蓮舫氏「スッキリ」女性フリーアナの発言一部に「誰にでも好きにコメントさせるのはどうなの」旧統一教会問題

蓮舫氏

 立憲民主党の蓮舫参院議員が18日、ツイッターに投稿。同日の日本テレビ「スッキリ」が旧統一教会を巡る問題を伝えた際の、女性フリーアナウンサーのコメントについて「誰にでも好きにコメントさせるのはどうなの」と記した。

 「スッキリ」では、6月に自民党の萩生田光一政調会長と生稲晃子参院議員が旧統一教会の関連施設を訪れていた問題を伝えた後に、教団との関わりの「濃淡」が話題に。女性フリーアナウンサーは「濃淡のレベルのつけかたも難しい」との主旨でコメントした。この発言の一部をとりあげて批判するツイートがあり、蓮舫氏はこのツイートに対して、反応した。

千鳥ノブ、40日ぶりに番組復帰 休養期間に唯一「直電」してきた大御所明かす

「お客様の中でお医者さまはいらっしゃいますか?」飛行機や新幹線で耳にするドクターコール どんな医者も躊躇する

中国の対外金融資産は高水準を維持―中国メディア

大島麻衣、交際したイタすぎる男性を告白 LINEを自分の端末で見られるように設定 勝手にGPSアプリをインストール

衛星で反射させた太陽光を広告に使う技術、「経済的に実現可能」–ロシア研究チーム

日米韓防衛当局幹部が会談 北ミサイル非難

【戦力外通告】巨人・井納翔一と16年ドラ1入団の桜井俊貴とは来季契約結ばないと発表 支配下契約したばかりの勝俣も

【独自】「都民割」全国旅行支援と併用へ 12月20日まで期限延長

メイケイエールは香港スプリントに登録

マッチングアプリ使い“ぼったくりバー”誘い出す 「抹茶ハイ」で30万円請求

ムーミンと一緒にチクチク針仕事。北欧センスにときめくボタニカル刺繍

ホンダが「CT125ハンターカブ」を一部改良 新エンジンの採用で最新の排ガス規制に適合

後田(創成館高)まさかの敗退 陸上少年男子共通800 いちご一会とちぎ国体

事実婚解消のはあちゅう 離婚発表後の1週間で息子とホテルステイ、美容デーなど満喫

“伝説の喧嘩師”にへずまりゅうが土下座で謝罪 雨の赤坂騒然…引退試合ドタキャンで物議

岸田首相、Jアラート誤報「再発防止に取り組む」

NEWS RELATED

「フェアレディZ」のレース車両が手に入る? 日産とNMCが「Nissan Z GT4」を発表

日産自動車と日産モータースポーツ&カスタマイズ(NMC)はこのほど、「Nissan Z」(日本名:フェアレディZ)をベースとしたカスタマー向けのレース車両「Nissan Z GT4」を発表した。 「フェアレディZ」のレース車両が手に入る? 日産とNMCが「Nissan Z GT4」を発表 日産&NMC、「Nissan Z GT4」を発表 幅広いドライバーに適応 「GT4」は市販車をベースに開発したレース車両で行われるレースのカテゴリー。世界中の多くのスポーツカーメーカーが車両供給を行っている。NMCのNISMO Racing事業部が開発した「Nissan Z GT4」は、ベースとなる「Nissan Z」の素性の良さをいかし、走行性能、安全性、耐久性、操作性を高次元でバランスさせた。 高次元での走行性能、安全性、耐久性、操作性のバランスを達成 2022年6月の「富士24時間レース」にテスト参戦した車両をベースに改良を重ね、プロドライバーからジェントルマンドライバーまで幅広いレベルのドライバーが、総合的に満足できるパフォーマンスを実現している。 幅広いレベルのドライバーが総合的に満足できるパフォーマンスを実現 開発のポイントは、以下の通り。 ・ベースのVR30DDTT型エンジンの素性の良さをいかしたエンジンチューニング ・レース用に最適化したシャシーとサスペンション ・レギュレーションの範囲内で最大限の性能向上を図った空力性能 ・居住性、操作性を最適化したコクピット 日産のCOOであるアシュワニ・グプタ氏は、「日産にとってモータースポーツとは、私たちの飽くなき情熱と比類なき専門性を表現するものです。そして、『Z』はダイナミックなドライビングとパワートレインでドライバーを魅了するエキサイティングなスポーツカーとしての地位を維持し続けています。このGT4カテゴリーに対応する『Z』が、50年以上にわたる日産『Z』の速さの伝説に、新たな一章を刻むことになると確信しています」と語っている。 なお、仕様等の詳細は11月1日〜4日にアメリカで開催される2022 SEMAショーで発表。車両の供給は2023年シーズンから開始する予定となる。

View more: 「フェアレディZ」のレース車両が手に入る? 日産とNMCが「Nissan Z GT4」を発表

新メニューの提供スタート ビュー京ケ岳

 清里区青柳、坊ケ池湖畔のビュー京ケ岳(土日祝日のみ営業、午前11時から午後3時まで)は、10月から同区で取れたコシヒカリ新米と具だくさんの豚汁がセットになった新メニュー、「清里野菜の具沢山豚汁定食」(税込み600円)の提供を開始。豚汁のみ同300円。間もなく紅葉が始まり、頸城平野を見下ろす眺望とともに味わう逸品が完成した。 新メニューの提供スタート ビュー京ケ岳  また、同店の看板メニューで大好評の「清里産カレー」もリニューアル。題して「お月見カレー」。春メニュー「清里隕石(いんせき)カレー」の隕石(ハンバーグ)の横に、大きな三日月(カボチャ)と、キラキラ星(ニンジン)が浮かぶ。問い合わせは櫛池農業振興会(電025・528・7131)へ。

View more: 新メニューの提供スタート ビュー京ケ岳

日銀の調整にストラテジストら備える-超緩和的政策は「最終章」か

(ブルームバーグ): 超低金利を維持する最後の中央銀行である日本銀行は、頑固に政策を変えようとしない。それでも、日銀が遂に引き締めを開始しようと決めた時に世界の市場を襲うであろう衝撃について、ストラテジストらは警告する。   日銀が政策を調整すれば円は上昇し、日本の投資家の保有高の大きいオーストラリア、フランス、米国の債券市場はかなりの打撃を受けると、UBSグループが指摘する。さらに、可能性は低いものの日銀がイールドカーブコントロール(YCC)を完全に放棄するようなことがあれば、日本株は弱気相場入りし、米欧の株式相場も10%下落するかもしれないと試算した。   JPモルガン・チェースは、日銀の利回りコントロールは「最終章」に入っているため、投資家は備えが必要だと説く。スタンダードチャータードは、インフレ率上昇によって日銀が降伏する道が開けると考える。   ロハン・カーナ氏らUBSのストラテジストは今週のリポートで「日本国債の利回りが世界の債券市場を抑える役割を果たしてきたことを考えると、政策変更の影響は広く遠く世界のさまざまな資産に及ぶだろう」とした上で、「影響が最も大きいのは日本の投資家のプレゼンスが大きい市場だろう」と指摘した。 Japanese investors are the largest foreign holder of US Treasuries   世界の他の中銀が積極的に利上げをする中で断固として低金利を維持する日銀の政策は利回りを求める国内投資家を海外へと追いやり、円の大幅下落につながった。ここで政策を反転させれば円は急反発し、世界の債券市場での売りと米国債などの外国資産から国内への資金還流を促すだろう。   UBSは差し迫った政策転換を予想していないものの、顧客の質問に答える今週のリポートで、意表を突いた日銀の動きがあった場合に起こり得る結果について分析した。   例えば、日銀が10年国債利回りの上限を引き上げた場合、「投機的な円ショートの解消につながり」円が1ドル=130円に上昇する要因となるだろうとみる。   JPモルガンは、日銀が二つの「矛盾した問題」に直面しているため、一部の想定よりも早期に政策を変更する可能性があるとの見方を示す。一つは日本国債市場の機能を維持することで、もう一つは円の急落を防ぐことだ。   黒田東彦総裁の「ハト派的ガイダンスは物価圧力が上昇するという日銀自体の予測に一致していない」とJPモルガン証券のエコノミスト、藤田亜矢子氏は最近のリポートで指摘。「この政策の組み合わせは本質的に持続不可能だ。最終章に入りつつある」と分析した。   同社は日銀のYCC調整の時期予想を2023年3月とここれまでの同年半ばから前倒しした。 Japan’s benchmark bond yields trade around tolerated range   一方UBSは、世界経済が減速に向かう時期に政策引き締めで過ちを犯すことを恐れて日銀は向こう2年は政策を変更しないだろうと予想。「市場は日銀に『行動を強いる』ことはできない」との見方を示した。   スタンダードチャータードのスティーブ・イングランダー氏は、物価上昇と金融市場からの圧力が重なって日銀に微調整を迫るかもしれないとみる。   「YCC変更の緊急性の理由は世界の金利上昇とその結果としての円安でなければならないだろうが、政策転換が必要になった場合には最近の日本のインフレ率とインフレ期待の上昇が補助的な役割を果たすかもしれない」と4日のリポートで分析した。 原題:Strategists Begin to Map Out Impact of Any BOJ Policy Tweak(抜粋) More stories like this are available on ...

View more: 日銀の調整にストラテジストら備える-超緩和的政策は「最終章」か

拡大するウクライナでの損害、ロシアエリート層の怒りの声

拡大するウクライナでの損害、ロシアエリート層の怒りの声 【AFP=時事】ウクライナ侵攻での失敗や敗退が増えるにつれ、ロシアのエリート層の間で怒りが広がっている。「軍事作戦」に対して引き続き支持を示しているものの、軍幹部は銃殺刑にすべきだと口にする人も出てきてる。 拡大するウクライナでの損害、ロシアエリート層の怒りの声  ウクライナ軍が反転攻勢を強めた9月以前は、軍批判の世論は珍しかった。ウクライナ侵攻は神聖で、愛国的な作戦であり、軍を批判すれば長期間刑務所に入れられる恐れがあった。 拡大するウクライナでの損害、ロシアエリート層の怒りの声  今でもロシア政府の見解やウクライナ侵攻のメリットについて、疑問を投げ掛けるエリートはいない。  だが、ロシア軍の後退や予備役の動員をめぐる問題を受け、通常はものを言わない著名人らが軍幹部を批判するようになっている。  元司令官で、下院国防委員会の委員長を務めるアンドレイ・カルタポロフ氏は5日、軍は毎日の戦況報告で自国の後退には触れず、ウクライナ軍が被ったとする甚大な損失を称賛するような「うそ」はやめるべきだと指摘。「国民は知っている。彼らもばかではない」と警告した。  同氏は、愛国者として知られる人気テレビ司会者ウラジーミル・ソロビエフ(Vladimir Solovyov)氏のオンライン番組で、「私たちが真実の一部でさえも国民に言いたくないことは彼らも分かっている。これにより、信頼を失うこともあり得る」と述べた。 拡大するウクライナでの損害、ロシアエリート層の怒りの声 ■銃殺刑  欧州連合の制裁対象となっているカルタポロフ氏は、軍幹部には銃殺刑に値する者もいると主張。「罪を犯した者は罰せられるべきだ。残念ながらロシアには死刑がないが、一部にとってはそれが唯一の解決方法だ」「軍人としての誇りもない。ないから、銃で自殺しようともしない」と語った。  著名な戦争記者のアレクサンドル・コッツ氏はメッセージアプリのテレグラムに、「近い将来(前線から)良いニュースが入ってくることはないだろう」と投稿した。 拡大するウクライナでの損害、ロシアエリート層の怒りの声  ただ、ウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領やセルゲイ・ショイグ国防相に対する批判は出ていない。  従軍経験のない人が前線に動員されたとの報告が相次ぐと、プーチン氏は予備役動員での「誤り」を公に認めざるを得なかった。  ロシアでは野党が事実上一掃され、中心的指導者だったアレクセイ・ナワリヌイ氏は獄中にいる。  残された人々は主に国外で活動しており、国民の不満に乗じ、ロシア国内での立て直しを試みている。  ナワリヌイ氏の側近のレオニード・ボルコフ氏は、ロシア国内での活動家のネットワークを再開させるとユーチューブで発表し、「ロシアに残る数百万人はプーチンの人質であり、戦う意志はない」と述べた。(c)AFP 【翻訳編集】AFPBB News

View more: 拡大するウクライナでの損害、ロシアエリート層の怒りの声

<事故死から15年>32歳で早逝…天才ライダー・阿部典史が1996年日本GPで見せた歴史的優勝への独走、鈴鹿の全観客が祈った「ノリック、転ぶな!」

1996年日本GPで優勝を成し遂げたノリック。15年前の10月7日に亡くなった伝説的なライダーが鈴鹿を熱狂させた2つのレースを振り返る  15年前の2007年10月7日の夕方、オートバイを運転中に交通事故に遭い、約2時間後の20時52分に息を引き取った“ノリック”こと阿部典史(享年32歳)。  1990年代半ば、ノリックは紛れもなくレース界のスーパースターだった。ファンに驚きと感動をもたらした’94年と’96年の鈴鹿のレースを関係者の証言とともに再現する。(初出は2013年3月7日発売Number 824・825号『「ノリック、転ぶな!」 阿部典史、2つの鈴鹿グランプリ』、肩書は全て当時のまま) 彼はなぜファンの支持を一身に集め、時代の寵児となり得たのか  空前にして、絶後――。  国内で開催されたグランプリ最高峰クラスのレースで、観客が総立ちになって拳を突き上げるなど、後にも先にも見たことがない。視線を一点に集めた先に、ヘルメットから後ろ髪をなびかせた日本人ライダーがいた。  ノリックこと、阿部典史。  ’90年代のバイクシーンを、熱狂の色に染めた一人だ。とりわけ’94年と’96年の日本グランプリは、ノリックの、ノリックによる、ノリックのためのレースだった。  彼はなぜファンの支持を一身に集め、時代の寵児となり得たのか。  まずは、1994年4月24日の鈴鹿サーキットに時を移してみたい。ロードレース世界選手権の最高峰500ccクラス、世界デビュー戦となったレースで、弱冠18歳のノリックは大げさではなく進退を賭けていた。 型落ちのバイクで繰り広げた最強のライダー達との熾烈なバトル。 「あれは世界中に衝撃を与えたんですよ」  柔らかな口調で、モータースポーツジャーナリストの遠藤智が記憶の糸をたどる。 「ワイルドカードで走って、ミック・ドゥーハンやケビン・シュワンツといった最強のライダーと熾烈なバトルを繰り広げた。あの2人の前を日本人ライダーが走るなんて誰が予想できたか。ましてやノリのバイクは型落ちだったんですよ」  ノリックは前年に全日本の500ccクラスを史上最年少で制覇しており、日本GPには開催地枠でのスポット参戦が認められていた。すでにバブルは弾け、国内のレース環境はじり貧に。ノリックのチャンピオン獲得を最後に同クラスは廃止され、500ccのライダーは国内で戦う場所を失っていた。  このチャンスを生かしたい――。そんな焦りが、心中うず巻いていただろう。 「GPの500って、本当に実力がなければ乗れない。いかにもオマケで出てますみたいな顔で、ピットをもらえずテントの下で作業して。ゼッケンもたしか大きな番号だった。でも、ノリは野心を燃やしていたんです」 4周目で「アイツ、本物だよ」と鈴鹿を騒然とさせた。  無印の新人が注目されるには実力を見せつけるしかない。並大抵のパフォーマンスでは、自分の居場所を作ることはできないだろう。ゼッケン56番が見せた予選7番手からのロケットスタートは、そんな気迫の表れだった。  1周目を終えて4番手。始めから全開のノリックは、背筋の伸びた前乗りの特徴的なライディングフォームで強引に攻め続ける。  ゼッケン1番のシュワンツを後ろに従えた4周目、1コーナーの飛び込みでドゥーハンを差し、2番手に上がったノリックの走りにサーキットは騒然となる。  あいつ、本物だよ。  ダイヤの原石とは聞いていたが、ここまで光るものを持っていたとは驚きだった。経歴を深く知れば、さもありなんと思う。  オートレースの選手で賞金王にもなった父のもと、幼少のころからバイクに親しんだ。15歳で渡米すると、カリフォルニア・ローダイでダートトラックとモトクロスに打ち込んだ。日本人離れしたスライドコントロールはこのとき身につけたものだ。 ほとんど曲芸の世界ですよね  自身も国際A級ライセンスを持ち、鈴鹿8耐などの出場経験もある遠藤の目に、ノリックの走りはどう見えていたのか。 「あの時代、ドゥーハンに憧れるライダーはたくさんいたけど、その真似ができる日本人選手はいなかった。だけどノリは、積極的に後輪を滑らせてコーナーにアプローチしていく。ほとんど曲芸の世界ですよね」  当時のマシンはコンピュータが制御する領域がまだ狭く、特に500ccはライダーが腕でねじ伏せて乗る乗り物だった。ワークス勢が日進月歩でマシンを進化させるなか、ノリックはホンダのサテライトチームから’93年型のNSR500を駆ってレースに臨んでいた。  直線スピードで劣るバイクをコーナリングでカバーし、歴戦の猛者を相手に一歩も引かない。10周目、130Rの飛び込みでL・カダローラをかわし、ノリックはついにトップに立つ。遠藤の言葉を借りれば、「並のライダーなら、シュワンツたちの前を一度でも走ったらそこで満足するはず」だが、ノリックは勝てると信じて疑わなかった。 首位を追撃しようとした残り3周の1コーナーで……。  その後シュワンツ、ドゥーハンと抜きつ抜かれつを演じつつ、トップ集団を走行していたノリックのレースに突然終わりが訪れた。シケインでドゥーハンをかわして2位に浮上。残り3周を切ってシュワンツを追撃しようとした矢先の1コーナーで、スリップダウンを喫した。ノリックの身体は鞠のように転がり、コース脇の砂地に叩きつけられた。  原因はギリギリまでブレーキングを遅らせたことと、タイヤの限界。ミシュラン全盛の時代に、ダンロップで果敢に攻め続けたことはしかし、後に評価される要因となった。  レース専門誌『ライディングスポーツ』の編集長である青木淳は、あの転倒シーンにスター性を感じたと話す。 「無事だったから言えるけど、魅せるなって思いましたね。同じ途中リタイアでも、マシントラブルでピットインしちゃったら何も目立たないじゃないですか。時速300km以上でメインスタンドを通過して、みんながオオッと響どよめいているその1コーナーで派手に転んじゃう。あのレースでノリックは、勝つか目立つしかなかったわけですから」 もう、こんときは死ぬ気で走りましたね。死ぬ気でした  国内レースでノリックと戦ったこともある青木は、ノリックを幼いころから知っている。根本的にすごく優しく、繊細さを覗かせる少年だったという。だが、その豊かな感受性の奥底に強烈な負けん気を秘めているとは、当時はまだ気づいていなかった。 「レースの後、泣きじゃくってましたね。僕らからすれば、事件と言えるほどのすごいレースをしてくれたんですよ。でも、ノリックには不満で……。普段はヘルメットをかぶって見えないから、そういう激しい感情を目の当たりにすると感動しますよね」  このレースでノリックが魅せたのは、才能の片鱗だけではなかった。世界王者すらも踏み台にしてやるという反骨心、欲しいものを子どものように欲しがる無邪気さ――。  後に出演したテレビ番組でレースを振り返り、ノリックは当時の心境を吐露している。 「もう、こんときは死ぬ気で走りましたね。死ぬ気でした。もしこの日本グランプリで良い成績を出せなかったら、レース人生は終わると考えていたので」  熱い気持ちは伝わった。ファンにはもちろん、伝説のチャンピオンにも。日本GP終了から程なくして、当時、ヤマハワークスの監督だったウェイン・レイニーから「一緒にやらないか」というオファーが届く。 ノリというすごいダートトラックライダーがいる  ライバルのホンダ系チームからヤマハが引き抜くのも異例だが、シーズン途中で無名の新人がワークス入りするなど、当時のレース界の常識ではあり得ないことだった。  この時代、日本人アスリートがまだ見ぬ地平を目指して海を渡り始めていたが、ノリックもまたその系譜につらなる。いや、スポンサーの威光に頼らず、大枚の契約金で迎えられた点で嚆矢と言えるだろう。  グランプリ3連覇の輝かしい実績を持つレイニーは、ノリックのどこに惹かれたのか。  現在、ヤマハのデザイン部に籍を置く、桜田修司が当時を振り返る。 「彼は高校行かずにアメリカ留学してたでしょう。それですでにレイニーは『ノリというすごいダートトラックライダーがいる』と耳にしていたみたい。むしろ外国人のほうが彼をよく知っていて、新しいスター候補と見ていた。契約に至ったのは外国人トップの意向だけど、うちのエースライダーがケガをして、たまたま空きもでたんです」 ...

View more: <事故死から15年>32歳で早逝…天才ライダー・阿部典史が1996年日本GPで見せた歴史的優勝への独走、鈴鹿の全観客が祈った「ノリック、転ぶな!」

トヨタ、29万件以上の顧客情報が漏えいした可能性

トヨタ、29万件以上の顧客情報が漏えいした可能性 [東京 7日 ロイター] – トヨタ自動車は7日、コネクティッドサービス「T-Connect」でメールアドレスなどの顧客情報が29万件以上漏洩していた可能性があると発表した。2017年12月からインターネット上でアクセス可能な状態となっていた。既に非公開化し、同日からお詫びとお知らせのメールを送付しているが、現在二次被害は確認されていない。 漏洩した可能性があるのは、メールアドレスと顧客管理番号で、29万6019件に上る。対象顧客は、17年7月以降「T-Connect」のユーザーサイトでメールアドレスを登録した顧客で、氏名や伝番号、クレジットカードなどの情報については漏洩の可能性はないという。 原因は、ウェブサイト委託先企業が、ソースコードの一部を誤って公開設定のまま情報をアップロードしたことによる。公開されていたソースコードにデータサーバーへのアクセスキーが含まれており、これを利用することで、2017年7月から22年9月15日の間、誰でもデータサーバーに保管されているメールアドレスなどにアクセスできる状態になっていた。 調査の結果、情報が保管されているデータサーバーのアクセス履歴からは第三者によるアクセスは確認できないものの、完全には否定できない状況としている。現時点では個人情報の不正利用などは確認されていない。

View more: トヨタ、29万件以上の顧客情報が漏えいした可能性

教団が元信者の会見中止要求 ファクスで、予定通り実施

世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の本部が入るビル=9月、東京都渋谷区  世界平和統一家庭連合(旧統一教会)が、日本外国特派員協会で7日に予定されていた元2世信者の記者会見の中止を求めるファクスを協会に送っていたことが同日、協会への取材で分かった。会見は実施された。教団も送信を認めた。  会見したのは、元2世信者の小川さゆりさん=仮名。協会などによると、ファクスは7日に届いたとみられる。英語と日本語で書かれ、精神疾患を理由に小川さんの説明が虚偽の可能性があると主張。英語版には小川さんの両親の署名が添えられていた。  小川さんは涙ながらに「どちらが悪なのか、これを見てくださっている多くの方は分かってくださると信じています」と話した。

View more: 教団が元信者の会見中止要求 ファクスで、予定通り実施

ホンダ、新“フィットSUV”で新顔採用!? 新型「フィット」発売! 馬力アップでどう進化?

新タイプ「RS」設定以外にもみどころ沢山  ホンダは、マイナーチェンジモデルの新型「フィット」を2022年10月7日に発売しました。  現行フィットとして初のマイナーチェンジとなりますが、どのような点が進化したのでしょうか。 マイナーチェンジした新型「フィット クロスター」 マイナーチェンジした新型「フィット クロスター」 【画像】新顔採用の新型「フィット」発売! 馬力アップでパワフル化も!? 画像で見る(29枚)  新型フィットは、「BASIC(ベーシック)」「HOME(ホーム)」「LUXE(リュクス)」「CROSSTAR(クロスター)」「RS」の5タイプを設定しますが、各タイプで外観が進化。  フロントノーズをすっきり見えるように形状を変更しアッパーグリルの位置を上げたほか、HOME/LUXEはその上部にメッキ加飾のラインを水平に通すことで、より端正なデザインに進化させました。  SUVルックのCROSSTARは、専用エクステリアとなるフロント、サイド、リアのガーニッシュをシルバー色に変更。タフギアらしいデザインにすることで、よりクロスオーバーらしさが強調されました。  新タイプのスポーティモデル・RSは、専用のフロントグリル、フロントバンパー、サイドシルガーニッシュ、リアバンパー、リアスポイラー、アルミホイールを採用。  RS専用のサスペンションを装備し、ドライバーの操作とクルマの挙動がさまざまなシーンで気持ちよくつながる操る楽しさと、質感の高い爽快な乗り味の両立が図られています。  e:HEV RSには、アクセルオフ時の減速力を4段階で選択できる減速セレクター、3つのドライブモードスイッチ(NORMAL/SPORT/ECON)を専用装備します。  パワートレインはe:HEVモデル(ハイブリッド)とガソリンモデルのふたつを設定。  e:HEVモデルでは、モーター最高出力を14馬力増加させることで最高出力123馬力を達成しました。  ガソリンモデルでは、排気量が0.2リッター増加した1.5リッターDOHC i-VTECエンジンを採用しています。最高出力も20馬力アップの118馬力となっています。  全タイプに標準装備される安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」は、従来の機能に加えてトラフィックジャムアシスト(渋滞運転支援機能)、急アクセル抑制機能を新たに標準設定。またブラインドスポットインフォメーション、後退出庫サポートも新たに追加、タイプ別設定としました。  マイナーチェンジした新型フィットの価格(消費税込)は、e:HEVモデルが199万7600円から、ガソリンモデルが159万2800円からに設定されます。  それではここでクイズです。  今回のマイナーチェンジに伴い、RSと入れ替わるかたちで消滅したフィットのタイプが存在します。2020年の現行フィット発売から現在まで販売されていたそのタイプの名前とは、いったい何でしょうか。 【1】スパイク 【2】アリア 【3】ネス 【4】モビリオ ※ ※ ※  正解は【3】のネスです。  マイナーチェンジで消滅した現行フィットのNESS(ネス)は、気分が盛り上がるカラーコーディネートや、シートとインパネソフトパッドの表皮に撥水性の高い素材を採用。  フィットネススポーツのような、軽快でファッショナブルなタイプと説明されていました。

View more: ホンダ、新“フィットSUV”で新顔採用!? 新型「フィット」発売! 馬力アップでどう進化?

【ロッテ】吉井理人新監督就任決定「身が引き締まる思い」1軍ヘッドは福浦和也打撃コーチ

USJ「イベント割」適用でスタジオ・パスを20%値引き、大人は6720円に 今月11日~来年1月まで

秋篠宮ご夫妻、障スポ開会式出席へ 栃木県発表

国内唯一「マイテ49形」 乗車ラストチャンスに鉄道ファン殺到

相変わらず大変な仕事を押し付けてくるママ 隣のクラスの役員さんからある提案が!?【保育園クラス役員で理不尽ないじめに遭いました Vol.17】

アナログな手法ウケた?掲示板で農地マッチング 貸し出し件数急増

紀平梨花が公式練習参加 痛めた右足首にアイシングも「本番は思い切りやりたい」

テレ朝・玉川徹氏はなぜ「電通」発言をしたのか 心理士が指摘する「信念バイアス」

【舞いあがれ!】永作博美『あえて違和感関西弁』からの『自然な長崎弁』「恐ろしいドラマ始まった」称賛の声

一聞百見 がん医療20年で劇的に進展 三宅正和外科部長

突然自宅に来た不動産セールスマンとNHK党・片岡まさし氏が口論の末、警察沙汰に発展!拡散される動画に弁護士が回答

体に沁み渡る滋味。経験の粋がコースとして結実した札幌中国料理

OTHER NEWS

Breaking thailand news, thai news, thailand news Verified News Story Network