性別が非公表の方です。 【病床使用率】(28日正午時点) 県東部 48.0% 県中部 38.9% 県西部 46.2% ーーーーーーーーー 県全体 44.7%(入院者数は306人で、確保病床数634床に対する病床使用率は48.3%です。確保病床数以外の病床を加えた685床に対する病床使用率は44.7%になります。コロナ受入病院以外の入院者26人を含めると、県内の入院者は332人です) 重症者 2.4%(重症者1人) 宿泊療養施設 10.9%(入居者84人) 【ワクチン接種率】27日時点 県内全人口1回目 81.83% 2回目 81.36% 3回目 69.21% 4回目 39.58% 5回目 4.77% 高齢者 1回目 93.86% 2回目 93.66% 3回目 91.26% 4回目 80.09% 5回目 14.05%

View more: 【静岡・新型コロナ】新規感染1426人 死者2人 病床使用率44.7% 東部は48%

道路を破壊する「ネット通販業者」 税金整備で国交省も敵視、“アマゾン税”なるジョークが飛び交う深刻な現実とは

人手不足の“戦犯”は「再配達増加」  政府が旗を振った全国旅行支援により、コロナ禍は忘れられつつある。コロナ禍がやかましかった2020年から2022年までの間、巣ごもり需要は堅調だった。この需要で売り上げを拡大したのが、アマゾンをはじめとするネット通販、そしてウーバーイーツを代表とするフードデリバリーだった。 【画像】「えっ…!」 これがトラック運転手の「年収」です(15枚)  コロナ禍以前から、ネット通販は一般的に普及していた。ネット通販は2016年前後に急成長を遂げる。以前から慢性的な人手不足の業界だが、2016年前後は宅配・物流事業者が危機的な人手不足に陥る。その“戦犯”とされたのが、ネット通販の普及による 「再配達の増加」 だった。  再配達は時間的なロスにつながる。そのため、宅配・物流事業者は残業が常態化した。ブラック労働に従事する宅配・物流事業者に若者が魅力を感じるはずもなく、それが人手不足を招いた。  そうした状況を改善するべく、宅配・物流事業者は再配達の削減に取り組む。その修正手として期待されたのが、24時間受け取りが可能なオープン型宅配ボックスだった。2016年からオープン型宅配ボックスの設置が急速に進んだ。  クロネコヤマトでおなじみのヤマト運輸は、フランスのネオポストと合弁会社を発足。街角や駅前などに「PUDOステーション」を設置する。この動きに他社も追随し、オープン型宅配ボックス他社は一気に増加していく。  オープン型宅配ボックスが続々と設置されたものの、業界が考えていたほど再配達によるロスは減らなかった。なぜなら、ますますネット通販は盛況となり、比例して再配達も増加したからだ。 ネット通販拡大と道路関係者の苦悩 苦悩する人のイメージ(画像:写真AC)  2020年初頭にコロナの感染が拡大すると、巣ごもり需要が一気に増加。それに伴ってネット通販の取扱量も増え、宅配・物流事業者はさらに配達員不足に陥った。ウーバーイーツなどのフードデリバリーサービスが乱立したことも、配達員の奪い合いが起き、結果として宅配・物流事業者の人手不足を後押しした。  2022年下半期には、コロナの第8波が襲来した。全国の新規感染者数は1日に10万人を超える状況となっているが、ワクチン接種が進んだことなどを理由に政府や行政が行動制限をかける事態にはなっていない。そうした状況にあるため、巣ごもり需要も一服したとの見方を示す関係者もいる。  しかし、コロナ禍で定着した新しい生活様式によって私たちの暮らしからネット通販は手放せなくなっている。そのため、今後もネット通販が拡大していくことは間違いない。実際、アマゾンは2022年から盛んに「ブラックフライデー」を宣伝し、売り上げ拡大を図っている。  ブラックフライデーはアメリカ発の商業イベントで、アマゾンなどネット通販特有のものではない。しかし、アマゾンが盛んにブラックフライデーを宣伝することで、「ブラックフライデー = アマゾン」のイメージが定着。ネット通販拡大に寄与している。それに戦々恐々としているのが、国土交通省や地方自治体の 「道路関係部局の担当者」 だ。  というのも、アマゾンなどネットで注文された商品は倉庫から出荷されるが、それらは大型トラックで各地の事業所へと配送されている。天候や積載している荷物にもよるが、大型トラック1台が通行時に道路へ与えるダメージは4人乗りのセダン1万台分が通行した時のダメージと同等ともいわれている。  道路の建設や舗装を手掛ける会社では、長年にわたって道路の長寿命化に取り組んでいる。しかし、いくら新技術・新建材で長寿命化を進めても、それ以上に物流量が増え、比例して大型トラックの通行も増えてしまえば道路の劣化は以前より早くなる。  道路関連の技術は向上しているのに。道路は以前よりも短命化しているのだ。道路のメンテナンス費用は、私たちの税金によって賄われている。道路が短命化すれば、道路に投じられる税金は増えるだろう。不足する事態だって想定しなければならない。 インフラにタダ乗りするネット通販業者 宅配ボックス(画像:写真AC)  こうした事態に、行政もまったく手をこまねいているわけではない。2017年、国土交通省住宅局は建築基準法における「マンションなどの集合住宅のエントランスに設置されていた宅配ボックス」を容積に算入しないことを明確化した。  それまで宅配ボックスは、容積率に算入されるのか否かが曖昧な存在になっていた。宅配ボックスが容積率に算入されてしまうと、その分だけ部屋を広さや数を減らさなければならなくなる。集合住宅の建設・販売するデベロッパーにとって、これは利益にも大きく影響を及ぼす。宅配ボックスを設置するよりも、部屋の戸数を増やしたり、一戸を広くしたりした方がデベロッパー的にはもうかるからだ。  そうした事情から、容積率に算入されるかどうかが曖昧な宅配ボックスは事業者には厄介な存在で、宅配ボックスを忌避する事業者もいた。  国交省が宅配ボックスを容積率に算入しないことを明確化した目的は、先述したように宅配・物流事業者の再配達を減らすことにある。それが道路のダメージを減らすことにつながる。道路へのダメージが減らすことができれば、道路にかけるメンテナンス費用は削減できる。  逆説的な見方をすれば、ネット通販の事業者は税金で整備される道路というインフラにタダ乗りし、いたずらに傷める 「無法者」 ともいえる。  もちろん、実際に道路を傷めているのは宅配・物流事業者の大型トラックだが、ネット通販によって荷物は増え続け、結果として大型トラックの通行が激しくなったことを考えれば、国土交通省や自治体の道路関係部局の担当者たちがネット通販を敵視するのも納得できる。 「アマゾン税」という笑えないジョーク 置き配(画像:写真AC)  コロナ禍では、「置き配」という新しい配達方法が生まれた。置き配が定着すれば、再配達は減るだろう。しかし、定着しても、ネット通販の需要が右肩上がりで増え続ける限り、大型トラックによる道路破壊は止まらない。  道路の維持・補修費用に投じられる税金は決して微々たる額ではない。膨れていく道路のメンテナンス費用を誰が負担するのか。すでに岸田政権では走行税という道路増税案も示された、これは評判が悪く、見直しを余儀なくされている。しかし、道路破壊を放置するわけにはいかない。今後、そんな議論も始まるだろう。  それにせんだって、「アマゾンに税金を課せばいい」というジョークを口にする関係者もいる。仮にアマゾン税が創設されたとしても、アマゾンはその分を利用者に転嫁するだろう。それまで送料は無料だったのに、有料へと切り替わることは想像に難くない。  それでも、アマゾンの懐は痛まない。ネット通販が、それを要因に伸び悩むとも考えづらい。いずれにしても、それなら応益負担の原則にかなっているともいえる。  コロナ禍で表面化したネット通販による道路破壊は、巣ごもり需要が一服したことで一応は落ち着きを取り戻しつつある。しかし、ネット通販が売り上げを伸ばしていくのは時代の要請であり、ネット通販の取扱量が拡大していくことは必至だ。国土交通省や地方自治体の道路担当部局の担当者たちが、戦々恐々とする日々は続く。

View more: 道路を破壊する「ネット通販業者」 税金整備で国交省も敵視、“アマゾン税”なるジョークが飛び交う深刻な現実とは

電力会社が相次ぐ値上げ申請 政府支援幅を上回り最大39%も

電力会社が相次ぐ値上げ申請 政府支援幅を上回り最大39%も 冬本番に向け電気代が気になる季節になりました。電力会社から大幅な値上げ申請が相次いでいて、家計への負担を心配する声が上がっています。 「苦しいですよね、生活は」 「(電気代が)10%くらい上がっている」 「エアコンだストーブだ…。私は全部電気だから、本当に大変ですよ」 東京電力では、電気代はこの1年で、すでに3割値上がりしています。家計をじわじわ圧迫する電気代。さらにきょう新たな動きが… 四国電力 長井啓介社長 「私どもの企業努力だけでは、いかんともしがたい状況」 四国電力と沖縄電力はきょう、国が変更の認可を行う「規制料金」について、来年4月から家庭向け電気料金の値上げを経産省に申請しました。 標準家庭で計算すると、▼四国電力は平均28%、▼沖縄電力は平均39%に上ります。先週は、▼東北電力が木曜日に平均で32%、▼中国電力が金曜日に平均で30%の値上げを申請していて、毎日のように各社の値上げ申請が相次いでいます。 気になるのが、その値上げ幅です。政府はこの値上げを見越して、来年1月から電気料金を2割程度支援しますが、4社ともそれを上回る値上げ幅の申請となっているのです。 「まだ0歳で、これから冬になって、暖房とか使う機会がどうしても増えるので、節約っていっても、使わないわけにはいかないので…」 背景にあるのは、ロシアのウクライナ侵攻などによる、LNG=液化天然ガスや、石炭などのエネルギー価格の高止まりです。こうした中、電力政策できょうもう一つ大きな動きが… 経産省はきょう、原子力小委員会に原発活用策の方向性を示した原案を提示。原発の運転期間は、東日本大震災の原発事故の後の法改正により、現在は原則40年、最長60年と定められています。 今回の原案では、現行のルールを維持しながら、原発の安全審査などに伴う長期停止期間を運転期間に算入しないとしました。仮に10年間、原発が止まっていれば、運転開始から最長で70年間稼働できるという案です。 経産省は審議会での議論を踏まえ、年内にも新しいルールをまとめる方針です。 きょう、国内で唯一、40年を超えて運転している福井県の美浜原発の周辺では、説明を求める声が多く聞かれました。 地元住民 「個人的にはそりゃあ、原発は怖いです。正直いって。経済とるか、健康とるか、何ともいえないです」 「(ルール変更の)経過が、いわゆる私たち庶民には分かっていない」 原発政策の転換には、政府による丁寧な説明が求められています。

View more: 電力会社が相次ぐ値上げ申請 政府支援幅を上回り最大39%も

線路に転落...せまる電車 緊迫の救助劇 米ニューヨーク

線路に転落…せまる電車 緊迫の救助劇 米ニューヨーク アメリカ・ニューヨークの中心部、マンハッタンで、警察官のボディーカメラがとらえた映像。 駅のホームから、地上へと階段を駆け上がる。 パトロールをしていたところ、反対側から叫び声が聞こえたのだ。 そのまま道路を横断し、反対側のホームへ全速力で降りていく。 非常口を通り、人々が集まる場所へ駆けつけると、そこには、線路に倒れ込む男性と助けようとしている人の姿が。 急いで線路へ降りると、もう1人の警察官と3人で男性を抱きかかえ、ホームへと持ち上げる。 線路内にいた全員がホームへ上がった時、線路に電車が入ってきた。 間一髪のところで助かった男性。 なぜ線路内にいたのか。 警察によると、男性は誤って線路に転落したという。 その後、病院に搬送された。 手や背中などに、けがをしたという。

View more: 線路に転落...せまる電車 緊迫の救助劇 米ニューヨーク

「習近平退陣しろ」 “言論統制への抗議” 「白色革命」が中国全土に拡大

韓国 きょうのニュース(11月28日)

え...まさかの味に衝撃!【業務スーパー】しびれる「辛撃ふりかけ」がやみつきの味だった。

戸田恵梨香が第1子妊娠発表「新しい命を授かりました」 松坂桃李と20年に結婚

廃棄物減らし資源循環! 生ごみ由来の肥料でダイコン栽培 その出来栄えは?【新潟・長岡市】

「家族ぐるみ」給付金詐欺の初公判 “主犯格”の男、起訴内容認める

クルーズ船から転落し漂流 何時間? 「感謝祭の奇跡」 メキシコ湾

不破聖衣来 富士山女子駅伝で全日本の悔しさ晴らす 新ネイルもお披露目

解放の久保田徹さん、留置場では「ハンガーストライキ」…就寝時は20人が折り重なるように

韓国・現代製鉄のストライキで日本企業が“漁夫の利”=韓国ネットは「貴族労組」に怒り

マツコの一昔前は「15年から20年前。28で会社員辞めてるから、それ以前、それ後かって言うのは、でかい」

秋元康、お忍びで行く絶品の町中華!リリー・フランキー、大泉洋も常連?

OTHER NEWS

Breaking thailand news, thai news, thailand news Verified News Story Network