◆常軌を逸したものも出始めた統一教会関連報道

統一教会より悪質な 「民主主義の敵」<著述家・菅野完氏>

Nagahisa_Design – stock.adobe.com

 統一教会に関する報道は「書けば売れる」という安易な状態にある。各社ともその安易さに慣れ、常軌を逸した報道を連発するようになってきた。

 その筆頭株は、毎日新聞だろう。同紙は11月7日と8日の両日にわたり、朝刊一面トップにこのような見出しを踊らせた。

「文鮮明氏『安倍派中心に』 89年発言録で判明 旧統一教会が政界工作」

「安倍氏側近と『会え』 文鮮明氏、06年に指示 首相就任直後」

 見出しを読めばあたかも「毎日新聞が掘り起こした、統一教会と自民党安倍派の癒着に関するスクープだ」との印象を受ける。しかし記事の内容は全くそうではない。単に毎日新聞が『文鮮明マルスム選集』(文鮮明の発言録。教団の経典の一つ)を読み込み(しかも実物ではなく、ネットに無断転載されていたものを読んだのだという)、当該発言を発見したというのだ。有り体に言えば「文鮮明がそう言っていた」という話でしかない。

 だからなんだというのか。

 相手はカルト宗教である。教祖の発言の中に、一国の政治を左右するだの、その国を支配するだのといった文言が出てくるほうがむしろ自然なのだ。武力による国家転覆路線に転じる直前のオウム真理教でさえ政界進出計画を有していたし、麻原彰晃は政治家に対して絶大な影響力を有していると嘯いてさえいた。オウムや統一教会などの〝有名どころ〟カルトだけではなく顕正会や幸福の科学などのマイナーなカルトでも「政府を支配する」だの「日本を統治する」だのといった言動は横行している。神だのメシアだのと自称する連中である。現実と大きくかけ離れていようとなんであろうと、自分を大きく見せたがるのが連中の性なのだ。

 居酒屋の酔客が口にする大言壮語に報道価値がないのと同じように、カルトの教祖の大言壮語にはなんの報道価値もない。一方、教祖の口走る大言壮語と現実の差を、教団がどのようにして埋めようとしているかについては、大いに報道価値がある。オウム真理教が麻原彰晃の吐く大言壮語と現実との差異を埋めるためテロに走ったことからもわかるように、本来社会が注目し、報道が検証しなければいけないポイントは、まさにその点だ。しかし毎日新聞は(今のところ)そうした仕事をせず、単に「ネットに転載されていた統一教会の教祖の発言」を転載しているだけである。

 これでは実質的に統一教会の宣伝機関に堕したも同然ではないか。おそらく毎日新聞も平時であればこんな愚行を犯すこともなかったはずである。「統一教会という言葉さえ含まれていれば、売れる!」という安易なムードに迎合してしまったのだろう。

◆「宗教二世」に対する安易な報道

 この安易なムードに流されるあまり、報道が具体的に人を傷つけてしまうケースも生まれ始めている。

 いわゆる「宗教二世」の取り扱いがまさにそれだ。安倍晋三横死事件を受け、ようやく世間は、深刻な悩みを抱える宗教二世の方々の存在に気づき、その声に耳を傾けるようになった。そうした世間の変化に、当事者の方々も柔軟に対応しておられ、ご多忙かつお辛い中にもかかわらず、メディアからの求めに応じて、被害実態を切実に訴えておられる。

 しかし問題はメディア側だ。メディアが採録する「宗教二世としての告発」の中には、当然さまざまな宗教の二世の声が含まれてくる。だが報道する段になるとなぜか「統一教会二世」の声だけが取り上げられるのだ。「他の宗教の宗教二世の声を採用しない」のならまだ許容できるが、中には「他の宗教の宗教二世の告発であるにもかかわらず、統一教会の宗教二世の告発として紹介する」という事例さえ生まれ始めている。現にこうしたメディアの行為で深く傷ついている二世は多数存在している。

 メディア側からすれば現場の勘違いや編集のミスによって生じた〝些細な〟手違いのレベルかも知れないが、勇気を持って告発した当事者からすれば再起不能に近いダメージを受けてしまう。こんな悪質な行為が横行するのも「統一教会とさえ書いておけば、売れる」という安易なムードに流されてしまっているせいだろう。

 この安易なムードは報道だけでなく、国会での議論も歪め始めている。

◆歪み始めた国会での議論

 文部科学省はいよいよ、統一教会に対し、宗教法人法で規定された「質問権」を行使するのだという。本件に関し報道は「文科省は、旧統一教会をめぐり、組織的な不法行為を認めた民事判決が2件、使用者責任が認められた民事判決が少なくとも20件あることなどから、基準に合致すると判断した」(11月9日付 朝日新聞)などと、あたかも文科省が能動的に動いたかのように伝えているが、実態はそうではない。

 そもそも、統一教会の使用者責任や組織的な不法行為を認定した民事判決の存在を根拠に、統一教会に対して質問権を行使し、裁判所に解散命令の請求を行うべきであると文科省に要求してきたのは、野党各党だった。安倍晋三横死事件発生直後から、野党各党はこの声を繰り返しあらゆるチャネルを通じて、文科省にぶつけてきた。

 しかしその度に文科省側は「質問権の行使や解散命令の請求権は、あくまでも教団そのものや、教団幹部が、刑事事件で有罪判決を受けた場合にのみ行使されるものだ」と言い張り、野党の要求を拒絶しつづけてきた。現場の文科省がそうである以上、政府見解も全く同じもので、今国会開催後の総理答弁もこの線を維持していた。

 文科省・政府のこの頑なさは一概に批判されるべき代物ではない。現に過去の「解散命令の請求」が刑事事件の有罪判決に起因するものばかりである以上、また「質問権」が宗教法人法に新設されたきっかけが、オウム事件という紛うことなき刑事事件であった以上、政府が解散命令の請求権や質問権の行使について抑制的な態度をとることはむしろ好ましい姿だと言うべきだ。

 しかしこの政府の見解が急遽、崩壊する。きっかけは10月17日から19日にかけての岸田総理の国会審議の〝崩壊〟にある。

 17日午前、総理は永岡文科大臣に統一教会に対する質問権の発動を指示した。そして総理は同日午後の衆院予算委員会で「統一教会に関しては民法709条を根拠とした組織としての不法行為を認定する判決がでている」ことに言及するとともに「質問権の発動は、解散命令の請求を視野に入れたものである」旨の答弁を行っている。しかし翌18日になって総理は、衆院予算委員会で「民法上の不法行為は、解散権の請求の根拠にならない」と、前日の答弁と全く逆の答弁を行ってしまう。政府答弁の迷走ぶりを野党が放置するわけもなく、総理は翌19日釈明に追われ、同じく衆院予算委員会にて「民法上の不法行為の認定も、解散命令請求の根拠たりうる」と明言し、政府答弁がその線で確定するという事態となった。この答弁で、質問権の行使はおろか、解散命令の請求まで、今の状態でも十分行使可能となったのだ。つまり、これまで頑なに守られてきた政府見解は一瞬にして180度の大転換を見せたことになる。

◆「民主主義の敵」は誰なのか?

 こうした岸田総理の迷走ぶりは当時「朝令暮改」とメディアからの批判を浴びていたのでご記憶の方も多かろう。だが問題は「朝令暮改」であることそのものではない。問題は、結果的にであるにせよ、政府見解が180度違ったものになったにもかかわらず、法解釈の大転換に至るに相応しい慎重な検討が政府部内において一切行われていないところにある。

 確かに「民事裁判の判決も解散命令請求の根拠たりうる」という解釈変更に関しては、総理が内閣法制局にその検討を命じたようではある。しかしそれは、18日に総理が衆院予算委員会で「民法上の不法行為は、解散権の請求の根拠にならない」と答弁してしまい、17日答弁との齟齬が生まれた後のことである。ありていに言えば、内閣法制局は、総理答弁の矛盾に対する弥縫策の策定を命じられたに過ぎない。

 本来総理は、17日午前に永岡文科大臣に質問権の発動を命じる前に、内閣法制局をはじめとする政府関係部署に、慎重な議論と法解釈変更を根拠づけるロジックの構築を命じておくべきだったのだ。だが総理はそれを怠った。そのタイミングでの慎重な検討を怠ったがために、答弁に矛盾をきたし、その矛盾を解消するためだけに政府見解を180度転換するという醜態を晒すことになったのだ。

 総理がここまで焦った理由は明白だ。総理は低下する一方の内閣支持率だけを気にしていた。どの世論調査でも統一教会問題こそが内閣支持率低下の主要因であると伝えている。拙速にすぎた永岡文科大臣への質問権発動の指示がなされた10月17日が月曜日だったのは偶然ではなかろう。週末に実施された報道各社の世論調査の結果を意識していたことは明らかではないか。そう考えると総理の姿勢には、統一教会に対して断固たる処置をとる決意もなければ、世論に抗ってでも法を守ろうとする覚悟もない。これでは、単に世論に流される凧のようなものでしかないではないか。

 報道も政治も、沸騰する統一教会に対する世論に流され、報道の原則や、法治の原則を曲げるようであれば、もはや処置なしとしか言いようがなかろう。この有様では、メディアや政府の方が、統一教会よりも悪質な〝民主主義の敵〟と言わざるを得まい。

<文/菅野完>

初出:月刊日本12月号

「ローカル線の乗車券 = QRコード」が欧州の常識! 出遅れ日本はいつ追いつけるのか

本州最北東 下北半島・東通村を空から見ると…大きな「目」を発見! 259世帯523人が暮らす「ひとみの里」に潜入

お尻が破れてスーツ規定違反 最強王者のジャンプ失格を海外報道「助走中に音が…」

【卓球】早田ひな史上4人目3冠!木原美悠に勝利 パリ五輪へ「どういう状況でも100%で」

川内優輝、沿道の並走観客に注意喚起「危険なのでやめて」大阪国際女子マラソンで続出

キヤノンの大三元レンズが大躍進! 2023年明けに売れたレンズTOP10

有吉弘行 アンガ田中のお相手写真見て思わず「どういうタイミングで撮ったの?」

「セカコイ」 韓国で観客100万人突破=日本実写映画21年ぶり

山本美月が第1子妊娠 夫は瀬戸康史【全文】「新しい命を授かりました」

Amazon、次のタイムセールは2月2~5日 Surface Pro 8など対象

年金を65歳からもらったほうがいい人とは?

東京などで震度3

群馬・谷川岳で雪崩 バックカントリースノーボードの40代男性が死亡

EXIT兼近大樹 連続強盗事件「ルフィ」との過去に初めて言及

フジテレビ退社発表の三田友梨佳アナ、「Mr.サンデー」最後の生出演 宮根誠司氏「今夜で、卒業となります」

日テレ・後藤晴菜アナ ポルトガル移住 夫はサッカー三竿健斗「家族3人で暮らすことを選びました」

NEWS RELATED

間違えている人多数!「挙る」何て読む?

(画像=fuelle編集部) 「挙る」は何と読むでしょう? 「あげる」ではありません。 ■ヒント! 漢字の意味は、 残らず集める。ことごとく集まる。残らずそろう。 小学館デジタル大辞泉より です。 わかりましたか? ■正解は・・・ 「こぞる」が正解でした! 「精鋭を挙る」などの例文が挙げられます。 読み方を間違いがちな漢字は他にもたくさんあるようです。 興味があれば調べてみてくださいね。 文・fuelle編集部

View more: 間違えている人多数!「挙る」何て読む?

活動休止中の氷川きよし、休止後2度目の投稿 コンビニでのモノトーン私服を公開

氷川きよしのインスタグラム(@hikawa_kiyoshi_official)より  昨年大みそかの「NHK紅白歌合戦」をもって歌手活動を休止している氷川きよしが29日、自身のインスタグラムを更新し、休止後2度目となる投稿で私服ショット公開した。  2月2日に初のベストアルバムをリリースする氷川は、18日にニュービジュアル公開を公開。21日の休止後初の更新では、「ご無沙汰しています。お元気ですか?」「皆さんずっとお元気でいてくださいね。強く生きるのよ~w 寒いからあたたかくしてねっ」などと、ファンにメッセージを送っていた。  この日は、「嬉しかったなぁー。あなたとコンビニファミリーマート お店入ると嬉しいけど恥ずかしかった~笑」と記し、年末年始用の広告に出演したコンビニエンスストアのファミリーマートのポスターを指さす写真をアップ。白のトップスに黒の細身パンツ、黒のもこもこコートと黒ブーツ、髪を後ろにまとめたラフなモノトーンコーデだ。  「1月9日に終わりました。ファミリーマートさんお世話になりました。幸せでした 無くなると寂しいー。懐かシリーズ」とつづった。

View more: 活動休止中の氷川きよし、休止後2度目の投稿 コンビニでのモノトーン私服を公開

スキー場で雪崩、複数人巻き込まれたか

 長野県警によると、29日午後、同県小谷村の栂池高原スキー場のコース外で雪崩が発生した。複数人が巻き込まれたとの情報があり、県警が詳しい状況を調べている。

View more: スキー場で雪崩、複数人巻き込まれたか

長野のスキー場近くで雪崩、複数人が意識不明

長野のスキー場近くで雪崩、複数人が意識不明 長野県小谷村のスキー場付近で29日午後2時55分ごろ、「雪崩が発生し、スキー客が巻き込まれた」などとスキー客の宿泊先から119番通報があった。北アルプス広域消防本部によると、複数人が意識不明の重体。消防当局などが確認を進めている。

View more: 長野のスキー場近くで雪崩、複数人が意識不明

冬のサル山で恒例のたき火、「火中の栗」取り出して地面で冷まして頬張る…千葉

たき火からイモや栗を素早く取り出すサル(28日、千葉市動物公園で)  千葉市動物公園(若葉区)のサル山で28日、たき火が行われた。「大寒」の20日から始める恒例のイベントで、サルたちはたき火を囲んで暖を取った。2月25日までの毎週土曜日に午前11時から30分間開催する。  この日は、たき火で栗やサツマイモを焼いた。サルたちは、熱々の栗やサツマイモを火の中から取り出すと、地面に転がして冷ましてから頬張っていた。  同市稲毛区の児童(5)は「たき火から取って食べるなんてすごい」と笑顔を見せた。

View more: 冬のサル山で恒例のたき火、「火中の栗」取り出して地面で冷まして頬張る…千葉

年金受給「繰上げ」「繰下げ」どっちがオトク?請求後には一生変更不可能!? 損しないためにデメリットを知り、生活費から逆算を

婦人公論.jp 年金の受給開始時期は、定められた年齢範囲において自由に変更することが可能で、これを「繰上げ受給」「繰下げ受給」といいます。今回は、「繰上げ受給」「繰下げ受給」のメリット・デメリットと、受給開始時期の変更を検討する際の判断基準を解説します。今後の貯蓄計画を立てる上での参考になるはずです。 * * * * * * * 【表】ひと目でわかる! 繰り下げ繰り上げ メリットとデメリット 「繰上げ受給」とは 老齢基礎年金は、20歳から60歳までの40年間保険料を払うことで、65歳から年金を受給できるのが基本です。しかし、希望すれば60歳から65歳になるまでの間に繰り上げて受け取ることができます。最大60歳まで、1ヵ月単位での繰り上げが可能です。 デメリットは、もらえる年金額が減ることです。繰上げ受給の請求をした時点に応じて、繰上げ1カ月当たり0.4%が減額されます。 また、繰上げの請求後に取消しや修正はできず、一度決まった減額率による年金を生涯受け取り続けることになります。 なお、繰上げ受給を選択した人は、国民年金(老齢基礎年金のみの人)では26.1%、厚生年金では0.5%となっています。 「繰下げ受給」とは 繰下げ受給をすると、もらえる年金額が増えます。66歳以降、いつまで受取開始を遅らせるかに応じて年金額が増額するしくみで、その増額率は1カ月当たり0.7%です。 2022(令和4)年4月以降に70歳を迎える人(1952年4月2日以降生まれの人)からは、繰下げ受給による年金開始時期の選択肢が70歳から75歳までに拡大しました。 なお、繰下げ受給を選択した人は、国民年金(基礎年金のみの人)では1.8%、厚生年金では1.0%となっています。 繰下げ受給のデメリットは、繰り下げ期間中は「加給年金」が受給できなくなることです。加給年金とは、65歳になって年金の受給権が発生した際、要件に当てはまる配偶者や子がいると上乗せされる家族手当のような制度で、最大で年額約39万円が支給されます。自分が加給年金の受給対象になっているかどうかは、事前に必ず確認しておきましょう。 「「ねんきんネット」の活用方法 将来もらえる年金額や自身の年金記録を手軽に確認」はこちら どっちがおトクなの? 繰上げ受給・繰下げ受給を検討する際は、「仕事による収入が無くなったあと、いくらあれば生活できるのか」を自身の生活費から逆算して考えるとよいでしょう。 ①繰上げ受給を検討したほうがよい場合 ・60歳以降の家計収支が赤字になる ・生活費が不足していて貯金がない ・働くことができない ②繰下げ受給を検討したほうがよい場合 ・公的年金無しでも生活費が賄える ・65歳以降も働くことによる収入がある ・貯金の取り崩しができる ・公的年金以外の年金制度(個人年金や企業年金、iDeCoなど)で生活費が賄える 「「公的年金シミュレーター」とは 将来もらえる年金額をシミュレーション」はこちら

View more: 年金受給「繰上げ」「繰下げ」どっちがオトク?請求後には一生変更不可能!? 損しないためにデメリットを知り、生活費から逆算を

NHK野口アナ「彼氏よりこっち?」タモリ「彼氏よりここをとったんだよ」

タモリ タレント、タモリ(77)が28日放送のNHK「ブラタモリ」(土曜後7・30)に出演。栃木・足利市を訪れた。歌手、森高千里(53)のヒット曲「渡良瀬橋」について、「彼氏を捨てて私はこの町に残るっていう歌ですね」と説明すると、旅のパートナーを務める福岡局の野口葵衣アナウンサー(27)は「彼氏よりこっち?」と驚きを隠せず。タモリは「そう。彼氏よりここをとったんだよ」と強調していた。

View more: NHK野口アナ「彼氏よりこっち?」タモリ「彼氏よりここをとったんだよ」

日本のクジラ肉自販機に韓国からも冷ややかな声=「世の中には食べ物があふれているのに」

日本のクジラ肉自販機に韓国からも冷ややかな声=「世の中には食べ物があふれているのに」 2023年1月27日、韓国・SBSは「日本にクジラ肉を販売する自動販売機が設置された」と報じた。 捕鯨大手「共同船舶」が最近、冷凍クジラ肉などを売る自動販売機を設置した24時間無人販売店を東京や横浜などに3カ所開設したと、CNNなど外信の報道を元に伝えている。主に日本で捕獲したクジラの刺身、ステーキ、ベーコンなどの冷凍品、缶詰などの加工品が1000~3000円で販売されているという。 同社の所英樹社長は「捕鯨反対団体からの圧迫があり、一般スーパーでは(クジラを)売っていない。クジラを食べたくても食べられない人のために運営している」とコメントしている。今後は大阪にも開設予定で、今後5年間で100店舗まで増やすことを目標としているという。「世界の捕鯨産業を支持するため、来月からアイスランドのナガスクジラ肉を年間3000トン輸入する計画」だとも伝えている。 記事は「日本が国際捕鯨委員会(IWC)を脱退して5年。クジラ肉の年間消費は年々減少しているが、捕鯨産業を再び盛り上げようという動きが見られる」と指摘。20年には捕鯨産業に多額の補助金を支給し、学校給食でのクジラ肉提供、関連レシピや飲食店を紹介するサイトの立ち上げなど、「クジラ消費拡大のための努力」を続け、今回は「ボタン一つで手軽にクジラ肉を買って食べられる自動販売機まで登場させた」と説明している。 また記事は、日本メディアはこうした動きを「伝統的な捕鯨産業を守るためのもの」と伝えているが、海外からは「衰退していく捕鯨業界の悪あがき」だと批判する声が上がっているとしている。クジラ・イルカ保護協会(WDC)のケイトリン・マテス氏は、CNNのインタビューで「多くの日本人はクジラ肉を食べたことがない」「誰もかかわらないもの(クジラ肉の摂取)が全国的な文化と呼べるのか」と話している。 この記事に、韓国のネットユーザーからは「世の中には食べ物があふれているのに、クジラまで…。野蛮な日本!」「衝撃的すぎる。クジラ肉の自販機だなんて…」「伝統的な食文化を軽視するわけではないが、絶滅危惧種であることが問題だ。韓国では捕鯨そのものが禁じられている」など、批判の声が殺到している。 また、「韓国の犬肉みたいなものかな」「他国が犬肉食は野蛮だと考えているのと同じようなものだろうね」「犬だって絶滅危惧種になれば当然、肉を食べなくなるだろう」「クジラは犬より知能が高いから」「日本はクジラを食べて犬は食べないが、韓国はクジラも犬も食べるのが違いだ」など、韓国の犬食文化に絡めた意見も多く見られた。(翻訳・編集/麻江)

View more: 日本のクジラ肉自販機に韓国からも冷ややかな声=「世の中には食べ物があふれているのに」

【動画】竹岡圭の今日もクルマと「プジョー 308」(2020年4月放映)

北島康介さん実家精肉店が77年歴史に幕「下町の味だからね」名物メンチカツサンドに最後の行列

元幕内豊響、天国からの祝電に涙 「弟子に寄り添う親方に」

“国宝級イケメン”神尾楓珠24歳はなぜ“消えた”? 父は「何があったかなんて、言えるわけない」

【岡山駅伝】ドルーリー朱瑛里凱旋レース 一目見ようと沿道埋まる「これまでにない」関係者驚き

青学大が入寮式 昨年選抜Vの大阪桐蔭・星子、春夏甲子園出場の二松学舎大付・布施ら/東都

キンプリ岸優太 グループ脱退、事務所退所を告げた際に父から言われた言葉とは「エールではありますね」

ただの「RAV4」…じゃない! まさかの「アドベンチャー」仕様RAV4”PHEV”! タフ感高めな新発想「PHEV-OFFROAD PKG」の正体とは

“スーパー中学生”ドルーリー 地元・岡山駅伝でまた快走!

ゆたぼん父 ボクシング試合まで「反則」批判くる「素人アンチがいつまでもゴチャゴチャ 暇なゴミたち」

一年の無病息災願う 洲本市安覚寺で伝統の「火渡り」

群馬県・谷川岳で雪崩、スノーボードの40歳代男性死亡

OTHER NEWS