樹木希林さんに散々怒られて…「人に電話をかけるのも怖い」人見知りが、樹木さんに人間性を見抜かれて言われた「言葉」

1992年2月21日、福岡県甘木市の山中で、二人の女児の遺体が発見された。

遺体の服は乱れ、頭部には強い力で殴打されたことを示す傷が残っていた。二人は、約18キロ離れた飯塚市内の小学校に通う一年生で、前日朝何者かに誘拐され、その日のうちに殺害、遺棄されたものと見られた。

福岡県警は威信を懸けてこの「飯塚事件」の捜査にあたるが、決定的な手がかりはなく、捜査は難航する。そこで警察が頼ったのが、DNA型鑑定だった。さらに、遺体に付着していた微細な繊維片を鑑定することによって、発生から2年7ヵ月後、失踪現場近くに住む56歳の無職の男、久間三千年が逮捕された。

DNA型、繊維片に加え、目撃証言、久間の車に残された血痕など、警察幹部が「弱い証拠」と言う証拠の積み重ねによって久間は起訴され、本人否認のまま地裁、高裁で死刑判決がくだり、最高裁で確定した。しかも、死刑判決確定からわずか2年後、再審請求の準備中に死刑執行されてしまう。

久間は、本当に犯人だったのか。

事件捜査にあたった福岡県警の元捜査一課長をはじめ、元刑事、久間の未亡人、担当弁護士、さらにこの事件を取材した西日本新聞元幹部、記者らに分厚い取材を行ったドキュメンタリー『正義の行方』(監督・木寺一孝)は「ありがちな推断、誘導、泣かせを排斥し、正義を語るに恥じない映像空間が担保されている」(作家・横山秀夫氏)、「ここ数年、いや間違いなくもっと長いスパンにおいて、これほどに完成度が高く、そして強く問題を提起するドキュメンタリーは他にない」(映画作家・森達也氏)と各方面から絶賛されている。ドキュメンタリーは木寺氏の著書として書籍化もされ、本年度の講談社本田靖春ノンフィクション賞の最終候補作品となっている(最終選考会は7月18日開催)。

ここでは5月15日に行われた映画公開舞台挨拶の模様をお届けする。

第1回『無実かどうかを言うことは限りなく難しい」二人の少女が惨殺された事件を10年間取材した男が持った実感』はこちらから

オールドメディアのこれから

――新聞なりテレビメディアなりがいま斜陽産業になっていっているということが事実としてあると思うんですが、将来西日本新聞なり、木寺監督のような取材をする人、ジャーナリズムに携わる人はいるんでしょうか。

オールドメディアという言葉が正しいかどうか、オールドメディアって言わないでくれとある方から言われたり、新聞記者の方から怒られたこともありますが、新聞やテレビ、ミニシアターなどでいまの社会に何かを伝えていくということをしようとしている人は、新聞の部数は減っていますし、NHKはもちろん、民放を含めて、いわゆるドキュメンタリーという枠はものすごく減ってきているのが現実です。

ただ、映画はミニシアター、ドキュメンタリーが増えているような印象も受けますし、私が所属していたNHKの中でも、数は限られますけれども頑張っている方は確かにいることは間違いないんです。

樹木希林さんに散々怒られて…「人に電話をかけるのも怖い」人見知りが、樹木さんに人間性を見抜かれて言われた「言葉」

Photo by gettyimages

そういう人たちを、いまのこの、(すべてを)合理的に考えるという社会の中でどう引き立てていくかが難しくなってきているということはあると思うんです。

でも、だからなくなっていいということにはならないと思います。映画や、テレビドキュメンタリー、新聞というものを、我々市民一人一人が支えて盛り立てていかないと、いつか社会が足をすくわれるようなことが、現実になる可能性があります。私たちがそれをいつも自分のこととして考えていくことが土壌として必要なんじゃないかと思うんです。

今回、弁護団、警察、メディアの三者を主に描いてますけれども、本当は私たちが一番の主人公というか、それをどう見るか、どう考えるかということが一番の主人公ではないかなと思っています。

今回三大紙含めて新聞社の方々が結構衝撃を受けていらっしゃって、西日本新聞がこういう検証取材をし、検証記事を書いていることを皆さんご存知なかったので、ものすごく驚かれて、こぞって映画の取材に来ていただいています。そういうところから何かいい波及効果が出ればいいなと思っています。捨てたもんじゃないよと見せていければと思っているところです。

被写体となる人間との付き合い方

――大島新さんのYouTube「ネツゲンチャンネル」に木寺監督が出られていて、そちらでもお話しされていたと思うんですが、被写体になる方とのお付き合いの仕方について。お酒を飲める機会があれば飲んで仲良くなってという話をされていたと思うんですけど、インタビューを取るときの心のほぐし方だったり、あまり入り込まずにイーブンに話を聞く、ニュートラルなポジションにいる、そういう関係性の作り方はどうされているんですか。

今回の作品の肝、中心になるのはインタビューで、それともう一つの武器はNHKが蓄積していたアーカイブスの映像等と、それにイメージ映像という、この三つで成り立っている非常にシンプルな内容なので、やはりインタビューというものをどう撮るかが最大の関門(になった)といいますか。

私は結構いまも緊張しているんですけども、人との付き合いが苦手というか、友だちもあまりいないような、人から言われることを気にするタイプなんです。

樹木希林さんが亡くなるまでの1年間を撮ったドキュメンタリー作品でも、樹木さんにそういう性格を見抜かれ、「自分がない」と散々怒られて。そのくらい付き合い方が不器用だということはあるんです。僕の性格で。

60を前にして恥ずかしい限りですが、もう人に電話をかけるのも怖いぐらいの人間なんです。

ですからこの仕事につくようになって、それをどうするか。

今回のように取材対象者と向き合うときにはどうするかというと、できるだけそこに自分が一緒にいて、この空間を共にする、この空気を整えるというか、どうやってそのように持っていくかということが僕の考え方で、それには自分はできるだけ近づいていくというか。

これを否定する方もいると思うんです。いつも一緒にやっているカメラマンはそういうやり方を嫌って、撮影が終わったらすぐ帰ろうというタイプなんですけど、僕は性格的なこともあって、些細な行動とか表情とかが気になるタイプなんです。

答えのない問いを考える

ものすごく距離を詰めていって、時間を割いて同じことを話し、番組と関係ない付き合い方をする。酒であったり、いろんなことも含めてやっていくと。

今回は特にインタビューが勝負の場ということもあって、そのときはもう完全に変えるというか、逆に場を緊張させるようなことをやっているんです。言葉遣いも普段とは変わっているかもしれませんが、この場をどう映像的なシーンにしていくかということを意識して、かなり緊張感を持って臨んでいました。

インタビューはだいたい1回ないし2回で終わって、一回に3時間ぐらい(話を)聴いています。

なぜあなた警察官になったのかとか、なぜ新聞記者になったのかというところから解きほぐしていって、飯塚事件が起きたときはあなた何をしていたかという、臨場感を持って進行形の中で聴いていくことを心がけたんです。過去形で振り返るというより、話す方自身がそのときを生きてるかのように、事件が終わった後の30年を、どういう気持ちでいたかということを聴いていく、そういう工夫をしました。

それによって話してくれていればいいなと。自分の中では、可能な限り話してくれたのかなという気はしています。

この作品はゴールがないもんですから、もちろん答えもなくて、見る方は非常に疲れるというか、カタルシスがないというか、いま置かれている社会がどうなっているのか、ご自身で持ち帰っていただく作品になっています。

僕は本当に、冤罪だということを言いたいわけでも何でもなくて、様々な世界で生きている、いま仕事をされている方々の葛藤を見るなかで、おそらくそれぞれお考えになることがあるかと思いますので、ご自身に置き換えて考えていただければと思っています。

――続編はあるのでしょうか。

飯塚事件についてまもなく第二次再審の決定があるんですけれども、それをやっていくとまた裁判の行方になっていきますので、続編をつくるのはかなりハードルが高いんですけども、別の角度でNHKの番組で、やはり司法を素材にしたドキュメンタリーを放送が予定されていますので、何かこの手の番組やってるなと思ったらおそらく私がやっていると思いますので、ご覧になっていただければと思います。

第3回『二人の少女が惨殺された「福岡の事件」でここにきて浮上してきた「まさかの新証拠」の中身』ヘ続く

OTHER NEWS

1 hour ago

エルフ荒川 太宰治ギャグが韓国で大バズリ「人間合格ギャルネキ」と大人気「心が洗われる」と絶賛の声

1 hour ago

【無印良品】「カジュアルコーデ」

1 hour ago

広陵が「無安打無得点リレー」で初戦突破 全国高校野球選手権広島大会2回戦

1 hour ago

『うさぎにフラれ続ける猫』の"ラブコール"を最後まで見届けたら…まさかの結末が"尊い"と2万回再生「かわいい…」「ツンデレうさぎw」

1 hour ago

和田秀樹 <病気を引き起こす元凶>と思われがちな悪玉コレステロール。その実態は…値が低すぎると脳への悪影響も

1 hour ago

インテルがスクデット獲得に導いたS・インザーギ監督と2026年まで契約延長

1 hour ago

陸上=女子やり投げの北口、今季自己ベストでダイヤモンドリーグ優勝

1 hour ago

リトアニア、クラスター爆弾禁止条約離脱模索 ウクライナ侵攻受け

1 hour ago

3連休も梅雨前線の停滞続く 引き続き大雨に注意

1 hour ago

【ソフトバンク】延長12回近藤健介が復活の決勝打 7月初打点に「迷惑かけてたんで。そこが一番」

1 hour ago

チャリを邪魔してるんじゃないのマジで!! じつはドライバーの義務! 自転車に乗る人に知ってほしい左折時のクルマの左寄せ

1 hour ago

「じつは裏番組に惨敗」テレビ局関係者が明かす“打ち切り危機”は「さんま」「松本」「内村」の長寿番組!

1 hour ago

【マクドナルド】「チキンマックナゲット15ピース」が特別価格490円に! 2種の新作ソースも登場 新CMは「Number_i」出演

1 hour ago

東野幸治「涙堪えるの必死」後輩が入院したのに…今田耕司らに“説教”した過去

1 hour ago

ヤクルト村上宗隆に異変?6月以降、成績が伸び悩む理由がデータから発覚

1 hour ago

「ピンクの花飾りランジェリーでファンを悩殺!」えなこ、月刊少年チャンピオンの表紙でグラビア姿を披露!!

1 hour ago

J2山口、ぼくたけふさの追加招集を発表

1 hour ago

男子5000mに相沢晃、遠藤日向、篠原倖太朗がエントリー 1500mには伊藤達彦 ホクレン千歳大会/陸上

1 hour ago

じつは「犬食文化」は韓国だけじゃなかった…!日本、中国、ヨーロッパの「まさかの国」でも食べられていた

1 hour ago

夫の親友と不倫中です…浮気中の女性が仕掛けた腹黒すぎる根回し【前編】

1 hour ago

25歳あざと美女のセクシーすぎる水着姿に衝撃「夢のようなアングル」ニューヨーク屋敷もメロメロに

1 hour ago

スカイピース、突然メンバー6人の卒業発表 ファンから戸惑いの声「何があったの?」

1 hour ago

「安倍氏側近からA級戦犯の分祀相談」 自民・高村氏、新著で明かす

1 hour ago

『うたコン』次週は“お祭りソング”特集 夏に聴きたい名曲も

1 hour ago

「地球のためにバトンを渡せ」 若者団体もバイデン氏に撤退促す

1 hour ago

『音楽の日』8時間生放送 タイムテーブル&歌唱曲一覧 見どころ紹介も

1 hour ago

「想像の100倍スターウォーズだった」 “古の未来感"あふれる千葉モノレールからの景色に「ノスタルジックですな」「子供たち乗せたら楽しそう」と反響

1 hour ago

【青島くんはいじわる 第2話】青島、雪乃に再び“いじわる”炸裂「こんな素敵な彼女、簡単に手放したくないんで」

1 hour ago

登頂の達成感あり! 絶景の日本百名山「男体山」標高差1,200m以上&往復7時間「日帰り登山レポ」

1 hour ago

「腐敗臭がする父の家」20年ぶりに見た"衝撃光景" 離婚後、独居する「片付けられない父」を訪ねたら…

1 hour ago

旧日本兵の遺留品 遺骨と発見 写真の女性、心当たりは? 宇都宮市が情報提供呼びかけ

1 hour ago

レクサス最小「小さな高級車」登場! 全長4.2m以下の小型ボディに「プレミアム内装」採用! 新型「LBX」何がスゴい?

1 hour ago

カーリング吉田知那美、圧巻肉体美に「すげー」「別人みたい」の声 バキバキボディー披露

1 hour ago

我孫子二階堂の二刀流・神谷 2安打2打点も無念のサヨナラ負け 二松学舎大付を退学…2年生で最後の夏

1 hour ago

Nizi Project脱落の美女、オーディション再挑戦も大ピンチ チームメンバーは「致命的に踊れてない」

1 hour ago

コンビニでおにぎりを買って「イートインスペース」で食べる場合、消費税は8%と10%どっち?軽減税率について解説

1 hour ago

JO1川尻蓮、中居正広と意外な接点 SMAP・山下智久のバックダンサー時代語る

1 hour ago

絶対に食べ逃せない「北海道グルメ」4選。寿司に海鮮、名物料理、北海道は味覚の宝庫!

1 hour ago

「給与未払いや経営側の暴言で実行せざるを得なかった」…老人ホーム職員が労組結成しストライキ 労働環境の改善求める 南さつま

1 hour ago

住宅が床下浸水「びっくり、一面水に」時間雨量79ミリ 薩摩地方 土砂災害に十分注意を 鹿児島