里見香奈女流五冠、編入試験は黒星スタート

引渡式が行われた海上自衛隊の潜水艦「たいげい」=9日午前、神戸市兵庫区の三菱重工神戸造船所(彦野公太朗撮影)

海上自衛隊の新型潜水艦「たいげい」が9日、就役した。中国の海洋進出を念頭にした防衛力強化のため、政府が目標として掲げてきた潜水艦を16隻から22隻に増強する計画が完了。たいげいは神奈川県の横須賀基地に配備され、日本周辺の警戒監視に当たる。

建造した神戸市の三菱重工業神戸造船所で9日、同社から海自への引き渡し式と自衛隊の編成に入ったことを示す自衛艦旗授与式を開催。

海自によると、たいげいは基準排水量3千トンで全長84メートル、全幅9・1メートル。乗員は約70人。建造費は約800億円。海自が運用する潜水艦としては「おやしお」型(2750トン)、「そうりゅう」型(2950トン)に続く「たいげい」型の1番艦。「大きな鯨」が名称の由来となっている。

たいげいはリチウムイオン電池で長時間航行が可能になり、静かに移動する能力などが上がった。

【巨人】初回いきなり失点…負けるとCS消滅、先発の戸郷がDeNA佐野に先制被弾

退団の松田宣浩、工藤前監督の労いに号泣 鷹での最終戦、堪えきれず目頭押さえる

大谷翔平、今年達成した事が「情報量多すぎ」と米話題 27個あるのに「ほんの一部って」

アマ4冠の村田昴、デビュー3戦連続KO勝利

大谷翔平、衝撃の108球をWBC米国代表監督まで絶賛「野球史上最も才能溢れる選手だ」

日本とインドネシア国旗がモチーフ=大使館公用EVをラッピング

史上初のグランドスラムへ 申ジエ「意識していないと言ったらウソ」

三遊亭円楽さん、法名に本名「泰通」と襲名願っていた「円生」が入る

ジャッジ2試合連発62号でマリスの記録を61年ぶりに更新するか 相手ライルスから今季1試合2発も

東大1歩届かず完封負け 井手監督「ちゃんとした攻撃ができれば」初回犠打が併殺に

地方訪問、本格再開へ=リモートで交流重ね―両陛下、コロナ下で模索

マカオで新中国成立73周年を祝う国旗掲揚式

「元気でいて」早紀江さん めぐみさん誕生日前に

花でおもてなし 高校生らがフラワーポット制作 とちぎ国体1日開幕

【猪木さん死去】最後の弟子中邑真輔「お疲れ様でございました」笑顔の2ショット写真で追悼

「皆さんと共に出席、うれしく」 国民体育大会 天皇陛下のお言葉全文

NEWS RELATED

紀藤弁護士、アントニオ猪木さんを追悼「面識はあっても、言葉を交わすことはありませんでした」

紀藤正樹弁護士  全国霊感商法対策弁護士連絡会の紀藤正樹弁護士が1日、自身のツイッターを更新。同日に79歳で死去したアントニオ猪木(アントニオいのき、本名・猪木寛至=いのき・かんじ)さんを追悼した。  紀藤弁護士は「アントニオ猪木さんとはいろいろあり何度もお会いする機会がありましたが、お互いに面識はあっても、言葉を交わすことはありませんでした」と回想。「訃報を聞き、驚いています。心からご冥福をお祈り申し上げます」と綴った。

View more: 紀藤弁護士、アントニオ猪木さんを追悼「面識はあっても、言葉を交わすことはありませんでした」

アントニオ猪木さんの葬儀は家族葬

アントニオ猪木さんの葬儀は家族葬 アントニオ猪木さん(2008年) プロレス界のスーパースターで、1日午前7時40分に「心アミロイドーシス」による心不全で亡くなったアントニオ猪木さん(享年79)は、8月にマネジメント会社「猪木元気工場(IGF)」を設立。IGFは1日午後、猪木さんの死去をリリースにて正式に発表した。 猪木さんの通夜、葬儀に関しては「故人の遺志により、通夜及び葬儀は家族葬で執り行われます」とし、関係と相談した上で「お別れの会」を後日、執り行う予定だという。 また「遺族の意向により、ご香典、ご供花、ご供物の儀は固くご辞退申し上げます」としている。

View more: アントニオ猪木さんの葬儀は家族葬

鈴木福さんと妹の誉さん、ブランド米「いちほまれ」の新CMキャラに…都市部へ浸透図る

いちほまれの新CMキャラクターに決まった鈴木福さん(右)と妹の誉さん  福井県のブランド米「いちほまれ」の新CMキャラクターに、俳優の鈴木福さん(18)と、妹の誉(ほま)さん(6)の起用が決まった。県名とブランド名にちなんだ起用で、CMは今年産米が全国で発売される1日から、首都圏や関西圏などで放送。都市部を中心にさらなる浸透を図る。  県などでつくる協議会が起用を決めた。CMは、2人が全国にいちほまれのおいしさを届ける旅をするストーリーとなる。  いちほまれは「コシヒカリ」を超える品種を目指して県が開発し、2018年から本格販売している。昨年までは全国より1週間早く県内に出荷していたが、昨年産の米の売れ行きが全国的に好調なため、今年は初めて全国一斉に発売する。  今年産は昨年産より1000トン多い7000トンの出荷を見込む。

View more: 鈴木福さんと妹の誉さん、ブランド米「いちほまれ」の新CMキャラに…都市部へ浸透図る

芸能界の“ドン”渡辺晋に詰め寄った小柳ルミ子マネジャー(上)"二度の奇跡"はこうして起きた

小柳ルミ子は今年7月、古希を迎えた(C)日刊ゲンダイ 人気は魔物だ。芸能界でスターの座に上り詰めるほど難しいことはない。それ以上に、一度売上を落とした歌手の復活は困難を極める。そんな奇跡を二度も成し遂げた人物がいる。近年は無類のサッカー好きとしても話題を呼んでいる小柳ルミ子(70)である。 昭和46年のデビュー曲『わたしの城下町』でいきなりミリオンセラーを達成し、オリコンシングル売上の年間1位に輝いた彼女も、デビュー6年目から下降線を辿っていく。昭和49年3月から約11年間、渡辺プロダクションで小柳のマネジャーを務めた森弘明氏はどのように復活の手助けをしたのかーー。(全2回の1回目)※敬称略、名前や肩書きは当時 ◇ ◇ ◇ 〈このメールを受け取って泣きました〉 今年7月2日、古希を迎えた小柳はブログに感激を綴った。差出人は森氏だった。 「古希のお祝いと激励をしました。私のマネジャー生活で最も長かったのが小柳ですから、当然誕生日も覚えていますし、彼女が元気だと私もうれしい。もう一度、なにかの賞を取るくらい頑張ってほしい」 ■宝塚で断トツの成績を残した小柳 沢田研二の在籍したザ・タイガースやアグネス・チャンの担当を経て、森氏は昭和49年3月から小柳のマネジャーになった。 「彼女は芸事に関して、天性の素質を持っている。最初、梓みちよさんの母親の紹介で渡辺プロを訪れた時、渡辺晋社長に『宝塚で1番になってから来なさい』と言われたらしいんです。そしたら、本当にトップの成績を残した。しかも、2番に圧倒的な大差をつけての1位ですよ。努力家だし、勘がいいんです」 芸能界は、実力がなければ通用しない。一方で、実力が必ずしも人気に比例するとは限らない。デビュー6年目を迎えた頃、小柳もその魔力に吸い込まれていく。昭和51年、『恋岬』で初めて売上が10万枚を割り、『夾竹桃は赤い花』は1.2万枚と低迷。『逢いたくて北国へ』が17.9万枚と盛り返し、なんとか紅白歌合戦出場に漕ぎつけたものの、彼女は岐路に立っていた。 「昭和52年の始めにフジテレビの『火曜ワイドスペシャル』で『スター作詞作曲大賞』という企画があり、小柳は事務所の先輩であるハナ肇さん作詞、谷啓さん作曲の歌を歌いました。その番組で、由紀さおりさんの歌った曲が素晴らしかった。作詞は関口宏さん、作曲は出門英さんで『八重山哀歌』という歌でした。すぐにレコード会社のディレクターに『次のシングルはこの歌にしよう』と提案しました。小柳もすごく気に入って、絶対に歌いたいと意気込んでいました」 「社長、この歌をA面にしたら新御三家にも勝てます」 小柳には既に『明日の海』という歌が用意されていた。作曲は昭和48年に『あなた』で『第4回世界歌謡祭』のグランプリを受賞した小坂明子、作詞はキャンディーズの『ハートのエースが出てこない』などでヒットを飛ばしていた竜真知子だった。当時、シングルA面の最終決定は、事務所の創業者で戦後の日本芸能界の礎を築いた渡辺晋社長に委ねられていた。森氏は社長室を訪れ、新曲を変えたいと直談判した。 「部屋に近づくと、他の件で誰かを叱責している声が聞こえたんですよ。間が悪いな……と思ったけど、時間も迫っているし、行くしかない。『社長、この歌をA面にしたら新御三家にも勝てます』と断言しました」 晋社長は「いい歌と売れる歌は違う」と突っぱねたが、森氏は「売れますから」と食い下がった。執念を感じた晋社長はA面の入れ替えを許した。 「タイトルが『八重山哀歌』だと古く感じてしまうから、ディレクターたちと一緒に徹夜して『星の砂』にしました。3年ぶりに50万枚を突破してオリコン最高2位まで行きましたよ。社長には『ありものの歌だからな。ノーマネジメントだ』と言われましたけど(笑い)」 森氏の宣言通り、昭和52年4月発売の『星の砂』は飛ぶ鳥を落とす勢いの野口五郎、郷ひろみ、西城秀樹の新御三家の同時期のシングル売り上げを上回り、年間でも13位に入る大ヒットとなった。 小柳は、発売当時の心境を”イメージのコンクリート漬け”という表現を使って語っている。 〈私のイメージってデビューからとても優等生で日本的で何事にでも全力で一生懸命ぶつかっていくっていう感じで受けとめられていたでしょう。それを拒否もしないし、むしろ私の中にある部分だと思います。でもひとりの女としてもっといろんな面があるわけで、イメージの中でコンクリート漬けにされるのはつらかったですね。その気持ちが爆発してひとつの形になったのが、6、7年前かな。『星の砂』という歌だったんです〉(1983年10月27日号『週刊明星』) ■ナベプロマネジャーの担当期間はどんなに長くても3年 芸能人として脱皮を図りたい時に、恋人と無理矢理引き裂かれた女が男を想う『星の砂』で、小柳は新境地を開いた。気が付けば、森氏は彼女のマネージャーになって3年という月日が過ぎていた。 「渡辺プロでは、同じタレントを担当するのはどんなに長くても3年なんですよ。互いにいろいろな経験を積んだほうがいいし、違う人と組むことで生まれる化学反応があるから交代していく。でも、私はその後もルミ子の担当を代われとは言われなかった」 森氏は手を替え品を替え、小柳の魅力を引き出そうとした。 「『星の砂』は売れたけど、その後は再び低迷しました。ずっとヒット曲を出すなんて無理です。それでも、小柳はあきらめずに挑戦を続けた。そこで私は願掛けで、昭和54年の4月1日から禁煙しました。当時、1日60本ぐらい吸っていたんですが、『ザ・ベストテン』で10位以内に入るまで吸わないとスパッとやめました」 翌年、森氏が新曲の打ち合わせで社長室を訪れると、渡辺晋社長が激昂していたーー。(つづく) ◇ ◇ ◇ ▽森弘明(もり・ひろあき) 昭和20年2月14日生まれ、東京都出身。開成高校、慶應大学経済学部を経て、昭和44年に渡辺プロダクション入社。平成2年からは制作部長を務め、翌年退社。同期にはサザンオールスターズ、福山雅治、星野源などを抱える芸能事務所『アミューズ』の創業者である大里洋吉氏などがいる。平成22年からは大里氏のオファーで、東京・浅草を拠点に活動していた昭和歌謡レヴュー劇『虎姫一座』の脚本を執筆。65歳で初めて舞台構成を手掛けた。現在は『ラナンシーミュージック』で”歌のシンデレラ”Rili.などをプロデュースしている。 ▽取材・文=岡野誠(おかの・まこと) ライター、松木安太郎研究家。著書『田原俊彦論 芸能界アイドル戦記1979-2018』(青弓社)では芸能史やテレビ史を丹念に考察。本人や関係者への取材、膨大な一次資料、視聴率などを用いて分析した同書は鈴木智彦著『サカナとヤクザ』、山田ルイ53世著『一発屋芸人列伝』などとともに『本の雑誌』2018年ノンフィクション部門ベスト10入り。

View more: 芸能界の“ドン”渡辺晋に詰め寄った小柳ルミ子マネジャー(上)"二度の奇跡"はこうして起きた

7歳女児不明から1週間 発見された靴から水際までの距離に注目 「事件性に重き置くべき」元刑事が指摘

行方不明になった7歳女児の靴と靴下が発見された河川敷=千葉県内(撮影・小川泰平) 千葉県松戸市に住む小学1年南朝芽(さや)さん(7)が23日に自宅を出たまま行方不明となり、1週間が経過した30日も捜索が続いた。連日、現場を取材している元神奈川県警刑事で犯罪ジャーナリストの小川泰平氏は当サイトに対し、南さんの家族から聞いた証言を明かし、発見された靴と靴下から水際までの距離が離れていることなどに注目して「事件性の可能性に重きを置くべき」との見解を示した。 26日の撮影時点では河川敷のグラウンドに水がたまっていた(撮影・小川泰平) 千葉県警松戸署によると、南さんは23日午前11時半ごろ、母親と自宅近くの公園に行く約束をし、先に1人で自宅を出たまま行方が分からなくなった。同日夕方、隣接する流山市内の公園から外出時に乗っていたキックボードが見つかり、24日午前には公園から約300m離れた江戸川の河川敷で南さんの靴と靴下が発見された。28日には、川の1km下流の取水口で「さや」と名前が書かれ、南さんが身につけていたものと一致する帽子が発見された。29日はこの取水口付近を含め、160人態勢で進められた。同日夜、朝芽さんの家族は「さやを保護して下さっている方がいらっしゃいましたら、人が多い安全な場所にそっと離していただきたいです」などとコメントを出した。 行方不明になった7歳女児がキックボードを持って行ったと思われる公園(撮影・小川泰平) 小川氏は「お母さん、年齢の離れたお姉さんに『過去に朝芽さんが川で水遊びしたことがあったか』と聞いたところ、『そんなことはない。逆に水は怖いくらいだ』ということでした。帽子が川に落ちたとして、水が苦手でも自ら取ろうとして水の中に入ったかどうかと、お姉さんに質問してみたところ、『(妹は)それほど物に執着がないし、帽子をなくしたからといって(家族が)怒るとは思わないので、自分から怖い水の中にわざわざ入ることは考えられない』と、これはあくまでも仮説の話ですが、そうおっしゃっていました」と補足した。 その上で、小川氏は「河川敷で靴と靴下が見つかった場所について、現場で捜査関係者に話を聞くと、その場所は水面のすぐ近くではなく、20~30m離れていたということです。当初、整然と置かれていたという話もあったが、靴は裏返っていたと聞いている。人が比較的、川辺に楽に降りて行ける場所でも水深を測ると約70cmあり、大人でも入るのに躊躇(ちゅうちょ)する深さの川に自ら入ったのかどうか疑問が残る。また、朝芽さんが川に入るために自分で靴と靴下を脱いだとしたら、水辺への20~30mは裸足で行くことになる。芝生の所は裸足で歩けたとしても、水際までの5m余りは土になっていて、しかも、水を怖がっていた子どもが1人で行ったとは考えづらい。水際ではなく、わざわざ離れた場所に靴を置く必要はない。つまり、本人が脱いで置いたとは限らず、誰かが後で置いた可能性もある」と推測した。 一方、小川氏は「行方不明になった当日、近くで野球を見ていた人に話を聞くと、選手の家族や応援の人も含めて『30人以上はいたのではないか』ということでした。そこに子どもがいたか…と質問したところ、子どもさんはたくさんいたので、朝芽さんがその中にいたかどうかは区別できない。大声を出すなどして違和感を覚えさせる子どもがいたかどうかも、野球を見ていたので分からない』と話していた。いずれにしても、現場には30人以上がいたということで、他に目撃者がいる可能性はある」と語った。 また、同氏は「お姉さんによると、朝芽さんは『道を覚えるのが得意』ということであり、迷子になったとも考えづらい。河川敷まで来て、また、別の場所に行った可能性もある」と付け加えた。 今後の捜索について、小川氏は「まだまだ分からないことが多いが、事件か事故かというと、事件の可能性に重きを置いて捜索する方が大事だと思います。『事件と事故の両面で捜査している』というのは警察の常套句ですけど、川に転落した事故と決めてかかると、捜索中心だけになってしまう」と懸念した。 さらに、同氏は「キックボードを公園に置いて、1人で急な坂を上って河川敷に降りたという中で、靴と靴下を自分で脱いだのか、第三者が関与しているのか。事件である可能性を考えながら、目撃者を探し、現場で画像を撮っていた人がいれば提供してもらい、さらに防犯カメラの解析をして、本人が身につけていたものの探索等を進めながら捜索を続けていく必要がある」と指摘した。 行方不明になった7歳児の靴と靴下が置かれていた河川敷を背に現場取材する小川泰平氏(本人提供)

View more: 7歳女児不明から1週間 発見された靴から水際までの距離に注目 「事件性に重き置くべき」元刑事が指摘

【凱旋門賞】外国馬関係者の話 ブックメーカー1番人気のルクセンブルクは好調

(1)ミシュリフ・J&Tゴスデン師「タフで経験が豊富で、馬場も不良でも走っている。チャンピオンにふさわしいと思っている」 (2)トルカータータッソ・Mヴァイス師「前走はきついレースだったが、精神的によく持ちこたえた。その後は回復している」 (3)マレオーストラリス・Pウルマン氏「体調の問題で復帰が春に。その後はシャンティイ大賞を勝ったように調子を上げている」 (5)アレンカー・Wハガス師「昨年は完敗(9着)だったが、今年は本格化した。タフで素直で、期待に応えてくれる馬」 (7)ブルーム・Aオブライエン師「昨年のジャパンC(11着)のゴール後に蹴られて骨折。前走には満足しているし、好調を維持」 (9)モスターダフ・Aゴールド氏「セプテンバーSを圧勝。ジョン(ゴスデン師)はエネイブルでこのレースから凱旋門賞を勝っている」 (10)メンドシーノ・Hシュナイダー厩舎マネジャー「本格化に時間がかかったが、忍耐強く育てた成果を、これからは収穫の時期」 (12)バブルギフト・Mデルザングル師「サンクルー大賞の3着はよく走ったし、このひと叩きが必要だった」 (13)グランドグローリー・Gビエトリーニ師「前走はスローペースにはまってしまったが、最後はよく伸びている。これで状態は上がった」 (14)アルピニスタ・Mプレスコット師「今年は最初から凱旋門賞を目標にしてやってきた」 (15)ヴァデニ・Jリモー・レーシングマネジャー「ロンシャンの馬場は合うだろうという判断でここへ。距離も馬場が極端に悪くならなければ克服できる」 (16)アルハキーム・JCルジェ師「血統的にスタミナはあるはず。馬場が軟らかくなりすぎない方がいい」 (17)オネスト・Fシャペ師「この馬の長所はエンジン。フラットなコースではそれを生かせない。エンジンにものをいわせないとね」 (18)ウエストオーバー・Bマホン・レーシングマネジャー「凱旋門賞に照準を合わせて、いい状態に仕上がっている」 (20)ルクセンブルク・Aオブライエン師「2走前は仕上がっていなかったし、愛チャンピオンSも急仕上げだった。それ以降は好調」

View more: 【凱旋門賞】外国馬関係者の話 ブックメーカー1番人気のルクセンブルクは好調

家庭内のもめごとを解決する家事調停を身近に 調停制度100周年で寸劇と講演【岡山】

家庭内のもめごとを解決する家事調停を身近に 調停制度100周年で寸劇と講演【岡山】 調停制度の発足100周年を記念したイベントが、きょう(1日)岡山市北区で開かれました。 法律だけによらず、話し合いによる争いの解決を図る調停制度を広く知ってもらおうと開かれた「あなたの暮らしに身近な家事調停」です。家族に関する紛争を扱う岡山家事調停協会が主催したもので、離婚をテーマにした寸劇が行われました。 また、調停制度の発足100周年を記念して、元RSKアナウンサーで岡山家事調停協会副会長の太田雅仁さんが、調停制度の利点などについて講演しました。 調停協会は、10月24日に岡山市北区のきらめきプラザで調停相談会を開く予定です。

View more: 家庭内のもめごとを解決する家事調停を身近に 調停制度100周年で寸劇と講演【岡山】

楽天田中将大-オリックス田嶋大樹、ロッテ小島和哉-ソフトバンク板東湧梧ほか/2日予告先発

2日のプロ野球予告先発は以下の通り。 <セ・リーグ> DeNA浜口遥大-巨人菅野智之(横浜=14時) 阪神西純矢-ヤクルトサイスニード(甲子園=14時) 広島森翔平-中日根尾昂(マツダスタジアム=14時) <パ・リーグ> 楽天田中将大-オリックス田嶋大樹(楽天生命パーク=18時) ロッテ小島和哉-ソフトバンク板東湧梧(ZOZOマリン=18時) 西武D・エンス-日本ハム根本悠楓(ベルーナドーム=18時) 楽天田中将大(左)とオリックス田嶋大樹

View more: 楽天田中将大-オリックス田嶋大樹、ロッテ小島和哉-ソフトバンク板東湧梧ほか/2日予告先発

ハウステンボス買収の投資会社、集客力アップへ数百億円投資を計画…「株式上場も選択肢」

豊田合成のアクセルレバー付きハンドル、トヨタの福祉車両に搭載…福祉機器展2022

「刑務所に入ったおかげで幸せだった」 冤罪被害者が語る真意

安田美沙子 5歳息子の運動会に素朴な手作り弁当「美味しそう」唐揚げ&野菜「見習いたい」

ロシアは「重大な国際法違反」=4州の併合容認せず―トルコ

ナダルアカデミーの努力が結実!16歳と17歳の若手選手が全米優勝

巨人、CS進出が完全消滅 5年ぶり10度目Bクラス決定 戸郷5回1失点も8敗目 打線は今永に2安打

【凱旋門賞】武豊騎手騎乗のドウデュースはダートコースでハッキング 陣営「馬体に張りも出てきた」

「世界観光の日」恒例のトレー・レース開催 マカオ

かっぱ寿司社長 不正入手のはま寿司情報を社内会議で使用か

大谷翔平、ノーノー継続中に超人的な身体能力発揮 米称賛「彼を見るのは楽しい」

みんなが冷たいのは全部自分のせい…挽回するためにとった行動は?【保育園クラス役員で理不尽ないじめに遭いました Vol.11】

OTHER NEWS

Breaking thailand news, thai news, thailand news Verified News Story Network