TBS赤坂ACTシアターで公演中の舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」で、ハリー・ポッター役を演じる石丸幹二(57)と向井理(40)がそれぞれ、初日を迎えた。

 本作品で、主役のハリー・ポッター役を務めるのは藤原竜也、石丸、向井の3人。6月からのプレビュー公演と先月8日に開幕した本公演を含むこれまでの公演では全て藤原がハリー・ポッター役を務めていた。

 石丸は当初、12日の公演でデビューする予定だったが、上演に携わる関係者に新型コロナウイルス感染症の陽性反応が確認されたためデビューを延期。17日午後6時15分開演の公演に登場し、無事に初日を終えた。ハリー・ポッター役としては大トリでの登場となる向井は、18日午後0時15分からの公演で、ついに初日を迎えた。

 石丸は「初日を無事に終え、長い航海の最初の寄港地にたどり着いたような、ほっとした気持ちでいます。これからのロングラン、エネルギーを蓄えスタミナをつけ乗り切っていきます」とコメント。「キャスト・スタッフが一丸となって操る魔法の世界、その中で、ハリーとアルバス親子の成長物語が紡がれていきます。私らしい個性が刻まれたハリー・ポッターを、どうぞお楽しみください」と自信をのぞかせた。

 向井は「4カ月間稽古をしてやっと初日を迎えたという思いと、もう本番が来たか!という思いが入り混じっています。カンパニーの良い雰囲気に後押しされて、自分も舞台に立てているので、この雰囲気を大切にしたいと思っています」と意気込んだ。本作品について「この作品はイリュージョンだけでなく、ハリー・ポッターの成長も見どころです。大人になっても困難なことや上手くいかないことがありますが、少しでも改善しようと努力するハリーの姿を見届けていただきたいです。長く愛される舞台になると期待していますが、その中でアップデートされたり、観劇する席によって全然違う印象を受けると思うので、何度も劇場で楽しんでいただければ幸いです」と思いを語った。

田中希実、5000Mで14分59秒95の日本勢トップ「最低限15分は切れた」…デンカチャレンジ杯

彦根城玄宮園で「観月の夕べ」

【新型コロナ】東京で4558人、全国で3万6646人感染

iPad片手に森で授業、伊那市がICT教育で成功した理由

流出額2億5000万円に 宮城・栗原JA子会社不正経理 今月にも第三者委設置

「逮捕されてなければ国葬の日も同じようなことを・・・」池袋事故の遺族を中傷し、SNSで繰り返し罪を犯す若者の“孤独”

【巨人】吉川尚輝のファウルが中島宏之を直撃 ベンチ内で胸を押さえて倒れる姿

秋の湿地が黄金色に 黒竜江省密山市

島々を舞台にアートの祭典「瀬戸内国際芸術祭」 “全国旅行支援”で来場者数回復に期待【香川発】

『ONE PIECE』超特大ヒットにウタ役・名塚佳織「ずっと幸せが続いています」

「華の湯」本年度で休館 那須塩原市、民間譲渡へ

とちぎ国体開幕 メイン会場周辺などにぎわい見せる

ニコン「Z 30」レビュー Vlog動画寄りの異端児に見た意外な手応えと“未来予想図”

西九州新幹線開業から9日 観光客誘致のキャンペーンがスタート

アングル:仮想通貨で「一発逆転」、南アの若者が追う危険な夢

白ビール「ヒューガルデン」最近よく見かけるワケ ステンレス樽からPETへの置き換えも実施

NEWS RELATED

悠仁さま、伊勢神宮参拝=単独で初、美術館も訪問

伊勢神宮内宮の参拝に向かわれる悠仁さま=1日午後、三重県伊勢市(代表撮影)  秋篠宮ご夫妻の長男悠仁さま(16)は1日、三重県伊勢市を訪れ、伊勢神宮を参拝された。参拝はご夫妻や次女佳子さまと訪れた2013年3月以来2回目で、単独では初めて。  筑波大付属高校(東京都文京区)1年の悠仁さまは、学校の休みを利用して私的に訪問。午後2時すぎ、スーツ姿で参道を歩いて進み、外宮を参拝した。  続いて、内宮を参拝した後、伊勢市の神宮美術館で開催中の特別展「生きる正倉院―伊勢神宮と正倉院が紡ぐもの―」を鑑賞。展示された琴の制作年や材質などについて尋ねていた。 伊勢神宮内宮の参拝に向かわれる悠仁さま=1日午後、三重県伊勢市(代表撮影)  宮内庁によると、高校生になった悠仁さまに特別展を見ていただきたいと、伊勢神宮側から案内があった。 

View more: 悠仁さま、伊勢神宮参拝=単独で初、美術館も訪問

泉州タオル、信楽焼…万博で海外に12ブランド売り込め

泉州タオル、信楽焼…万博で海外に12ブランド売り込め 令和7年開催の大阪・関西万博に向けて、近畿経済産業局が泉州タオル(大阪府)や信楽焼(滋賀県)など12種類の特産品を「地域ブランド」として選定し、海外に売り込む取り組みを進めている。いずれも海外での認知度はそれほど高くないが、関西への海外からの注目が高まる万博を販路拡大のチャンスととらえ、各特産品をまとめて「関西ブランド」としてアピールしていく。 「なぜ淡路島(兵庫県)で線香作りが盛んになったのか」「原料は?」。9月25日、在京都フランス総領事館(京都市左京区)で開かれたマルシェ(市場)のイベント。産業局が選定した地域ブランドの一つ、兵庫県線香協同組合のブースでは、外国人客らが買い物を楽しみながら担当者に質問をぶつけていた。 地域ブランドが在外公館のイベントに出展したのは初めて。この日は、12ブランドを手掛ける事業者がブースを設け、特産品の販売のほか、サングラスづくり(福井県)や甘酒を使ったドリンクの試飲(兵庫県)などの体験も行った。 兵庫県線香協同組合事務局の谷口太郎さんは「外国人には日本の伝統的な『お香』として興味を持ってもらえた。非常に良いアピールの場になった」と話す。 産業局は2年、「地域ブランド展開支援室」を発足させ、「上質な製品を手掛けているが、売り出すためもう一押しほしい」(同局担当者)とする泉州タオルや信楽焼、和束(わづか)茶(京都府)、広陵くつした(奈良県)など12製品を地域ブランドに選定した。 支援策として、各ブランドの事業者や団体の担当者が一堂に会してビジネス上の連携や販路拡大の方策について情報交換する場を設けたり、専門家を紹介してブランドコンセプトづくりを進めたりしている。 産業局の担当者は「約2820万人の来場者が想定される万博は、世界の注目が関西に集まるタイミングだ。海外に売り込むため、生産者が個別に情報発信するよりも、関西として一つにまとまった方が効果的だと考えた」と語る。 この取り組みについて、日本総合研究所の若林厚仁・関西経済研究センター長は「万博に直接参加できるのは、事業規模が大きく、経営的な体力がある中堅や大企業が中心。そこに入れない小規模な事業者が手掛ける特産品をまとめて『ブランド』として売り出すメリットはある」と評価している。(井上浩平)

View more: 泉州タオル、信楽焼…万博で海外に12ブランド売り込め

絶景を世界に発信 30年奥会津を撮り続ける写真家 只見線11年ぶり全線再開に「ゴールではなくスタート」【福島発】

絶景を世界に発信 30年奥会津を撮り続ける写真家 只見線11年ぶり全線再開に「ゴールではなくスタート」【福島発】 2022年10月1日、JR只見線が11年ぶりに全線で運行を再開した。そんな只見線の絶景を、30年間撮り続けてきた1人の男性がいる。近年はSNSの普及で外国人からの反響も多く、国内外でその魅力を発信してきた。そんな彼が抱く、全線再開に向けた思いとは。 【画像】まさに絶景…星賢孝さんが撮影したJR只見線と奥会津の風景をもっと見る 「300日、30年撮っても飽きない」絶景を世界に…“奥会津の活性化が使命” オシャレな帽子をかぶり、カメラをのぞき込む1人の男性。カメラの前には、列車と奥会津の風景が広がっている。 撮影しているのは、郷土写真家・星賢孝(ほし・けんこう)さん(73)。福島県金山町出身で、JR只見線と奥会津の風景を、30年間撮り続けている。 郷土写真家・星賢孝さん: この地域を活性化させることが、神から与えられた使命だと思っているから。 その目的のためには只見線以外は撮らない。年間300日、30年撮っても飽きることはないし、発信を続ける。多分、死ぬまでやってるだろうな 美しい梅や桜を、すり抜けるように走る只見線。 紅葉する山々と、鉄橋を走る只見線の下には、鏡のように風景を写す只見川。 ――星さんの写真は、見る人の心を引きつけてやまない。 カメラを手にしたきっかけは、奥会津地方の人口減少と高齢化。衰退するふるさとへの危機感だった。 郷土写真家・星賢孝さん: 30年前に考えたわけ。この地域を活性化させるのは何だと考えたら、この景色だな、四季の絶景。その中に只見線が入ることによって魂が宿って、この景色を日本中、世界中に発信すべきだろうと。それで俺は写真を撮りだした 只見線沿線の金山町と三島町の境に流れる只見川は、幻想的な川霧に包まれる。 星さんは、この場所を「霧幻峡(むげんきょう)」と名付け、地域の人々と協力して渡し舟を復活させるなど、地域活性化のために活動を続けてきた。 3本鉄橋流され「終わったと思った」それでも発信続け…11年ぶり全線再開 しかし2011年7月に起こった新潟・福島豪雨で、奥会津を襲った豪雨によって、JR只見線では3本の鉄橋が流された。 郷土写真家・星賢孝さん: 終わったと思ったな…。あれだけ被災して、90億も100億もお金をかけて復旧できるわけないと思ったし、3億の赤字負担をしなきゃいけないのは無理と思った それでも星さんは、只見線を撮ることをやめなかった。再開を諦めず、SNSで絶景の発信を続けた。 郷土写真家・星賢孝さん: 結構反響があって、人もどんどん来てくれるようになって、SNSも注目されてきたし、海外の人たちが6~7年前から反響がよくなってきた。外国から来るほど、ここは素晴らしいところなのかと。その姿を見て、ここの絶景、只見線の素晴らしさというのを目の当たりにした 自身も海外へ足を運び、写真展や講演会を行うなど、只見線の魅力の発信に心血を注いできた。 そして…、ついに。 2022年10月1日、JR只見線は、11年ぶりに全線で運転が再開された。 郷土写真家・星賢孝さん: 浮かれてはいられないわな。ますます責任というか、重大性を認識してきているから。その意味では、喜びよりも大変だなという思いが強いかな。 いかにして、只見線を核とした絶景を、核とした活性化ができるかを考えると、問題は山積みだから 只見線の全線再開は、ゴールではなくスタートと話す星さん。奥会津の活性化へ、これからも絶景を撮り続ける。 (福島テレビ)

View more: 絶景を世界に発信 30年奥会津を撮り続ける写真家 只見線11年ぶり全線再開に「ゴールではなくスタート」【福島発】

45歳一人暮らし、貯金190万円。都内に家を買い、自宅をリフォームしながら老後を過ごしたい

契約社員として働く45歳の独身女性の方。将来の年金が少ないことに不安に感じ、それでも自宅を購入し、リフォームをしながら過ごせたらという夢を抱いているとのこと……。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんがアドバイスします。 都内に住宅購入は無謀でしょうか? 皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。 今回のご相談者は、契約社員として働く45歳の独身女性の方。将来の年金が少ないことに不安に感じ、それでも自宅を購入し、リフォームをしながら過ごせたらという夢を抱いているとのこと……。実際に住宅購入は可能か。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんがアドバイスします。 ▼相談者 すみこさん(仮名) 女性/契約社員/45歳 東京都/賃貸住宅 ▼家族構成 一人暮らし ▼相談内容 バイトや派遣で長くワーキングプア状態だったところ、2年前にやっと一息つけるくらいの収入が得られる職場に出会い、人生初の貯金を始めましたが、1年更新の契約社員で先が見通せません。 正直なぜ面接に受かったのかわからないくらい仕事の難易度が高く、常に緊張と勉強が必要な状態のため、とても60~65歳まで働くイメージが描けませんが、自分のスペック的に今以上の収入が見込める職場はそうそうないので、なるべく打ち切りにならないように長く働きたいと思っています。 ありがたいことに身体だけは健康ですが、合わない仕事をしたり、オーバーワーク気味になるとバランスを崩しやすいのであまり無理をしたくないです。 40代も半ばになり将来の年金額を試算したところ、今の職場で60歳まで働けたとしても月額7万8000円ほどにしかならず、ゆくゆくは物価の安い国に移住するか、日本で生活保護を受けるかの、二択しかないように思っています。 結婚の予定はなし、別居の高齢母がいますが金銭の援助はしておらず、また遺産もなしです。 今後高齢で賃貸を借りにくくなったり、都営・市営住宅等に移って生活レベルを落としながら暗い気持ちで過ごすことを心配していたところ、SNSの広告で、賃貸家賃よりも低い金額で住宅ローンが組めるというのを見ましたが、よくよく調べると30代までの若い世代で長期ローンを組めることが前提・かつすでに土地持ち等でなければ、そうそう月額が安くはならないとわかり、がっかりしました。 この年では35年ローンが組めたとしても、そんなにヨボヨボになるまで働きながら返済はできません。 画一的でチープな賃貸物件にうんざりしており、できれば20年くらいで完済できる金額(2600万円くらい)で住宅ローンを組んで中古の一戸建てを購入、思い通りにリノベーションして残りの人生を楽しく過ごしたいというのが唯一の夢ですが、無謀でしょうか。視力が弱く運転ができないので、都市部にしか住めないのがネックです。 なおもし今の職場で更新ができなかった場合、手取り23万~24万円くらいの仕事であればすぐ見つかり、無理せず続けていけると思っております。どうしても家を買いたければ、あと20年貯金して一括購入するしかないでしょうか。 ▼家計収支データ すみこさんの家計収支データは図表のとおりです。 相談者「すみこ」さんの家計収支データ ▼家計収支データ補足 (1)仕事について 契約社員の契約更新は半年先。更新が継続になれば気持ち的にはラクになるので、その分長く働けそう(55歳くらいまで)とのこと。ただし、どんどん年上の人が切られていくので、長く働くことがイメージできない。 (2)教育費の5000円について 英語の勉強や教材費用。日本で老後が過ごせない場合に備えて。 (3)趣味娯楽費について 趣味は料理と音楽。料理は人を呼んで手料理を振る舞うといったことは現状できないため、食べ歩きやお取り寄せ、料理本集め等に支出。音楽はコンサートやCD購入。ともに老後も継続して楽しみたいと考えている。 (4)ボーナスの使いみち 全額貯蓄。 (5)住宅圏について 第一希望は東京都内、とくに住み慣れている杉並区、国立エリア。地方なら札幌。それ以外で、単に、家賃の安さを求めるなら、国内より海外移住の方がいいと考えている。 (6)住宅について 「一戸建て」としたが、ペットやピアノ可ならマンションでもいい。 (7)保険加入について 本人/共済(死亡210万円、入院1万2250円、三大疾病特約)=保険料4200円 ▼FP深野康彦の3つのアドバイス アドバイス1:減収なら2000万円の借り入れもきびしい アドバイス2:住宅ローンは支払い続けなくてはならない アドバイス3:賃貸と割り切るのもひとつの選択肢 アドバイス1:減収なら2000万円の借り入れもきびしい 今回のご相談である住宅取得について、まずは試算をしてみましょう。 まず、希望購入時期が不明ですが、すみこさんの年齢と現実的な返済期間を考えれば、より早く住宅ローンを組むことが望ましいので、ここでは今すぐに購入するとします。返済期間は20年。それでも完済が65歳のときですから、できればそれ以上長くはしたくありません。 次に借入額ですが、返済可能額から割り出すのが考え方の基本です。現在の家賃9万5000円を目安にすると、2000万円を借り入れて返済額は月9万6500円(全期間固定、金利1.5%)。 ただし、持ち家となるとローンの支払い以外にランニングコスト(維持費)が発生します。 固定資産税と、マンションであれば管理費、修繕積立金。一戸建てでも相応の修繕費が発生します。購入から一定期間(現行では13年間)は、住宅ローン控除によって税金が還付されますが、それでも完済まで、少なくとも平均して月2万円は見積もっておきたいところ。 したがって、先の借入額なら、実際の住宅コストは月11万5000円ほどとなります。 ...

View more: 45歳一人暮らし、貯金190万円。都内に家を買い、自宅をリフォームしながら老後を過ごしたい

BMKが全日本タワー協議会オフィシャルアンバサダー就任「全部のタワーに行きたい」

名古屋発の5人組エンタメ集団BMKが1日、東京タワーで、全日本タワー協議会オフィシャルアンバサダー就任イベントに出席した。 今夏、初の全国ツアーと連動し、5大都市タワーを巡る「トップを目指せ!5大タワー祈願企画」を実施したことから、同協議会初のオフィシャルアンバサダーに就任することになった。 全日本タワー協議会は、東京タワー、通天閣、中部電力MIRAI TOWER(旧名古屋テレビ塔)、さっぽろテレビ塔、福岡タワーなど、全国19のタワーで運営されている。 この日は展望の日で、BMKに改名してから3周年の記念日。5人は、9月発売の新曲「だって今日まで恋煩い-シーズン2-」のカップリング曲で、同協議会のオフィシャルテーマソング「TOP OF TOP」を歌唱。さらに、トップを目指すために、タレント武井壮(49)から激励を受けた。 武井は「頂点を取るためには、頂点を取った人に弱さを教えてもらう必要がある。まずは、弱点を克服しないといけない」。メンバーは特技を披露した上で、武井からその特技の倒し方を披露され、弱点を克服するアドバイスを受けた。 武井は「芸能界は慣れてくると、自分を見失う時がある。その時には周囲から愛されていないと。そのためには、もう1人の愛される自分を作らないといけない」とアドバイス。メンバーは「全国にタワーは19カ所あるので、全部のタワーに行きたい」と声をそろえた。 全日本タワー協議会オフィシャルアンバサダー就任イベントに出席したBMKとゲストの武井壮(右)

View more: BMKが全日本タワー協議会オフィシャルアンバサダー就任「全部のタワーに行きたい」

ウクライナ「東部要衝の包囲完了」陥落なら露に打撃

ロシアによるウクライナ侵略で、ウクライナ軍は30日、露軍の占領下にある東部ドネツク州の要衝リマンの包囲をほぼ完了したと発表した。ウクライナメディアが伝えた。米シンクタンク「戦争研究所」は同日までに、露軍がリマンを喪失した場合、既に全域の制圧を宣言しているルガンスク州の中心都市セベロドネツクやリシチャンスクの支配を維持できなくなる可能性があると指摘した。 ドネツク州の主要部を実効支配する親露派武装勢力「ドネツク人民共和国」(自称)のプシリン首長も30日、「リマンの状況は厳しい」と陥落の可能性を認めた。タス通信が伝えた。 プーチン露大統領は30日、ドネツク、ルガンスクの東部2州とヘルソン、ザポロジエの南部2州のロシア編入を宣言。直後に支配地域を奪還されれば、編入の拙速さが浮き彫りとなり、プーチン氏の威信に傷がつく可能性がある。 一方、ザポロジエ州の州都ザポロジエ郊外に同日朝、露軍のミサイルが着弾し、ウクライナ警察当局によると、子供2人を含む民間人ら30人が死亡、88人が負傷した。ミサイルは市民の車列に命中したといい、同国のゼレンスキー大統領はテロ行為だと非難した。 ヘルソン州にロシアが設置している統治機関「軍民行政府」当局者は同日、幹部のカテリニチェフ氏が高機動ロケット砲システム「ハイマース」を使用したウクライナ軍の攻撃で死亡したと発表した。タス通信が伝えた。

View more: ウクライナ「東部要衝の包囲完了」陥落なら露に打撃

ラリーカーが名古屋の官庁街を疾走 「迫力あった」

官庁街を走るラリーカー=2022年10月1日午後2時42分、名古屋市中区、小林圭撮影  世界ラリー選手権(WRC)日本大会「ラリージャパン2022」が愛知、岐阜の両県で11月10~13日に開催されるのを前に1日、名古屋市中区の官庁街の公道をラリーカーが走るイベントがあった。  イベントは県庁や周辺で開かれた。公道を区切ったコースをラリーカー2台が疾走し、スピンや蛇行運転、旋回などを披露した。ほかにラリーカー6台がパレードし、沿道に集まった観客は写真や動画を撮って楽しんだ。  名古屋市南区の会社員清水康司さん(49)はクラシックカーが好きで訪れたといい、「車との距離が結構近くて、迫力があった」と話した。  イベントは入場無料。2日にも同じ場所で午前10時45分~午後6時に開催される。ラリーカーのデモ走行やパレードのほか、ドライバーのトークショーなどがある。(小林圭)

View more: ラリーカーが名古屋の官庁街を疾走 「迫力あった」

アントニオ猪木さん「最期の言葉」 公式YouTubeが公開

アントニオ猪木さん「最期の言葉」 公式YouTubeが公開  アントニオ猪木さんが1日、心不全のため亡くなったことが分かった。79歳だった。同日、猪木さんの公式YouTubeチャンネル「アントニオ猪木『最後の闘魂』」が更新され、猪木さんの「最期の言葉」が公開された。  9月21日に撮影されたというこの動画。この日、「本格的にYouTubeを再開したい」という連絡を受けた撮影スタッフが、病気療養中だった猪木さんの自宅を訪問するところから動画はスタート。ベッドで横になる猪木さんは自力では状態を起こせないほど衰弱していたが、スタッフからなぜYouTubeを再開しようと思ったのかと尋ねられると、「別にやりたくないよ」と返してニヤリ。変わらない猪木節でスタッフを笑わせた。    ところどころ猪木さんの発言が聞き取れない部分もあり、動画ではテロップのフォローが難しいと断りをいれつつ、「喋りをカットするのは勿体ない」という判断から、「ほぼ編集なし」での配信だと伝えている。  猪木さんはありのままの今の自分を見てほしいという意思を語り、今回、本来は自宅の別室で撮影する予定だったが、ベッドで横になる「弱っている自分」の姿を撮ることになったという。    また、猪木さんはしゃべりづらくなっていることから、「寝ていても口を動かす練習をしている」と語り、YouTube撮影に向けて準備を重ねていたことも語っていた。YouTube以外のやりたいことを尋ねられると、環境問題への関心を口にし、「これだけ汚してしまった地球を、自分たちの手でもう一回きれいに掃除すべきだ」と語り、「世界に向けて猪木しかできないこと、『どうだー!』と大きな声が出せる日がもうすぐそこに来ています」と、完全復活への強い意思を見せていた。    来年2月で80歳を迎えようとしていた猪木さん。「『もうそろそろ猪木さん楽をしてください』という人が誰もいない(笑)」とニコニコしながら語っていた。スタッフが「まだまだ猪木さんに先頭を走ってほしいです」と伝えると、「その声が一番俺の敵なの(笑)。でも敵がいる限りいいじゃない(笑)」とも快活に語っていた。  動画のコメント欄にはファンからの追悼のコメントが寄せられ「猪木さん、今まで勇気をありがとうございました」「涙が止まりません。本当にお疲れ様でした。ありがとうございました」「涙が出ました。 永遠のヒーロー。 天国でも皆に元気を与えてください」といった声があふれ、英語など外国語での書き込みも寄せられており、猪木さんの死を世界中のファンが悼んでいる。  なお、この日の動画には続編があるようで、最後は「次回 猪木がまさかの行動に出る」というテロップで終わっている。

View more: アントニオ猪木さん「最期の言葉」 公式YouTubeが公開

今秋来日予定のスミヨン騎手が肘打ちして落馬させ2カ月の騎乗停止、天皇賞・秋のジオグリフ騎乗できず

列島エイリアンズ 南米系不良グループ編(1) 大阪ミナミ発、暴力団幹部を襲った怖いもの知らずの奴ら 関西で勢力を増す不穏な影

カタールW杯、スタジアムに隠された驚きの秘密。暑さ対策で“ある設備”を初導入

【MLB】大谷翔平を「全員見習うべき」 MVP争いジャッジへの“発言”が「S級の人間性」

ミリオン連発ヒットメーカーがやっていた、宝を探し出す「メモ習慣」とは?

浦和、失点直結のバックパスミスにファン落胆隠せず 「こりゃいかん」「残念」

アントニオ猪木さん実弟・啓介さんが最期を明かす「苦しまずに逝ったと思います」

瀬戸内国際芸術祭「秋会期」初の週末 粟島などの島々にも多くの人訪れる 来場者の回復に期待【香川】

東京で新たに3834人の感染確認 全国で3万5418人 新型コロナ

「飛ばし屋が有利、じゃない」木村彩子がロースコア合戦で首位浮上

コーヒーに入れる砂糖の量は徳島が全国最多 民間調査

【猪木さん死去】スタン・ハンセン氏「人生の大恩人。日本のみなさん、猪木さんを忘れないで」と追悼

OTHER NEWS

Breaking thailand news, thai news, thailand news Verified News Story Network