医療用大麻が解禁へ、厚労省小委員会が方向性まとめる-報道

Young cannabis plants in a greenhouse at CannAndes farm in Tabacundo, Ecuador.

(ブルームバーグ): 厚生労働省の大麻規制検討小委員会は、国内で禁止されている大麻を原料とした医薬品について、有効性・安全性が確認され、薬機法に基づき承認されたものについては、輸入・製造や使用を可能とするよう、大麻取締法を改正する方向性をとりまとめたとFNNが29日報じた。

同省の大麻規制検討小委員会は午後に会合を開催した麻向法に基づく免許制度などの流通管理の仕組みを導入へ現行の大麻取締法では、「使用」については罰則はないが、「使用」についても禁止し、法改改正して「使用罪」を創設することも盛り込まれた

More stories like this are available on bloomberg.com

©2022 Bloomberg L.P.

鈴鹿央士、silentで演じる湊斗の優男っぷりには共感できず「わかるわけないやん」

東証終値448円安

1本462万円の国産ウイスキー 宝酒造が70本の限定販売 特徴は?

【漫画】息子が登園拒否!1週間休んでいる間に恐ろしいことが起きていた【怖すぎる隣人 Vol.18】

ヤバイTシャツ屋さん・ありぼぼ、学校のロッカーに漫画入れていた

浴槽で長女死亡、父親に無罪判決

「ちょっと嫌なのが」と本田圭佑がスペイン戦で日本の懸念点を語る「プレスに行く時が全然定まっていない。単発は無駄」【W杯】

「日本終わりました?日本終わりました?」 ABEMA裏解説で動揺する中澤佑二が話題に

【巨人】海外FA権保有の中田翔が新たに3年契約 年俸も「ちょっとアップ」

99%は戻らず…「育った川に戻ってこないサケ」はどこに行った?

ロンブー淳、日本代表ユニをネットで購入も…「だいぶ違う」 ファンも「デザイン…」

本田圭佑 次戦5日深夜のクロアチア戦に向け「これあるんちゃう?」

続投を否定=前田NHK会長

つるの剛士が渡辺徹さん悼む「将棋親善大使委嘱式でご一緒、一局指して頂きたかった」

Teslaの大型電気トラック「SEMI」をようやく納車開始

ゆうこす 「WIfiも肌へ悪影響」を謝罪も… 商品は「安全性検証や効能試験を基に開発」と主張

NEWS RELATED

「日本こそがアジア最強だ!」スペインから大金星の森保ジャパンに韓国メディアも脱帽!「まさかの奇跡を二度も…」【W杯】

「日本こそがアジア最強だ!」スペインから大金星の森保ジャパンに韓国メディアも脱帽!「まさかの奇跡を二度も…」【W杯】 現地木曜日、日本代表はカタール・ワールドカップ第3戦をスペインと戦い、2-1の逆転勝利を飾った。これで通算2勝1敗として勝点を6に伸ばし、グループEを首位で通過。2大会連続の決勝トーナメント進出を成し遂げた。 森保ジャパンの快挙を注意深く見守っていたのが、お隣り韓国のメディアだ。スポーツ専門サイト『Sportal Korea』は「胃が痛くなるが、日本がアジア最強と認めざるをえない」と題して、次のようにスペイン戦をレポートしている。 「誰もがこの結末に驚嘆しただろう。前半を終えてわずか12%のポゼッション率だった日本が、後半にあのようなサプライズを起こすなんて……。堂安(律)の思い切ったシュートで同点とした途端、ゲームの流れは一変した。パニックに陥ったスペインに対して、日本はすかさずに畳みかけて、逆転ゴールまで奪い去ったのである。あれが大きな分岐点だった。 コスタリカ戦で自信を失ったように見えた吉田(麻也)は、見事なメンタル面の回復と統率力でディフェンス陣を引き締めた。森保(一)監督の交際策も奏功し、日本はしっかりとリードを守り切って3ポイントを上乗せしたのである。 これで日本にとってはワールドカップ7勝目だ。(通算6勝の)韓国を抜いてアジア最多の国となったのだ。本当に胃が痛くなる現実だが、このポイントにおいては、日本がアジア最強であると認めざるをえない」 グループEを1位抜けたした日本は、ラウンド・オブ16でクロアチアと対戦する。現地12月6日、日本時間の24時キックオフだ。 構成●サッカーダイジェストWeb編集部

View more: 「日本こそがアジア最強だ!」スペインから大金星の森保ジャパンに韓国メディアも脱帽!「まさかの奇跡を二度も…」【W杯】

【広島】田中広輔が大減減額、制限超える1・2億円ダウン「試合に出ていないので」

広島田中広輔内野手(33)が2日、マツダスタジアムで契約交渉を行い、今季年俸1億5000万円から減額制限を大きく超える1億2000万円減の3000万円プラス出来高(金額はすべて推定)で更改した。 今季はプロ入り最少となる41試合の出場にとどまり、先発出場はわずか8試合に終わった。打率2割、プロ入り初のシーズンゼロ本塁打、1打点。6月20日の2軍降格から再昇格することなくシーズンを終えた。80%ダウンの大幅減額にも「数字うんぬんよりは試合に出ていないので。(1軍の)舞台に立って、いかに自分のプレーを披露するか。それが野球選手として大事だと改めて感じました」と受け入れた。 新井体制となる来季へ向けて「まずはしっかり野球をしたい。その準備をしっかりして。今まで培った経験や勝負勘に自信を持ってプレーしたいなと。僕、試合中はあまり笑わないんですけど、いい顔をしてプレーしたい」とすっきりした表情を見せた。 大幅ダウンで契約を更改した広島田中(撮影・加藤孝規)

View more: 【広島】田中広輔が大減減額、制限超える1・2億円ダウン「試合に出ていないので」

闘莉王氏が選ぶスペイン戦MVP「単に守っただけじゃない」 16強で“パンツ一丁ラン”の公約も実現

元サッカー日本代表の田中マルクス闘莉王氏  元サッカー日本代表の田中マルクス闘莉王氏(41)が2日、公式YouTubeチャンネル「闘莉王TV」を更新した。  FIFAワールドカップ(W杯)カタール大会で、1次リーグE組の日本はこの日、スペインを2―1で撃破。同組1位で決勝トーナメント進出を決めた。前半、圧倒的にボールを支配されて先制を許す苦しい展開から、後半に逆転。「これがサッカーの魅力なのかなと思った。負け試合ですよ」とした上で、「きょうは生きてて良かった」と歓喜に浸った。  スペイン戦のMVPには、この試合がW杯初出場となったDF谷口を挙げた。大劣勢で「どこにチャレンジすればいいか難しい戦いだった」と言う中、ボールに対するプレッシングの他に「攻撃でもいいさばきをしていた。単に守っただけの谷口じゃない」評価した。  決勝トーナメントに進出したことで「パンツ一丁で走る」という公約も実現することとなった。「喜んでパンツ一丁で走りますよ。うれしく走らせてもらいます」。今後、場所を検討していくという。  8強を懸けた決勝トーナメント1回戦はクロアチアと激突。「クロアチアは非常にディフェンシブで固い。日本には良くない。固く守られたコスタリカを崩せなかった」と警戒しながら、「底力がすごい。それが一番の魅力」と森保ジャパンに期待を寄せていた。

View more: 闘莉王氏が選ぶスペイン戦MVP「単に守っただけじゃない」 16強で“パンツ一丁ラン”の公約も実現

BMW M3 初のワゴン、「Mパフォーマンスパーツ」設定

BMWは12月1日、ドイツで12月3日に開幕するエッセンモーターショー2022に、『M3ツーリング』(BMW M3 Touring)の「Mパフォーマンスパーツ」装着車を出展すると発表した。 ◆カーボンファイバー製のエアロパーツ Mパフォーマンスパーツは、BMWの純正用品の新シリーズだ。BMWの子会社のBMW M社が、BMW主力モデルのスポーツ性能を引き上げる目的で用意したアイテム群を指す。すでに、BMWの主力車種の多くに、Mパフォーマンスパーツが設定済み。『M3』初のワゴン、M3ツーリングにも、Mパフォーマンスパーツが設定された。 エクステリアは、フロントにカーボン製リップスポイラー、カーボン製エアロフリックを用意した。リアには、Mパフォーマンスのカーボン製ディフューザーとルーフスポイラーを設定する。チタン製サイレンサーシステムには、スポーティなチタン製テールパイプトリムモジュールを組み合わせることができる。Mモデル専用に開発された軽量エキゾーストシステムは、標準装備のものよりも約30%軽量。チタン製のテールパイプは、ノーマル車両とは異なり、センターの4本出しデザインになる。 Mパフォーマンスの「モータースポーツフォイル」で、外装をカスタマイズすることも可能だ。ラッピングには、BMW Mの青、赤、紫の3色が表現されており、車両の形状に合わせてカスタマイズされている。 BMW M3 初のワゴン、「Mパフォーマンスパーツ」設定 ◆スポーツサスペンションとスポーツブレーキパッド 足元には、Mパフォーマンスの2種類のホイールが用意される。フローズンガンメタルグレーのYスポーク鍛造ホイールは、フロントが19インチ、リアが20インチ。独自のデザインと、高剛性かつ軽量設計により、高速域での空気抵抗を低減するという。 また、フローズンゴールドブロンズ、またはジェットブラックのマット仕上げのクロススポーク鍛造ホイールも設定した。こちらは、フロントが20インチ、リアが21インチサイズとなる。 Mパフォーマンスのスポーツサスペンションは、さまざまなサーキットで開発された。コイルオーバーサスペンションにより、車高を調整できる。スポーツブレーキパッドは、より短い制動距離、より優れた応答特性、高い耐熱性を発揮するという。 ◆内装にカーボンとアルカンターラのパーツ カーボン製インテリアトリムは、マットコーティングされたカーボンにアルカンターラを組み合わせた。複雑なプロセスを経て、手作業で生産される。センターコンソールには、Mパフォーマンスのアルカンターラ製ニーパッドが2個装着できる。 アルカンターラのMパフォーマンスセンターアームレストを装着すると、レーシングカーのコックピットの雰囲気を演出するという。BMW MカラーのステッチとMパフォーマンスのロゴを配した。LEDドアプロジェクターは、「M Performance」またはBMW Mの50周年を記念する「50 Jahre BMW M」のロゴが選択できる。 バックレストカバーは、運転席と助手席をレーシングカーのように仕立てることができる。カーボンファイバー製のヘッドレストトリムは、ポリウレタンラッカー仕上げによる光沢が特長だ。残りの部分のパネルは、アルカンターラでトリミングされており、アルミ製のMパフォーマンスエンブレムが添えられている。

View more: BMW M3 初のワゴン、「Mパフォーマンスパーツ」設定

また「権田の18秒」!!魂のセーブ連発「散々、批判された」コスタリカ戦の“地獄”から再び“天国”へ

シュートをブロックするGK権田(AP)  ◇W杯カタール大会1次リーグE組 日本―スペイン(2022年12月2日 ハリファ国際競技場)  サッカーFIFAワールドカップ(W杯)カタール大会1次リーグE組の日本代表は2日、スペインと対戦し、2―1で逆転勝利。2勝1敗で勝ち点を6に伸ばして、2大会連続決勝トーナメント進出を決めた。日本は1位突破で、決勝トーナメント1回戦はF組2位通過のクロアチアと6日午前零時に対戦する。  11月23日のドイツ戦で18秒間に神セーブ4連発を見せたGK権田修一(33=清水)がまた輝きを放った。2―1の後半43分49秒にアセンシオの左足シュートをセーブすると、44分7秒にはオルモのシュートをキャッチ。仮に同点とされてドローの場合は1次リーグ敗退だった。魂の16秒が、日本を救った。  11月27日のコスタリカ戦では相手シュートにタイミングが合わずに両手で触れながら決勝点を許した。「その1本を止められずに散々、批判された。そこをしっかり止めるのがきょう勝つために必要で、そこができた」。クロアチアとの決勝トーナメント1回戦。“権田神”は三たび、降臨する。

View more: また「権田の18秒」!!魂のセーブ連発「散々、批判された」コスタリカ戦の“地獄”から再び“天国”へ

東証大幅反落、終値は448円安 円高進行で業績悪化懸念、全面安

 2日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は大幅反落した。外国為替相場で円高ドル安が進み、製造業を中心に業績が悪化するとの懸念から売りが膨らみ、全面安となった。  終値は前日比448円18銭安の2万7777円90銭。東証株価指数(TOPIX)は32.48ポイント安の1953.98。出来高は約13億3329万株だった。

View more: 東証大幅反落、終値は448円安 円高進行で業績悪化懸念、全面安

世界的なツル越冬地・出水 衰弱・死んだ個体回収、初めて1000羽超す 鳥インフル拡大背景、大量死リスク浮き彫り

世界的なツル越冬地・出水 衰弱・死んだ個体回収、初めて1000羽超す 鳥インフル拡大背景、大量死リスク浮き彫り  鹿児島県の出水平野で死んだり衰弱したりして回収されたツルが1日、今季1039羽となり、初めて1000羽を超えた。過去最多だった2020年度125羽の約8倍で、前例のないペースとなっている。ツル同士の鳥インフルエンザウイルス感染が広がっているとみられ、これまで指摘されていた一極集中による感染症の大量死リスクが浮き彫りになった。  11月1日に東干拓で衰弱したナベヅルが回収されたのを皮切りに、18日はわずか1日で92羽が回収された。遺伝子検査数も急増し、県は5~10羽のうち1羽程度を選ぶ抽出検査に移行。9割以上の高確率で高病原性の鳥インフルエンザウイルスが検出されている。  イスラエルのツル生息地でも昨季、5000羽以上のクロヅルが死んでおり、鳥インフルエンザが原因とされる。出水で検出されたウイルスと近縁であることも分かっている。  出水での感染拡大の要因として専門家が指摘するのが、ツル同士の飛沫(ひまつ)感染の可能性だ。今まではカモ類から、ねぐら水を媒介してツルに感染するとみられていた。しかし、今季はツルの体内から見つかるウイルス量が多く、体外に放出されやすい特徴がある。ねぐら水から検出されるウイルスは例年より少ない。  出水平野には、世界に生息するナベヅルの9割、マナヅルの5割が飛来するとされ、以前から感染症まん延による大量死が懸念されてきた。分散化に向け、山口県周南市に出水から移送する取り組みは期待された成果は出ていない。今季も環境省や鹿児島県が給餌の量や場所を調整し過密化を解消しようとしているが、感染収束は見えない。県自然保護課は「現時点ではできることが限られている。ウイルスの拡散を防ぐため、迅速に死骸を回収していく」としている。  出水では21年度、1万6840羽を観測、25季連続で1万羽を超えた。今季は鳥インフルエンザ拡大のため一度も羽数調査をしていない。 ツル観察センター近くでえさをついばむツル。例年に比べ閑散としている=11月30日、出水市荘

View more: 世界的なツル越冬地・出水 衰弱・死んだ個体回収、初めて1000羽超す 鳥インフル拡大背景、大量死リスク浮き彫り

新「ANAの部屋」、福岡のホテルに誕生へ!! 濃すぎる工夫の数々とは 「ウミガメ巨大機」全面推し!

12月17日から提供開始  ANAクラウンプラザホテル福岡の一室に、ANA(全日空)のコンセプトルーム「ANA ROOM FUKUOKA」が誕生します。2022年12月9日から予約開始となり、提供は12月17日から開始されるとのことです。 【写真】どの角度から見ても濃い! 「ANA ROOM FUKUOKA」を擬似探訪 「ANA ROOM FUKUOKA」のイメージ(画像:ANA)。 「ANA ROOM FUKUOKA」は、広さを兼ね備えたクラブデラックス・キングリビングルームを、“ANA一色”の部屋へリニューアルします。価格は1泊2万4000円から(2名1室利用時/税金・サービス料含む)です。  この部屋のベッドルームは、「ウミガメ」の特別デザインを施し、成田~ホノルル間を飛行する超大型旅客機エアバスA380「フライングホヌ(FLYING HONU)」をモチーフとした装飾に。リビングルームにはボーイング787のシートや、ボーイング767のタイヤホイールを加工製作したテーブルを設置します。  また、室内では本物の航空機パーツの展示のほか、ANAアメニティも準備。ここでしか手に入らない宿泊特典も用意されるとのこと。このほか、ANAラウンジで使用しているアロマオイルや機内で流れている音楽での出迎えや、各空港や機内で見かけるデザインもとり入れられるとしています。

View more: 新「ANAの部屋」、福岡のホテルに誕生へ!! 濃すぎる工夫の数々とは 「ウミガメ巨大機」全面推し!

松下洸平“隼人”、美しい薄明の空を撮る後ろ姿に「背中もイケメン」「絵になる!」の声<アトムの童>

ヤクルト・高橋奎二が大幅アップで更改 リーグ3連覇狙う来季は「2桁勝利と奪三振タイトル目指す」

「キスしたい」好きな人に言われたら何と答えるのが正解?【近所の店員にひとめぼれした話 Vol.30】

次期NHK会長に〝立候補〟前川喜平氏に賛同4万人筆超「経営委員会が心の底から改心すれば」会長チャンスあり

日大が推薦合格者29人を発表「村神様」の弟・村上慶太、山梨学院・榎谷礼央ら/一覧

“脂がたっぷり”ブランド魚「金華サバ」ようやくシーズン到来宣言

【W杯】日本(3・75倍)-クロアチア(2・00倍) 英ブックメーカーはクロアチア優位

「死者を連れ戻す」 ウクライナで遺体を回収し続ける若者たち

自転車で観光スポット巡り楽しんで 免許不要、ツアーや催し多彩に サイクリング拠点本格稼働 兵庫・朝来

スペイン代表選手たちは“再会”を希望も…久保建英「僕たちはクロアチア戦に勝てるように」

【スタバ】対象商品購入で『プレート』がもらえるよ~! なくなり次第終了だぞーー!!

稲垣吾郎『インテリゴロウ』に金谷かほりが登場 “エンターテインメント術”に迫る

OTHER NEWS

Breaking thailand news, thai news, thailand news Verified News Story Network