歌舞伎座「八月納涼歌舞伎」第三部は19日中止 関係者がコロナ感染

歌舞伎座

 松竹は18日、東京・歌舞伎座「八月納涼歌舞伎」第三部の複数の舞台関係者が新型コロナウイルス感染症「陽性」と確認されたと公表した。

 19日の第三部は上演を中止する。

 20日以降の第三部公演に関しては追って発表するとしている。

富山チューリップテレビが”視聴数100倍”「納得の理由」

大雪山系の紅葉見納め 旭岳はもうすぐ初冠雪 北海道

寒い冬はユニクロが儲かる!今年、ファストリの株価はどうなる?

巨人・ウォーカー、来季も残留確実 アンドリース&ビエイラは退団濃厚、ポランコは去就未定

10年前にソニーの株を「100万円」買っていたら、今いくらになっている? 驚きの金額に…

とちぎ国体開幕「栃の葉」以来42年ぶり 11日間の熱戦始まる【動画】

巨人・坂本勇人、歴代20位タイの通算2203安打 二塁打数は歴代8位のミスターまで2本

笑顔でサヨナラのカトパンはニュース番組に向いていなかったのか?…3年半での卒業で感じた女子アナの適性

アングル:コロナで豪ネットギャンブル大盛況、損失は世界最大

アングル:「何もかも高い」、米国への旅行者がドル高に悲鳴

女性の「なんでもいい」を勘違いした男性がはまる罠、女性の真意は?

「変な言い訳ばかりで面白い」子ども傍聴人も呆れた無免許運転男の開き直り

【元担当記者が悼む】あの有名な「道」 一体誰の詩なんですか?の質問への答えは私の“道”に

【MLB】大谷翔平、「2番・DH」で先発出場へ 18試合ぶり35号&自己最長16戦連続安打に期待

『鎌倉殿の13人』第38回 義時、父・時政の屋敷を包囲 攻め込む機会をうかがう

コロナ禍で「収入ゼロ」になった人も…現役が語る「フリーランス」という働き方

NEWS RELATED

エンゼルスが大谷と来季契約合意 調停3年目の選手として史上最高額

エンゼルスが大谷と来季契約合意 調停3年目の選手として史上最高額 日本時間10月2日、エンゼルスは来季で調停期間3年目を迎える大谷翔平との調停を回避し、年俸3000万ドルの1年契約で合意したことが明らかになった。調停3年目の選手としては2020年にムーキー・ベッツが結んだ1年2700万ドルを超える史上最高額で、大谷にとっては2021-22シーズンの2年850万ドルから大きなジャンプアップとなっている。 現在28歳の大谷は今季ここまで投手として161イニングを投げて防御率2.35、213奪三振、打者としては152試合に出場して打率.276、34本塁打、94打点でOPS.888と昨年に続き二刀流として歴史的なシーズンを送っており、投打にエンゼルスを牽引している。過去に例を見ない活躍を見せているため調停となれば難しいプロセスを経ることが予想されていたが、そのような状況を回避する契約合意となった。 エンゼルスはこの契約により来季の年俸総額が約1億3300万ドルまで確定している。昨シーズンおよび今シーズンの年俸総額はおよそ1億8000万ドル程度のため、例年通りであればオフの補強費は最大でも5000万ドル程度と潤沢とはいえない額。また、オーナーであるアート・モレノ氏がチームの売却を模索していることがすでに明らかになっており、その動向も含めて不透明なオフシーズンを迎えることになりそうだ。

View more: エンゼルスが大谷と来季契約合意 調停3年目の選手として史上最高額

メッシュグリルがクールなトヨタ新型「ハリアーPHEV」ついに出た! 中国「ヴェンザ」とソックリだった!?

PHEV搭載で93kmのEV走行が可能に  トヨタの人気SUV「ハリアー」に初のプラグインハイブリッド搭載車(以下、新型ハリアーPHEV)が設定され、2022年10月31日に発売されます。  4代目となる現行ハリアーは2020年6月に登場。当初から2リッターガソリンと2.5リッターハイブリッドをラインナップしていましたが、デビューから2年以上が経過し、待望のPHEVが設定されました。 PHEVを搭載するトヨタ新型「ハリアー」 PHEVを搭載するトヨタ新型「ハリアー」 【画像】ハリアーPHEVとヴェンザがめちゃ似てる! ギラ顔カスタム「モデリスタ」早くも登場!(22枚)  新型ハリアーPHEVは2.5リッターエンジンと総電力量18.1kWhのプラグインハイブリッドシステムを搭載。EV走行距離は93kmを達成し、モーターが走行性能を高めるとともに、低重心による優れた操縦安定性を実現しています。  なお、フロントとリアにそれぞれ駆動用モーターが搭載されるE-Four(四輪駆動)となります。  また、最大1500W(AC100V)の外部給電システムや後席シートヒーター、床下透過表示機能付パノラミックビューモニターを標準装備するなど、ハリアーの最上級グレードとして機能も充実。  新型ハリアーPHEVの外観は専用のメッシュグリルを装着したほか、ドアミラーがブラックになるなどガソリン車・ハイブリッド車と差別化が図られました。内装はインパネからドアトリムへ金属メッシュ質感のダークレッドパイピングオーナメントを採用しました。  そんな新型ハリアーPHEVの登場に、SNSでは「新型ハリアーPHEVカッコいいですね。早く実車が見たいです」「ぱっと見あまり変わらないような気もするけど、やっぱりカッコいい!」といった声が寄せられたなか、「グリルのデザインが中国版『ヴェンザ』と似てる」といった投稿も。  中国では広汽トヨタが「ヴェンザ」という車名でハリアーの姉妹車を販売しており、今回に日本で登場した新型ハリアーPHEVと同じくメッシュグリルを採用しています。  一方で、ヴェンザのフロントフェイスはトヨタマークの周囲が前方に突き出したように見えるデザインが大きな特徴となり、マーク周辺にガーニッシュを装着する新型ハリアーPHEVとはひと味違う顔といえます。  なお、アメリカでもヴェンザとしてハリアーが販売されますが、こちらは日本仕様とほぼ同じデザインです。 ※ ※ ※  PHEVの追加とともに、ガソリン車・ハイブリッド車も一部改良がおこなわれ、エアコンの操作パネルが変更されたり、コネクティッドナビ対応のディスプレイオーディオの採用や、12.3インチの大画面ディスプレイを設定したほか車載ナビが搭載されます。  加えて、12.3インチTFTカラーメーター+マルチインフォメーションディスプレイを新たに装備。欧州の「RAV4」や「ハイランダー」に採用された先進的なデジタルメーターが、日本仕様のハリアーにも導入されました。  新型ハリアーの価格(消費税込)は、プラグインハイブリッド搭載車が620万円、ガソリン車が312万8000円から453万8000円、ハイブリッド車が371万8000円から514万8000円。  ガソリン車とハイブリッド車は10月4日に発売されます。

View more: メッシュグリルがクールなトヨタ新型「ハリアーPHEV」ついに出た! 中国「ヴェンザ」とソックリだった!?

キャリア、恋愛、友情…ソン・イェジン主演ドラマ『39歳』から26歳女性が学んだこと

『愛の不時着』のソン・イェジンが主演 最近、数年後の「未来の自分」を、想像できなくなった。 自然災害、疫病感染、戦争、銃撃事件……。映画の中や遠い国のことのように思える出来事がたった十数年の間に身近で起こっており、過去に起きた無差別殺人事件やテロ、悪質な犯罪などについても考えると、現在26歳の筆者は生きていること自体が奇跡のように感じる。 「将来どんなキャリアを築きたい?」や「何歳で結婚したい?」と周囲によく聞かれるが、自分の身を守ることで精一杯なのに、5年後どういう風に働いているかはうまく描けず、家庭を持つことなんかは正直まだ全く想像できないのが本音だ。 現在のように、安全に過ごせて仕事に集中できる環境が5年後、10年後、30年後、あるのだろうか。そして、私はいつか家庭を持たないと不幸なのか。終わりのない不安について考えていた頃、韓国ドラマ『39歳』に出合った。『39歳』はタイトル通り40歳を手前にした独身女性3人の人生を映したドラマであり、『愛の不時着』以来初めてソン・イェジンが主演を果たしたことでも注目を浴びた作品だ。 『39歳』主演のソン・イェジン/Photo by Gettyimages 『39歳』には、26歳の筆者が将来のために覚えておきたい学びがいくつかあった。ドラマでは1話ごとに3人の女性に隠されたあらゆる事実が明らかになっていく。同時に、胸が張り裂けそうなほど悲しい展開も多数ある。感想を一言に収め難いドラマだが、今回はドラマにおける「我々の私生活に身近な設定と展開」に注目し、26歳の筆者がドラマで得た学びをまとめた。 *以下、内容によっては、ドラマのネタバレを含む部分もあるため、注意しながら読み進めていただきたい。 3人の39歳女性が送る「日常」 『39歳』は2022年2月から、韓国の有料放送JTBCとネットフリックス上で公開された。メインキャラクターのチャ・ミジョ( ソン・イェジン)、チョン・チャニョン (チョン・ミド)、チャン・ジュヒ (キム・ジヒョン) の3人は高校時代に出会い、幸せなときもどん底のときも一緒に過ごしてきた20年来の大親友だ。 しかし、40歳を目前に3人のうち1人がすい臓ガンのステージ4だと診断される。余命数ヶ月の親友が「最高な最後」を迎えられるよう、39歳の女性3人がそれまでの人生を振り返りながら、突きつけられた現実と向き合っていく。 筆者はドラマ『39歳』の見どころであり学びは、メインキャラクターの女性3人の設定にあると考える。ドラマでは、主人公のミジョ、親友のチャニョンとジュヒの特徴から、39歳独身女性の「生き方のパターン」が複数見えた。 主人公のミジョは、皮膚科の院長として働いている。幼少期に裕福な家庭の養子として引き取られ、自らのバックグラウンドに何度も苦しんできたものの、優しい義理の姉と両親に支えられ暮らしてきた。ひねくれ者だが、人情深いキャラクターが作品中で目立つ。39歳の時点では、自立したかっこいい女性として描かれているが、大学時代はその真逆。華やかやおしゃれとは言い難い服装で、勉強づけの日々を送っていた過去がドラマでは描かれている。女性はいつだって垢抜けることができるほか、その時追いかけたい目標は全力で追いかけるべきだとミジョを通して感じた。 一方でチャニョンは俳優を目指してきたものの、39歳の時点では演じる側でなく指導側に立ち、演技コーチとして働いている。元彼のジンソクとは相手に妻子ができても繋がっており、ミジョに不倫だと厳しく指摘されながらもけじめをつけられずに会い続けている。複雑な事情は置いておいて、筆者から見るにチャニョンはメインキャラクターの3人の中で、最も楽しそうに親友たちとの時間を過ごしているように見えた。しかし、39歳ですい臓がんのステージ4を患ってしまう。 もう一人の親友ジュヒは、百貨店で化粧品のセールスマネージャーとして働いている。39歳になっても母親から離れず、仲良く一緒に暮らしている。他にも、親友たちとお酒を飲む時間や部屋で1人の時間を楽しむジュヒは、親近感のある登場人物だった。マイペースだが、精一杯自分の人生を歩んでいるジュヒから、自分自身肩の力を抜いてもいいんだと感じた。 3人の設定は、「堅実に努力しバリバリ働く者」、「夢を追いかけ続ける者」、「目の前のことを精一杯頑張る者」に分かれていた。キャリアを追いかけてもよし、夢を追いかけるもよし、特別なキャリアと夢がなくてもよし。3人とも歩む道は違えど、同じくらい幸せそうに見えた。 中でも、26歳の筆者が最も共感しのめりこんだのは、ジュヒの設定だった。日本では、26歳だと社会人4年目の人がほとんどだ。しかし筆者は、大学卒業後にビジネススクールに通ったためまだ社会人2年目。自分はまだまだ専門的なスキルを学んでいる道中にあり、下積みの日々を送っている一方で、周囲はすでにリーダーを任されていたり、部下を指導する立場にいたりと、キャリアの差を感じることが最近多くなった。正直、社会人2年目とはいえ歳で考えるとそれほど若いとは言えないため、筆者自身焦りを感じながら働いている。 スキルもなければ大きな成果を出しているわけではない。筆者自身キャリアについて悶々と悩んでいたタイミングだったのもあり、ドラマで目の前のことに精一杯頑張るジュヒを見て、後ろめたさが少し軽減した気がした。 現実的な反応を描写した「不倫のシーン」 チャニョンとジンソクの不倫関係は、ドラマの展開で欠かせないポイントだ。20代の筆者は、2人の不倫に対する周囲の反応の描写から、「健全な恋愛をする責任」を感じた。 ジンソクは過去にミジョを通してチャニョンに出会い、恋人関係となる。しかし、裕福な家庭で生まれたジンソクは庶民のチャニョンとの結婚を両親に反対される。しかもその後、ジンソクは交通事故にチャニョンを巻き込んでしまう。一緒に過ごす資格はないと考え、ジンソクはチャニョンに別れを告げて留学する。その後、自暴自棄になっていた頃に出会った女性と「デキ婚」し、ソウルで暮らすことになる。 「チャニョン」役のチョン・ミド/Photo by Gettyimages 妻子がいるジンソクと関係を続けるチャニョンを見て、ミジョは何度も別れるよう厳しく促す。「大事な30代の時間を、『不倫ごっこ』に使ってはいけない」と、ミジョ。チャニョンの両親が娘の不倫を知ったシーンでは、母親が自我を失うほど憤り、言葉とともに家の中にあるものをチャニョンに投げつけた。 ミジョと、チャニョンの両親の反応は当たり前だと感じた人も多いかもしれないが、筆者自身、この不倫に対する「容赦ない描写」を見て背筋が凍った。なぜなら、ただのドラマの中の話と反応だと感じなかったからだ。 筆者が高校生の頃、不倫を描いたドラマ『昼顔』が話題だった。筆者自身高校生ながら、主人公たちが抱える複雑な事情と、どんどん歪んでいく恋愛に面白さを感じ、楽しく視聴していた。しかしドラマでは、「醜いはずの不倫の美しい側面」が最大限に表現されており、どこか「不倫は起きてしまっても仕方がないもの」だとどこか認識したまま今の年齢になったからだ。 他にも、日本のネットメディアや雑誌では、著名人の不倫のニュースや実体験のコラムが定期的に上がっている。歳を重ねれば重ねるほど、残念ながら身近なものになる「人間関係における課題」だと筆者は捉えていた。 実際、過去に筆者の友人が「愛人でもいいから」と言って歳が数十歳も離れた既婚男性と付き合っていたことがあった。彼女は自分より精神的に大人な相手と一緒になって以来、同じ年代や年下との恋愛は全く考えられなくなったと言っていたのを記憶している。 そもそも筆者は、26歳だが人生で恋人がいたことが一度もない。留学にビジネススクール、インターンシップと忙しく過ごしていた学生時代は、「将来はまともに働ける人間にならないといけない」という漠然としたプレッシャーに押しつぶされ、恋愛を楽しむ時間すら惜しく感じていたからだ。社会人2年目で少し仕事に慣れたいま、いざ恋人がほしいと思って交流の場に行ったりアプリに励んだりしているものの、うまくいかず頭を抱えているところだ。 『39歳』では、複雑な事情を抱えたチャニョンとジンソクに対して、「いかなる理由があっても許されるものではない」という描写が何度もあった。歳を重ねるごとに相手を探すことが難しくなるが、「恋愛の責任」もより一層大きくなるものだと痛感した。同時に、ドラマを観ながら不倫していた友人を思い出し、私自身「禁断の果実」をかじってしまわないよう、今度は恋愛をするプレッシャーを感じた。 30代を謳歌している3人 ドラマ『39歳』では、39歳の独身女性3人が楽しい日々を過ごすシーンが何度も出てくる。3人でトッポッキをつまみに晩酌したり、みんなで登山したり、車に乗りながら恋愛相談をしたり、家でテレビを観たり……。派手なディナーや旅行をしなくても、3人でいることで人生のかけがえのない時間を送っているように見えた。 筆者は「よっ友(挨拶する程度の知り合い)」を除くと、友達が5人いる。将来結婚式に必ず来てほしいと思う人たちだ。筆者は学生時代に海外を転々とすることが多かったため、ミジョたちのように彼女たちと高校時代から一度も離れず過ごしてきたわけではないが、彼女らは筆者が帰省したら必ず時間をあわせて会う時間をつくってくれたり、困ったら無条件に味方になって考えてくれたりする。ミジョら3人を見て、改めていまいる「友達」のありがたみを感じた。 筆者はこれまで仕事とプライベートを両立することに苦戦しており、来るもの拒まず去るもの追わずで、人間関係をおろそかにしてしまいがちだった。気づいたら、幅広く知り合いが100人以上できただけだった。『39歳』を見て、いかに5人の友達の存在が人生で大切かを実感したほか、人付き合いや時間の割き方を見直そうと感じた。 独身女性は、やっぱり楽しそう 『39歳』では、ミジョ、チャニョン、ジュヒの暮らしが楽しそうに見えた。「自分も友達とこんな風にいつまでも楽しみたい」と、何度も思った。 筆者の周囲を見ても、充実しているように見える女性の中には独身の30代が多い印象だ。特に、東京の場合は選択肢がとにかく多く、30代の女性はその選択肢を最大限に活用し自らの人生を彩っているように見える。キャリアの選択肢、食事をする選択肢、人口の多さによる恋愛対象者の選択肢、休日を楽しむ選択肢……。選択肢の多さを楽しんでいたら、あっという間に30歳になっていそうだと感じた。 『39歳』のようにあえて独身女性にフォーカスしたドラマを観ることで、独身女性が本来持っている選択肢の多さや人生の醍醐味を知ることができた。働く楽しさ、友人と過ごす楽しさ、家庭を持つ楽しさなど、それぞれ自分のタイミングにあった「楽しみ」を見つけながら生きていきたいと感じた。

View more: キャリア、恋愛、友情…ソン・イェジン主演ドラマ『39歳』から26歳女性が学んだこと

コロナとインフル「同時接種」副反応はどうなる? この冬いよいよインフルエンザとの同時流行か

インフルエンザはこの2年間、人々にすっかり忘れられた存在でした。本当に今季は復活するのでしょうか(写真:ブルームバーグ) 新型コロナ第7波が明らかに収束に向かう一方で、この冬はいよいよインフルエンザとの同時流行との見方が強まっている。 【漫画】家族全員「コロナに感染」自宅療養2週間のリアル 新型コロナ発生以来、インフルエンザの流行は2シーズンにわたって消失していた。冬季の行動自粛や、マスク、換気などの予防策が功を奏した部分もあるだろうが、国をまたいだ人の移動が減少し、ウイルスが流通しなくなったのが最大の理由と考えるのが適当だ。 しかし、渡航制限は急速に解除され、国際的な人の動きが再開している。結果として、オーストラリアなど南半球の国々では今季、インフルエンザが流行した。日本の来たる冬にインフルエンザが流行すると考え、対策を練るべきだ。 危惧を抱いた厚生労働省が新たに認めたのが、新型コロナワクチンとインフルエンザワクチンの同時接種だ。 同時接種でも「副反応が増えることはない」 同時接種では文字どおり、1回の受診で複数のワクチンを打つ。 片腕に2本打つ場合は、局所反応の重なりを避けるために2.5センチ以上間隔をあけるといい。といっても、新型コロナワクチンは筋肉注射で肩のあたり、インフルエンザワクチンは皮下接種で二の腕あたりに打つので、そもそも接種部位は重ならない。 それでも患者さんの話を聞いていると、慣れない同時接種への不安や誤解が少なくないようだ。 安心していただきたい。「同時接種によって副反応が出たり強まったりする」なんてことはまずない。 同時接種は、とくにトラベルクリニックでは当たり前の光景だ。海外渡航前には何種類も打たねばならない人が多く、1本ずつ接種していてはスケジュール的に到底間に合わない。同時接種により、発熱など副反応は相加的に増えるが、相乗的に増加することはない。 新型コロナとインフル両ワクチンの同時接種も、アメリカやイギリスでは1年以上前に解禁となっている。その有効性・安全性についてのエビデンスも、今年1月までに出揃った。 ファイザーの新型コロナワクチン(2回目)とインフルワクチンの同時接種については、昨年11月に『The Lancet』誌に安全性と有効性に関する研究が発表された。局所または全身の副反応の発生率は、単独接種と比べて上昇せず、安全性に問題はなかった。 新型コロナウイルスに対する抗体価(有効性)にも影響は見られなかった。インフルエンザの一部の株に対してはむしろ、抗体価の上昇も見られた。 モデルナの新型コロナワクチン(3回目)とインフルワクチンの同時接種についても今年1月、同じく『The Lancet』誌に発表された研究で、安全性と有効性が確認された。 接種から3週間以内に報告された有害事象(副反応を含むすべての不快症状)は、同時接種で17.0%、コロナワクチン14.4%、インフルワクチン10.9%で、同時接種に突出した問題はなかった。また、単独接種と比べて、どちらのウイルスに対する抗体価も低下は見られなかった。 バイデン氏「パンデミックは終わった」 こうして「同時接種には何ら問題がない」との研究結果が示されてから、厚生労働省は半年以上も新型コロナとインフル両ワクチンの“2週間ルール”を放置していた。急に同時接種を認めた背景にあるとされる「同時流行」は、本当に起きるのか? 新型コロナについては9月18日、アメリカのジョー・バイデン大統領が「パンデミックは終わった」と発言して話題になった。しかし実際、アメリカCDC(疾病予防センター)の発表では、同国では今なお1日に約6万人が新たに感染し、400人近くが亡くなっている。 もっと言えば、全世界では毎日40万人超の新規感染者が出ている。世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム事務局長の言うように、新型コロナはようやく「終わりが視野に入ってきた」という段階にすぎない。第8波は来る、ということだ。 過去2シーズンを振り返ると、冬(11月下旬以降)に流行の波がやってきた。日本でも水際開放は既定路線だから、おそらく第8波は年越しを待ってはくれないだろう。 一方、インフルエンザはこの2年間、人々にすっかり忘れられた存在だった。本当に今季は復活するのか? 以前の記事(水際対策緩和で「夏にインフル流行」3つの理由)で、インフル流行の前提となる懸念材料を3つ挙げた。改めて記すと以下のとおりだ。 ① 水際対策の大幅緩和 ⇒ 海外から感染症が流入 ② 南米やオーストラリアでインフルが早期流行 ③ 2期連続の流行消失によるインフル免疫の低下 今まさにこの状況がそろったと言える。 世界保健機関(WHO)によれば、南半球では流行が落ち着いてきた一方で、アフリカ、アジア、アメリカの一部地域で小さな流行が見られる。例年並みなら11月頃から国内流行が始まって1~2月に患者が最多となるが、今季はピークが早まる可能性も大いにある。 実際、今年6月には東京都立川市でインフルエンザによる学年閉鎖があり、ナビタスクリニック立川でも患者が出た。8月のコロナ流行期にも、ナビタスクリニック新宿で何人ものインフルエンザA型の感染者を診断した。ウイルスは十分に日本国内に入ってきている。 9月半ばからは再び全国各地で集団感染が報告されており、季節とともに気温が低下すれば、感染者は着々と増加するはずだ。 大なり小なり同時流行は免れそうにない。 順序を問わず、とにかく速やかに打つ そんな中、オミクロン株(BA.1)対応のワクチン接種が9月20日に始まった。インフルワクチンは10月1日から接種可能となる。 「でも、あんまり早く打つと、年越しまで効果が持たないのでは?」と心配する人もいるかもしれない。 たしかに、現在主流のオミクロン株BA.5系統に対し、従来ワクチンの効果は想像以上に短くなっているようだ。感染予防効果が高く続くのは約2カ月間、重症化予防効果でも約3~4カ月間という最新の研究結果が出てきた。 オミクロン対応ワクチンで、それがどれだけ引き延ばせるのかはまだわからない。 ただ、最後の新型コロナワクチン接種から5カ月以上経過している人、そして過去2シーズン、インフルエンザの予防接種を受けていない人は、すでにほぼ丸腰だ。 ワクチンの効果は通常、接種後2週間以降に安定的に発揮される。どちらのワクチンでも11月に入ってからの接種だと、12月近くまで十分な効果が得られないことになる。流行開始に間に合うかどうか、心もとない。 なお、オミクロン株BA.5系統に対応するワクチンもすでに承認申請中なので、順調なら11~12月には日本に入ってくると期待される。ただ、その供給量は定かでない。流行開始が迫る中、やはり不確かなものを待ちづけるのはリスキーだ。 そんなこんなを考えると、10月に入ったら、自分の打てるワクチンから可及的速やかに接種するのが賢明だ(インフルワクチンの数日後に新型コロナワクチンを打ってもいいし、その翌日でも、まだ順序が逆でもいい)。 10月以降の接種なら、同時接種できるクリニックを今から探しておく、という選択もある。予防接種に二度も足を運ぶのは、現役世代には大きな負担だ。都合がつかずにタイミングを逃すリスクも高まる。同時接種なら労力は半分だ。 「集団接種」では同時接種できない 本当は、予防接種をもっと効率よく進められる方法がある。集団接種だ。 ナビタスクリニックの医師も例年10月になると、企業によるインフルエンザの集団予防接種に協力してきた。会社の会議室などを接種会場とし、社員の方々は空き時間などに立ち寄って打っていくこともできる。 ...

View more: コロナとインフル「同時接種」副反応はどうなる? この冬いよいよインフルエンザとの同時流行か

業務装い営業秘密取得か=競合社への転職伏せ指示―かっぱ寿司社長

かっぱ寿司の店舗看板  回転ずしチェーン「かっぱ寿司」を運営する「カッパ・クリエイト」の社長田辺公己容疑者(46)らによる不正競争防止法違反事件で、田辺容疑者が同社への転職を控えた時期に、業務を装って同業大手「はま寿司」の営業秘密を自身に送るよう元部下に指示していたことが1日、関係者への取材で分かった。  情報を送った元部下は、田辺容疑者が近く転職することを聞かされていなかった。警視庁生活経済課は、同容疑者が転職先で活用する意図を隠して情報を得ようとした疑いがあるとみて調べる。  関係者によると、田辺容疑者は事業本部長をしていた外食大手ゼンショーホールディングス(HD)を2020年10月に退職する前、元部下に対し、子会社のはま寿司の情報を自分に送るよう指示。この際、「これはどうなっている」などと業務を装っていたほか、カッパ社に転職することも伝えていなかったという。  田辺容疑者は以前、はま寿司で役員をしていた。20年11月にカッパ社に転職し、顧問や副社長を務めた後、21年2月に社長に就任した。  同課によると、田辺容疑者は、はま寿司の仕入れ原価に関連する営業秘密を不正に入手して持ち出し、転職先のカッパ社内で自社の原価との比較に使ったなどとして不正競争防止法違反容疑で逮捕された。  持ち出した情報の閲覧にはパスワードが必要だったが、田辺容疑者は別の元部下で、当時はま寿司の経営企画部長だった湯浅宜孝容疑者(43)から聞き出したとみられる。 

View more: 業務装い営業秘密取得か=競合社への転職伏せ指示―かっぱ寿司社長

希望も乗せて 只見線11年ぶり全線再開、沿線に多くの住民やファン

到着した「再会、只見線号」に小旗を振って出迎える住民ら=1日午後2時20分ごろ、只見町・只見駅  2011年7月の新潟・福島豪雨で甚大な被害を受けたJR只見線は1日、不通となっていた会津川口―只見間(27.6キロ)を列車が走り、11年ぶりに全線で運行を再開した。車両故障で約4時間にわたり運転を見合わせたが、多くの沿線住民や鉄道ファンに見守られながら完全復活を果たした全国屈指の秘境路線は、地方創生という新たな目的地に向かって再出発の日を迎えた。  全線再開で会津若松―小出(新潟県)間の135.2キロが一本の鉄路として再びつながった。只見小(只見町)で行われた県主催の式典には、招待客ら約150人が出席した。内堀雅雄知事は「只見線を必ず復旧させ、地域の活力を生み出すという地元の思いがあって全線での運転再開を迎えられた」と強調。「上下分離方式」の導入で年間約3億円の維持費は地元負担となるが「日本一の地方創生路線となるよう利活用の促進や魅力の発信に全力で取り組む」と述べた。  車両にトラブル  午前6時8分に会津若松駅を出発した下り始発列車が会津坂下町で非常ブレーキが作動し停車、乗客が代行バスに乗り換えた。原因は調査中。JR東日本の深沢祐二社長は式典のあいさつで「安心して利用できる只見線の運行をこの場で約束させてほしい」と陳謝した上で「『愛される只見線』をもう一度つくり上げ、多くのお客さまに来てもらえるようグループを挙げて取り組む」と決意を示した。  JR東によると、再開通区間では被災前と同様に1日に上下線計6本、1日3往復の運行となる。再開したこの日は、待ちわびた地元住民らが駅や沿線で手を振り、乗客を歓迎した。記念列車「再会、只見線号」も運行した。  会津川口―只見駅間では三つの橋梁(きょうりょう)が流失するなど深刻な被害を受けた。JR東は18年6月に着工し、約4年かけて完了。同区間の復旧を巡っては、鉄道会社の経営が黒字でも大規模災害で被災した路線が赤字であれば国の財政支援を受けられる「改正鉄道軌道整備法」を適用した最初の事例となった。

View more: 希望も乗せて 只見線11年ぶり全線再開、沿線に多くの住民やファン

御城印や三傑印 館林市観光協会が4種発売

秋限定の館林城印  秋の行楽シーズンに合わせて群馬県館林市の歴史をPRしようと、市観光協会は1日、秋限定の館林城の御城印と初代館林藩主、榊原康政らが描かれた徳川三傑印の計4種類を発売する。12月4日まで。  県内各地でご当地の御城印を手がける北群馬甲冑工房(吉岡町)が同協会と連携して制作した。以前から販売しているデザインに真っ赤な紅葉や黄色のイチョウをあしらい、秋らしく仕上げた。  季節限定の御城印はツツジをデザインした春に続き2回目。  秋限定の御城印は1枚500円、三傑印は1枚700円。同市のつつじが岡ふれあいセンターで販売する。問い合わせは同協会(☎0276-74-5233)へ。 秋限定の三傑印

View more: 御城印や三傑印 館林市観光協会が4種発売

古代ローマの「医師の君主」が医学の進歩を“1000年以上”遅らせた…その「残念すぎる理由」とは?

Photo: Adobe Stock 唾液はどこから出ているのか?、目の動きをコントロールする不思議な力、人が死ぬ最大の要因、おならはなにでできているか?、「深部感覚」はすごい…。人体の構造は、美しくてよくできている――。外科医けいゆうとして、ブログ累計1000万PV超、Twitter(外科医けいゆう)アカウント10万人超のフォロワーを持つ著者が、人体の知識、医学の偉人の物語、ウイルスや細菌の発見やワクチン開発のエピソード、現代医療にまつわる意外な常識などを紹介し、人体の面白さ、医学の奥深さを伝える『すばらしい人体』が発刊された。坂井建雄氏(解剖学者、順天堂大学教授)「まだまだ人体は謎だらけである。本書は、人体と医学についてのさまざまな知見について、魅力的な話題を提供しながら読者を奥深い世界へと導く」と絶賛されたその内容の一部を紹介します。 医師の君主  ヒポクラテスののち、西洋医学にもっとも大きな影響を与えた人物が、二世紀頃の古代ローマで活躍したクラディウス・ガレノスである。  ガレノスは、ヒポクラテスの教えを発展させ、古い文献を収集して膨大な理論を築き上げ、中世では「医師の君主」ともいわれた。 動物解剖の成果を積み重ねる  宗教的な理由で人体解剖が禁止されていた当時、ガレノスは猿や豚などの動物の解剖を繰り返した。  脊髄をさまざまな部分で切断して神経の支配領域を調べたり、腎臓と膀胱をつなぐ管(尿管)を結んで尿が腎臓でつくられることを示したりなど、さまざまな知見をまとめた。  また、ガレノスは四体液のバランスを整える上で瀉血をもっとも重視し、加えて薬草治療や下剤、手術など、数々の治療法をまとめ上げた。  ガレノスの著作は計五〇〇万~一〇〇〇万語に上るともいわれ、その学説はキリスト教の教義と結びつき、侵すことのできない理論となった。 大きすぎる権威の落とし穴  当然ながら、動物を解剖した経験に基づくガレノスの理論には、さまざまな誤りが含まれていた。しかし、その大きすぎる権威に誰も異を唱えることはできなかった。  時にガレノスは医学の進歩を千年以上遅らせたとまでいわれるが、こうした経緯が理由である。 (※本原稿は『すばらしい人体』を抜粋・再編集したものです。) ――― 『すばらしい人体』には、「人体の面白さ」から「医学の歴史」までが紹介されています。ぜひチェックしてみてください。

View more: 古代ローマの「医師の君主」が医学の進歩を“1000年以上”遅らせた…その「残念すぎる理由」とは?

JR只見線・全線再開初日に…下りの始発列車で車両トラブル

山梨県富士河口湖町にグランピング施設がオープン、特徴は?

「自社株買い」が減少の兆し 米株価に新たなマイナス材料【】

スマホの機能「テザリング」ってどんな意味か知ってる?

三笘薫、対峙したリバプールDFアーノルドを圧倒 英メディア称賛「洗練されたドリブルで惨めさを突き付けた」

機動戦士ガンダム サンダーボルト:10周年記念展にパーフェクト・ジオング ブラウ・ブロやモビルフォートレス・ゾックも

スウェーデン王室ソフィア妃が見せたキュートな公務ファッション

守田英正に同僚不満!スポルティング移籍後初ゴールでインスタ更新も…

作業はいつも命がけ!「荷さばき」トラックの過酷な労働環境と監視の目、荷主は配送員に路駐リスクを押し付けるな

【ドル円週間見通し】上げ渋りか 日本の円買い介入も警戒

サグラダ・ファミリア 「福音史家の塔」の彫刻一部公開

ロシア国防省 ウクライナ東部リマンからの撤退発表、北東部ハルキウ州では車列への攻撃で子ども含む市民少なくとも20人死亡

OTHER NEWS

Breaking thailand news, thai news, thailand news Verified News Story Network