車上狙いの被害、7割が「無施錠」…県警「短時間でも窓閉め鍵かけて」

山梨県警察本部

 今年1~7月の車上狙いの被害は89件で、無施錠での被害が約7割を占めたことがわかった。被害額は507万円相当で、前年同期の377万円相当から約3割増えた。山梨県警は「短時間でも車から離れるときは鍵を閉め、車内に貴重品を置き忘れないでほしい」と警鐘を鳴らした。

 同県警によると、施錠をしていなかった車の被害は63件で、被害額では全体の8割を超える422万円相当に上った。バッグや財布の被害が31件で、クレジットカード類が14件、携帯電話も5件となった。市町村別では、甲府市が23件で最も多く、山梨県甲斐市が10件、山梨市が8件と続いた。県警刑事企画課の長田寛士次席は、エンジンをかけたまま車から離れることや、鍵をつけたままにすることは危険だと指摘。「短時間でも窓を閉めて鍵をかけてほしい。外から見える場所にカバンや財布などの貴重品を置かないことも大切」と注意を呼びかけている。

「肺炎」で入院していたが…六代目三遊亭円楽が亡くなっていた

大谷のチームメート気遣う行為にファン感動「イケメンすぎる」「肩ポンドンマイ、胸熱」

モロッコ「文化の盗用」、隣国代表ユニホームの取り下げ要求

RIZIN・榊原CEO 花束投げ捨て行為に法的措置も「ルールに乗っ取って対応する」

うらわのうなぎ萬店、子ども食堂に「うな重」贈る 初めて食べる子喜び 今年で創業136年、地元に恩返し

米国株が急落するなか、日本株が続伸しているのはなぜか。アメリカと日本の明暗が分かれた要因とは?

三遊亭円楽さん死去

一発狙う海外陣営 歴史的重馬場で日本馬にはチャンス薄?【凱旋門賞】

紀文の糖質0麺に飽きてきた…と思っていたら、新しく「そば風麺」が発売されたので食べてみた結果

落語家の三遊亭円楽さん、肺がんで死去…72歳

【梅田】天井が高いから開放感バツグン!レスパイアホテルでランチ

弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」

韓米日が対潜水艦訓練

「六本木クラス」最終回の“土下座シーン”に賛否両論 「梨泰院クラス」との違いに関心高まる【変更点リストあり】

東芝、経営再建で複数提案を受領 今後「パートナー候補と折衝」

【速報】「かっぱ寿司」社長を逮捕 ライバル社「はま寿司」の営業秘密を不正取得 警視庁

NEWS RELATED

伝統の製麺技術を守る職人 貴州省綏陽県

伝統の製麺技術を守る職人 貴州省綏陽県    【新華社遵義9月30日】中国貴州省遵義市綏陽(すいよう)県の名物「空心麺」は、麺の中心が空洞になっていることからその名が付いた。生地に塩分を含むことから、地元では「塩水麺」とも呼ばれている。製造工程は複雑で、製麺技術は同省の第4次省級無形文化遺産リストに登録されている。  同県の空心麺は髪の毛のように細く、平均直径は1ミリにも満たない。伝統的な製麺技術の伝承者、張永飛(ちょう・えいひ)さんによると、空心麺の製造には72の工程を経る必要があり、12時間を要する。季節や生地をこねる際の触感、湿度、天日干しの時間など、さまざまな要因が全て食感と品質に影響するという。(記者/劉勤兵)  

View more: 伝統の製麺技術を守る職人 貴州省綏陽県

まさかの「運転席廃止!」 ハンドルもない自動運転専用の未来カー「クルーズ・オリジン」走行動画をホンダが公開

将来の自動運転サービス用の車両 日本国内での実証実験も計画  ホンダは自動運転車両の「クルーズ・オリジン」の試作車が完成し、テスト走行を行う動画を2022年9月29日に公開しました。    クルーズ・オリジンは2020年1月に発表。ホンダ・GMクルーズホールディングス(Cruise)・ゼネラルモーターズ(GM)の3社で共同開発している自動運転モビリティサービス車両です。 ステアリングも運転席もない自動運転専用車両「クルーズ・オリジン」 ステアリングも運転席もない自動運転専用車両「クルーズ・オリジン」  クルーズ・オリジンは、最大6名乗車ができる車両。自動運転レベル4相当の自動運転技術を搭載しているため、ステアリングやアクセルはもちろん、運転席すら存在しません。 【画像】これが「未来の乗り物」だ! 運転席をなくしてしまった「クルーズ・オリジン」ってどんなクルマ? 画像で見る(11枚)  そのため、本来運転席が存在するスペースも客室として利用することができ、広い室内空間をもたらしました。フロントシートは後ろ向きとなり、常に対面となるような配置です。  また、低床プラットフォームを採用し、左右両側ともにクルマの前後方向に両開きするスライドドアを設けることで、性年代問わず誰でも乗り降りがしやすい設計となっています。  エクステリアは、4つ角に装備された、大型トラックのサイドミラーのようなセンサーが特徴。窓は下縁が低く大きいものとなっており、広い室内をさらに開放的に演出しています。  今回公開された動画では、日本仕様の量産モデルで既に複数台作られたといい、米国のテストコースを走行している様子が撮影されています。  今後は走行機能やシステムの確認、衝突試験をおこなって改良が進められる予定です。 ※ ※ ※  ホンダは自動運転モビリティサービスの実現に向けて、2021年9月から栃木県宇都宮市と芳賀町において、GM「ボルトEV」をベースとした試験車両を使用して技術試験をおこなっています。  今後は東京での実証実験や、クルーズ・オリジンの実車を使った試験も予定しているほか、2022年4月にはハイヤーやタクシー事業をおこなう帝都自動車交通、国際自動車株式会社との提携し、2020年代半ばのモビリティサービス提供開始を目指しています。

View more: まさかの「運転席廃止!」 ハンドルもない自動運転専用の未来カー「クルーズ・オリジン」走行動画をホンダが公開

【MLB】大谷翔平は殿堂入り投手と「同等」 またも“伝説級”のスタッツに記録マニア注目

アスレチックス戦に先発し15勝目を挙げたエンゼルス・大谷翔平【写真:ロイター】 バーチ氏「同等の成績はジョンソンとマルティネスのみ」 ■エンゼルス 4ー2 アスレチックス(日本時間30日・アナハイム) エンゼルスの大谷翔平投手は29日(日本時間30日)、本拠地で行われたアスレチックス戦で、8回2安打無失点10奪三振で15勝目を挙げた。8回2死までは無安打無失点の快投。数々の記録を打ち立てる二刀流は、この日も凄まじい数字を積み上げた。 エンゼルスの広報部で記録マニアのマット・バーチ氏は、27先発、15勝、防御率2.35、奪三振率(SO/9)11.91という大谷の成績を紹介。「同等の成績(あるいはそれ以上)はランディ・ジョンソン(1997年)とペドロ・マルティネス(1999年)のみ」と伝えた。 カナダ放送局・TSNスポーツの「スタッツセンター」は「ア・リーグの歴史上、自責点0、1四球以下、被安打2以下、10奪三振以上を3試合記録したのはショウヘイ・オオタニとペドロ・マルティネス(2000年と2002年)のみ」と殿堂入り投手と並べて、いかに安定感があるかという数字を示した。 さらに、この日の大谷はバットでも4打数2安打1打点で今季40度目のマルチ安打。MLB公式のサラ・ラングス記者は「ショウヘイ・オオタニが10奪三振以上、複数安打を記録した試合は今シーズンで4度目。それにより、1901年以降でその(2つの)数字を最も多く記録した1985年のドワイト・グッデンに並ぶ」と快挙を称えた。(Full-Count編集部)

View more: 【MLB】大谷翔平は殿堂入り投手と「同等」 またも“伝説級”のスタッツに記録マニア注目

日産 フェアレディZ 新型、AT車Pレンジでも車両が動くおそれ…改善対策

日産自動車は9月29日、『フェアレディZ』新型のパーキングロックに不具合があるとして、国土交通省に改善対策を届け出た。対象となるのは、2022年6月30日から8月26日に製造された165台。 9速AT車にて、Pレンジでホイールを機械的に固定するパーキングロック機構が不適切なため、特定の条件、操作をした場合に一時的にパーキングロックが外れ、最悪の場合、駐車条件によって車両が動くおそれがある。 改善措置として、全車両、トランスミッションコントロールモジュールの制御プログラムを対策品に書き換える。なお、対策プログラムの準備ができるまでの間、停車時に駐車ブレーキ使用の注意喚起を実施し、対策プログラムの準備ができしだい改めて案内する。 不具合および事故は起きていない。社内からの情報により改善対策を届け出た。

View more: 日産 フェアレディZ 新型、AT車Pレンジでも車両が動くおそれ…改善対策

4頭が参戦する日本馬の快挙なるか? 世界が注目する「凱旋門賞」の最終結論!

凱旋門賞に出走予定のドウデュース  いよいよ10月2日に仏パリロンシャン競馬場で行われるG1凱旋門賞の枠順が決まり、決戦へのおぜん立ては整った。今年は出てくれば大本命と見られていた欧州最強馬バーイードが回避したこともあって20頭立ての混戦模様。そのうち4頭を占める日本馬たちの悲願達成はあるだろうか。  近年は10頭そこそことなることも珍しくなかった凱旋門賞が20頭立てで行われるのは2014年以来。その8年前は前年にオルフェーヴルを下して勝利した女傑トレヴが精彩を欠いていたこともあってチャンスありと踏んだ陣営の参戦が多かった。  日本からもジャスタウェイ、ハープスター、ゴールドシップが挑戦。1番人気には英オークスとキングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスを連勝した3歳牝馬のタグルーダが推されていたが単勝オッズは5倍台と抜けた存在ではなく、終わってみればトレヴが劇的な復活勝利で凱旋門賞連覇の偉業を達成している。2着は前年の8着馬フリントシャーだった。  前置きが長くなったが8年前を教訓とすると、混戦模様となれば凱旋門賞を走ったことがあるという経験は想像以上に大きいのかもしれないということ。今年の出走馬で2年連続の挑戦となるのは、連覇を狙うトルカータータッソを筆頭に、5着のシリウェイ、8着のバブルギフト、9着のアレンカー、11着のブルーム、そして最下位の14着だった日本のディープボンド。この中では、地力のあるトルカータータッソはもちろん、昨年のニエル賞1着に今年のフォワ賞2着とパリロンシャンの2400メートルに適性のあるバブルギフトが面白そうだ。  今年が20頭立てとなったのは冒頭に書いたようにバーイードが凱旋門賞を回避したことが要因だが、そのバーイードが引退レースにG1英チャンピオンステークス(芝10ハロン)を選んだことで、本来なら中距離路線の総決算であるそこを目指すはずだった有力馬たちが、バーイードとの対戦を嫌ってクラシックディスタンスの凱旋門賞に方向転換した節もうかがえる。具体的に言えば、芝10ハロンのG1アイリッシュチャンピオンステークスからの参戦組だ。  ただし優勝したルクセンブルクは別。キャメロット産駒の3歳馬ルクセンブルクはもともと距離が伸びて真価を発揮すると見られていた馬で、英ダービーの前売りでは1番人気に推されていた。残念ながら故障でダービーには出走できなかったが、復帰後は凱旋門賞を目標に10ハロン戦を2連勝してきた。実際に12ハロンを走ったことはまだないが、血統的な裏付けと当初からの目標がぶれてないのは高く評価するべきだろう。  問題は愛チャンピオンSで敗れた2着のオネスト、3着のヴァデニ、4着のミシュリフら。2400メートルの仏G1パリ大賞を勝ったオネストが10ハロン戦に臨んだのは、スピードをアピールして引退後の種牡馬としての箔を付けるためだった。勝ち馬から半馬身差の2着ならその目的はある程度果たせたと言えるが、レース後も次走は凱旋門賞と英チャンピオンSを両にらみとぼかしていた。  3着の仏ダービー馬ヴァデニは、クラシック後も芝10ハロンの英G1エクリプスステークスに向かってミシュリフを撃破。明確に中距離路線をまい進していた。実際、愛チャンピオンSの直後は英チャンピオンSへ向かうことが濃厚とみられていたが、9月下旬になって(つまりバーイードの英チャンピオンS参戦が決まって)から凱旋門賞へ向かう意向を示した。  ミシュリフは昨年、凱旋門賞を登録のみで出走回避。ジョン・ゴスデン調教師は当時、「パリでのタフな12ハロンよりも10ハロン路線を維持すべきだと判断した」と語っていた。12ハロン路線でも21年春のG1ドバイシーマクラシックを勝つなどの実績はあるが、中距離に比べると適性が下がるのは陣営が認めているとおりだ。  つまり以上の3頭は、ルクセンブルクと違って相手関係を判断して英チャンピオンSではなく凱旋門賞を選んだことになる。高い能力は認めても勝ち切るまでは難しいのではないだろうか。  上記以外で前売り上位人気になっているのは、牝馬のアルピニスタと日本勢の大将格であるタイトルホルダー。5歳牝馬のアルピニスタは昨年夏からベルリン大賞、オイロパ賞、バイエルン大賞とドイツG1を3連勝。今年に入ってから仏G1サンクルー大賞と英G1ヨークシャーオークスを制し、12ハロン路線の欧州G1を5連勝とした。  この馬の評価を難しくしているのは、勝ったG1がヨークシャーオークスを除けばどれも地味な裏街道的な位置づけのレースばかりなこと。昨年8月のベルリン大賞ではトルカータータッソを2着に下しているのは高評価すべきだが、それも1年以上前の話だ。前走のヨークシャーオークスでは今年の英オークス馬チューズデーを破ったが、そのチューズデーは9月の仏G1ヴェルメイユ賞で4着どまりだった。目下の充実度なら出走馬の中でも一番だろうが、相手関係だけを見るならばG1での5連勝という実績を鵜呑みにするのは危険かもしれない。  タイトルホルダーは6月の宝塚記念をコースレコードで制し、中距離でも通じるスピードを証明。その実力は現地でも高く評価され、大手ブックメーカーの前売りではルクセンブルク、アルピニスタ、トルカータータッソに続き、ヴァデニとほぼ同じ4番人気となっている。  この馬の懸念点は、臨戦過程と展開面にある。凱旋門賞では過去20年間で9月に出走していなかった馬が勝った例は2回しかなく、その2回も7月のキングジョージ5着からぶっつけで巻き返した2010年のワークフォースと、8月のヨークシャーオークスから連勝した17年のエネイブル。いくら調教技術が上がって鉄砲駆けする馬が増えてきたとはいえ、約3カ月の休み明けで勝てるほど凱旋門賞は甘いレースではないということが分かる。  また凱旋門賞を逃げて勝ったのも1996年のエリシオが最後。タイトルホルダーは宝塚記念で2番手から抜け出して勝利したが、あのレースは逃げたパンサラッサが後続を引き離す展開で厳しいハナ争いにはならなかった。競りかけられた際の折り合いと、逃げた際に目標とされる重圧に耐えられるかも勝利へのカギとなりそうだ。  残りの日本馬はというと、ドウデュースは前哨戦の仏G2ニエル賞で4着。叩き台だったとはいえ、残り200メートル付近で脚色が鈍って勝ち負けに加われなかった内容は贔屓目を抜きにすれば高い評価を与えられるものではなかった。9月にひと叩きした臨戦過程は前述のデータからプラス評価だが、今度は過去10年の凱旋門賞で前走がG1以外で3着以下だった馬の連対はなく、3着が1回あるだけというデータが浮上してくる。ちなみに唯一の例外である2018年の3着馬も、前年の凱旋門賞で2着という実績の裏付けがあったクロスオブスターズだった。  ディープボンドは2年連続出走というプラスポイントはあるものの、昨年が最下位というのはさすがに評価しづらい。タイトルホルダーと同じ宝塚記念(4着)以来というローテーションも割引となる。  年初に中東の長距離重賞を逃げて2連勝し、8月には仏G2ドーヴィル大賞も逃げて2着のステイフーリッシュは注文通りの展開に持ち込めるかどうか。タイトルホルダーとの兼ね合いもさることながら、力量的には伏兵の域を出ないだろう。  というわけで本稿の最終結論。本命にはルクセンブルクを推したい。やはり長期スパンで凱旋門賞を目標としていた点が路線変更組よりも高く評価できる。9月初めの時点に出した展望では隠し玉としていたものの現在は1番人気となってしまったが、日本からの馬券購入ならば日本馬への補正がかかる分だけ妙味が残るかもしれない。  対抗は昨年の参戦実績を重視してトルカータータッソ。今年は昨年ほど重い馬場にはならない見込みだが、それでも今週のパリは雨予報が続くだけに軽視はできない。3番手以下でヒモ穴を狙うならば、距離と馬場に適性を示して臨戦過程も悪くないバブルギフトと、前走の愛チャンピオンSでルクセンブルクと接戦だったオネスト。後者は陣営のブレが気にはなるが、この馬が勝ったパリ大賞は2着のシムカミルが仏G2ニエル賞でドウデュースを下しての1着、4着のエルダーエルダロフがG1英セントレジャーを制覇したことで評価が上がっている。   日本馬は今年も苦戦という予想だが、1頭をチョイスするならば曲がりなりにも9月に前哨戦を使い、内が有利とされる凱旋門賞(しかも今年は他頭数)で3枠を引いたドウデュースか。  世界中の競馬ファンが注目する今年の凱旋門賞は、日本時間の10月2日、23時5分に発走予定だ。(文・杉山貴宏)

View more: 4頭が参戦する日本馬の快挙なるか? 世界が注目する「凱旋門賞」の最終結論!

ミャンマー大使の国葬参列 林外相「様々な意見承知しているが…」

記者会見する林芳正外相=2022年9月30日午前11時6分、外務省、野平悠一撮影  クーデターで国軍が実権を掌握しているミャンマー政府に対して、日本の外務省が安倍晋三元首相の国葬開催を通知し、駐日大使が参列したことについて、林芳正外相は30日の閣議後会見で、釈明した。「国軍によるクーデターの正当性を認めないという我が国の立場は、駐日大使の参列によって何ら変わるものではない」と述べた。  ミャンマー外務省は国葬当日の27日、駐日大使が参列した模様を公式ホームページなどで紹介。これに対して、人権団体などから「日本政府は軍事政権に『お墨付き』を与えた」などの批判が出ている。国葬にはロシアからも要人が出席した。  一方、英メディアによると、英国はエリザベス女王の国葬にミャンマーやロシアなどは招待しなかったという。  会見で林氏は「様々なご意見があることは承知をしている」としつつ、「行事の性質に鑑み、我が国が外交関係を有する国は全て通報を行うこととした」と説明。引き続き国軍に対して暴力の即時停止や民主的な政治体制の早期回復などを求めていく考えを強調した。(野平悠一)

View more: ミャンマー大使の国葬参列 林外相「様々な意見承知しているが…」

ロシアのスポーツ大臣がトップアスリートに総動員指令「選手は大統領を支持する愛国者」

ロシアのスポーツ大臣がトップアスリートに総動員指令「選手は大統領を支持する愛国者」 ロシアのウラジーミル・プーチン大統領がウクライナ侵攻に予備役の部分動員令を発し、有名アスリートにも続々と招集令状が届く中、腹心のオレグ・マティシンスポーツ大臣がスポーツ界に〝総動員指令〟を出した。 ロシアではフィギュアスケート男子のドミトリー・アリエフやマカール・イグナトフ、総合格闘家のウラジミール・ミネフら有名アスリートが続々と招集され、波紋を呼んでいる。 同国のスポーツ界からは、代表選手などエリートアスリートの招集を延期するよう求める声が上がっており、賛否両論が巻き起こる中、スポーツ界のトップであるマティシン大臣は強硬姿勢を打ち出した。 ロシアメディア「スポーツ」などによると、マティシン大臣はトップアスリートに対して何らかの「保護措置」が取られる可能性もあるとしたうえで、こう強弁した。 「アスリートは最大限に動員される。特権を享受できる上流階級として、スポーツを除外することはできない。われわれの選手たちは大統領を支持する愛国者だ」と強く主張した。アスリートを優遇すると国内から批判が起きる可能性もあり、プーチン政権としては招集リストからの除外はしない方針のようだ。 ロシアにおける有名アスリートの招集は、今後も続きそうだ。

View more: ロシアのスポーツ大臣がトップアスリートに総動員指令「選手は大統領を支持する愛国者」

「悲しみに向き合えず」円楽さん死去で所属事務所

インタビューに応じる落語家の三遊亭円楽=2020年7月6日午前、東京都千代田区(川口良介撮影) 三遊亭円楽さんの死去について、所属事務所は30日、「8月下旬の入院以降、肺炎は軽快し、肺がんの治療を再開した矢先のことでした。遺族、関係者一同、大変急なことで、今はまだ悲しみに向き合うこともできず、対応に追われております」とする文章をホームページで公表した。 葬儀は近親者のみで行い、後日お別れの会を開く予定としている。

View more: 「悲しみに向き合えず」円楽さん死去で所属事務所

高速道路で…“子ども”にハンドル握らせる 道交法に詳しい弁護士「かなり問題」

世界王者が不正主張、国際チェス連盟が調査へ

韓国、国内外為市場の対外開放延期 ウォン安で

西村経産相、試算ミスを陳謝「誠に遺憾」 火力発電の減少見通し

DAIGO「僕が好きなハンバーガーは何ハンバーガーでしょう?」

DeNAで“CS先発合格者”続出 ガゼルマンに続き石田が好投…三浦監督の演出は?

盗撮した日本人学校の元教諭に禁錮6週間 シンガポールの裁判所

カシオ計算機、ミドルサイズのG-SHOCK新発売 男性向けイメージからの脱却図る

岡田阪神、10・20ドラフトTG決戦再び!? 高松商高・浅野翔吾が1位筆頭 高校通算68発!右の大砲

くら寿司、スシロー、大阪王将…関西外食も値上げの秋

恋愛感情満たす目的ストーカー容疑で男逮捕 福島県内の女性の自宅に押しかけ、スマートフォンアプリで嫌がらせコメント記載

新潟市の高校校舎で男子生徒が転落死

OTHER NEWS

Breaking thailand news, thai news, thailand news Verified News Story Network