顔色や相手の反応に敏感、承認欲求や見捨てられ不安が強い…「不安型愛着スタイル」に悩む女性が陥った“恐るべき事態”とは から続く

 人に気を遣いすぎて疲れてしまう、自分が嫌われていないか過度に気にしてしまう、感覚が敏感で体調を崩しやすい……。こうした経験に悩みを持つ人は「不安型愛着スタイル」の傾向があり、男性の1割5分、女性の2割が該当すると推測されるというが、その実情とは。

 ここでは、精神科医の岡田尊司氏による『 不安型愛着スタイル 他人の顔色に支配される人々不安型愛着スタイル 他人の顔色に支配される人々 』(光文社新書)の一部を抜粋し、母親からの押し付けに苦しむ女性たちの事例を紹介する。(全2回の2回目/ 前編 を読む)

◆◆◆

近年は母親の顔色に支配されたケースが多い

 かつては、横暴な父親の顔色に支配されて育ったというケースが多かった。したがって、すでに中高年になっている世代で、不安型愛着スタイルに苦しんでいるという人では、父親の存在が大きな影を落としていることがしばしばだ。

 だが、時代とともに父親の影が薄くなり、顔色に支配されるという場合も、父親よりも母親の顔色ばかり見て育ったというケースが多くなり、特に近年、その傾向が強い。

 母親が存在感を増したのには、核家族化や小家族化の流れの中で、母親だけのひとり親家庭が増えていることも関わっているが、父親の権威の低下や、父親が長時間労働や単身赴任などで実質的に不在であるという状況が当たり前になってきたことも挙げられる。

母親の顔色ばかり見て育ったケースは危険…? 「不安型愛着スタイル」を助長してしまう“毒親”の代表的な特徴とは

©iStock.com

 さらに、少子化できょうだいの数が減り、子どもに対する母親の関与が濃くなっているということもあるだろう。

 いずれにしても、父親の関わりが減る一方で、母親のプレゼンスが増している。

 母親の顔色が、子どもを支配し、子どもの不安型愛着スタイルを助長するという場合にも、いくつかタイプがある。

(1)情緒不安定な母親

 その一つは、情緒不安定な母親の場合である。

 たとえば、母親自身が、自分をうまく支えられず、落ち込んだり、子どものように泣いたり、リストカットをしたり、死のうとしたりする場合には、子どもは、母親が本当に死んでしまうのではないか、いなくなってしまうのではないかと、安心感とは程遠い気持ちを抱えながら日々過ごさなければならない。

 気分が変わりやすく、とても上機嫌に可愛がってくれるかと思えば、些細なことで不機嫌になって、責め立てたり、ときには激昂して、「お前なんか生まなければよかった」とか「あんたなんか、うちの子でない」と存在自体を否定するような言葉を投げつけたりすると、安心感の土台が育まれず、たとえいま楽しく過ごしていても、いつ何時消え去ってしまうかわからない儚い関係になってしまい、本当の意味での信頼感が育まれない。

(2)自分が中心でないと機嫌が悪い母親

 もう一つは、母親が、自己愛性の傾向を強く持っている場合だ。

 不安定な傾向はなく、むしろ自信に満ち、実際に能力や学歴、社会的ステータスや職業、容姿や立ち居振る舞いの点でも優れていることも多く、第三者的には「立派な親」「魅力的で、羨ましい存在」と映ることも多いのだが、もっと近くで接すると、何事もその人が中心に回っていないと気が済まず、その人のことが少しでも後回しになったり、ないがしろにされたりすると、不機嫌になり怒り出す。

 そうした存在が父親であっても、いろいろ問題が生じやすいが、母親であった場合には、子どもはもっと愛情不足や関心不足を味わいやすい。子どもが輝けるように支えとなるよりも、母親自身が輝いていたいという思いが強いため、知らず知らずのうちに子どもの方が脇役の地位に置かれてしまう。

自己愛の強い親は、不安型愛着スタイルを助長してしまう

 子どもと競い合いそうになったとき、親の方が子どもに「主役」の地位を譲ることが、子どもの自己愛の健全な成長には必要だが、親の方が「主役」の地位に居座り続けてしまう。

 自己愛性の強い母親が機嫌を損ねると、後で面倒なことになりやすいため、子どもたちも賞賛する側に回り、母親の機嫌や満足を優先するようになる。子どもの満たされない自己顕示欲求は、自信のなさや自己肯定感の乏しさとなるか、歪に肥大した形で、大人になった後も引きずられてしまいやすい。

 自己愛の強い親は、相手への共感に欠け、冷たい面を見せがちで、子どもは関わり不足から回避型になる場合もあるが、親が自分の理想や基準にかなったときだけ賞賛してくれ、それ以外のときにはそっぽを向くという対応になると、愛されたいのに愛されないという葛藤が強まり、不安型愛着スタイルを助長してしまう。

サガンの愛情飢餓と母親との関係

 18歳のときに初めて書いた小説が、空前の大ヒットとなり、一躍スター作家となったサガン。電力会社の重役である父親を持ち、恵まれたブルジョア家庭に生まれ、三人兄弟の末っ子として特別に甘やかされて育った、人も羨むようなラッキーガールが、なぜアルコールや薬物、そして身を滅ぼしかねないスピード狂やギャンブルに溺れていかねばならなかったのか。

 サガンの孤独と愛情飢餓の根源は、母親との関係にあったようだ。母親は、外から見る限りでは、理想的な母親とも映るのだが、決定的な一つのことが欠けていた。彼女はあまり子育てに関心がなかった上に、サガンには、特に関心が持てない理由があった。サガンと上のきょうだいとの間には、少し年齢が離れているが、実はその間にはもう一人兄がいたのだ。

 その兄は幼くして亡くなってしまう。その後、生まれたのがサガンだった。子どもを亡くした親の心理として、新たに生まれてくる子どもを、亡くなったわが子の生まれ代わりのように感じてしまうということがある。だが、生まれたのが女の子だと知ったとき、母親は戸惑いを覚えたに違いない。それでも、世話をするうちに、かけがえのない存在となるものだが、一家は裕福で、子育ても下女がやってくれたので、母親はサガンに関心が持てないまま、彼女は育っていくこととなる。

 いや、そもそも亡くなった幼い兄に対して、母親がどれだけ愛情を持って育てていたのかにも疑問が呈されている。兄のモーリスは、暑い日にベビーベッドで脱水状態で亡くなっていたのだ。

(3)自分のルールを押し付けてしまう親

 三つ目のタイプは、義務感やきちんとさせようとする思いが強い親で、前の者よりもさらに問題に気づかれにくい。とても献身的で愛情深い、理想の母親と、周囲も母親自身も思っていることが多いタイプである。

 だが、子どもの立場からすると、押し付けられ感や口うるさい感じがあり、注意や叱責を受けないように、つい親の顔色をうかがってしまうようになる。親のルールが基準であり、それ以外は認められない。その子にとってどうかということは、あまり顧みられず、親がそうでないとダメと思い込んでいる価値観や基準が強制される。

一方的な押し付けは虐待になってしまうことも

 本来、子どもがのびのびと自分の可能性を発揮できるためには、子どもが求めていることには応えるが、求めてもいないことには手出し、口出しをしないという応答性の原理がとても重要になる。ところが、この部分が無視されて、本人の気持ちに関係なく、親の思いの方が優先されてしまう。

 一見すると、とても献身的で、手厚く世話や愛情を注いでいるように見えるのだが、実は、親がやりたいこと、やらせたいことを強いているだけという面が見えてくる。安定した愛着を形成するためには、安全基地となることが求められ、そのための大事な条件の一つは、共感的な応答ができているかどうかということなのだが、一方的な押し付けになってしまう。

 その差はとても小さなことに見えて、限りなく大きい。実際、自分の基準を押し付けてしまう関わり方は、それが熱心であればあるほど、むしろ虐待になってしまうこともあるからだ。

 最近、身近で、こうした母親との関係に苦しんでいるケースが増えている。

適応障害の裏に見えてきた母親の押し付け──麻奈美さんのケース

 麻奈美さん(仮名)は、30代の女性で、最近、会社に行くのがつらくなっている。仕事自体は、やりがいがあると感じているが、男性の同僚との関係が重荷に感じられる。もともとは親切にしてくれていたのだが、少し気を許しているうちに、セクハラまがいなことを言ってくるようになり、それで距離を取ろうとすると、今度は、あら探しをされたり、意地悪な発言をされたりするようになったのだ。

 自分としては、相手との関係を大事にしようとしていたことが、こんな形で返ってきたことに、すっかり自信をなくしている。

 それだけの情報だと、同僚からのハラスメントによる適応障害のケースだといえるだろう。実際、会社をひとまず休むことにして、順調に回復していたのだが、それですんなりとはいかなかったのだ。適応障害であれば、仕事を休むことで回復するのが普通だが、彼女の場合は、ときどき悪化してしまうのだ。

こうしなさい、ああしなさいと言うだけ

 話を聞いていると、悪化のきっかけとなるのは、たいてい母親がやってきた後だった。通常ならば、母親と会っていろいろ話をすれば、いっそう気持ちが楽になるものだが、彼女の場合は逆だった。母親に会う前から緊張感があり、母親に会うと、その態度や言われたことによってもやもやした思いが強まり、すっかり落ち込んでしまうのだ。

 麻奈美さんは小さい頃から、母親の自慢の娘で、麻奈美さんも母親を尊敬していて、何事も母親の意見に従ってきたという。だが、結婚した頃から、母親の考え方に違和感や反発を覚えるようになった。

 それでも、母は娘のことを誰よりも考えてくれて、一番いいと思うアドバイスをしてくれているのだと思おうとした。しかし、母が夫の悪口を言ったり、子育てに口をはさんでくるようになると、話をするたびに、ほっとするよりもイライラや不快さが募るようになっていた。

 考えてみると、母は麻奈美さんの話をただ聞いて、大丈夫、よくやっていると、そのまま肯定してくれたことが一度もなかった。娘の話を聞くよりも、ただ正しいことを教えようと、こうしなさい、ああしなさいと言うだけだった。

 そんな母と会うと、気が楽になるより、かえって気疲れしてしまうので、母に頼ることを避けるようになった。母に手伝ってもらうのが嫌で、子どもができて大変なときも自分一人で何とかしようとしていたということも、疲れてしまった一因だった。

初めて母親の意見に逆らい、自分に合った働き方を選択

 しかし、母が来ると、余計に落ち込むようなことが起きる。調子が悪くなり、休みがちになってからも、「仕事はやめない方がいい」とか、「やめたら、あんないい会社の社員にはもうなれないよ」とか、逃げ道をふさぐようなことを言うのだ。

 母は、娘の健康や精神状態よりも、世間で一流と呼ばれる会社の正社員でいることの方を優先するのかと思い、そう思うと、これまでに母親から言われたり、されてきたことが、いつも麻奈美さんよりも母親の基準を押し付けることだったなと思えてくるのだった。

 それに従うしかないと自分を殺し、相手に合わせる生き方をしてきたことが、ハラスメントにもはっきりとノーと言えないことにつながっているように思えてきたのだ。

 その後、麻奈美さんは、初めて母親の意見に逆らって、会社をやめ、もっと自分に合った働き方をすることを選んだ。

※事例については、実際のケースをヒントに再構成したものであり、特定のケースとは無関係です

(岡田 尊司)

「ローカル線の乗車券 = QRコード」が欧州の常識! 出遅れ日本はいつ追いつけるのか

本州最北東 下北半島・東通村を空から見ると…大きな「目」を発見! 259世帯523人が暮らす「ひとみの里」に潜入

お尻が破れてスーツ規定違反 最強王者のジャンプ失格を海外報道「助走中に音が…」

【卓球】早田ひな史上4人目3冠!木原美悠に勝利 パリ五輪へ「どういう状況でも100%で」

川内優輝、沿道の並走観客に注意喚起「危険なのでやめて」大阪国際女子マラソンで続出

キヤノンの大三元レンズが大躍進! 2023年明けに売れたレンズTOP10

有吉弘行 アンガ田中のお相手写真見て思わず「どういうタイミングで撮ったの?」

「セカコイ」 韓国で観客100万人突破=日本実写映画21年ぶり

山本美月が第1子妊娠 夫は瀬戸康史【全文】「新しい命を授かりました」

Amazon、次のタイムセールは2月2~5日 Surface Pro 8など対象

年金を65歳からもらったほうがいい人とは?

東京などで震度3

群馬・谷川岳で雪崩 バックカントリースノーボードの40代男性が死亡

EXIT兼近大樹 連続強盗事件「ルフィ」との過去に初めて言及

フジテレビ退社発表の三田友梨佳アナ、「Mr.サンデー」最後の生出演 宮根誠司氏「今夜で、卒業となります」

日テレ・後藤晴菜アナ ポルトガル移住 夫はサッカー三竿健斗「家族3人で暮らすことを選びました」

NEWS RELATED

間違えている人多数!「挙る」何て読む?

(画像=fuelle編集部) 「挙る」は何と読むでしょう? 「あげる」ではありません。 ■ヒント! 漢字の意味は、 残らず集める。ことごとく集まる。残らずそろう。 小学館デジタル大辞泉より です。 わかりましたか? ■正解は・・・ 「こぞる」が正解でした! 「精鋭を挙る」などの例文が挙げられます。 読み方を間違いがちな漢字は他にもたくさんあるようです。 興味があれば調べてみてくださいね。 文・fuelle編集部

View more: 間違えている人多数!「挙る」何て読む?

活動休止中の氷川きよし、休止後2度目の投稿 コンビニでのモノトーン私服を公開

氷川きよしのインスタグラム(@hikawa_kiyoshi_official)より  昨年大みそかの「NHK紅白歌合戦」をもって歌手活動を休止している氷川きよしが29日、自身のインスタグラムを更新し、休止後2度目となる投稿で私服ショット公開した。  2月2日に初のベストアルバムをリリースする氷川は、18日にニュービジュアル公開を公開。21日の休止後初の更新では、「ご無沙汰しています。お元気ですか?」「皆さんずっとお元気でいてくださいね。強く生きるのよ~w 寒いからあたたかくしてねっ」などと、ファンにメッセージを送っていた。  この日は、「嬉しかったなぁー。あなたとコンビニファミリーマート お店入ると嬉しいけど恥ずかしかった~笑」と記し、年末年始用の広告に出演したコンビニエンスストアのファミリーマートのポスターを指さす写真をアップ。白のトップスに黒の細身パンツ、黒のもこもこコートと黒ブーツ、髪を後ろにまとめたラフなモノトーンコーデだ。  「1月9日に終わりました。ファミリーマートさんお世話になりました。幸せでした 無くなると寂しいー。懐かシリーズ」とつづった。

View more: 活動休止中の氷川きよし、休止後2度目の投稿 コンビニでのモノトーン私服を公開

スキー場で雪崩、複数人巻き込まれたか

 長野県警によると、29日午後、同県小谷村の栂池高原スキー場のコース外で雪崩が発生した。複数人が巻き込まれたとの情報があり、県警が詳しい状況を調べている。

View more: スキー場で雪崩、複数人巻き込まれたか

長野のスキー場近くで雪崩、複数人が意識不明

長野のスキー場近くで雪崩、複数人が意識不明 長野県小谷村のスキー場付近で29日午後2時55分ごろ、「雪崩が発生し、スキー客が巻き込まれた」などとスキー客の宿泊先から119番通報があった。北アルプス広域消防本部によると、複数人が意識不明の重体。消防当局などが確認を進めている。

View more: 長野のスキー場近くで雪崩、複数人が意識不明

冬のサル山で恒例のたき火、「火中の栗」取り出して地面で冷まして頬張る…千葉

たき火からイモや栗を素早く取り出すサル(28日、千葉市動物公園で)  千葉市動物公園(若葉区)のサル山で28日、たき火が行われた。「大寒」の20日から始める恒例のイベントで、サルたちはたき火を囲んで暖を取った。2月25日までの毎週土曜日に午前11時から30分間開催する。  この日は、たき火で栗やサツマイモを焼いた。サルたちは、熱々の栗やサツマイモを火の中から取り出すと、地面に転がして冷ましてから頬張っていた。  同市稲毛区の児童(5)は「たき火から取って食べるなんてすごい」と笑顔を見せた。

View more: 冬のサル山で恒例のたき火、「火中の栗」取り出して地面で冷まして頬張る…千葉

年金受給「繰上げ」「繰下げ」どっちがオトク?請求後には一生変更不可能!? 損しないためにデメリットを知り、生活費から逆算を

婦人公論.jp 年金の受給開始時期は、定められた年齢範囲において自由に変更することが可能で、これを「繰上げ受給」「繰下げ受給」といいます。今回は、「繰上げ受給」「繰下げ受給」のメリット・デメリットと、受給開始時期の変更を検討する際の判断基準を解説します。今後の貯蓄計画を立てる上での参考になるはずです。 * * * * * * * 【表】ひと目でわかる! 繰り下げ繰り上げ メリットとデメリット 「繰上げ受給」とは 老齢基礎年金は、20歳から60歳までの40年間保険料を払うことで、65歳から年金を受給できるのが基本です。しかし、希望すれば60歳から65歳になるまでの間に繰り上げて受け取ることができます。最大60歳まで、1ヵ月単位での繰り上げが可能です。 デメリットは、もらえる年金額が減ることです。繰上げ受給の請求をした時点に応じて、繰上げ1カ月当たり0.4%が減額されます。 また、繰上げの請求後に取消しや修正はできず、一度決まった減額率による年金を生涯受け取り続けることになります。 なお、繰上げ受給を選択した人は、国民年金(老齢基礎年金のみの人)では26.1%、厚生年金では0.5%となっています。 「繰下げ受給」とは 繰下げ受給をすると、もらえる年金額が増えます。66歳以降、いつまで受取開始を遅らせるかに応じて年金額が増額するしくみで、その増額率は1カ月当たり0.7%です。 2022(令和4)年4月以降に70歳を迎える人(1952年4月2日以降生まれの人)からは、繰下げ受給による年金開始時期の選択肢が70歳から75歳までに拡大しました。 なお、繰下げ受給を選択した人は、国民年金(基礎年金のみの人)では1.8%、厚生年金では1.0%となっています。 繰下げ受給のデメリットは、繰り下げ期間中は「加給年金」が受給できなくなることです。加給年金とは、65歳になって年金の受給権が発生した際、要件に当てはまる配偶者や子がいると上乗せされる家族手当のような制度で、最大で年額約39万円が支給されます。自分が加給年金の受給対象になっているかどうかは、事前に必ず確認しておきましょう。 「「ねんきんネット」の活用方法 将来もらえる年金額や自身の年金記録を手軽に確認」はこちら どっちがおトクなの? 繰上げ受給・繰下げ受給を検討する際は、「仕事による収入が無くなったあと、いくらあれば生活できるのか」を自身の生活費から逆算して考えるとよいでしょう。 ①繰上げ受給を検討したほうがよい場合 ・60歳以降の家計収支が赤字になる ・生活費が不足していて貯金がない ・働くことができない ②繰下げ受給を検討したほうがよい場合 ・公的年金無しでも生活費が賄える ・65歳以降も働くことによる収入がある ・貯金の取り崩しができる ・公的年金以外の年金制度(個人年金や企業年金、iDeCoなど)で生活費が賄える 「「公的年金シミュレーター」とは 将来もらえる年金額をシミュレーション」はこちら

View more: 年金受給「繰上げ」「繰下げ」どっちがオトク?請求後には一生変更不可能!? 損しないためにデメリットを知り、生活費から逆算を

NHK野口アナ「彼氏よりこっち?」タモリ「彼氏よりここをとったんだよ」

タモリ タレント、タモリ(77)が28日放送のNHK「ブラタモリ」(土曜後7・30)に出演。栃木・足利市を訪れた。歌手、森高千里(53)のヒット曲「渡良瀬橋」について、「彼氏を捨てて私はこの町に残るっていう歌ですね」と説明すると、旅のパートナーを務める福岡局の野口葵衣アナウンサー(27)は「彼氏よりこっち?」と驚きを隠せず。タモリは「そう。彼氏よりここをとったんだよ」と強調していた。

View more: NHK野口アナ「彼氏よりこっち?」タモリ「彼氏よりここをとったんだよ」

日本のクジラ肉自販機に韓国からも冷ややかな声=「世の中には食べ物があふれているのに」

日本のクジラ肉自販機に韓国からも冷ややかな声=「世の中には食べ物があふれているのに」 2023年1月27日、韓国・SBSは「日本にクジラ肉を販売する自動販売機が設置された」と報じた。 捕鯨大手「共同船舶」が最近、冷凍クジラ肉などを売る自動販売機を設置した24時間無人販売店を東京や横浜などに3カ所開設したと、CNNなど外信の報道を元に伝えている。主に日本で捕獲したクジラの刺身、ステーキ、ベーコンなどの冷凍品、缶詰などの加工品が1000~3000円で販売されているという。 同社の所英樹社長は「捕鯨反対団体からの圧迫があり、一般スーパーでは(クジラを)売っていない。クジラを食べたくても食べられない人のために運営している」とコメントしている。今後は大阪にも開設予定で、今後5年間で100店舗まで増やすことを目標としているという。「世界の捕鯨産業を支持するため、来月からアイスランドのナガスクジラ肉を年間3000トン輸入する計画」だとも伝えている。 記事は「日本が国際捕鯨委員会(IWC)を脱退して5年。クジラ肉の年間消費は年々減少しているが、捕鯨産業を再び盛り上げようという動きが見られる」と指摘。20年には捕鯨産業に多額の補助金を支給し、学校給食でのクジラ肉提供、関連レシピや飲食店を紹介するサイトの立ち上げなど、「クジラ消費拡大のための努力」を続け、今回は「ボタン一つで手軽にクジラ肉を買って食べられる自動販売機まで登場させた」と説明している。 また記事は、日本メディアはこうした動きを「伝統的な捕鯨産業を守るためのもの」と伝えているが、海外からは「衰退していく捕鯨業界の悪あがき」だと批判する声が上がっているとしている。クジラ・イルカ保護協会(WDC)のケイトリン・マテス氏は、CNNのインタビューで「多くの日本人はクジラ肉を食べたことがない」「誰もかかわらないもの(クジラ肉の摂取)が全国的な文化と呼べるのか」と話している。 この記事に、韓国のネットユーザーからは「世の中には食べ物があふれているのに、クジラまで…。野蛮な日本!」「衝撃的すぎる。クジラ肉の自販機だなんて…」「伝統的な食文化を軽視するわけではないが、絶滅危惧種であることが問題だ。韓国では捕鯨そのものが禁じられている」など、批判の声が殺到している。 また、「韓国の犬肉みたいなものかな」「他国が犬肉食は野蛮だと考えているのと同じようなものだろうね」「犬だって絶滅危惧種になれば当然、肉を食べなくなるだろう」「クジラは犬より知能が高いから」「日本はクジラを食べて犬は食べないが、韓国はクジラも犬も食べるのが違いだ」など、韓国の犬食文化に絡めた意見も多く見られた。(翻訳・編集/麻江)

View more: 日本のクジラ肉自販機に韓国からも冷ややかな声=「世の中には食べ物があふれているのに」

【動画】竹岡圭の今日もクルマと「プジョー 308」(2020年4月放映)

北島康介さん実家精肉店が77年歴史に幕「下町の味だからね」名物メンチカツサンドに最後の行列

元幕内豊響、天国からの祝電に涙 「弟子に寄り添う親方に」

“国宝級イケメン”神尾楓珠24歳はなぜ“消えた”? 父は「何があったかなんて、言えるわけない」

【岡山駅伝】ドルーリー朱瑛里凱旋レース 一目見ようと沿道埋まる「これまでにない」関係者驚き

青学大が入寮式 昨年選抜Vの大阪桐蔭・星子、春夏甲子園出場の二松学舎大付・布施ら/東都

キンプリ岸優太 グループ脱退、事務所退所を告げた際に父から言われた言葉とは「エールではありますね」

ただの「RAV4」…じゃない! まさかの「アドベンチャー」仕様RAV4”PHEV”! タフ感高めな新発想「PHEV-OFFROAD PKG」の正体とは

“スーパー中学生”ドルーリー 地元・岡山駅伝でまた快走!

ゆたぼん父 ボクシング試合まで「反則」批判くる「素人アンチがいつまでもゴチャゴチャ 暇なゴミたち」

一年の無病息災願う 洲本市安覚寺で伝統の「火渡り」

群馬県・谷川岳で雪崩、スノーボードの40歳代男性死亡

OTHER NEWS