近づく自衛隊機に「レーダー照射」も 19年2月に韓国軍内部で指針

文在寅前大統領=2022年4月25日、韓国大統領府提供

 韓国軍が艦艇に低空で接近する日本の自衛隊機に対し、レーダー照射などの強硬な対応をとる指針を作成していたことがわかった。作成は2018年末に海自の哨戒機に韓国軍の駆逐艦がレーダーを照射したとされる問題が起きた約2カ月後だった。

 韓国国会の保守系与党議員で元韓国軍合同参謀本部次長の申源湜(シンウォンシク)氏が18日、朝日新聞の取材に対し、韓国国防省から「事実関係の報告を受けた」と明らかにした。

 申氏によると、指針は2019年2月につくられた。「日(本)哨戒機対応指針」として、公海上で接近してきた自衛隊機に対し、通信などによる2回の警告に応じずに近距離飛行を保った場合は、標的との距離や高度などを測る「追跡レーダー」(火器管制レーダー)を照射して対抗するよう規定したという。

 自衛隊機だけが対象で、ロシア機や中国機に対象を限定した指針はないという。実際に照射するかどうかの判断は現場指揮官に委ねる内容になっており、申氏は「非常に危険だ。日本だけに強硬な措置を講じるのも不適切」とする。韓国国防省は申氏に対し、自衛隊に限定した指針の「破棄を検討している」とも説明したという。

 韓国大手紙の中央日報は18日、「政府消息筋」の話として「指針は青瓦台(旧大統領府)安保室が主導し、軍当局の原案より強硬に作った」などと報じた。

 一方、韓国国防省の副報道官は18日の記者会見で指針の存在について問われ、「(報道機関には)内部的な指針、軍の作戦と関連した指針を説明することはしない」としている。

北朝鮮西部から短距離弾道ミサイルと韓国軍

【小江戸川越】観光の食べ歩きにおすすめのグルメ&スイーツ4選!川越プリンからおさつチップまで

レンタル急増の「キャンピングカー」横転しやすいってホント? 普通のクルマと違う運転のコツとは

MEGUMI ドラマ初プロデュース 業界あるある&美容テク落とし込んだ「壮大なチャレンジ」

紀子さま24年不変のショートカット、その合理性と愛と

全国高校サッカー選手権県予選特集 注目選手のライバルを紹介(2)

北朝鮮に大使館ルート通じ抗議と防衛相

大谷翔平、歴史的200奪三振を達成した球種が話題 打者不服も「こんなん絶対打てない」

矢野、金本、鳥谷…阪神戦士は「とてもプロ」 元助っ人が語る日本での経験

バカルディ、トラベルリテール部門トップに、初の女性を指名

野球を一時中断して受験に集中 元楽天ドラフト1位投手の将来を見据えた進路選び

“ダンディすぎるズゴック”がニューヨークに降臨? ファーストガンダムの因縁と映画『レオン』の影響とは

村田兆治容疑者が参加予定だった野球イベント開催へ…北海道・芦別市民球場で25日

【戦国武将に学ぶ】陶晴賢~諫言聞かぬ主君に反旗~

村田兆治容疑者を送検 空港検査員に暴行容疑

薬価つり上げで悪評の元製薬幹部、ソーシャルメディアで「再始動」

NEWS RELATED

【ソフトバンク】中村晃 申告敬遠直後の〝なめんなよ弾〟「その気持ちがなくなったら終わり」

【ソフトバンク】中村晃 申告敬遠直後の〝なめんなよ弾〟「その気持ちがなくなったら終わり」 ソフトバンク・中村晃外野手(32)が意地の一発だ。24日のロッテ戦(ペイペイ)に「5番・一塁」で出場。2―0で迎えた4回、貴重な6号3ランを叩き込み、勝機をたぐり寄せた。 前を打つ好調の4番・デスパイネが申告敬遠で歩かされて二死一、二塁。二木の初球141キロ真っすぐを強振して、打球は一瞬で右翼席へ。「敬遠だろうなと思っていた。場面的にも絶対に打ちたかった」。なめられてたまるか――。「その気持ちがなくなったら終わり。その気持ちは常にあります」と、強烈なプライドを示す一打だった。 チームは6―0の快勝で、優勝マジックは6となった。「もうとにかく必死に頑張っていきます」。酸いも甘いもかみ分ける32歳が、ここから大きな存在感を放っていく。

View more: 【ソフトバンク】中村晃 申告敬遠直後の〝なめんなよ弾〟「その気持ちがなくなったら終わり」

舞踏家の宇賀神智さん、軽やかに舞う 羽後町で鎌鼬の里芸術祭

舞踏家の宇賀神智さん、軽やかに舞う 羽後町で鎌鼬の里芸術祭  秋田市出身の舞踏家・土方巽(ひじかた・たつみ、1928~86年)の写真集「鎌鼬(かまいたち)」が撮影された羽後町田代の旧長谷山邸で、舞踏や伝統芸能などを披露するイベント「鎌鼬の里芸術祭」が24日、始まった。西馬音内盆踊りや舞踏家による公演、シンポジウムなど多彩なステージが展開された。25日まで。  西馬音内盆踊保存会のメンバーが旧長谷山邸の土間を舞台に西馬音内盆踊りを披露。編みがさや黒い彦三(ひこさ)頭巾で顔を隠し、端縫い衣装や藍染めの浴衣に身を包んだ踊り手6人が、おはやしの演奏に合わせて優美に舞った。

View more: 舞踏家の宇賀神智さん、軽やかに舞う 羽後町で鎌鼬の里芸術祭

森保Jの最高評価&W杯行きへ「スタンプを押した」選手は? アメリカ戦出場17選手+監督をブラジルメディアが採点

スタメン出場で勝利に貢献したMF守田英正【写真:Getty Images】 鎌田、三笘のゴールで2-0の完封勝利 森保一監督率いる日本代表は9月23日、ドイツ・デュッセルドルフでのキリンチャレンジカップでアメリカ(FIFAランキング14位)と対戦し、MF鎌田大地、後半から出場したMF三笘薫の得点で2-0の勝利を収めた。この試合でフル出場し攻守に貢献したMF守田英正がブラジルメディアはチームトップの評価に。ともに中盤を支えた相棒にも次点で高評価を与えて称賛を送っている。 序盤から積極的な前線のプレスで攻撃の起点を作り、立ち上がりから流れを掴む日本は前半25分、トップ下起用の鎌田がショートカウンターから冷静にゴールネットを揺らす。一度はオフサイドの判定となるも、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の確認の末、ゴールが認められた。 その後、森保監督は後半頭からGKシュミット・ダニエル、DF伊藤洋輝、FW町野修斗を投入。DF酒井宏樹を交代で下げた右サイドバックにDF冨安健洋をスライドし、主将のDF吉田麻也と伊藤でセンターバックを組んだ。 後半23分には両サイドハーフの交代でMF堂安律と三笘を投入。すると同43分、三笘が得意の左45度方面からのカットインで右足シュートを決め、試合終盤で待望の追加点を奪い、結果日本が2-0で勝利を収めている。 ブラジルメディア「グローボ・エスポルチ」は、アメリカ戦に出場した日本代表の17選手と森保監督を採点(10点満点)。そのなかでボランチとしてフル出場した守田にチーム最高点の「7.5」を与えた。 「守備だけでなく、前線のきっかけとなる縦パスを出すなど、攻撃との連動性にも優れていた。遠藤がマークに徹するようになったことで、自由に攻撃をサポートできるようになり、鎌田のゴールにつながるパスを出すことができた」 得点を決めた鎌田、三笘は「6.5」 ワールドカップへ「パスポートにスタンプを押した」 また、守田とコンビを組んだMF遠藤航と、指揮官である森保監督には「7.0」と次点で高評価を与えている。遠藤には「中盤の巨人、アメリカにプレーを作らせず、ほとんどの対決に勝ち、何度もボールを奪った」と記し、森保監督については「クラブで好調な選手を優先し、フル稼働に近い状態でチームを編成した。日本は試合を支配し、米国に危険な動きをほとんどさせず、堂々と勝利を収めた」と采配を称賛した。 得点を決めた鎌田、三笘についてはそれぞれ「6.5」の点数を付け、鎌田には「2度目のチャンスでゴールを決め、より効果的な役割であるセントラルMFとして日本の攻撃をリードした。まだメンバー入りが確定したわけではないが、今日でワールドカップへのパスポートにスタンプを押したと言えるだろう」と記し、三笘に対しては「試合を決定づける見事なソロゴールを決めるまで、前に出続けた。国際試合出場わずか8試合で5点目を決めた」とレポートしていた。 カタール・ワールドカップ(W杯)の最終登録メンバー発表前までに行われる強化試合は、今回のアメリカ戦に加えて、27日のエクアドル戦を残すのみとなっている。9月の2連戦初陣で、まずは幸先の良い結果を手にした森保ジャパンが、エクアドル戦でも好調を維持できるか。今回出番のなかったFW南野拓実や古橋亨梧らの出番にも注目が集まる。(FOOTBALL ZONE編集部)

View more: 森保Jの最高評価&W杯行きへ「スタンプを押した」選手は? アメリカ戦出場17選手+監督をブラジルメディアが採点

中日の守護神ライデル・マルティネスが37セーブ目 セ・リーグトップのヤクルト・マクガフに並ぶ

中日のライデル・マルティネス投手 ◇プロ野球セ・リーグ 中日2-1巨人(24日、バンテリンドーム) 2-1のリードで迎えた9回、中日は守護神のライデル・マルティネス投手をマウンドに送ります。 この日、3番手としてマウンドに上がったマルティネス投手。先頭の中田翔選手を、157キロのストレートで空振り三振に切って取ると、次に迎えるのは、この日ホームランを放っている岡本和真選手。岡本選手に対しても、150キロ台後半のストレートで追い込みます。4球目をはじき返され、センターに運ばれますが、岡林勇希選手が好捕し、2アウトとします。 さらに、ポランコ選手も155キロのストレートでショートゴロに打ち取り、3アウト。1イニング3者凡退で、セーブ数でセ・リーグトップのヤクルト・マクガフ投手に並ぶ37セーブ目をあげました。

View more: 中日の守護神ライデル・マルティネスが37セーブ目 セ・リーグトップのヤクルト・マクガフに並ぶ

【ベンチ入りリリーフ陣】この日も平内龍太はベンチ外 鍬原拓也も外れ赤星優志がリリーフ待機

巨人の原辰徳監督 ◇プロ野球セ・リーグ 中日-巨人(24日、バンテリンドーム) 巨人はこの日も平内龍太投手をベンチ外においています。平内投手は登録を抹消されてはいません。 また、2連投中の鍬原拓也投手もベンチ外となり、かわりに20日に先発し、3回を投げた赤星優志投手が中継ぎとしてベンチ入りしています。 ▽以下、巨人のベンチ入りリリーフ陣<( )内の日にちはこの3日間で登板があった日> (右)赤星優志 (右)デラロサ(21日) (右)鍵谷陽平(21日、22日) (右)畠世周(21日、23日) (右)大勢(21日) (左)今村信貴(23日) (左)高梨雄平(21日) (左)クロール(22日)

View more: 【ベンチ入りリリーフ陣】この日も平内龍太はベンチ外 鍬原拓也も外れ赤星優志がリリーフ待機

【中京&中山の危険な人気馬】中山11R ヴェルトライゼンデ

ヴェルトライゼンデ  【中京11R・プラダリア】ダービー出走組では最先着の5着。このメンバーに入れば実績は一枚上だ。ただ、2週連続で調教に騎乗した池添が「もう少しピリッとしてくれるかと思ったが…」と表情を曇らせていたのは心配。初勝利までに3戦を要しており、本質的には叩き良化タイプ。休み明けの今回は全幅の信頼は置きづらい。  【中山11R・ヴェルトライゼンデ】1年4カ月の長期ブランクを克服して鳴尾記念でV。ただ、当時の出走メンバーで次走以降に連対した馬はゼロ。相手に恵まれていたことも事実だ。脚元の関係で続けて使えない弱みもあり、あれ以上の走りを望むのは難しいだろう。今回は一気に相手関係が強化されただけに、静観が妥当とみる。

View more: 【中京&中山の危険な人気馬】中山11R ヴェルトライゼンデ

ブレイクダンス世界女王のAYUMI きっかけは「ダイエット」

ブレイクダンスの世界選手権で優勝した「AYUMI」こと福島あゆみ選手=京都市中京区で2022年9月16日、川平愛撮影  2024年パリ・オリンピックで初採用のブレイクダンス。若者を五輪に引きつけようと追加された新競技の魅力は何か。世界選手権王者の「AYUMI」こと福島あゆみ選手(39)に尋ねると、「自分をレペゼンすること」という。詳しくやさしく解説してもらった。 「お掃除スタイル」のダンス  21年12月、パリの有名劇場「シャトレ座」は、ブレイクダンスの世界選手権を観戦する若者で盛り上がっていた。日本選手同士の決勝となった女子は、福島選手が湯浅亜実選手(23)を制して初優勝。「優勝は奇跡」と驚きながらも「自分のダンスは自分しかできないと見つめ直せたことがつながりました」と振り返る。  ブレイクダンスは「ブレイキン」とも呼ばれる米国発祥のストリートダンスで、若者に人気のアーバン(都市型)スポーツの一つ。乗りの良い音楽に合わせて、体操競技でも使われる開脚旋回「トーマス」などアクロバティックな技が即興で次々と披露される。五輪では1対1で交互に踊って採点するバトル形式で実施。欧州での人気は高いが、世界選手権では50以上の国と地域から男女合計で約200人がエントリーし、裾野も広い。  福島選手がブレイクダンスを始めたきっかけは意外な理由だった。京都で生まれ育ち、洋画、洋楽好きの父の影響で幼い頃から海外生活に憧れた。19歳でカナダ・バンクーバーへ留学したが「何でもおいしいんです」と体重が約10キロ増。一時帰国した際、「ダイエットのため」に姉の梨絵さんが取り組んでいたブレイクダンスを始めた。  最初、技がうまくできなかったことが、競技を続ける原動力となった。「ブレイキンを通じて自分は立ち向かう精神が強いと初めて気づきました」。カナダでチームに入ると、運動能力も筋力も足らないと実感したが意欲は衰えず、がむしゃらに踊る福島選手に仲間たちは好意的だった。「全然だめなのにいろいろなところに連れていってくれて、早い段階からチャンスを与えてくれました」。気づけば次々とタイトルを獲得していた。  07年に日本に戻ってからは、現所属の「BODY CARNIVAL」に加入。「京都に帰っても環境に恵まれていました」。チーム自体が「上を目指そう」という雰囲気にあふれていて自身の気持ちと重なった。「ブレイキンは本当にたくさんイベントがあって、きょう優勝したけど1週間後は1回戦負けなんて普通です」。そんな競技特性も向上心を失わせなかった。  だが、次第に成績が伴わなくなった。知名度が上がり、海外を中心としたイベントへの参加が増え、練習不足になったことも一因だった。その頃、新型コロナウイルスが世界を襲い、多忙な日々に少し余裕ができた。「自分と向き合って、ブレイキンをやりたいと強く思えました」  持ち味は、細かで多彩な動きを正確に連続でこなすダンスだ。「せかせかしているから、お掃除スタイル」と呼んでいる。「本当はもっと大きく動きたい」との思いもあるが、コロナ下で考え抜いて「自分にしっくりくる」スタイルに磨きをかけたことが世界の頂点につながった。  それこそが「レペゼン」なのだという。ダンサーたちが使う造語で語源は英語のrepresent。辞書の和訳には「表現する」とある。  「最初は教えてもらうが、ある程度上達すれば、後はコーチがいるわけでもなく、何をしたいかは自分自身で決めていく。自分で自分をレペゼンする。それがブレイキンの一番すてきなところです」  敵味方、性別、年齢の垣根が低いのもブレイクダンスの魅力かもしれないという。試合前にライバルが一緒に練習するのは通常の風景。男女を分けない大会も多い。福島選手は39歳だが「(チームには)私より先に始めた年下もたくさんいますけど、私が甘やかされています」と笑う。年齢と踊りを関連付けない文化がある。  五輪競技になり、これまで以上に注目されることを前向きに受け止める。「ブレイキンだけでなく、ダンスと音楽のことをもっと知ってもらいたい。この組み合わせは、人をすごく元気にすると思うんです」と目を輝かせる。  自身の五輪出場に向けては「これまで目の前の一つ一つのことを必死でやってきた。今も変わらない。それがパリ五輪につながったら最高ですね」と特別な気負いはない。これまで通りに自分をレペゼンし続けることが、パリ五輪の舞台であるコンコルド広場への道となる。【吉見裕都】

View more: ブレイクダンス世界女王のAYUMI きっかけは「ダイエット」

【陸上】泉谷駿介が走り幅跳びでV 110m障害日本記録保持者が8メートル00ジャンプ

泉谷駿介(21年9月撮影)  ◇陸上・全日本実業団対抗陸上選手権第2日(2022年9月24日 長良川競技場)  男子走り幅跳び決勝が行われ、110メートル障害日本記録保持者の泉谷駿介(住友電工)が8メートル00をマークして優勝した。  前日の予選をトップ通過して挑んだ決勝。追い風0・3メートルの中で臨んだ1本目で、自己ベストとなる8メートル00を跳んだ。これが全体を通じてベストの記録となり、東京五輪代表の橋岡優輝(富士通)らとの勝負を制した。  主戦場とする110メートル障害だけでなく、週1回程度は走り幅跳びの練習にも取り組んできたという泉谷。自身にとって初の8メートル台のジャンプに「いつもの試合と(感覚は)変わらなかったけど、8メートルでした」と笑顔を交えて振り返った。

View more: 【陸上】泉谷駿介が走り幅跳びでV 110m障害日本記録保持者が8メートル00ジャンプ

「SDGs意識していますか」 北九州ロックフェス、会場で取り組み

久保建英・三笘薫を警戒!米国戦快勝に西紙「日本代表から教わったのは…」

フェス飯にアクセ作りもできる《PARK LIFE 2022》マーケット&音楽イベント福島市で開催

「小学生の娘を連れて行った『嵐』のライブ。長蛇の物販列で不機嫌になった次女に、前に並んでたファンが...」(静岡県・年齢不明女性)

プーチン氏の動員令に抗議再び ロシアで790人拘束、踊るデモも

九州初開催 版画家・入江明日香さん個展 約70作品を展示 福岡市

社会起業家目指そう 講師に渋沢栄一の子孫ら 事業計画学ぶ「SIS」、仙台で10月開講

新型コロナ関連の“申請したらもらえるお金”職業訓練中の手当、家賃相当額の補助も

義仲にちなみ合同イベント 「源平火牛まつり」「めるへん劇団公演」 小矢部で多数の趣向、にぎわう

鄭欽文がツアー初の決勝進出、進境著しい19歳 東レPPO

“農道のポルシェ”と称されるスバル「サンバー」が手のひらサイズのリアルR/Cカーとなって復活

大谷翔平 14勝目翌日に10戦連続安打 2点適時打で追いつく シーズン92打点

OTHER NEWS

Breaking thailand news, thai news, thailand news Verified News Story Network