BMW M está a trabalhar num i4 M50 com quatro motores elétricos

BMW M está a trabalhar num i4 M50 com quatro motores elétricos

A BMW M está a desenvolver um protótipo do i4 M50 equipado com quatro motores elétricos, mas com a secção frontal do M3. Para já, este veículo é apenas “um laboratório de testes com rodas”, ainda que algumas soluções tecnológicas possam ser aplicadas em modelos futuros da BMW M.  

A divisão desportiva da BMW está a desenvolver um protótipo baseado no i4 M50 equipado com quatro motores elétricos, ao que se junta um novo sistema de controlo dinâmico e uma nova afinação do chassis.

Embora alguns modelos elétricos de elevadas prestações da BMW, como o i4 M50 e o iX M60 já tenham sido lançados, estando ainda prevista a chegada do i7 M70 em 2023, ainda não se viu um modelo elétrico desenvolvido de raiz pela BMW M.

Isso deverá mudar em breve porque a divisão de performance da marca de Munique já se está a preparar para a nova era elétrica. E o objetivo é muito claro: manter a “experiência emocional de condução” nos futuros automóveis desportivos com emissões zero.

O primeiro veículo de testes para o desenvolvimento de “inovadores sistemas de controlo de condução e chassis” tem como base o BMW i40 M50. Este veículo tem, no entanto, algumas caraterísticas únicas. Começando pelo design exterior, o protótipo herda a parte frontal do M3 / M4 com motor de combustão interna, recebe uma carroçaria mais larga e uma decoração especial.

Curiosamente, a enorme grelha e a tomada de ar no pára-choques permaneceram descobertas e com toda a probabilidade será para apoiar o arrefecimento da linha motriz elétrica e outros componentes mecânicos.

“Laboratório de testes com rodas”

O interior do protótipo também foi modificado e equipado com tecnologia de medição que o transformam num verdadeiro “laboratório de testes com rodas”.

As alterações mais importantes estão escondidas por baixo da carroçaria. A BMW introduziu uma linha motriz com quatro motores elétricos e um sistema integrado de controlo da dinâmica da condução.

Além disso, no novo sistema de tração às quatro rodas totalmente variável M xDrive, cada roda é controlada independentemente por uma unidade de comando central, sendo utilizados vários cálculos. A suspensão também foi modificada, com a estrutura dianteira do M3 / M4 para assegurar uma maior rigidez torsional.

LEIA TAMBÉM

BMW mostra iX sem condutor a estacionar, carregar e ir à lavagem

A BMW não revelou a potência combinada do sistema de quatro motores elétricos, mas será seguramente superior aos 544 cv (400 kW) do i4 M50 de série.

Quanto à autonomia, a regeneração de energia dos quatro motores durante as travagens deverá permitir a recuperação de alguma capacidade da bateria de alta voltagem.

Ainda não é certo se o BMW i4 M50 com quatro motores elétricos irá resultar num modelo de produção, mas a tecnologia desenvolvida poderá ser aplicada em modelos futuros BMW M.

NEWS RELATED

BMW CE-04 Akhirnya Resmi Diperkenalkan di Indonesia, Punya Spesifikasi yang Gahar, Harganya Berapa Ya?

BMW CE-04 Akhirnya Resmi Diperkenalkan di Indonesia, Punya Spesifikasi yang Gahar, Harganya Berapa Ya? BMW Motorrad Indonesia resmi memperkenalkan BMW CE-04 di Indonesia, Jumat (07/10/2022). BMW Motorrad Indonesia BMW CE-04 Akhirnya Resmi Diperkenalkan di Indonesia, Punya Spesifikasi yang Gahar, Harganya Berapa Ya? BMW Motorrad Indonesia resmi kenalkan motor listrik BMW ...

View more: BMW CE-04 Akhirnya Resmi Diperkenalkan di Indonesia, Punya Spesifikasi yang Gahar, Harganya Berapa Ya?

狙いはアメリカの富豪が、それともアラブの王様か BMWから大型SUVクーペの「XM」が登場

狙いはアメリカの富豪が、それともアラブの王様か BMWから大型SUVクーペの「XM」が登場 BMWが内燃機関エンジンを搭載する車種としては久々のブランニュー・モデルとなる「XM」をワールドプレミアした。 【写真66点】狙いはアメリカの富豪が、それともアラブの王様か BMWから大型SUVクーペの「XM」が登場の詳細画像をチェック BMW・X7のクーペ版 M3やM5、X5Mなどと同じ「Mハイパフォーマンス」と呼ばれるBMW・Mモデルの最強モデル群に属する大型SUV。「X7」のクーペ・バージョンと言えるモデルだ。パワートレインはプラグイン・ハイブリッド(PHEV)のみで、Mハイパフォーマンスとしては初の電動化モデルとなる。最も近いライバルはアウディRS・Q8だが、BMWとしてはランボルギーニ・ウルスやアストン・マーティンDBX707といったスーパースポーツ・メーカーのSUVもターゲットとして見据えているはずだ。 目を惹くロングルーフ・デザイン スタイリングは「X2」や「iX」に似たルーフの低いフォルムを採用。フロント・マスクはやや横長の巨大なキドニー・グリルの横にマイナーチェンジ版のX7に似た2段構えのヘッドライトを備える。フロント・グリルから続く2本のボンネット・バルジもiXに見られるデザイン要素だ。 ボディ・サイドではベルトラインのモールとウインドウ・モールがボディ後方で繋がり、BMWのアイキャッチであるホフマイスター・キンクを強調するラインを描く。このデザインはMモデルのルーツである「M1」のサイド・ウインドウのグラフィックに着想を得ているらしい。リアでは縦に2本ずつ並んだ左右4本出しのテールパイプが特徴的だ。 ボディ・サイズは全長5110×全幅2005×全高1755mm。ベースとなったX7と比べると全長が若干短く、全高も低い。なおホイールベースはX7と同じ3105mmだ。 Mらしいスポーティかつ豪華なインテリア インテリアはダッシュボードやドア・トリムなどにヴィンテージ・レザー、センターコンソールなどにはマット・カーボンといった特徴的な素材を用いる。シート・レイアウトは2列5人乗りで、荷室容量は527〜1820リッター。インテリアはM仕様のグラフィックを映す2枚の大型ディスプレイを組み合わせた最新のカーブド・ディスプレイを備える一方、通常のBMWモデルで姿を消しつつあるATのセレクト・レバーは残されている。 前席には、サイドサポートを効かせつつ、長距離走行時の快適性にも考慮した「Mマルチファンクションシート」を装備。後席はフルに3人が乗車できるシートを備える。アルカンターラのヘッドライナーは立体的なプリズム模様に仕上げられ、100個のLEDがイルミネーションとして用いられている。オーディオはハーマンカードン製が標準で、バウワース&ウィルキンスの1500Wシステムがオプションで用意される。 ランボルギーニ・ウルスSと同等の出力 パワートレインは4.4リッターV8ツインターボと8段ATのギアボックスに内蔵された電気モーターを組み合わせたPHEV。エンジンの出力は489ps/650Nm、モーターの出力は197ps/280Nm、システム合計では653ps/800Nmを発生する。グロス29.5kWh、ネット25.7kWhの駆動用リチウムイオン・バッテリーは床下に搭載。車両重量はDIN値で2710kgだ。 0-100km/h加速タイムは4.3秒で、最高速度は標準仕様が250km/h、「Mドライバーズパッケージ」装着車が270km/h。モーターのみでの走行も可能で、その際の最高速度は140km/h、航続距離は82〜88kmとなっている。 多彩な電子制御が走りをアシスト サスペンションはフロントがダブルウィッシュボーン式、リアがマルチリンク式で、スチールのコイル・スプリングと電子制御の可変ダンパーを装着。リアのスプリングは長いトラベルと高いレートをあわせ持ち、トラクションと快適性の両立を図っている。また、2分割したスタビライザー・バーの中間に48Vモーターを設置してレートを変化させるアクティブ・スタビライザーも採用。さらに、アクティブ4輪操舵装置の「インテグラル・アクティブ・ステアリング」がMモデルとしては初導入されている。 タイヤ・サイズはフロント275/45R21、リア315/40R21がスタンダードで、22インチと23インチをオプション設定。22インチには専用設計のスポーツ・タイヤがセットされる。 現状では単一モデルだが、このあとエンジン出力を585ps/750Nm、システム総合出力を748ps/1000Nmにアップさせた高出力モデルの「XMレーベル・レッド」が登場する予定もあるという。 生産はX5やX7の製造も行っているアメリカ・スパータンバーグ工場で12月に開始する。販売開始は2023年春からとなる予定だ。 文=関 耕一郎 (ENGINE WEBオリジナル)

View more: 狙いはアメリカの富豪が、それともアラブの王様か BMWから大型SUVクーペの「XM」が登場

Not just BMW, subscription packages available on Mercedes Me Store, now live in Malaysia

Complimentary subscription packages for early cars with Mercedes me likely expiring Customers may opt to renew via Mercedes me Store 1-year, 3-year, and lifetime subscription packages available Malaysia has announced that the Mercedes me Store is now live, offering additional digital products for all its connected vehicles. Back in ...

View more: Not just BMW, subscription packages available on Mercedes Me Store, now live in Malaysia

All the cars that went on sale in South Africa in the last 3 months

The third quarter of 2022 was a busy one for the South African vehicle market as we emerged from the freezing winter months when car launches and debuts took a short breather. Around 50 new autos went on sale in the country over the last three months including affordable ...

View more: All the cars that went on sale in South Africa in the last 3 months

日本限定1台 BMW「i4 M50 by Kith」登場! 最先端ストリートブランド「Kith」とBMW Mのコラボ第2弾

3連休の最後、10月10日までオンラインストア限定で注文受付  ビー・エム・ダブリュー(BMW日本)は2022年10月7日、ニューヨークのブランド「Kith」とのコラボレーションモデル「BMW i4 M50 by Kith」の注文受付を、BMWオンラインストア限定で、同年10月10日午後11時59分まで実施します。 BMW限定車「i4 M50 by Kith」 【画像】日本限定1台のMモデル! BMW「i4 M50 by Kith」を画像で見る(12枚)  i4 M50 by Kithは日本国内においては1台限定の導入となるため、注文数が複数だった場合には抽選により当選者を決定します。車両価格は1593万円で、納車は2023年上半期を予定しています。  ベースとなるi4は、2021年3月に世界初公開された、BMW iブランド初となる完全電動の4ドアグランクーペモデルです。  日本では2022年2月に発表。i4のMモデルとなるi4 M50は前後にひとつづつ電気モーターを搭載する4輪駆動モデルで、システムトータルの最高出力は544馬力、最大トルクは795Nmです。床下に搭載されるリチウムイオンバッテリー容量は210.6Ah、総エネルギー量は83.9kWhで、一充電の走行可能距離は546kmで、0−100km/h加速は3.9秒を実現します。  限定車i4 M50 by Kithは、電気自動車初のMモデルであるだけでなく、ニューヨークのデザイナーであるロニー・ファイグ氏が率いるブランド「Kith」とBMW M社とのコラボレーションにより、内外装が特別にデザインされたBMW Mモデルの第2弾です。  MWは今回、会社の歴史上初めて、ブランドパートナーの名前にちなんで新色を命名しています。「Kithバイタリティ・グリーン」と名付けられたボディカラーは、この特別なコラボレーションの限定カラーで、通常の量産モデルには提供されない、深みのあるダーク・グリーンです。  またインテリアも、キャラメル・カラーの調和がとれたコーディネートになっています。ニーボルスター、ステアリングコラム、シート、サイドパネル、AポストおよびBポスト下部は、すべてメリノ・レザーで仕上げられます。  BMW i4 M50の標準装備とKithコラボレーションのデザイン・ディテールに加え、このモデルはいくつかの特別な追加装備を標準装備しています。  Mスポーツブレーキ(レッド・ハイグロス)や、Mシャドーラインエクステリア・エクステンドコンテンツ、電動ガラスサンルーフ、ファインオーク・ウッドトリム、Mライト・シャドーラインなどが標準装着されます。さらに、Harman/Kardonサラウンド・サウンド・オーディオシステムも標準で装備されます。   ※ ※ ※  この限定エディションを記念して、KithはKithバイタリティ・グリーンとBMW Individualキャラメル・メリノのカラーを使ったアパレルとアクセサリーからなる52点のコレクションをローンチし、世界中の店舗とオンラインで販売する予定だといいます。

View more: 日本限定1台 BMW「i4 M50 by Kith」登場! 最先端ストリートブランド「Kith」とBMW Mのコラボ第2弾

New BMW X1 officially priced for Mzansi

A fully-electric iX3 will join the range next year.

View more: New BMW X1 officially priced for Mzansi

BMW 8 Series Coupe And Cabrio To Be Axed, Electric Gran Coupe Coming: Report

Bavaria could drop the two-door models and combustion engines for the next 8er.

View more: BMW 8 Series Coupe And Cabrio To Be Axed, Electric Gran Coupe Coming: Report

BMW R80RT Scrambler, Tampang Sangar, Off-road Bukan Halangan

BMW R80RT Scrambler, Tampang Sangar, Off-road Bukan Halangan BMW R80RT scrambler dari Blunk’s Garage Matt McCourtney and Judd Blunk BMW R80RT Scrambler, Tampang Sangar, Off-road Bukan Halangan Judd Blunk dari Blunk’s Garage merombak BMW R80RT menjadi sebuah scrambler yang tampil sangar dan keren. Gridoto / Modifikasi Fedrick Wahyu October 7th, ...

View more: BMW R80RT Scrambler, Tampang Sangar, Off-road Bukan Halangan

IIHS: BMW 5 series, X3 earn TOP SAFETY PICK+ awards

2023 BMW M2 And XM To Make US Public Debut On October 15

What to expect from the world’s biggest BMW M Fest happening in South Africa next week

Motor Listrik BMW CE04 Meluncur di Indonesia, Lebih Mahal dari Innova

ICONSIAM joins forces with BMW to provide EV charging station-equipped exclusive car park

GRスープラの兄弟車、BMW・Z4がマイナーチェンジ フロント・マスクを刷新

BMW Perkenalkan Motor Listrik CE 04 untuk Pasar Indonesia, Banderol Rp 380 Juta

Der neue BMW XM ist die pure Provokation

Valentino Rossi di nuovo in pista con la BMW M4 GT3

BMW and Kith Go Electric With Ultra-Exclusive BMW i4 M50 and 1602

Plantel do AC Milan recebeu novos BMW. Rafael Leão escolheu um SUV

BMW Europe Recalls CE-04 E-Scooter Due To Faulty Horn Bracket

OTHER NEWS

Breaking thailand news, thai news, thailand news Verified News Story Network