平手友梨奈 『六本木クラス』の熱演で好評価も「達成感がない」周囲は“心身不安定”を危惧

平手友梨奈

「ディーフェーンス!」

 現在放送中のドラマ『六本木クラス』(テレビ朝日系)で、熱演を繰り広げている平手友梨奈。新木優子の口をふさぎ、竹内涼真とのキスを阻止した冒頭の場面は、既に“名シーン”認定されているほどだ。

 韓国ドラマ『梨泰院クラス』の原作者が平手を猛プッシュし、自身も出演を熱望したという今作において、彼女は圧倒的な存在感を放っている。

’21年に公開された映画『さんかく窓の外側は夜』が語る平手

「放送開始前には“リメイク”への不安の声もありましたが、フタを開けてみれば、老若男女問わずドラマにハマるファンが相次ぎ、中でも平手さんの演技力は絶賛されています。“別次元の演技をしてる”“ひとりだけ本家越えしたのでは?”と、主演の竹内涼真さんや新木優子さん、香川照之さんなど名だたる俳優を“食う”勢いですね」(テレビ誌ライター)

 ’20年にアイドルグループ『欅坂46』を脱退後、『ドラゴン桜』(TBS系)に出演するなど女優としてのキャリアを歩み始めた平手。彼女が出演し、’21年に公開された映画『さんかく窓の外側は夜』の森ガキ侑大監督は、平手の素顔についてこう語る。

「あまり目を見て話してくれないなというのが第一印象で、嫌われているのかなと思ってしまいました(笑)。ただ、撮影が進むにつれて、細かく演出しなくても自分の意図をくみ取ってくれて、心が通じ合えたのかなと。撮影が終わるころには、平手さんの不思議な力にすっかり魅了されてしまいましたね」

 役者としての平手の魅力とは何なのだろうか。

完璧を求めるあまり、心身が不安定に

「負けず嫌いで何事に対してもストイックな部分ですかね。テイクを重ねていくにつれてどんどんお芝居がよくなっていったのを覚えています。また『六本木クラス』もそうですが、平手さんが演じる人物は作品ごとにどれもバラバラ。それでもしっかりとハマっていて、役に対して十分に研究されているなと感じています」(森ガキ監督)

 演技に対する評価が高まったことで、今後は出演作の増加も期待されるが、テレビ局関係者は彼女のストイックすぎる性格について危惧しているという。

「平手さんは自分のパフォーマンスに対して人一倍厳しい性格で知られ、追い込みすぎた結果、アイドル時代にはステージ上で倒れたりケガを負うこともありました。体調不良でイベントや番組を欠席することも珍しくなく、『ドラゴン桜』でも撮影に穴をあけることがあったといわれています。演技力の高さは誰もが認めるところですが、完璧を求めるあまり、心身が不安定になってしまうという不安はぬぐえません」

 他人の意見や評価に流されず、努力してきた積み重ねが今の彼女につながっているのだが、その魅力は“脆さ”をはらんでいる。

「『ドラゴン桜』でも演技力を称賛する声が多く見られたものの、彼女自身は周りに評価されても“達成感をまったく感じない”と語っています。『六本木クラス』で平手さんへの注目がさらに集まりましたが、裏を返せばそれだけ期待値が高まったということ。より一層プレッシャーを感じてしまい、自分を追い込みすぎてしまわないか心配ですね」(スポーツ紙記者)

 時には自分自身を“ディフェンス”してほしい。

森ガキ侑大 映画監督。テレビCM・Webムービーのほか、テレビドラマや長編映画の監督・演出を手がける。主な代表作に、『さんかく窓の外側は夜』『おじいちゃん、死んじゃったって』など

スマホの機能「テザリング」ってどんな意味か知ってる?

三笘薫、対峙したリバプールDFアーノルドを圧倒 英メディア称賛「洗練されたドリブルで惨めさを突き付けた」

機動戦士ガンダム サンダーボルト:10周年記念展にパーフェクト・ジオング ブラウ・ブロやモビルフォートレス・ゾックも

スウェーデン王室ソフィア妃が見せたキュートな公務ファッション

守田英正に同僚不満!スポルティング移籍後初ゴールでインスタ更新も…

作業はいつも命がけ!「荷さばき」トラックの過酷な労働環境と監視の目、荷主は配送員に路駐リスクを押し付けるな

【ドル円週間見通し】上げ渋りか 日本の円買い介入も警戒

サグラダ・ファミリア 「福音史家の塔」の彫刻一部公開

ロシア国防省 ウクライナ東部リマンからの撤退発表、北東部ハルキウ州では車列への攻撃で子ども含む市民少なくとも20人死亡

富山チューリップテレビが”視聴数100倍”「納得の理由」

大雪山系の紅葉見納め 旭岳はもうすぐ初冠雪 北海道

寒い冬はユニクロが儲かる!今年、ファストリの株価はどうなる?

巨人・ウォーカー、来季も残留確実 アンドリース&ビエイラは退団濃厚、ポランコは去就未定

10年前にソニーの株を「100万円」買っていたら、今いくらになっている? 驚きの金額に…

とちぎ国体開幕「栃の葉」以来42年ぶり 11日間の熱戦始まる【動画】

巨人・坂本勇人、歴代20位タイの通算2203安打 二塁打数は歴代8位のミスターまで2本

NEWS RELATED

「管理人を殺そうと火をつけた」 北海道・無料宿泊所放火

赤色灯を回す消防車(写真はイメージ)  北海道北広島市の無料宿泊所が放火されて2人が死亡した事件を巡り、現住建造物等放火容疑で逮捕された無職で入居者の、荻野正美容疑者(67)が「管理人を殺そうと思って火をつけた」と供述していることが1日、捜査関係者への取材で明らかになった。道警は死者の1人が、事件後連絡の取れていない男性管理人とみて身元の確認を進めるとともに、動機を含め、事件の背景を調べている。  火災は9月30日早朝、北広島市中央2の2階建て共同住宅「ロジック21」で発生。男性1人が病院に搬送され、焼け跡から男女計2人の遺体が発見された。司法解剖の結果、死因はともに焼死と判明。道警に現行犯逮捕された荻野容疑者は「灯油を自分の部屋にまいて火をつけた」と、容疑を認めているという。  道警などによると、ロジック21はNPOが生活困窮者などのために運営する無料宿泊所。出火当時、管理人や荻野容疑者を含めた計15人が滞在中だった。  道警は10月1日、荻野容疑者を殺人と現住建造物等放火の疑いで送検した。【谷口拓未】

View more: 「管理人を殺そうと火をつけた」 北海道・無料宿泊所放火

「警察には言わないで」訴えに決断 勤務最終日の店員変えた出来事

感謝状を受け取る叶展代さん=2022年9月13日午前9時6分、滋賀県守山市金森町、茶井祐輝撮影  特殊詐欺かも? でも違っていたらどうしよう――。滋賀県守山市内のあるコンビニ。警察への通報をためらいつつ、レジに立っていたコンビニ店員がいた。勤務最終日に葛藤を乗り越え、特殊詐欺を防いだ。  10年にわたって勤めたコンビニ。制服に袖を通すのは、この日が最後のはずだった。  8月31日、叶展代(のぶよ)さん(58)は、ファミリーマート守山小島町店で最後の勤務に入った。介護のため、8月いっぱいでやめることになっていた。  午後3時半ごろ、高齢の女性が来店した。「電子マネーの送り方を教えて。娘に送る」と女性は話した。  女性が求めたのは「ビットキャッシュ」。オンラインゲームの課金からネット通販の支払いまで用途は様々。ファミリーマートでは、店内の端末で申込券を取得し、レジに持って行って購入できる。  叶さんがコールセンターに問い合わせるよう促すと、女性は電話をかけ始めた。しばらくしてレジに申込券を持ってきた。上限額の5万円分のものを11枚。  高齢者が電子マネーを買いに来ること自体は珍しくない。だが、50万円超という額に、詐欺かもしれないと疑った。  「高額ですね。本当に娘さんにあげるんですか」  「娘にあげるんです」  女性はあくまでそう言い張った。今までは、「詐欺かもしれない」と言って販売せずに帰ってもらっていた。「詐欺じゃなかったらどうしよう」と思い、警察に連絡することができなかった。  そんな叶さんの気持ちを変える出来事が、前日に起きた。  8月30日の同店。店員の長崎陽之(きよゆき)さん(45)は3回連続で4万円の電子マネーを購入しに来た高齢の男性を不審に思い、守山署に通報した。長崎さんから「警察呼んで、詐欺確定した」とLINEで引き継ぎのメッセージが届いていた。  メッセージを見て、「警察を実際に呼んだというのが頭に響いた」と叶さん。これまで、詐欺の可能性を伝えて帰ってもらった人のことも思い出した。  「もしかしたら、帰ったお客さんは別のコンビニに行き、電子マネーを買ってだまし取られたかもしれない」  「これは止めないと」。最後の出勤日に現れた高齢の女性を前に、そう思った叶さん。女性は「絶対に警察には言わないで」と訴えていたが、本人が実の娘に電話し始めた隙に守山署へ通報した。  同僚店員の正村裕美さん(51)が女性に電話を代わってもらって娘に事情を伝えると、娘は「何のこと? 近くにいるんで行きます」と話した。  守山署員と娘がかけつけ、女性は電子マネーの購入をやめた。署によると、女性は老人ホームの入居に絡み、金銭を要求されていたという。  守山署は9月13日、特殊詐欺を防いだ叶さん、正村さん、長崎さんの3人に署長感謝状を贈った。  舩越剛之署長は、「警察に電話するのは勇気がいるかもしれませんが、間違ってもいいのでこれからも電話してください」と呼びかけた。  贈呈式のため、もう一度ファミリーマートの制服を着た叶さん。「最後の日に、今までできなかったことができてうれしいです」と笑顔を見せた。(茶井祐輝)

View more: 「警察には言わないで」訴えに決断 勤務最終日の店員変えた出来事

【ヤクルト】つば九郎「もえるとうこんは、もえつづけています」ブログで猪木さんしのぶ

ヤクルトの人気球団マスコットつば九郎が、オフィシャルブログを更新し、1日に亡くなったアントニオ猪木さんをしのんだ。 「もえるとうこん。」と題した投稿で、冒頭に猪木さんのスピーチ「道」を引用。その上で以下のようにつづった。(原文まま) ぼくのこころのなかでは、もえるとうこんは、もえつづけています。 だいすきな、そんけいする、あんとにおいのき。 たくさんのおもいでをありがとうございました。 さいごまでいきざまをみせてくれてありがとうございました。 いのきさん、やすらかに。 1・2・3だぁ~っ! きょうのぶろぐは、ここまでにさせてください。 アントニオ猪木さんとは、10年6月26日阪神戦(神宮)の5回終了後のイベントで「共演」している。 10年6月、「みんなでカンパイ ギネス記録挑戦」イベントでトラッキー(左)、つば九郎(右)と「イチ、ニー、サーン、かんぱーい」とスタンドのファンと乾杯

View more: 【ヤクルト】つば九郎「もえるとうこんは、もえつづけています」ブログで猪木さんしのぶ

BTSがディズニープラスのおすすめを紹介する『BTS:PERMISSION TO DANCE ON STAGE‐LA』特別映像公開

BTSがディズニープラスのおすすめを紹介する『BTS:PERMISSION TO DANCE ON STAGE‐LA』特別映像公開  ディズニープラスで現在配信中のBTSのコンサートフィルム『BTS:PERMISSION TO DANCE ON STAGE‐LA』より、特別映像第2弾として、BTSメンバーがディズニープラスのおすすめ作品を紹介するスペシャルムービーが解禁された。  『BTS:PERMISSION TO DANCE ON STAGE‐LA』は、世界的K‐POPグループのBTSが、2021年、約2年ぶりにロサンゼルスのSoFiスタジアムで有観客とオンラインにて開催し、約80万人を熱狂させたライブパフォーマンス映像。大ヒット曲「Butter」「Dynamite」から過去の名曲までを圧巻のパフォーマンスで披露するほか、サプライズゲストと共演した一夜限りの「Permission to Dance」や、貴重な初出しのバックステージ映像も収めている。  先日公開された“お絵描きダンスクイズ”に挑戦する特別映像に続き、今回第2弾として解禁されたのは、BTSメンバーがディズニープラスのおすすめ作品を紹介するスペシャルムービー。テレビの前に座ったメンバーたちが、ディズニープラスを実際に体験し、それぞれが好きな作品について語っている。  「以前私たちがアフレコ体験したディズニーアニメーション作品を覚えてる?」とJINが尋ねると、「ライオンキング!」「トイ・ストーリー!」「『ズートピア』もやったね!」と、次々とタイトルを思い出すメンバーたち。  そして、実際にディズニープラスの画面を操作しながら、SUGAは「ドキュメンタリー好きだからナショジオ(ナショナルジオグラフィック)よく観る」、RMは「『ワンダヴィジョン』強くおすすめします!」と語るなど、おすすめ作品トークが始まる。ノリノリで「『リメンバー・ミー』が好き!」と話すJIMINには、メンバー一同が「面白いよね!」「評価が9点以上!」と大盛り上がり。  JUNG KOOKが好きな『アベンジャーズ/エンドゲーム』の話題になった際は、「隣で観ててJUNG KOOKワーワー泣いてましたよ」とJIMINが暴露する一幕も。Vが、おすすめ作品『ウォーリー』について「この作品はピクサー作品の中でユニコーン(?)のような作品です。ウォーリーは『ウォーリー♪』しか話せないんですよ」と熱弁し、J‐HOPEから「Vは?」と聞かれると「ヴォ~」と返すなど、キュートなやり取りを見せる。  そして最後は、Vが『BTS:PERMISSION TO DANCE ON STAGE‐LA』をさわやかにPRして終了。まるでBTSと一緒に自宅でくつろいでいるような気分が味わえる、ファン必見の映像となっている。  『BTS:PERMISSION TO DANCE ON STAGE‐LA』はディズニープラスにて独占配信中。

View more: BTSがディズニープラスのおすすめを紹介する『BTS:PERMISSION TO DANCE ON STAGE‐LA』特別映像公開

標高730mから秋の空中散歩 「雫石紅葉ロープウエー」 10月8日営業開始

標高730mから秋の空中散歩 「雫石紅葉ロープウエー」 10月8日営業開始  「雫石紅葉ロープウエー」の運行が10月8日からスタート。ロープウエーに乗って上空からカラマツ、モミジ、カエデなどのカラフルな紅葉風景を観賞できるほか、高倉山トレッキングを楽しむこともできる。山頂駅舎付近にはドッグランがあり、ワンちゃんも乗車可(条件あり)。往復乗車料金は大人1500円、小学生1000円、ワンちゃん600円。運行日は11月6日までの特定日。乗車券が付いたお得な宿泊プランも用意。詳しくはHPをチェック! 〔問〕雫石プリンスホテル 019・693・1114

View more: 標高730mから秋の空中散歩 「雫石紅葉ロープウエー」 10月8日営業開始

「発注ミスしました!助けてください」顧客の同情を誘う「発注ミスPOP」、本当にミスしているのか…?

ネット上でもよく見る「発注ミスPOP」 ≪発注ミスによって在庫過多になってしまいました……お客様、助けてください!≫ ――スーパーマーケットやディスカウントストアなどで、このような悲痛なお願いが書かれた販促用のPOPを目にしたことはないだろうか。 近年、SNSでの拡散により、急激に認知度が高まってきた“発注ミスPOP”。スーパーなどの小売店において、発注担当者のミスで大量に仕入れてしまった商品を売り切るために、消費者の同情を誘い買ってもらおうとする販促方法だ。 発注ミスがSNSで広まって大量の商品が完売することもあり、これまでは比較的にネット上の美談として受け止められてきた。しかし、昨今ではあまりにも類似したPOPがSNS上に溢れかえってしまったため、「わざとやっているのでは?」、「ありきたりすぎて新鮮味がない」と訝しむ声も少なくない。 また、7月17日にTwitterで、ブラック企業アナリスト・新田龍氏が投稿したツイートによってさらに不信の声が広がっているようだ。 ≪『発注ミスしました!助けて下さい!』 私の苦手な言葉です。 ・客の善意につけ込んでるようにしか見えない ・担当者はミスを繰り返すな。開き直るな ・経営者は誤発注を防ぐ仕組みを構築しろ ・卸も異常値発注が来たら確認しろ 『どうせ販促手段でしょ』と警戒され、本当に困った時に使えなくなるよ…≫ — 新田 龍(ブラック企業アナリスト) (@nittaryo) 新田氏によるこのツイートは、2.1万以上の“いいね”を獲得(9月29日現在)しており、続くツリーでは「まさにその通り」、「反省している感ゼロ」など発注ミスPOPに批判的なコメントが多く寄せられていた。 よくも悪くも世間に浸透してきている発注ミスPOPだが、いったい小売業界では何が起きているのだろうか。そこで今回は、スーパーマーケットのコンサルティングを行う経営コンサルタントの新谷千里氏、流通ジャーナリストの西川立一氏に、発注ミスPOPの実情について詳しく解説していただいた。 本当に発注ミスしたのか? はじめに、本当に発注ミスをしてしまってPOPを出しているのか、それとも実は発注をミスしているのではなく、販促のためにウソのPOPを出しているのか、どちらのケースが多いのか教えていただこう。 「大多数の店舗は本当に発注ミスをしてしまい、発注ミスPOPを出していると考えられます。発注を行うのは人間ですし、10品を100品と間違って仕入れることも起こりうるでしょう。ですから発注ミスという事実がないにもかかわらず、ウソをついてわざとそういったPOPを出す小売店は少ないと思います。 小売店からしてみれば、ウソの発注ミスPOPを出して目先の利益を得るより、長期的に考えて客との信頼関係を築くほうが大事です。例えば店舗内で発注ミスPOPが増えすぎてしまうと、『どうなっているんだ』と不安に思う客も出てくるでしょう。 誤発注が多発する店なんて信用できないから通うのをやめようと、客足が遠のくリスクもあります。そのため、あまりに多用すると、店側にとっては信用を失うというデメリットのほうが大きいと思います」(西川氏) 新谷氏もおおむね同意見のようで、小売店の売上は客との信頼関係によって成り立つものだと指摘する。 「スーパーマーケットは、週に2回から毎日来店する客が大半です。ですから発注ミスPOPを頻繁に出すと、定期的に訪れる客に不信感を与えてしまい、その商品はいくらか売れても、徐々に店全体の売上に悪影響を及ぼす恐れがあります。 また店と客の距離が近い店舗だと、どの担当者がどんなミスをしたのかわかってしまいますし、仮に発注ミスがウソだった場合、“〇〇さんらしくない”と客に看破されてしまうこともあるかもしれません。当然、偽ったことが発覚すれば信用失墜につながります」(新谷氏) なお両氏いわく、こういった発注ミスPOPは、業界内ではマーケティング手法としては確立されていないとのことだ。 Photo by iStock むしろ発注ミスが増えているワケ ウソの発注ミスPOPを出す小売店が少ないことはわかったが、よく目にするようになったという声はネットを中心に散見される。増加した理由はあるのだろうか。 「経営コンサルタントの小阪裕司さんがある雑誌で書いていた、『高級プリンを大量に誤発注してしまったあるスーパーが、手書きでPOPを書いたら完売した』という話は大きな影響を与えたのではないかと思います。 こんな販促方法があるのかと目から鱗が落ちた業界関係者は多かったのではないでしょうか。『お客との絆で売れる』ということではなく、手法として真似する店が増え、現在に至ったのではないかと考えられます」(新谷氏) また西川氏によると、店の発注方法が変化した影響も大きいという。 「インターネット普及前のスーパーマーケットでは、電話やFAXで発注することが一般的でした。その時代には電話口で数を確認したり、手書きの発注リストを送ったりしていたので、確認できるタイミングがあった分だけ発注ミスは今よりも少なかったはずです。 しかしネット環境の整備が進むにつれて、ハンディターミナルという端末で発注できるようになり、現在はスマホで行えるところも多くなりました。その分、ヒューマンエラーで入力ミスが起こりやすくなり、ネット普及以前と比べて発注ミス自体が増えているのではないでしょうか」(西川氏) 電話したり紙に書いたりと煩雑だった発注が、スマホひとつで完結するのは確かに便利。だが発注までのプロセスが簡略化された分、ミスを引き起こしやすくなっているのも否めないのかもしれない。 Photo by iStock 現実問題、発注ミスをなくすのは難しい スマホ時代の誤発注を防止するため、ミスをチェックする体制やシステムはないのだろうか。 「大手コンビニのようにスケールメリットがあり、高度のシステムを持った企業の店舗では、発注数が普段と1桁でも違えばアラームが鳴るような仕組みが導入されている場合が多いです。 けれどもスーパーマーケット全体で見ると、そういった事前にチェックできるシステムを完備しているところは圧倒的に少ないというのが私の所感です。通常、発注は担当者が一人で行うものであり、上司が逐一チェックしているわけではないので、現場任せとなっています。ですから発注ミスを完全になくすのは非常に難しいでしょう」(新谷氏) 発注担当者以外がいちいちチェックするのは現場の負担が増すし、コンビニのようにミス防止のためのシステムを新規導入するには膨大なコストがかかってしまう。小売店としても発注ミスは避けたいところだろうが、費用対効果を考えるとそこまで人員投入や設備投資できないというのが実情なのかもしれない。 一方、商品を卸す卸売業者側から発注ミスを防ぐ助力をするのは難しいようだ。 「過去に例がないほど極端な数字の大量発注が来た場合などは、さすがに小売店側に連絡して確認するでしょうが、基本的に卸売業者は発注をそのまま受けて納品するというスタンスです。 なぜなら、小売店側がセールや特売を開催する可能性があったり、そもそもいちいち連絡するようなサポートサービスをやる余裕がなかったりと、卸売業者も小売店側に踏み込めない事情があるからです」(西川氏) ...

View more: 「発注ミスしました!助けてください」顧客の同情を誘う「発注ミスPOP」、本当にミスしているのか…?

トム・ハンクス 自分の映画で秀作は4つだけ フォレスト・ガンプ?フィラデルフィア?

トム・ハンクス 自分の映画で秀作は4つだけ フォレスト・ガンプ?フィラデルフィア? 俳優トム・ハンクス(66)が、自分の出演した映画の中で秀作は4つだと明かした。『フォレスト・ガンプ』、『フィラデルフィア』、『トイ・ストーリー』、『ウォルト・ディズニーの約束』、『めぐり逢えたら』、『グリーン・マイル』など多くの作品で主演を務めてきた。その長く多岐にわたる俳優としてのキャリアをもってしても、映画製作はアートであり未だに神秘であると強調する。 ピープル誌のインタビューでトムはこう語った。「みんなわかっているつもりだけど、誰もどうやって映画が作られるのか分かっていないんだ」「私は今まで散々映画製作にかかわってきたけど、未だにどうやって映画が形作られるかには驚かされるんだ。ちなみにその内4つはとても素晴らしいと思う」「アイデアが浮かぶところから、スクリーンイメージがゆらゆらと浮かんだり、プロセスの全てが奇跡的なんだ」 作品名については具体的に挙げなかった。来年5月に出版予定の初の小説『ザ・メイキング・オブ・アナザー・メジャー・モーション・ピクチャー・マスターピース』と映画製作の無限の可能性について、「映画のネタは何年前にもさかのぼることが出来る。物語は誰かの人生のある瞬間を映し出すが、その現在の瞬間が過去のそれにまつわる逸話を拡大して見せるんだ。1947年にたち戻ることは意味がある。例えば1559年に遡るかもしれない。人間の何かを思う気持ちは時間に関係ないことは証明されているんだ」と続けた。 さらに俳優業についてこう話してもいた。「映画製作は長期にわたって、たくさんの喜びの瞬間と同じだけの自己嫌悪感を伴う大変な仕事だ」「世界で一番素晴らしい仕事であり、私の知っている限り最も複雑な労働なんだ」「この本が偶然の判断と軽い批評が映画の公式見解になった瞬間をできるだけ多く捉えており、私が俳優の映画俳優の労働組合に加入して以来目撃し(そしてやらかした)ありのままを 映し出す鏡となることを願っている」 (BANG Media International/よろず~ニュース)

View more: トム・ハンクス 自分の映画で秀作は4つだけ フォレスト・ガンプ?フィラデルフィア?

ウクライナ軍が東部要衝リマンを奪還

 【キーウ共同】ウクライナメディアは1日、ロシア軍が陣取ってきた東部ドネツク州の要衝リマンをウクライナ軍が奪還したと伝えた。

View more: ウクライナ軍が東部要衝リマンを奪還

誰のため、何のための東京五輪だったのか 白井聡×望月衣塑子「五輪汚職」対談

エンゼルスが大谷と来季契約合意 調停3年目の選手として史上最高額

メッシュグリルがクールなトヨタ新型「ハリアーPHEV」ついに出た! 中国「ヴェンザ」とソックリだった!?

キャリア、恋愛、友情…ソン・イェジン主演ドラマ『39歳』から26歳女性が学んだこと

コロナとインフル「同時接種」副反応はどうなる? この冬いよいよインフルエンザとの同時流行か

業務装い営業秘密取得か=競合社への転職伏せ指示―かっぱ寿司社長

希望も乗せて 只見線11年ぶり全線再開、沿線に多くの住民やファン

御城印や三傑印 館林市観光協会が4種発売

古代ローマの「医師の君主」が医学の進歩を“1000年以上”遅らせた…その「残念すぎる理由」とは?

JR只見線・全線再開初日に…下りの始発列車で車両トラブル

山梨県富士河口湖町にグランピング施設がオープン、特徴は?

「自社株買い」が減少の兆し 米株価に新たなマイナス材料【】

OTHER NEWS

Breaking thailand news, thai news, thailand news Verified News Story Network